メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

やっぱりそうだった!「禿の行者山(649.4m)」

2006年04月23日 | 山歩き
2003年の6月にOAPが「やまあそさん」と夢前町の「禿の行者山」と言う珍しい名前の山に登って、そこでヒカゲツツジらしい木を見つけたようで、この季節になるといつも「あれはたしかにひかげつつじの葉っぱだった」と言うので機会があれば是非たしかめてみたいと思っていたのが今日実現しました。



夢前町の佐中集落の道路脇の広場に車を止めて「大歳神社」鳥居をくぐり、247段の石段を登ったところから山に入ります。「3年前より良く踏まれている」とOAP。さすが山奥、盛りは過ぎてはいるがまだ桜や桃の花が咲いています。


杉林の縁に良く育った樅の木を見ながらかなりの急斜面を登って行きます。右側は新しく植林された苗木が育っています。




斜面が緩くなると「みつばつつじ」が出迎えてくれました。足元は良くないけれど雰囲気はいいところです。


行者の石仏の向こうに「禿の行者山」が見えています。

ありました!お目当ての「ひかげつつじ」です。「やっぱりそうやった!」OAPも、うれしそうです\(^o^)/


花の向こうに名草山が見えます。



下山中の「屏風岩」より、下山予定の513mピークが見えます。


513mピークからの下山です。わりと歩き易い道です(傾斜は急ですが)


無事、林道に下山しました。



今日の軌跡の俯瞰図と地図です。

***************

先週に引き続き今週も「ヒカゲツツジ」に会えました。本場?の向山には比べ物にならないスケールでも、人知れず咲いているのに会えると嬉しいものです。でも今は情報が伝わるのが速い世の中です、今日も「やまあそさんのホームページを見て」来ましたという6名の登山者に会って驚きましたが、皆さん「満開のひかげつつじも見れたし、いいところでした」と満足されていました。
今日の「禿の行者山」の詳細については、やまあそさんが2003年のレポートに詳しく書いておられるのでそれを見てくださいね。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たぬきさんの前庭、向山(669... | トップ | 雪解けまだまだ扇の山(1309.... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番乗り (やまあそ)
2006-04-24 20:32:16
OAPさんは忘れているでしょうけど

去年、OAPさんとTQFさんが

笠形であけぼのつつじを見に登った時に

私はこの禿げにヒカゲを見に来ていました。

だから無線も繋がったんですよ。(^_^)v



http://yama-aso2.web.infoseek.co.jp/hage_2.html



それと、禿で会われた『いなみ山の会』の

方のブログです。

http://www.bb.banban.jp/unsui/
本場・・・ (たぬき)
2006-04-24 20:54:06
本場の向山の麓のたぬきです。(^^;

花に本場はないと思いますね。

禿の行者山の方も本場だと思いますが・・・。

私は人知れず咲く花に惹かれますね。

歳やね~ (OAP)
2006-04-24 20:54:11
すっかり忘れてました!

アハハハ・・・

来年またこのコースおっかけますわ。

 ※来年まで覚えているやろか?心配(-_-;)
人知れず咲く花 (jmm)
2006-04-24 21:13:54
登りながら、この山は高さといい向山と兄弟みたいな

山やねと云いながら登ったんですよ。
Unknown (TQF)
2006-04-24 21:43:37
何度も言うけど一番が大事じゃないの!

気持ちなの!!!!!!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL