中小企業のES=人間性尊重経営のパイオニア/有限会社人事・労務 矢萩 大輔 ES組織開発・人事制度改革ブログ

社員の幸せ、職場の幸せを基準に経営を、社風を変えたいと本気で思っている社長さん・人事担当者の方へのエールをあなたへ!

越境リーダー体感合宿3 番外編

2016-06-27 14:07:54 | ダイバーシティ
チームの皆さんにとっては、インタビューすることも、傾聴すること、行動を観察して
そこから自分で答えを導き出し、主観を言いつつ他人の主観に耳を傾けるというエクササイズに
戸惑いもあったのではと思います。





しかし、さすが、
参加している皆さんの企業はそもそもチェンジメーカー、リスクテーカーの
会社さん。すぐそのこれからの新しいリーダーシップについて貪欲に取り組んで
いただきました。



また、エントロピーの法則や物質理論から、生命理論の話など一見ビジネスとかけ離れた
話もイノベーションとの関わりから興味深く聞いていただきありがとうございました。

 夜中のミーティング?では、また、仕事を離れつつも人生で大切にしていることや
この時代をいかにたのしく生きていくのかそんな会話をしながら夜中まで語り合い
楽しく研修をさせていただきました。



 また、会場のおづつみ園さんおづつみ社長のログハウスは最高で、カエルの合唱を
聴きながら、木のぬくもりを感じながらみなで一つ屋根の下、自分たちで収穫してき野菜で
料理をつくり共に食しながら生活を共にする。

 学生時代のバンガローとも違う、私自身も初めてのイノベーティブな経験でまた、新たな
展開が浮かび、今回の研修からは本当に沢山のことを私自身経験させていただき、
私自身の持論を新しくする良いきっかけになりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

越境リーダー体感合宿2 デプスインタビューによるフィールドワーク未来を創造するリーダーの共通点

2016-06-27 14:06:03 | ダイバーシティ
今回の合宿では、まさに春日部のこの地域の未来を創造する旗ふり役である4人の越境リーダーの皆さん
にお話を伺いました。


途中、畑仕事や、まち中を歩き回ったり、車で街を回ったりとフィールドワークをしながら
まちを感じていもらう機会をつくったりと私たちが行うのは、皆さんが思考したり、対話したり
する素材を与えるのみで後は、受講者の皆さん次第。



 ということで、弊社の研修は、結論が出なくてもやもや感が残ったまま終わるのですが、
えっ!先生答えは、ないのですか?と。

 今回の研修でも皆さんに何度も、これは、私の考えや見てきたことであり正しいかどうか
はわからないので、もし興味あれば皆さん自身で確かめてみてくださいと何度も
間に入れながら。



受講した皆さんには、もしかしたらなんだこの研修は?
答えを教えてくれないのか!と思った方が内心いるかもしれなくそこは、
申し訳ないのですが、そのあとも、受講したみなさんとは、
やり取りをしていくつもりですので、お許しを。




さて、デプスインタビューでは、私自身も沢山の気づきを受講した皆さんと共有させていただきました。
何度も、FBで何度かご紹介してます。おづつみ園の尾堤社長、商店街の活性化に古くから取り組み、
まちの元気を商店街から取り戻す活動をし続ける和菓子の青柳の小川会長、地域のお子さん、まちの人たちに
ケーキで笑顔を届けるスワンの石川社長、実家が農家さんで、有機無低農薬で春日部の食材にこだわり、お子さんにも大人気のミートショップ関根の関根代表と今回の合宿にふさわしい越境リーダーの皆さん。



 以下、皆さんからの感想です。








私は、今回の研修を通して、知っているようで知らないことがたくさんあるんだなあと。
その行動に至る背景などは、今回のような場がなければ普段のお付き合いの中では伺う場面は
無かったし、また、頭では、対話は、チーム、参加する皆さんの成長に寄与するといっても、
今回のように、参加する皆さんがチーム全体の中で、たった3日間でしたが、変化する様を
観させていただくと、やはりダイアログ、プロセスコンサルテーションの素晴らしさに
感動する。



そして、肝心の越境だが、今回の社長さん達からは、思いがけず、春日部同士なのに名前と顔は
知っていても話す機会がなかったということでお礼を言われたり、東京から近いので学生を
気軽に参加させてみましたといって仲間の大学の先生が生徒さんを連れて楽しくバーベキューをしたりと
いままでの合宿研修とは違った視点での開催となりましたがこれはこれでやってみて良かったのでは
と春日部の皆さんに感謝しています。

 私たち自身が、越境とは何か、対話の大切さは何かを受講した皆さんと気付く
ありがたい研修の場をいただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

越境リーダー体感合宿。春日部の未来をつくる街のリーダーたち。

2016-06-27 12:04:59 | ダイバーシティ
久しぶりのブログです。
越境人材リーダーシップ体感合宿終了です。
今年の開催場所は、いつもの新潟や湯河原といった場所と
趣向を変えて春日部での開催これは、受講生にとっては、
観光地と比べるとモチベションは落ちるのだが、敢えて
金野リーダーと話し合い春日部での開催。




今回、ここで開催できるのも春日部の皆さんとのご縁から。
普通に開催してもいままでの魚沼、熱海、湯河原、
日光には、観光地という点からは敵わない。




さてどうするか!それは人である。今回のテーマが、越境人材なのだから、
魅力あふれる春日部の人材こそが今回の研修のコンテンツそのものなのだと。

大方の会社は、いま、過去の成功体験やブランドが未来に通用しない、または、
お荷物になっている会社が少なくない。



いわば、何もないところから新たなサービスや商品を創る必要に迫られている。
または、今ある資産で未来に向かって創り上げるしかないのだ。


春日部は、日光街道の宿場町でもあり、江戸時代までは相当な賑わいがあったのだ。
実は弊社は、8年の付き合いになりそこには、東京から近いという立地、
江戸川をはじめ豊富な水源と畑や田んぼ、まちの商店街も活気がある。
また、地下宮殿といわれる東京を水害から守ってくれる施設があったり、藤のまち
としても魅力的な場所が数々ある。



私自身、それなりにいろんなまちに仕事柄、行かせていただいたり、また、日光街道は、
おそらく8年を通じて毎年、CSR活動の一環として、歩かせていただいている関係で、
どのまちが魅力あるのか、
また、元気な人がそこにいるのか、自分なりの知見をもっていると自負している。

その中でも、春日部は、魅力ある街だし、まず人がおもしろい!と思っています。
街道を歩いているとわかるのですが、まちの匂いがしない場所。顔のないまちは、沢山ある。



しかし、春日部は、東京近郊にも関わらず独自の匂いがする。
顔がある。私たちは、そんな、春日部の個性を未来視点で創造している越境人材の方に
参加する皆さんに会わせたい!そしてそこから、各々参加する皆さんが越境リーダーとは何かを
を自分なりの視点でつかんでほしいと。



デプスインタビューを通して見えてきたこと。実は、私自身も知らいないことばかり。
そして、今回インタビューに応じてくれた越境リーダーの皆さんから見えてきた共通点は?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイバーシティ時代のES組織開発

2016-02-12 14:05:30 | ダイバーシティ
関係性のマネジメントへの投資は、これからますます大切になる。
その前に、関係性のマネジメントが大切になってきた経済背景を
見ていきたい。
1980年代を境に日本の経済環境は、大きく変わった。
名目GDPの1955年当初の推移をみてもわかる通り、
1955年当初の8兆円規模だった経済規模は、それから、
一直線に1990年まで右肩上がりに上昇し、1990年には、
442兆円規模に、まさに50倍を超す経済規模になった。



しかし、それ以降は、このグラフを見てわかり通り、
横ばいが続く。

これは、私たち経営者にとって何を意味しているのか。
それは、1990年前と後では、まったく異なる、
企業経営の成功モデルが存在しているということに他ならない。

1990年までの成功のセオリーは、変えないこと、考えないこと。
答えは、過去もしくは、市場にあるというセオリーだ。
過去成功したことを、私たちは、さらに大規模に効率的にやる、
もしくは、市場で成功しているものをいち早く真似し、2匹目、3匹目の
ドジョウを狙うというのがそれまでの成功モデルであった。

しかし、1990年以降は、その成功のセオリーが一変する。
変化すること、思考の質がその成功の要になる。
過去、市場には、答えがない。お客さんのニーズにそって商品を
つくること、そしてさらには、お客さんすらも気が付いていない
ニーズをお客さんに寄り添ってお客さんと一緒に商品を
つくるという先鋭化したビジネスモデルを思考しお客さんから
一番近い現場が主体性をもって経済活動することが求められる時代に
なったといえそうだ。

さて次は、会社経営そのものについて見ていこう。
このグラフは、企業の戦略目標の複雑性とそれにともなう組織の
繁雑性についての推移だが、私たちがなんとなく
感じているように、お客さんからの要望は年々複雑化し、直線的に
解決できる問題はほとんどない。



私たちの経営効率も、ほっとくと年々低下する傾向にあり、
管理職は、部下と話をする余裕もないくらい忙しくなっているのに一向に
生産性は上がらないという感覚はみなさんお持ちではないだろうか?

組織の戦略目標は、6倍になったということ以上にそれに伴う、
繁雑性が35倍という驚異的な数字になってしまっているのがこのグラフからも
わかります。

さて、私たちは、このような複雑で、経済成長が大きく変化する見込みが
ない中どのような心構えで企業経営をやっていく必要があるのでしょうか?

アインシュタインは、次のような言葉を述べています。

我々の直面する重要な問題は、その問題を作った時と同じ考えのレベルで解決することが
出来ないと。

つまり、複雑な問題は、複雑性で対処せよということです。

私たちは、人件費削減、義務としての多様性かた、戦略としての
ダイバーシティ―へと大きく舵を切るそんな新しい時代に直面しているのです。

1990年代までの男性中心の、国籍が一緒、仕事観も人生観もそれに伴う、
モチベーションも同質化していた組織から、人材の流動化が進んだいま、
帰属意識が低い人材が増加している。ダイバーシティ経営に求められているのは、
そんな、多様な働き方にともなうそれぞれの文化違いを乗り超える努力を私たちがしていく
必要性が高まっているというこだ。

職場は、今までとは全く違う環境になって生きている。社員の40%が非正規社員となり更に
その比率が高まっていく中、仕事に求められているものの違い、帰属意識の違いから、
遠慮や行き違いが生じていく。また、葛藤(ストレス)が生まれほっておくと、
労労対立が生じたり、メンタル不全、パワハラ、セクハラへと発展していき、
アノミ―状態と化していく。

日本の職場は、さらにモザイク職場になっていくのは必須である。
しかし、それは、良い点に向ければ、ノーベル物理化学賞の江崎玲於奈氏が、
言っているように、イノベーションを起こす原動力になる。
氏は、イノベーションは、組織化されたカオスから起こるといっている。



私は、いままで組織を人事制度を変えること、規則を作ること、新たな戦略を立てたり、ビジョンを示すという
ハードのアプローチから組織の問題を乗り越えていこうとしていたが、それは、長い目で見ると組織の力を
下げることになる場合が少なくなかったと反省している。

これらの仕組みがうまく作動するのは、ハードよりも、ソフトの関係性、違いのマネジメントがしっかりと出来て上がっている
企業が、それを言語や制度で見える化することでうまくいくケースであり、逆は実はうまくいかないのだ。

いま私たち経営者に求められているのは、関係性、違いのマネジメントというソフトのアプローチからの
組織の問題解決ではないだろうか?

次回は、組織の4つの力学の視点から関係性のマネジメントについて解説をしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まち・ひと・しごと創生法 徳島県美波町初音湯 視察

2015-12-07 11:33:29 | ダイバーシティ
弊社メンバーの矢尾板が徳島のいま注目スポットの美波町の初音湯に視察へ行って参りました。


弊社では、新しい時代の新しい働き方を推進すべく活動をしておりますが、その先進事例として、初音湯を見学して参りました。また、この事業は平成26年に制定した「まち・ひと・しごと創生法」の好事例として、私たちも注目しています。興味ある方はぜひ矢尾板のレポートに目を通して頂ければ幸いです。


-----------------------------------------------------------------------
903シティファームreport 「自律した循環型のライフワークを農でデザイン」
-----------------------------------------------------------------------

■「初音湯」は「美波町」へのサテライトオフィス第1号
徳島県日和佐地区美波町「初音湯」を訪れ 色々とお話をお伺いしました。

サテライトオフィスというと「神山町」を思い浮かべる方も多いかもしれません。
「場所に縛られず自由に仕事をする」ワークスタイルの発信。
ソトコトに掲載された「初音湯」記事を拝見したことがきっかけで、 今回の美波町訪問へ至りました。


2012年からの3年間で、美波町への企業進出は「神山町」と肩を並べ、 現在は地域再生モデルとして注目されています。

■「初音湯」は半[交流施設]半[オフィス]
明治時代末期の1909年、家庭に風呂がなかった時代に建てられた銭湯。住民の交流する場だったが1990年に閉鎖。1世紀近く愛された銭湯の保存をかねて、株式会社あわえが新たな地元住民の憩いの場として、そして本社オフィスとして改修。


急なご訪問にも関わらず、思いに共感頂き、2時間ほどお話を伺い、日和佐エリアをご案内頂きました。
企業誘致・起業促進。移住・定住支援。地域コンテンツ制作を行う人材を育成する事業。これらを発信する「初音湯」そしてサテライトオフィス体験施設「戎邸」
「odiri kitchen」を始め、 地場産品の商品化等一次産業振興支援も行う。

色々とお話を伺いました。

■どんな課題があったのか。
株式会社あわえ(サイファー・テック株式会社)は「半X半IT」仕事と私生活の高い次元での両立を目指しており、「半X半IT」というコンセプトを打ち出している。
この取り組みを行う前、 「人材確保」が企業課題となっていたとのこと。

数百万掛けて大手就職支援サイトへ採用情報を掲載する。応募者一人。その一人においても企業側が求める人材ではなかった。多かれ少なかれ現在の中小企業が抱えている問題ではないでしょうか。

そして企業として発想の転換。この場所で仕事をすると、 場所に縛られず自由に仕事をすることができる。この場所で生活をすると、 人生の楽しみに気付ける。その魅力を他地域に発信する情報マネジメントを開始。全国各地から職員は集まってきています。

■ワークスタイル体験施設「初音湯(戎邸)」の魅力はずばり!
「敢えてマチナカにつくった」
自然の神秘を魅力の一つとしている神山町とは異なり、 敢えてマチナカにつくったこと。既にある地元住民のリズムの中にオフィスをつくったことで、地元住民とともに新たな動きを生み出している。



どの建物にも縁側を設けるなど、自然と地元の方が足を運び、会話が生まれる。新たな繋がり、そして動きが生まれる。地元住民とのつながりを大切にし、 地元住民そして移住者、 互いが心地よい距離感を実現している。
また「制度」があることも魅力の一つだそう。文書に記された「制度」ではなく、移住を希望し美波町を訪れた方に対し、必ず地元住民総出で「懇親会」を行い、おもてなしする。誰もがこの町に住むことができる訳でない、 この町に溶け込める人だけが移住・定住する「制度」となっている。

初音湯の壁にはフォトポートフォリオがある。
この写真たちを集める際にも様々な交流が生まれる。
この写真たちが在ることにより新たな交流が生まれる。
そして文化の保存にもつながっている。
現在このノウハウを地域おこし協力隊に提供しているとのこと。

-----------------

今回「初音湯」とのご縁を頂き、 改めて「ライフスタイル」を発信していくことの可能性を感じました。また、地元住民との交流、 その土地の特色を大切にする姿勢は、場に力を与え、支えとなることを再確認。


企業や仕事が満ちていないが、その土地独自の遊びがある美波町で「半X半IT」を掲げること。
食料自給率0% 精神的な病の多い東京で「半農半X」を掲げること
私たちが掲げる アクアポニックス等自分サイズの「農」を取り入れたライフワークスタイルの価値を再確認する機会を頂きました。
都会も地方も その地域の色を大切にして 自分の大切にしたいローカルが 人を分かち合い互いに発展していくと良いなと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加