つむじ風

旅の途中でひとりごと

重い慶弔費

2017年07月12日 | Weblog

どうやら降雨量が少ないまま梅雨が終わりそうな

わが町。朝から夏の日差しが降っている。暑い・・。

あと僅かの60代の日を過ごしている。

日々淡々と成り行き任せの年金生活。

可もなく不可もなく・・・。

 

先日、仲良くしてもらっている先輩が訪れてくれた。

ここ三年程で近親者を九人ほど亡くし、香典も大口ばかりで

大変だったとこぼしていた。慶弔の付合いは欠かせず

年金生活者には重い出費に違いない。

         合掌

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不快は梅雨空だけに非ず | トップ | アベ忖度城危うし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL