映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ホビット 竜に奪われた王国 (2D字幕)

2014年03月02日 20時24分36秒 | 映画 は行
評価:★★★☆【3,5点】


敢えて2Dをチョイスしたが十分迫力は伝ってきた。
但し、あの竜の造形はゲームのキャラみたいでリアル感がない。
演じているベネディクト氏のメイキング映像の方に興味津々(笑)



魔法使いのガンダルフに誘われ、
トーリン・オーケンシールド率いる勇敢なドワーフ一行の旅に参加した
小さくて臆病なホビット族のビルボ。
幾多の危機を乗り越え、目指すはかつてドワーフの王国があったはなれ山。
しかしそこには、恐るべき竜スマウグが待ち受ける。
そんな中、過酷な旅を続ける一行は、闇の森で獰猛な巨大クモに襲われ、
間一髪のところをレゴラス率いるエルフたちに助けられるのだったが…。
<allcinema>



前作の最後を忘れてしまって始まりの展開にとまどう(笑)

どうも、こういうファンタジー映画はジャンル的に好みと違う。
ピーター・ジャクソン監督の『LOTR』は途中で断念した実績が^^;
しかし、このシリーズに関しては第一作から鑑賞が叶ったため
今作も、とりあえず観ておこうかな!という感じでした。
前日譚である、この3部作観てから『LOTR』を観てもいいし^^;

劇中キャラに思い入れ何もなかった前作よりは
今回の方が戦う女性戦士の登場もあり見た目の華があった。

予告編だけの印象では、女戦士・タウリエルによる
なにやら禁断のラブロマンスなんかが絡んでいる風に見えたし
映画の世界観に入り込めなくても、そういうロマンスなら
いつの時代、どこの国も同じだと思っているので
そこに興味があったのである^^;

で、そういう恋事情はあるにはあるが
ロミオとジュリエットのような激しさはなく至って控え目。
そこのところ、次回でもっと話を膨らませてくれるのだろうか。

ま、そんな感じでストーリー的には、テンポよく進み
アトラクション映画の一種と思っているのでそこそこ楽しめた。


【今週のツッコミ】
・新キャラの女戦士タウリエルをケイト・ブランシェットと思い込み
 スランドゥイルをベネディクト・カンバーバッチと勘違い(恥)

・オークのリーダー格及び最強戦士がガッ●石松氏に見えてしかたなかった。

・凶悪竜スマウグはトカゲと呼ばれると、かなり頭にくるらしい。

・そのスマウグとホビット、ドワーフらの死闘シーンの重低音に
 座ってるシートが振動するほど迫力があった。
 良い音響設備じゃないとここまで体感できないかも。

・昔、家でホームシアター80インチを設置してた頃
 BOSEのサブウーファーでアルミサッシに亀裂が入った(大げさ)

・窯に火を入れるアイデアはなかなかのモノだった(笑)
 ちなみに金の融点(ゆうてん)は1064度とのこと。
-----------------------------------------------
監督:ピーター・ジャクソン
脚本:フラン・ウォルシュ/フィリッパ・ボウエン/ピーター・ジャクソン/
    ギレルモ・デル・トロ
音楽:ハワード・ショア



出演:イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/
    ベネディクト・カンバーバッチ/オーランド・ブルーム/エヴァンジェリン・リリー


『ホビット 竜に奪われた王国』 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 | トップ | それでも夜は明ける »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思うに (オリーブリー)
2014-03-03 00:15:32
こういうファンタジー映画は、映画館で観ても嵌らなかったら覚えてませんよ。
DVDを巻き戻し、確認しながら観るのが一番かと思います(笑)
「LOTR」が公開された頃は、まだ子育てで時間に余裕が無かったから、あまり映画館へは行かなかったので、家でゆっくりじっくりと何度も確認しながら観ました(笑)
それでも随分忘れてますが、私はタウリエルをリヴ・タイラーだと思い込んでいました(汗)

そうそう、オープニングは戸惑いましたよねー。
前作のラストの続きではなく、ガンダルフとトーリンの出会い、つまり、前作の始まりのちょっと前を描いたんだと思います、多分。
別に素直に続きで良かったのにね。
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-03-03 00:41:32
こんばんは。
やっぱり真剣にストーリーを把握しようとするなら原作読むかDVDの巻き戻し鑑賞しかないですよね(笑)
それとも、劇場に何回も通うかですね^^;
今ならイオンシネマでそれが可能なんだけど、上映時間が長いのとシネコンまで20分掛るのがネック(爆)

>私はタウリエルをリヴ・タイラーだと

それも似てますね!目元、面長、イチローのような唇と。。。
ということはリブとケイトも特徴は同じと見ていいのかもしれませんね(笑)

冒頭はやはりそういうことでしたか~。ちょっと安心しました(なににだよ)^^;
こんばんはー♪ (kira)
2014-03-05 02:32:55
こういう作品で、しかも長尺だと、
友人を誘い難いんですよねぇぇ・・・
しかも、あんなにオーリーが出番があるとは思わず、ひとりで鑑賞でした。勿体ない(笑)

そうそう、冒頭のシーンとか、想像しろよでしたね

今週のツッコミ、「ガッツ石松」なるほどぉ~
でも、なんかオークはみんな見分けがつかなかったし、
7人の小人の倍いるドワーフも、あのイケメン2人以外は見分けがつかなかった!
あんなよく似た頭をちゃんと見分けて跳び移っていたオーリーは凄い~(爆)
kiraさんへ (ituka)
2014-03-05 23:35:50
こんばんは。

ほんと、ファンタジー映画の長尺モノは、もしも当たらなかったら悲惨ですもんね(笑)
そうそう、オーリーたくさん出番がありました。

友人もオーリーが好きなのね^^

前作の終わりなんて、まったくもって記憶なし(爆)
なので、冒頭は結構戸惑いましたよ。

オークの見分けなんて必要ないと思ってましたし
今回のドワーフもメイクが強すぎて、誰ひとり分かりませんでした(笑)

オーリーの川下りアクションは『パイレーツ』のパクリという噂も出てますね^^;
タウリエル♥ (ami)
2014-03-07 19:44:15
イケメンにはなびかずとも、強くて美しい女性には滅法弱い私は、
今作彼女ばかりを目で追っていました(心は完全にキーリ状態)

原作にはロマンスのロの字もありませんが、
やはり映画にはそれなりの華がないとね。
でもあの身長差ではロミジュリのような激しさは望めないでしょうね(笑)
amiさんへ (ituka)
2014-03-08 00:07:53
こんばんは。
イケメンには興味なしというのも少数派ですね(笑)
へ~、女性でも強くて美しい女性に心惹かれるんですね。
amiさんのことますます興味深くなりましたよ。

タウリエルが小柄なキーリを看病するところ
『アバター』のネイティリが瀕死のジェイクを抱きかかえるシーン思い出しました^^

ところで、あり得ない情報が!
TOHOが4月消費税アップに伴い通常割引を値上げするらしいです。
こんなの他のシネコンで聞いたことないわ!^^;
こうなったら、イオンとユナイテッドに入り浸ってやる~(爆)
迫力映像 (笛吹働爺)
2014-03-11 00:04:24
やはり2Dで見たが椅子の上でのけぞったりしてた。
3時間があっという間でしたね。
タウリエルは原作にはないキャラのようです。本は持ってるが少ししか読んでない。

先週末は嫁に付き合って、「舟を編む」「そして父になる」のリバイバル上映をシネプレ岡崎で見た。後者にはまたまた夏八木さんが出てた。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-03-11 23:22:18
こんばんは。
お!楽しまれたようでなによりです^^
割と長尺にもかかわらず時間を気にすることはなかったです。
ワタシはこういう冒険ファンタジーは映画の世界観に入り込むのに時間がかかるんですが
このシリーズは普通に入り込むことが出来るだろうと思っています(途中で断念するかもしれませんが)^^;

タウリエルは今作用に作られたキャラみたいですね。
ワタシはこのキャラ大好きです(笑)

>、「舟を編む」「そして父になる」のリバイバル上映

ともに日本アカデミー賞絡みの作品でしたね。
ワタシは両作品ともスルーでした^^;
夏八木さん、良い作品に立て続けでしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「ホビット 竜に奪われた王国」 (日々“是”精進! ver.F)
スマウグ、飛び立つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402280001/ 【送料無料選択可!】ホビット 竜に奪われた王国 [2CD/輸入盤][CD] / O.S.T.価格:2,700円(税込、送料別) 【送料無料】ホビット?竜に奪われ...
『ホビット/竜に奪われた王国』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
トールキンの『ホビットの冒険』を三部作で映画化するプロジェクトの2作目で、予定では日本公開も本国と同じ昨年暮れで、しかも邦題のサブタイトルは原題に準じた「スマウグの荒らし場」というものだったが、興行成績がおそらく予想以上に悪かったのだろう、公開延期と邦...
映画「ホビット 竜に奪われた王国」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれた。客入りは大混雑の満席。3D字幕版で映画は上映された。
ホビット 竜に奪われた王国 (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 竜に奪われた王国@よみうりホール
ホビット 竜に奪われた王国 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】今回は竜に乗っ取られた王国へたどり着くま
『ホビット -竜に奪われた王国-』 2014年1月23日 ワーナーブラザース試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ホビット -竜に奪われた王国-』 を試写会で鑑賞しました。 ワーナーの試写室はHFR3Dも映写できる素晴らしい環境でした。 (2日続けてお世話になった訳ですが...) 【ストーリー】  ホビット族の青年ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガン...
ホビット 竜に奪われた王国 IMAX-HFR3D/イアン・マッケラン (カノンな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台に描かれたJ.R.R.トールキンの冒険小説「ホビットの冒険」をピーター・ジャクソン監督が実写映画化した『ホビット』シリーズ3部 ...
ホビット 竜に奪われた王国 (佐藤秀の徒然幻視録)
ここは佐渡島かよ 公式サイト。原題:The Hobbit:The Desolation of Smaug。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ア ...
あっ!という間の160分。『ホビット 竜に奪われた王国』 (水曜日のシネマ日記)
『ホビット』3部作の第2章です。
『ホビット 竜に奪われた王国』 (こねたみっくす)
試される勇気。その結果はいつ見れるの!? 大して物語は進んでいないのに、何だこの冒険心をくすぐり続けるワクワク感は!しかもギムリの名前が出てくるなど徐々に『LOTR』の影が見 ...
ホビットー竜に奪われた王国ー (はるみのひとり言)
試写会で観ました(3D鑑賞)シリーズ物が嫌いな訳ではないんですが・・・実は「ロード・オブ・ザ・リング」も前作「思いがけない冒険」も観ていません。今作を観る前に前作だけでもチェックしておこうと思ってたんですが、試写会は当たらなかったので、ゆっくりDVDで観てか...
「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
追われて隠れて逃げて戦って助けられ、また追われて逃げて戦って・・・・ ラスボスを倒すまでは続く、あちこちを旅してアイテムと仲間を集めて戦って、まさにロールプレイングゲーム。 ああ、私にはロマンもロマンスも無いんだった・・・・ (かなりDisってます。ロー...
ホビット 竜に奪われた王国 (だらだら無気力ブログ!)
相変わらずドワーフ達13人の区別がつかねぇ!
ホビット 竜に奪われた王国 (Akira's VOICE)
開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w  
ピーター・ジャクソン監督『ホビット 竜に奪われた王国(The Hobbit : The Desolation of Smaug)』"ゆきて帰りし物語"が待ち遠しい! (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「ロード・オブ・ザ・リング(以下「LOTR」)3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした前日譚を描く3部作・第2弾『ホビット 竜に奪われた王国(The
ホビット 竜に奪われた王国 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ・R・R・トールキンの冒険小説を実写映画化した『ホビット』3部作の第2章。邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す旅に出たホビット族の青年ビルボ・バギンズら一行を待ち受ける過酷な運命を、壮大なスケ....
ホビット 竜に奪われた王国 (to Heart)
原題 THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 161分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/オーランド・ブルーム/エイダン・ターナー/...
映画「ホビット 竜に奪われた王国」 (FREE TIME)
映画「ホビット 竜に奪われた王国」を鑑賞しました。
「ホビット 竜に奪われた王国」The Hobbit:The Desolation of Smaug (2013 WB) (事務職員へのこの1冊)
このシリーズにはさすがに三川イオンシネマも3D上映を用意している。 「3Dメガネ
ホビット 竜に奪われた王国 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Hobbit: The Desolation of Smaug監督:ピーター・ジャクソン出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミテージ、ベネディクト・カンバーバッチ、エバンジェリン・リリー、オーランド・ブルーム・・・
ホビット 竜に奪われた王国(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ 、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー 【解説】 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ...
「ホビット 竜に奪われた王国」 (或る日の出来事)
エヴァンジェリンさんと竜かな~。印象にあるのは。
ホビット 竜に奪われた王国 (とりあえず、コメントです)
ロード・オブ・ザ・リングの前日談を描いた“ホビット”シリーズの第2弾です。 前作が期待通りの大迫力でワクワクする映像を見せてくれたので、今作も楽しみにしていました。 相変わらずハードな戦いと冒険が目白押しで、2時間40分があっという間に過ぎていきました~
ホビット 竜に奪われた王国  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー 【声の出演】  ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ) 【ストーリー】 ホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いの...
映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観て (kintyre's Diary 新館)
■14-27.ホビット 竜に奪われた王国 3D■原題:The Hobbit:The Desolation Of Smaug■製作年、国:2013年、アメリカ・ニュージーランド■上映時間:161分■料金:2,100円■観賞日:3月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作・脚本:ピーター・...
ホビット 竜に奪われた王国 (いやいやえん)
三部作の第二部。 160分超えしてるのですが、その2時間40分のうち2時間は長く感じません(スマウグのところにいってからちょっと長かった)。このファンタジーどっぷり感、やっぱりいいですよね。 イケメンが多く出演しているので目の保養にも。原作にはいないレゴ...
ホビット 竜に奪われた王国 (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) 監督: ピーター・ジャクソン 『ラブリーボーン』 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン ...