映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

それでも夜は明ける

2014年03月09日 18時58分52秒 | 映画 さ行
評価:★★★★☆【4,5点】


TOHOシネマズ映画招待券を生まれて初めて頂きました(笑)

去年の暮れか今年初めなのかは忘れたけど
【TOHOシネマズスマイルアワード】キャンペーンなるもので
「笑顔」でサービスを提供できているスタッフに投票するもの。
これで、みごとワタシの投票したスタッフが地元で最多得票数だった模様で
こんな御褒美を頂いたということです。

ちなみに、本招待券でも、しっかりポイントとマイルは付きました(笑)
これが予想外で結構嬉しかったです^^



ニューヨークに暮らす音楽家のソロモン・ノーサップは
生まれながらの自由黒人。
妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ、幸せな日々を送っていた。
だがある日、2週間の興行に参加した彼は、
興行主に騙され拉致された末、奴隷市場に送られてしまう。
自分は自由黒人だとどれだけ必死に訴えようが、
無駄な抵抗だと悟るのに時間はいらなかった。
そして名前も人間としての尊厳も奪われ、
奴隷として大農園主フォードに買われていく。
それでも農場では、その有能さを認められ、
温厚なフォードに気に入られるソロモンだったが…。
<allcinema>



アカデミー作品賞に輝いた本作品はどっぷり奴隷制度の実態を見せつける。

白人農園主は皆、冷酷非道な人物ばかりとは限らない。
奴隷法の網の目をくぐる悪徳商法があることが分かり
今回のような拉致事件がまさにそういうことなんだと認識できた。

自由黒人という存在が実在していたことは『ジャンゴ』で確認済み。
あんな風な、エンタメ重視作品であっても学べることを知ったのだ(笑)

そういう前段階での予習が出来ていたため
本作冒頭の主人公の生活ぶりに違和感なく入り込めた。
ただ、その自由黒人と奴隷黒人の境界線がどこにあるかは
さらに過去へタイムスリップしなければ本当のところはわからない。

調べれば活字として理解は出来るがイメージが出来ないのだ。
そういうことからも、今後このような映画が製作されるように
大手映画スタジオにも前向きに突き進んでもらいたいものである。


【今週のツッコミ】
・まさかとは思っていたが、上映中奴隷生活が9割も占めているとは。。。

・奴隷を鞭打つ感情に良心の呵責に苛まれていることを初めて知ったことで
 救われる半面、改めて別の怒りが込み上げてきたのだった。

・サトウキビ畑に移送された主人公が雑魚寝中に絡み合った女性って?
 ワタシ的には、この女性が本作出演女優でいちばん綺麗に見えた。

・本作、主人公目線で描かれているため、残された家族が
 彼の拉致以降、どのような生活をしていたのかまるで分からない。

・これは『キャプテン・フィリップス』に似た演出法であるが
 その分、ラストシーンでの再会に堰を切ったように感情が込み上げる。

・自宅の扉の向こうで待っていた家族見て、一瞬凍りついた!
 しかし、直後のハグで娘婿であったことで安堵感が(爆)
 妻が再婚して第三子誕生したのかと思ってしまった^^;

・『ジャンゴ』『大統領の執事の涙』そして本作と奴隷三部作としたい。

・ところで、ラストで迎えに来たパーカーってどんな人物だったのか^^;

・パッツィーが綿摘み取りの女王と称される匠の技術を見たかった!
 摘み取りの少ない奴隷へお裾分けはなかったのだろうか。
 綿を230キロって、いったいどれだけの量なのだろう^^

・そのパッツィーが休日に植物で作り上げる人形は副業として
 やっていけるのではないか。それくらい完成度高かった。
 特に日除け頭巾ちゃんが可愛かった(笑)

・終盤、美味しい役どころで登場したブラピこそ、最も重要な役どころだった。
 彼が書いたであろう手紙の内容が是非知りたくなった。
 奴隷制度に部類の意見を持つ彼ならではの内容であったことは想像できるが。

・あの時代の男性って、みんな●漏なのかやたら終わりが早かったが。

・主人公、再び自由黒人となったわけだが背中の“XとZ”の文字は永遠に、、、
 

・カンバーバッチがとてもいいひとだった。
 あれで借金がなかったら言うことないんだが、なんとも惜しい(笑)

・監督者の下っ端のポール・ダノはキャラクターにピッタリだった(笑)
 あの後、再登場のなかったことがチョイと惜しい。
 『ジャンゴ』に出てたら真っ先に射殺されるキャラなんだろうね^^

・そのポール・ダノに銃を向け拷問を制止した監督官!
 吊るされた主人公を助けるかと思ったらその中途半端な行動っていったい?

・その場面から相当な長回しシーンとなるわけだが、途中から
 足元の泥地に穴開けたと言われ鞭打ちされるかとヒヤヒヤだった。
-----------------------------------------------
監督:スティーヴ・マックィーン
脚本:ジョン・リドリー
音楽:ハンス・ジマー



出演:キウェテル・イジョフォー/マイケル・ファスベンダー/ベネディクト・カンバーバッチ/
    ポール・ダノ/ポール・ジアマッティ/


『それでも夜は明ける』 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホビット 竜に奪われた王国 (... | トップ | アナと雪の女王(吹替え) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mariyon)
2014-03-09 21:34:12
重くて、ほんと、理不尽で、辛い映画でした。

>残された家族が彼の拉致以降、どのような生活をしていたのかまるで分からない。

そうなんですよね。突然彼が疾走して、奥さんがたぶん狂ったように探す姿とか、何年も女手一つで子供たちを育て上げたであろう姿とか、その苦労は容易に察することができるけど、奴隷としてとらわれているソロモンをはじめ、その人生にあきらめている黒人奴隷のことを思えば、奥さんの苦労はまだ普通の生活の延長にあるわけですものね。

カンバッチも、ブラッドも結局スター様はいい人役でした。(って、ブラッドファンですが・・)
mariyonさんへ (ituka)
2014-03-10 19:04:29
こんばんは。
本当に重く辛かったですよね^^
12年間も女手一つで、しかも失踪した旦那のこともあったのに
よくぞあそこまで耐え忍んだな~という想いしかないですね。
娘の結婚と出産で少しは気を紛らわすことができたのでしょう。
逆算すれば10年目で奥さんの区切りが出来たんだと思ってますよ。

奴隷を家畜呼ばわりすることに凄い嫌悪感がワタシを支配しましたよ^^;

いずれ奴らにも神からの成敗が下されることでしょう。

ブラッドの言葉が痛快でした(笑)
Unknown (映画好きパパ)
2014-03-11 14:29:09
こんにちは。
パーカーさんは、ソロモンが奥さんの鞄とか買った
ニューヨークのお店の人ですね。お得意さんとはいえ
あの時代に、命がけで迎えに行く彼の行動も
ブラピ以上にすごいように思えました。
映画好きパパさんへ (ituka)
2014-03-11 23:26:22
こんばんは。
あ~、そうでしたか!
そういえば、あの時の店の主人、、、思い出しました。

>あの時代に、命がけで迎えに行く彼の行動も

確かにその通りですよね!

これでスッキリしましたよ、ありがとうございました(笑)

Unknown (オリーブリー)
2014-03-14 01:36:47
本文よりツッコミが多いんですね(笑)

これ、キャスティングも成功してますね~。
ファスベンダー、これまでで一番良かったように思います。

明日は「アナ~」です。
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-03-14 20:37:24
こんばんは。
思い出すたびあれもこれもと欲が出て、結局箇条書きがいちばん手っ取り早い(笑)

キャストがよかったですよね!
そうそう!ファスベンダーは彼の過去映画でいちばん存在感ありましたね。
豚小屋の塀飛び失敗したアクションがリアルでよかったです(笑)

ワタシも明日は『アナ』と『ロボ』(笑)
ユナイテッドは遅いんです、その2 (ami)
2014-04-29 23:03:20
ダノくん、ぴったりでしたね(ファンです・笑)
私が勝手に決めたオタク役の似合う3大若手俳優
(ジェシー・アイゼンバーグ、ベン・ウィショー、ポール・ダノ)
の他の二人が最近イケメン化してきているので
ダノくんには是非ともこのままヌメヌメ路線(?)を邁進して行って欲しいものです(爆)

amiさんへ (ituka)
2014-04-30 11:23:18
こんにちは。
後から単館系でしかかからなかった作品も上映されるから、これは遠方までいかなくてもよくなりラッキーです(笑)

え!ダノくんのファンでしたか~(笑)
なんとなく分かる気がしますよ。ヘタレだけど清潔感ありますからね^^

>(ジェシー・アイゼンバーグ、ベン・ウィショー、ポール・ダノ)

分かる分かる!でもベン・ウィショーは誰やってことで検索しました。
あ~スカイフォールのメカ屋さんやってた子ね(笑)
確かにオタク系(爆)

>ダノくんには是非ともこのままヌメヌメ路線(?)を邁進して

なんかいつも得体の知れない恐怖におびえてて脂汗掻いてますよね^^;
今週末のもヒューに脅される役で、これは是非とも観たいと思っています(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画:それでも夜は明ける 12 Years a Slave 圧倒的! アカデミー賞「本命」と判断。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで驚く。 基本プロットは予想がつく通り、主人公はNYに住む、自由証明書で認められた自由黒人。 地位、名誉、家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、南部に連れて行かれる。 そして奴隷にされてしまう、 のだ...
スティーヴ・マックィーン監督『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン。主演のソロモン役をキウェテル・イジョフォーが演じる。共演にはマイケル・ファスベン
それでも夜は明ける~虐待の背後にあるもの (佐藤秀の徒然幻視録)
本当は気が優しいエドウィン・エップス 公式サイト。原題:12 Years a Slave。 スティーヴ・マックィーン監督。キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カ ...
『それでも夜は明ける』 2014年3月7日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『それでも夜は明ける』 を鑑賞しました。 劇場をみゆき座からスカラ座に変えてくれたのはラッキーだけど 初日の夜の回にしては意外と空いていた。 アカデミー賞効果を狙っての劇場変更だろうが、効果は乏しい。 もっとお客さん来てくれてもいいと思うのだが・・・ 【...
それでも夜は明ける/キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン監督が実話を基に拉致され奴隷とされてしまった黒人音楽家の再び妻子に会うために生きた壮絶な人生を描いた伝記ドラマです。 出演は ...
それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 12年、奴隷として。 史実に基づく実話を映画化。 本年度アカデミー賞作品賞で見事受賞 ちなみに アカデミー賞受賞作品 2013年度 「それでも夜は明ける」 2012年度 「...
『それでも夜は明ける』 (こねたみっくす)
これは黒人監督による黒人奴隷を描いた映画。それゆえに他の作品とは全く違う世界に到達した映画。 辛い、苦しい、怖い、逃げ出したい。でもこの人類の負の歴史を見なければなら ...
それでも夜は明ける (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【12 YEARS A SLAVE】 2014/03/07公開 アメリカ PG12分監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、サラ・ポールソン、ブラッド・....
それでも夜は明ける (心のままに映画の風景)
1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク。 生まれながらの自由黒人である音楽家ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ幸せな日々を送っていた。 ある日、2週間の興行に参加したソロモンは、興行主に騙され...
『それでも夜は明ける』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、       ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ジアマッティ...
「それでも夜は明ける」正義の危うさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞作品賞を見事勝ち取った作品は、映像も素晴らしい、役者の演技も本当に素晴らしい、テーマも見事だ。 場面展開もよく、134分の長さも感じさせないストーリーは、観る者の心をつかんで離さない。
それでも夜は明ける (悠雅的生活)
所有物。チランドシア。Rall Jordan Rall。 
それでも夜は明ける (悠雅的生活)
所有物。チランドシア。Rall Jordan Rall。 
『それでも夜は明ける』 不自由の中にあるものは? (映画のブログ)
 仮面ライダーは何のために戦うのか? 平和のため? 正義のため?  そのいずれでもない。  『仮面ライダー』のオープニングで、ナレーションの中江真司氏はこう述べている。  「仮面ライダー本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘...
それでも夜は明ける (こんな映画見ました~)
『それでも夜は明ける』---12 YEARS A SLAVE---2013年(アメリカ)監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ 、ポール・ダノ 、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ 、サラ・....
それでも夜は明ける  監督/スティーヴ・マックィーン (西京極 紫の館)
【出演】  キウェテル・イジョフォー  マイケル・ファスベンダー  ベネディクト・カンバーバッチ  ルピタ・ニョンゴ 【ストーリー】 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモンは、ある日突然拉致され、奴隷として南....
映画「それでも夜は明ける」 (FREE TIME)
映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。
それでも夜は明ける (Akira's VOICE)
心の痛みは命の重み。  
それでも夜は明ける (風に吹かれて)
家畜ではなく平等であるべき同じ人間 公式サイト http://yo-akeru.gaga.ne.jp 原作はソロモン・ノーサップが1853年に出版した回顧録。 監督: スティーヴ・マックィーン  「S
それでも夜は明ける (映画的・絵画的・音楽的)
 『それでも夜は明ける』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞で作品賞を獲得したというので映画館に行きました(注1)。  映画の時点は1841年で、1863年の奴隷解放宣言よりも前のことです。  場所は、ニューヨーク州のサラトガ。  バイオ...
映画『それでも夜は明ける』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
14-25.それでも夜は明ける■原題:12 Years A Slave■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス■上映時間:134分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:3月15日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督:スティーヴ・マックイーン□脚本:ジョン・リドリー◆...
劇場鑑賞「それでも夜は明ける」 (日々“是”精進! ver.F)
生き残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404120001/ 【送料無料】「それでも夜は明ける」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドト...価格:2,592円(税込、送料込) [Blu-ray] SHAME -シェ...
「それでも夜は明ける」 (ここなつ映画レビュー)
「これがアカデミー賞作品賞だ!」と言われても、「そうですか」としか言いようがない…。いや、悪い作品ではない。丁寧に作り込まれている。騙されて、自由人から奴隷の身に落とされてしまった黒人の主人公ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)の悲しみ、怖...
それでも夜は明ける (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
それでも夜は明ける '13:米・イギリス ◆原題:12 YEARS A SLAVE ◆監督:スティーブ・マックイーン「HUNGER ハンガー」「SHAME シェイム」 ◆主演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジア...
奴隷という生活 (笑う社会人の生活)
14日のことですが、映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。  1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン 彼はある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまい・・・ 重厚な重き作品、やはり作品賞....
それでも夜は明ける (miaのmovie★DIARY)
12 Years A Slave/それでも夜は明ける(2014)ベネディクト・カンバーバッチ、ルピタ・ニョンゴ 他商品詳細を見る 【12 YEARS A SLAVE】 制作国:アメリカ/イギリス  制作年:2013年 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に 幸せに暮らしていた黒人音...
それでも夜は明ける (いやいやえん)
【概略】 突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる。 ドラマ 黒人差別問題が題材の映画は昔からあったけれど、表面上はなくなったとは言え根強く残って...