源平合戦の史跡を訪ねて(源氏物語史跡)

『平清盛・源平合戦(神戸・屋島・下関・門司・北陸・滋賀県)』を主に、チョットだけ『源氏物語』の史跡も紹介しています。

竹生島詣で(平家物語)

2016-07-08 02:53:56 | 滋賀県源平の史跡

先日、歴史同好者と一緒に、琵琶湖に浮かぶ竹生島に行ってきました。平家物語にも記述があります。



竹生島は琵琶湖の北端近くに浮かぶ島で、周囲2キロメートル、面積0.14平方キロメートルほどの小島で、島の周囲は南東部にある船着き場を除いてほとんどが急な断崖になっている。島には宝厳寺と都久夫須麻神社の他にはみやげ物店が数軒あるだけで、信仰の島です。
現在は宝厳寺と都久夫須麻神社という「寺」と「神社」に分かれていますが、このように区別されるようになったのは、明治時代初期の神仏分離令以降のことであり、竹生島では平安時代から近世まで神仏習合の信仰が行われていました。


平家物語7巻「竹生島詣」 
平家が北陸の木曽義仲を倒すために北国へ下向しました。その途中で、平経正(つねまさ)が竹生島に行ったことが記されています。

 ある朝、平経正が、琵琶湖のほとりに出て、遥か沖に見える島を見渡しました。経正は、供をしていた藤兵衛尉有教を呼び、「あれはなんという島だ」と問いました。有教の答えは「あれこそ、うわさに聞こえる竹生島です」。経正は、「そうか、そんなこともあるのか。それなら、いざ参ろう」と、有教、安衛門尉・守教以下の侍6人を連れ、小舟に乗り、竹生島へ行きました。

 時候は、卯月(4月)の18日、新緑の梢はまだ春の名残をとどめ、深い谷のうぐいすの声はなくなろうとしていますが、初音がういういしいホトトギスが今を盛りに声を響かせ、藤の花が松の木にからみつき、たいへん趣のある様子でした。

 経正は急ぎ船から降りて、岸に上がりました。竹生島の景色に触れ、心をつまらせ、声を失いました。

※1184年(寿永3年)のことです
経正は、平敦盛の兄、平清盛の甥にあたる。 琵琶の名手で、平経正の塚とされる琵琶塚( 兵庫県神戸市兵庫区)があります。















弁財天



厳島神社





琵琶塚(兵庫県神戸市兵庫区)



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

新年のご挨拶

2016-01-01 01:01:01 | 雑感

 

 

 

なぜか、同じ画像が2枚掲載されました。

解決方法知ってる人おられましたら、教えてください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多田源氏祖の墓

2015-12-19 12:11:54 | 源平の歴史

多田満仲公(ただのみつなか)の墓(高野山)

平安時代中期の武将。清和源氏、六孫王経基の嫡男。多田源氏の祖で、源 満仲(みなもと の みつなか)とも呼ばれています。

 

高野山奥の院入口

 

弘法太子腰掛の石

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

音戸の瀬戸 清盛日招像

2015-05-15 02:58:28 | 平清盛

瀬戸内マリンビューの旅で、平清盛が切り開いた「音戸の瀬戸」訪問してきました(2014年12月)。

 

瀬戸内マリ―ビューの旅
48

時間が無いし、歩いて日招像まで行くのは無理なので、タクシーを使いました。渡船乗り場近くのタクシーに、行き先を言って、どのくらいの値段か聞いてみると、「3000円で、十分お客さんが満足できるように周ります」と言われたので、乗車することにしました。

音戸の瀬戸
平安時代末期に権勢をふるった平清盛が日宋貿易の航路として1167(保安2)年に開削し工事中に、西に太陽が沈もうとした夕日を金の扇で招き返し、一日で切り開いたという伝説があります。

清塚盛
清盛は、人柱の代わりに一字一石の経石を海底に沈めてこの工事を完成させました。その功績を称えて、1184(寿永3)年に建立されました。
上に通る橋は、音戸大橋  向うに見える橋は新音戸大橋
Photo

Photo_2



音戸渡船(おんどとせん)
1961(昭和36)年に音頭大橋ができましたが、江戸時代から続いた音頭渡船は、使いやすいために残され、現在も運行しています。

Photo_3

幅120mと日本一短い定期航路
運賃は 大人70円 自転車込90円
50人乗りですが、一人乗れば出航します


Photo_4


音戸大橋
(右手に音戸渡船があります)
Photo_5


新音戸大橋
Photo_6

 

日招像
沈むとした夕陽を金の扇で招き返して工事を一日で終えたと言う伝説があります。
音頭の瀬戸開削800周年を記念して、1967(昭和42)年に建てられました。
Photo_7


平清盛は、このように夕陽が沈んでいた時にその夕陽を招き返しました。
4

 

吉川英治文学碑
Photo_8

吉川氏が「新平家物語」の史跡取材のため音戸の瀬戸を訪れた時、対岸の清盛塚に向かって、「君よ、今昔の感如何」と言われたのを記念して碑が建立された。
右の石にその言葉が刻まれています。


8





二重の塔
4_2

Photo_9

 

4_3

 

周り終わって呉駅に着いたらもう真っ暗でした。タクシー使ったから短時間で、行きたい所全部廻れたし、説明もしてもらえたので、タクシー代3000円は安かったです。

 

呉駅
Photo





清盛は、日宋貿易に相当力を入れていたようで、同じような工事を都を移そうとした福原でもやっていました。以下は、参考記事です。




大和田の泊り
平清盛は、音頭の瀬戸工事の前の1161(応保元)年に、日宋貿易を活発に行うために、都を移そうとした福原(兵庫県神戸市)の大和田の泊まりの大改修を行い、巨石にお経を刻んで沈めました。その島が「経ケ島」と言われています。

 

大和田の泊り跡から出てきた石

4_4


7



大和田橋
4_5

 

清盛の雪見の御所跡(兵庫県神戸市兵庫区)近くに日招像があります
4_6


6





音戸瀬戸への地図は こちらから

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鞆の浦 小松寺

2015-03-02 02:26:21 | 源平の史跡

鞆の浦は、清盛が厳島に参拝に行くときに風待ちのために寄港したところで、そこに、平家に関係のある史跡がありました。

小松寺
平重盛(清盛の嫡男)が この地に松を植え、自作の護身用の阿弥陀佛を安置したのがこの寺の由来です。

 

医王寺から見た鞆の浦


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弁慶の足跡(兵庫県三木市)

2014-11-07 02:12:27 | 義経行軍道の史跡

義経軍が平家を追って三木市を通過したので、このような史跡が伝わっています。


弁慶の足跡






うしろから見た史跡



道順は、南(本町1丁目交差点)から来たらこの標識が目印で、左折です

まっすぐに進みます


遠方に見える小森の向う側にあります


小森を超えると田んぼの中にありました。




弁慶の足跡への地図は こちらから





お城・史跡 ブログランキングへ








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梶原景時の五輪塔

2014-10-04 02:07:30 | 淡路島
淡路島沼島の源平に関する史跡を紹介します。


梶原景時の五輪塔




案内板



沼島八幡神社




沼島港


夕陽


沼島へは、土生港から10分くらいです



沼島への地図は こちらから

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

義経終焉の地 高舘義経堂

2014-08-12 12:52:25 | 平泉源平の史跡
源平の史跡を訪ねるブログを書きはじめた最初の記事が、義経が鵯越の逆落としで一気に平家の本陣を攻め勝利し、平家の若武者:敦盛の首を確認するために洗った池のそばの松に腰掛けました、「その池と松のある須磨寺(兵庫県神戸市)」の記事でした。その時に、義経終焉の地:高館義経堂に行ってみたいと思ったのがやっと実現しました。

義経の絶頂期が須磨寺であって、終焉の地がここ高舘義経堂です。




平泉地図








1189(文治5)年、義経は、頼朝の圧迫に耐えかねた秀衡の子:4代泰衡の急襲にあい、この地で妻子を殺害し、自害したと言われています。この義経堂は、1683(天和3)年に仙台藩主:4代伊達網村公が建立しました。





義経像






高舘義経堂











義経主従供養塔





階段を登ったところが義経堂です。





義経堂から見た北上川と束稲山(たばしねやま)
束稲山とは経塚山、音羽山、束稲山の三つの山の総称。





この階段を登って行くと眼下に北上川の見える所に出ます。




義経は、死なない、北の方に行って再起の時期を待った北行伝説が語り継がれています。





夏草や 兵共が 夢の跡(芭蕉)





頼三樹三郎詩碑







須磨寺 義経腰掛松の記事は こちらから








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弁慶堂です

2014-06-16 16:53:06 | 源平の史跡
義経終焉の地:平泉につきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

書写山と和泉式部

2014-05-20 11:51:22 | 源氏物語
書写山に和泉式部がお参りしていました。歌碑などがあります。

ロープウエイを降りて、バスで10分ばかり行くとお堂があります。書写山の中心地です。

摩尼殿(まにでん)
清水の舞台を思わせるような雰囲気があります。昭和に再建された建物です。摩尼殿は、後白川法皇が参詣されたときに命名されました。





和泉式部歌碑(開山堂にあります)



 (クリックで拡大表示されます) 



ロープウエイを降りたところに、書写山と和泉式部の関係が絵で紹介されています。






詩は和泉式部 小説は紫式部




(^^)m(__)m(^^)m(__)m(^^)m(__)m(^^)m(__)m

クリックお願いします。

お城・史跡 ブログランキングへ

(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加