つむじ風

旅の途中でひとりごと

アベ忖度城危うし

2017年07月15日 | Weblog

梅雨が明けたという情報はまだのようですが

わが町は夏空が広がっている。

もうじき、蝉たちの合唱で賑やかになる。少年の

頃の想い出を遥か彼方から伴って・・・。

 

アベ忖度城、支持率低下で火の手が上がる。内閣改造で

消そうと目論んでいるようだがどうだか。

城主が傲慢、強引、嘘つきetcのままでは最早城を枕に割腹しか

道はあるまい。今までが幸運だったと涙を呑み潔く散るべし。

それがせめて民に対する謝罪の姿だ。

           合掌

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重い慶弔費 | トップ | 梅雨明けか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL