興味あるExperimentを自由気ままに楽しんでいる備忘日記!

興味のある事を好き勝手に実験中!

※個人の備忘日記につき言いがかりや文句、執拗なコメントは一切お断りしております!

フェライトコアFT114-43かFT114-61かを判別する簡易方法

2017-03-13 22:37:06 | その他の無線、電子、電気、工作実験
しばらくの間は、品番が分かって使ったりほどいたりしていたが、いつの間にか43材だったか61材だったか分からなくなってしまった。(-_-;)
そういうのが2~3個ある。
ありゃ~、困った。

予備の114-43材と114-61材があったので、比べれば不明になったコアはどっちか分かるだろうと思ったのだが、じゃ、どうやって判別するか。
最初はMFJ259BでLを測定したら分かるはずだと思ったが、43材、61材、不明コアの3個を測定してビックリ。みんなばらばらの値だ。3.5MHz~21MHz、50MHz、144MHzで不明のコアがどっちなのかさっぱり分からない。
(-_-;)

トロ活で、FT114-43材、61材の特性表が載っているが、このトロ活の表で使用している周波数は不明だ。
AL値は、114-43材で430、114-61材で80。
そこで、カスタム社ELC-100という安価な手持ちのLCメータで測定してみた。
測定時のコアに巻くコイルは、片側に集中して巻くと高い値になるとハム友から教えていただいたので、コア全体に巻くようにした。
この結果から、自分が持っているLCメータでは5回巻きがトロ活データに一番近い。
簡便な判別方法だが、43か61かが分かれば良かったので、使える。

驚いたのは、販売店で61材表示だったのが、実は43材特性だった事。
61材のつもりでトランスマッチに使った事もあるが、思わしい性能が出なかったのはこれが原因だったかな?(+_+)
販売店表示を信じていたのに・・・。

不明コアは61材であることが分かったので、早速コアに記入した。

ほかに今回の判別で分かった事:
販売店の表示を鵜呑みにしてはいけない。
43か61か、使用前にLCメータで簡易判別する事だ。
 
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

実はもう一タイプあるHLJ式 Outside放射板タイプ2

2017-03-03 17:31:41 | ハムのアンテナ

今まで、インナー放射板型のHLJ式を記録してきたが、実はOutside放射板のHLJ式タイプ2もある。

ガサツなイラストだが、放射板をスパイダーコイルの外側に配置したもので、最初の頃スパイラルコイルで何度か試作してみたが、工作が面倒なので保留していた。

他の方法で、もう少し簡単に出来るかも知れない。

これでしばらく遊べるので、トライしてみようかと思い始めている。

 

 


 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

リッツ線工作機の充実

2017-02-26 16:27:26 | 測定関係・周辺ツール

モーター付き自動撚り機と撚る前の長線を巻き取っておくプーリーを作り、一応リッツ線工作機が一揃い出来た。

 

今回は、うまく稼働するかどうかお試しで8条撚りに挑戦する。

 

結構うまく巻けて、時間も最初より早かったと感じている。(正確に時間を測れば良かったが忘れてた・・・(-_-))
もう、10m巻き終わりだよ。

低速モーターがクルリクルリ勝手に捩ってくれるので楽だなぁ・・(^^)/
人力でやることは、指で撚りを左右にしごいて撚り癖を低減させる事と巻取る事。

巻き終わったプーリーを外して、あとはスパイダー枠に巻くだけ。今回0.2mm線8条撚りで、ノギスで測ったら太さは0.9mm弱程度だった。

 

リッツ線の撚り時間は短時間だったが、前行程のもう一組のプーリー工作で時間がかかり、巻き取ったリッツ線を家に入れるころには手がかじかむほど寒い午後だった。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手作りリッツ線で、JHA改めHLJアンテナを作成した

2017-02-25 22:24:20 | ハムのアンテナ

以前からJHA(冗談・半分・アンテナ)として作成してきたが、今回からhlj式アンテナと名称変更する。

手作りリッツ線は6本撚りでも直径1mm以下なので、専用のスパイダー枠を作った。

ツイスト線クラスの太さで巻くと丁度良い間隔でも、細い線だと羽根と羽根の間隔が広過ぎて、交差する線の部分がグチャグチャになるから、間隔を狭くして交互する線がきれいに積み上がっていくようにするため。

今回のスパイダーコイル枠の諸元は、
外枠の直径14cm、放射板の直径11cm。羽根の長さは1.5cmとした。7㎒用HLJ式アンテナ。

手作りリッツ線は10m。
線が細いので、全部巻いてもまだ余裕がある。(ピンボケ写真だな)

羽根の数が9枚、9角形なので切り込みと切り込み間が直線分となり巻き始めから6回巻き程度は放射板にかぶっている。

このまま測定して、共振周波数は約6.6Mhz。
SWR2~2の帯域が、一回目180KHz。2回目200KHz。3回目220KHz。
マッチングトランスの一次、二次巻き線を変化させた結果だが、まだ最適巻き数が不明。

いずれにしても、びっくりするほど広帯域になり、 ほぼ7MHzをカバー出来そうだ。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

自作リッツ線の為のヨジリ・巻き取り機の制作。

2017-02-20 13:36:45 | その他の無線、電子、電気、工作実験

リッツ線とは、複数の細線を一束にした線で、それぞれの細線は絶縁されている。

昔はよく、スパイダーコイルに使用されていた。あとラジオのバーアンテナにも巻かれていて同調回路を構成している。

リッツ線は高価なので、自作しようと思い立った。

先ずは、細いUEW線を何条かにするのが一番実現性があると思い、0.2mmのUEW線を購入してきた。

 

細いなぁ・・・・。本当はもっと細い線を使うのが良いかも知れないが、これ以上細いと扱いが難しくなる。先ずは手始めに0.2mmくらいがトライするのに丁度いい。

次に、複数の線がバラバラにならないよう捩る必要がある。

電気ドリルで一気に捩ろうと考えたが、線が細いので切れやすいだろうし、各線どうしを綺麗に捩れないかも知れない。

そこで、自作の捩り・巻き取り機を作った。

巻取用のプーリーは、鉢の受け皿を背中合わせにしてねじ止めした。

 (3枚で100円)

 モーターで回転させるときに捩り用の中心をとるためにステンレス製取り付け金具をL字に折り曲げ工作しプーリーに取り付けた。

 (取り付け金具:100円)

捩り・巻取機作成で買ったのは、皿と金具とネジで300円(税抜き)。

モーターは、昔MLAアンテナを自作した際に周波数同調用に購入した減速モーターで、

24V用だが、PCの19VACアダプターで十分稼働する。

回転数は、1回転が1秒程度。

回転トルクは、手指では止められないほど強いので、捩りには十分耐える。

これを木製台に取り付けた。

   

これで、手作りリッツ線が出来るようになった。

最初は、6条撚りで10m長をモーターなしで、プーリーを手回して捩りながら巻き取ってみたが、飽きて来るのと面倒くさいので、途中で電動ドリルで試してみた。

しかし電動ドリルでは回転数の調整が難しく、更に途中で線を緩めるとキンクしてしまうので、大変な作業になる。

かろうじて線は切れなかったが、余計な時間がかかった。
完成度は、結構よく出来たと思う。
 

ゆっくり回転するモーターで捩り、捩った部分をしごきながら撚り癖を低減させて巻き取っていくのが秘訣だ。

捩る前の長い線は、くまがらないよう何かのボビンに巻いておくのが良いと思う。

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奥歯の主から

2017-02-07 12:37:33 | 徒然日記
奥歯の主から
 
もうだめですよ、もう抜きましょうと言われながら何度か抗生剤を処方してもらい、抜歯に抗ってきたが、もはやこれまでと命運尽きた奥歯を抜いてきて驚いた。
抜いたのは左下奥歯だったが、頭部左側のモヤ~とした感覚がなくなり、スッキリ!
頭痛もなくなったし、目の調子も良い。肩こりも軽減している。
抜歯からまだ24時間経っていないが、この調子なら左半身の腕のシビレや左尻坐骨痛、足の不調も軽減するかな?!
奥歯一本でこんなに影響があるものか・・・・・信じられない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は奥歯

2017-02-06 12:13:13 | 徒然日記

私は奥歯

この人の奥歯になって60年余
この人が若い頃の不摂生で虫歯になった
歯医者で治療を受け、神経を抜かれた
最後に金属の衣をかぶせられて終了
治療前よりふっくらし背も高くなった
噛み締めた時、ほかの歯より踏ん張る
若いときは歯茎も協力して耐えてくれた
今は・・・・・・
今はもうダメだ、歯茎は加齢とともに・・・・
 
私も歯茎も弱ってしまった
そして歯根嚢胞になってしまった
若い頃治療した歯医者は何故ほかの歯と並べてくれなかったんだろう
しばらく我慢していたら慣れるから・・・・だなんて
今から思えばなんて乱暴な・・・・・
2回金属の衣替えをしたがいつも同じで背高
結局無理が祟って、この人の加齢も祟ってこの様
今度行く歯医者も、もうこうなっては抜歯しかないと言うんだろうなぁ
年寄りには短腹で、抜くのが好きみたいだし・・・・・
最初の歯医者のせい?それとも2回目の歯医者のせい?
歯医者はよっぽど吟味してから行かなくちゃと
今になって後悔している
昔は歯医者選びなんぞ出来るほど情報もなかったし
結局、運が悪かったのか
 
なんだか腹立つなぁ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2014.10月記事の簡易充電器制作について補完

2017-01-31 20:14:26 | その他の無線、電子、電気、工作実験

より詳細な表

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

朝焼けに浮かぶ富士山ライクのシルエット

2017-01-27 06:45:41 | 徒然日記

今の季節は起床の時間に見える、我が家からの朝焼けに浮かぶ、遠くの富士山ライクシルエット風景。

最初、カーテンを開けて見た時、ホォーと目を見張った。

なんだか、こりゃ、縁起がいい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乾電池から充電池へ

2017-01-16 20:43:02 | その他の無線、電子、電気、工作実験

今まで電池式の測定器などは乾電池を利用していたが、充電池はどんなもんだろうか。

今日、ドンキホーテに行ってエネループの電池・充電器セットを探してみたが、スタンダード版の8本充電セットがなかった。

あったのはエネループでも2本充電セットだけ・・・・・。

そういえば、大人買いした100均の充電器があった。あとは充電池(1300mA)を買えば代替えになるなと考えて、エネループ2本用充電器購入は止めた。

100均の充電器は自動停止機能がないので、指示された時間でストップするようタイマーをセットして使う事とする。

2本用充電器3個で7.2Vか。

これで、今は亡きクラニシのアナライザーBR-510Dが稼働するかやってみる。

 

【1/17 20:43 追加】

朝、11時間半の充電を完了したので充電器から外した。

先ほど、BR510Dにセットして動作実験をしてみたが、実用になるようだ。

    

良かった。

ただ、どの程度長持ちするか・・・・、ハテナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加