晴れ時々闇 (COPENとDUKE200&水草水槽と亀)

「RIDE者」が作る野菜とバイクネタで綴るドタバタ日記

バイクに乗り続けることを誇りに思う・・・らしい?きっとウソ

餌やりの時間

2017年05月21日 | 水草水槽

 

餌やりの時間に水槽の前に立つと全員集合です。

 

なんでエビやオトシンや貝まで出てくるんだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

45㎝水草水槽設置1ヶ月

2017年05月19日 | 水草水槽

45㎝水槽を立ち上げて1ヶ月が過ぎました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中古外部濾過器

2017年05月11日 | 水草水槽

最近見つけた古くて小さい熱帯魚屋さんで中古の外部濾過器を見つけました。

本体650円と中古のダブルタップ付きで2000円だというので買ってきて、新しい濾材(リング濾材 セラミック製とガラス製を1:1)を入れて手持ちのホースやらシャワーパイプを取り付けて45cm水槽に使おうと整備しておりましたら案の定インペラーシャフトが折れていました。凸(--〆)ウラァ

こういう場合は慌てず急がずに竹ひごを用意します。

インペラーシャフトと同じ長さに切りましてインペラーシャフトより少し細目(水中で使用するとわずかに膨らむ)に削ります。高価な純正品を買わずともこれで十分なのだ。(笑)

耐久性も十分だと思いますが、ご自分でやられる場合は自己責任でお願いしますね。

 

色々整備したり清掃したりしましたが、そこは中古、やはり中古は中古でありまして中古で売りに出される所以ってものがあります。

今回の外部濾過器はトルクが無くなってきていて上段に設置してある水槽まで飼育水を揚げるのに四苦八苦しておりました。

 

 

飼育水がシャワーパイプから出だした時は嬉しかったですよ。

でもちょっと出すぎ。

いくら中古で使い込まれてパワーダウンした2011(多分)でも45cm水槽には強力すぎたみたいでお魚さんたちがあたふたしたはります。

奥に引っ込んで出てこなくなってる奴もいますし。

ダブルタップで流量調整しました。

 

今回はリング状濾材だけで生物濾過オンリーのセッティングです。

良く外部濾過器に使用されるボール状濾材は物理濾過用なのでphを上げる(下がらない)ので今回はパスです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サブ水槽

2017年05月10日 | 水草水槽

前回ちょっとだけ紹介したサブ水槽。

 

以前は亀水槽でしたが亀を移動させて、今は流木を沈めて灰汁抜きをしたり、レイアウト用にと拾ってきた石によるph変化を見たり、買いすぎた魚や水草の一時ストックの為の水槽になっています。

エキノドルス・レオパードの下には低床肥料を6本埋め込みました。

 

この水槽。普通の60cm水槽だと思っていましたが、ラックの下の段の亀水槽と比べるとどうも深そう。

サイズを定規で測ってみると幅60cm奥行き30cm深さ40cmと60H水槽といえるサイズでございました。

ずっと亀水槽として水量半分で使用していたので気付かなかったんだなあ。

 

んじゃ、物置になってしまっている隣の部屋に置いてあるでかい水槽はいったいなんなんだ・・・という事になる。

 

幅60cm奥行き45cm深さ40cm・・・なんだこの奥行きは!

60W水槽・・・?

 

ああ、思い出した。

この水槽で水草水槽やっててディスカスを飼ってて繁殖に成功したんだった。

でかい水槽の方が水質の安定に有利だからこの水槽でいろいろ遊んだんだった。

 

メイン水槽として復活させようかなあ。

水槽台から作らんといかんなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水草水槽5 衝動買い

2017年05月08日 | 水草水槽

エキノドルス系の水草は、大きく育ったら場所を取るし水槽に入れずにおこうと思ってました。

その決心を儚くも粉々に打ち砕いてくれたのが『エキノドルス・レオパード』です。

ポットから外して痛んだ根や古い根を切り取ってとりあえずサブ水槽に収納。

 

う~ん。

ミズオオバコに似てるわあ~。

 

 

エキノドルス・ホレマニーレッドも赤系水草大好きな俺の心を掴んで離しませんでした。

こちらはすでにメイン水槽の溶岩石を撤去してまでして植わっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水草水槽4 植栽ほぼ終了

2017年05月07日 | 水草水槽

 

 

水草水槽の植栽がほぼ終了しました。

以降の大きなレイアウト変更はないものとみられます。

 

なんちゃって・・・そんなん気分次第でござる。(笑)

 

水槽データーなど・・・

置き場所の関係で縦置きになっているんですが・・・奥行き44cm、幅26cm、高さ30cm (実測値)ADA製ちゅう事です。

45cmクラスの奥行きゆうたら90cmと同じでっせ。でも30cm水槽と同じ幅しかあらへん。

CO2添加1秒に1滴。(20年ぐらい前に買った物を改修して使用中)

照明 KSS製 消費電力9.5w 色温度1200K  品番LED-1200K-300(まあ30~45cm水槽用ちゅう事やけど、古い2灯式蛍光灯が壊れたので、しょうがなしに新しいのを買ったんですよ。でもこれがめちゃめちゃ明るいんですわ。将来企画している60Hの水槽復活時にも使えそうなぐらいですわ。)、

低砂 超古い大磯(ソイル全盛のこの世の中に『大磯砂の底力を見せてやるう』と息巻いております)

低床肥料&液肥共に適宜添加。

 

飼育魚種も・・・

ボララス・ブリジッタエ、グリーン・ネオン、ミクロラスボラSp.ハナビ、レッドシュリンプ、ルリーシュリンプ、ミナミヌマエビ、オトシンクルス、レッドラムズホーン 他。

 

水草の名前が・・・覚えられまへん。

クリプトコリネフロリダサンセット”フラミンゴ”、同ウエンティミオヤ、同ウエンティグリーン、バランサエ、ボルビディスギニア2000、ブセファランドラ”クダカン”ミクロソリュウムトロピカ、同ナロー(3種類)グロッソステグマ、ロタラインディカ、ルドウイジア、 他・・・覚えきれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水草水槽3 CO2添加

2017年04月26日 | 水草水槽

行方知らずだったADAのCO2のレギュレーターを見つけ出して新しく購入したボンベを取り付けて水槽に設置しました。

古いミドボンに取り付けてありました。

つまり目の前にあったわけで・・・

埃まみれで気付かなかったんです。凸(--〆)ウラァ

 

今日はちょっと遊びたかったのでネットでよく見る『発酵式CO2添加装置』を作る事にしました。

買い物から帰ってきて20分もすればCO2の気泡が水槽の中に出てました。

まあ なんてお手軽なんでしょう。

 

爬虫類飼育用のシートヒーターを巻いてボトルカバーの中へ入れました。

 

でも、添加量の調整はできない。

だいたい1秒に2滴ぐらいの量かな。

 

ADAのCO2セットとの2段構えになった訳でんなあ。

CO2ボンベの購入の費用が高いADAの方は使用控えて発酵式をメインで行こうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水草水槽2

2017年04月25日 | 水草水槽

水槽設置からほぼ10日が経過しました。

飼育水も透明になって安定した模様なのでパイロットフィッシュとして3日前にグリーンネオンを5匹とミクロラスボラspネオン3匹を投入。

オトシンクルス3匹も投入。

 

照明を20w2灯から15w2灯へ変更。

水草も追加しました。

クリプトを大量植栽しましたが今のところ溶ける気配はありません。

CO2も添加予定。

 

だが・・・未だにヒーターの設置予定はありません。

21~23℃(室温)で安定しておりますのだ。

 

さてさてどう料理してやろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水草水槽

2017年04月16日 | 水草水槽

20年ぐらい前だろうか水草水槽に嵌まっていた時期があります。

水草水槽が一般的に認知されるようになる前。

孤高の趣味だった頃。

その当時、水草だけの魚の入っていない水槽を見て頭をひねっていた人ばっかりでした。

 

水草>熱帯魚>爬虫類と私の室内での趣味は変化していきました。

そして今、水草に回帰しようとしています。

 

久しぶりに故知の熱帯魚屋さんに行くと知らない水草ばかりが並んでいます。

ちょっと呆然。

昔と変わらぬ笑顔で迎えてくれたご主人は色々と懇切丁寧に教えてくれました。

ほんまちょっとしたカルチャーショックやで。

 

ボルビデユスギニア2000とクリプトコルネ・フロリダサンセット(+子株付き)とクリプトコルネ・フラミンゴを1株ずつ購入。

生体はレッドシュリンプを10匹(おまけ含む)ほど。

45cm水槽にCO2無添加。

照明は流行りのLEDではなくて60cm水槽用蛍光灯2本です。

 

もうここに亀は入れません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄砂

2017年04月15日 | バイク&車

大阪市福島区のとある公園の桜です。

まだこんなに咲いてるんです。

 

今日の天気は『雨のち晴れ時々曇り 時折通り雨』って感じで安定しないお天気でした。

黄砂も来てたみたいで会社の駐車場に置いていたコペンは薄黄色と白のまだら模様になっていました。

車体色が白でもプッチンと切れて夕闇迫る中での洗車になりました。

暗色系の車の人は大変でしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加