メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

達磨ヶ峰~段が峰

2006年07月22日 | 山歩き
今週もずーっと天気が悪く各地で大雨による被害がテレビで報じられている。宍粟市でも各河川が警戒水位を超え、家の近くを流れる揖保川も濁流になっています。幸い今日は朝からまずまずの天気で所々青空も見えています。こんな時は大雨の影響が少ないと思われる「段が峰」に行ってみることに。



国民宿舎跡の登山口から、まず[達磨が峰]に、以前はもう少し奥から登っていましたが最近、手前に新しい登山口が作られました。


宿舎跡は「生野カントリー」の施設になっていました。以前はここから登ってたんですが・・・


大雨の直後にしては、ぬかるみもなく登り易い道ですが、いきなりの急坂にゆっくり登ります。


稜線に出ました、天気はうす曇で涼しい風が吹いています。(気温20度)


達磨が峰を過ぎてしばらくは穏やかな気持ちのいい尾根が続きます。


フトウガ峰の向こうに目的の「段が峰」が見えます。まだまだ遠い


フトウガ峰の手前の「最低鞍部」付近にこんなテープの印が・・・・ひょっとして風車工事の道路になるのかも?


フトガ峰に着きました。ここからは段が峰がすぐ近くにみえます。




段が峰からの帰りは千町峠を経由して林道を通って帰るか、頂上の手前から倉谷を林道に下るか、フトウガ峰まで帰って杉谷を林道に下るか、そのまま来た道を引き返すか4通りの方法がありますが今回は来た道を引き返すことに。



A 達磨が峰  B 最低鞍部  C フトウガ峰 

****************

この山域もOAPは「老舗の山」だと云う。以前は麓の部落の名前から「栃原高原」と呼んでいたのです。そのころ段が峰に登るには倉谷を遡行するか、旗谷から千町峠に登りそこから町界尾根(現在の道)を伝って頂上に行くコースが定番だったと記憶しています。従走路もフトウガ峰と達磨が峰の間は部分的にルートのわかりにくいところがあり藪こぎする場所などがあったりして現在とずいぶん変っています。でもここはまだまだ自然がいっぱい残って年中楽しませてもらってます。ここに風力発電が出来るかもしれないと云う、もしそれが出来たら、この付近はどんなになってしまうのでしょうねぇ~















ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オダマキ見つけたユートピア | トップ | まどコースからの氷ノ山(151... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涼しそうです (たぬき)
2006-07-23 21:16:01
風力発電の風車は勘弁してほしいですね。

こんなに自然いっぱいのところにわざわざ造らなくても・・・。



JMMさんのハーフパンツ、涼しそうです。

私はハーフにならないので、道がよいところでは、裾をめくりあげています。
Unknown (TQF)
2006-07-23 21:16:45
私は長いこと縦走していないなあ・・・

今度由李子と縦走しよっと!

Unknown (JMM)
2006-07-23 22:00:54
たぬきさんこんばんわ

イヌワシに会いたいね、と思いながら

歩いていましたが、残念です!



このパンツは、今のところ私の持ってるなかで

一番涼しいです。
Unknown (やまあそ)
2006-07-24 18:27:41
朝来市は乗り気満々ですから

なんやかんやいうても

風力発電施設は完成するでしょう。

そして大勢の観光客がバスで

新設の林道にやってきます!!

またもや山はゴミだらけ!
あとがまを・・・ (JMM)
2006-07-24 19:31:41
う~ん、

そうなると段が峰はただの観光地に・・・

さびしなるね~



やまあそさん、いい「あとがまの山」見つけて!

              

               

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL