映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ゴーン・ガール

2014年12月13日 21時10分21秒 | 映画 か行
評価:★★★★【4点】


こういうミステリー映画は大好き(笑)
愛する人を心底信じることが出来ますか?




ミズーリ州の田舎町。
結婚して5年目になるニックとエイミーは、
誰もが羨む理想のカップルだった。
ところが結婚記念日に、エイミーは突然姿を消してしまう。
部屋には争った形跡があり、
大量の血液が拭き取られていることも判明する。
警察は他殺と失踪の両面から捜査を開始する。
美しい人妻の謎めいた失踪事件は茶の間の注目を集め、
小さな町に全米中からマスコミが殺到する。
すると、次第にニックの不可解な言動が明るみとなり、
いつしか疑惑と批判の矢面に立たされていくニックだったが…。
<allcinema>



ずばり、予告編の作りの巧さにやられた感が(笑)
鑑賞後、ちらし、ポスターの意味合いが真逆になるところが凄い。

この映画、前半ミステリーで後半からサスペンスに移行していく。
ネタバレは作品の面白さを完全に失ってしまうので
本レビューでは明かさないが、主人公ニック(ベン・アフレック)の
相手につい合わせてしまうサービス精神が映画のキモとなる。

マンネリ化した夫婦というより相手のレベルに合わせるため
偽りの自分を演じ続けたことに疲れてしまった夫が
5年目の結婚記念日に本音を打ち明けようとしたところに
妻の突然の失踪事件となる。

鑑賞前はいろんな殺人パターンを想定し犯人像まで考え
公開を楽しみにしていた作品(爆)

出てくる俳優らの演じるキャラがなかなか良かった。
特に、女性刑事と巡査のコンビの会話がワタシ的にウケた(笑)



【今週のツッコミ】
・ニックのような男性は普通にかなり多いと思うよ。
 でもさすがに、妻の血液型を知らないというのはアカンだろ^^;
 ちなみにワタシ、結婚懸念日(記念だろ)がいつだったか、、、
 こんなこと今さら妻に訊けないし、黙っておこう^^;

・完璧主義≒完全犯罪と思っていたが、意外な所で抜けていた。
 はしゃいでもいいが、むやみに飛び上がらない方がいい(爆)

・で、そこから想定外の事態となりプランAからプランBに(そうなの?)
 カレンダーの最後の付箋を取り外したからね(笑)

・米国のメディアは一般人でも容赦なく攻撃する怖さがある。
 そこで、如何に世論を味方につけるかがミソとなる。
 ニックは最終的に弁護士を雇うわけだが腕利きの弁護士だとひと味違う。
 料金も10万ドルと驚きの金額だが^^;

・隣人宅のバカ女を演じたケイシー・ウィルソンが可愛い(笑)

・湖に沈んでいくロザムンド・パイクが本物の死体のようで
 苦手だった彼女の光る部分を知ることが出来た。

・哀れな元彼演じたニール・パトリック・ハリスといえば
 『荒野はつらいよ』の嫌味な髭男爵で荒野の決闘で
 うんこ漏らしたあの旦那さん(爆)
 独特の声に思わず、ピーンと来たもんだ(笑)

・キヌアを魚類と間違えただけでバカにされる夫が哀れ。
 ワタシなら「マトリックス」の主人公と言ってしまうわ。
 (それキアヌです)

・あんな妻なら鐘につるし撞木代わりに108回打ちたいところだ(笑)
 これが本当のゴーン・ガール(おい)

・本作でTOHOシネマズ1ヵ月フリーパス9本目。
 明日が最終日。次は『アオハライド』にでも行こうか迷い中(爆)
-----------------------------------------------------------
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:ギリアン・フリン
音楽:トレント・レズナー/アッティカス・ロス


出演:ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/
    タイラー・ペリー


『ゴーン・ガール』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホビット 決戦のゆくえ | トップ | マップ・トゥ・ザ・スターズ »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フリパ (rose_chocolat)
2014-12-14 03:35:59
実は今、今年2回目のフリパ期間中なんですよ~
11月に転職して忙しくなったんで、
今マイル使わないともう行けないかなって。
忙しくなったんで、残り10日なのにまだ13本くらいしか観てないよww
でもそれが普通だよね。普通にフルで働けばそんなに映画ばっか観れる訳ないし。それでいーんだと思いますw

支配したい女も怖いけど、男はもう犯罪ニュースじゃザラにいるからね。
男でも女でもやだなー
めんどくさ!って思っちゃいます。
roseさんへ (ituka)
2014-12-14 10:52:59
年に2回もマイルを貯めるなんて凄いですよね。
地元のTOHOは集客重視なので目立つ作品しか上映しないのが辛いところ(笑)

フルタイムで仕事してれば週末しか行けないしバランス考えれば
これでちょうどいいのかも(笑)

残り10日で13本なら十分じゃないですか^^
まだまだアニメや邦画も控えているから時間があれば大台いけそうですね。

本作、作品カラーも含め結構好きでした。
ベン・アフレックのゴーンシリーズとして今後も制作して欲しいところです(笑)
Unknown (えふ)
2014-12-14 20:18:10
年末に凄いものを見てしまった!って感じ(汗)
こんな相手とは知らずに結婚してしまったら・・・
と考えると・・・(激汗
でも反対にエイミーのあの用意周到さは素晴らしい!(爆
見習いたいわ(爆
えふさんへ (ituka)
2014-12-14 21:34:37
余所の夫婦関係なんて上っ面しか見てないので
予告編のように夫が悪いと想像しますよね~(笑)
しかし、中身を見たらまるで違った!(怖)

エイミーはいろんな意味で凄すぎる!
そこまで気が回るんかい!と関心しまくりでしたよ(笑)
問題あり (オリーブリー)
2014-12-15 16:36:30
結婚記念日覚えていないんですか??
マジで?
それ、酷いと思います(笑)

デヴィッド・フィンチャー監督は女性を際立たせるの上手いですね。
これ、リースが主演も演じる予定もあったとか、、、。
まだこれという垢がついてないロザムンド・パイクだったからこその作品でもありますねー。
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-12-15 23:32:29
裁判長!赦してください!(笑)
たぶん12月なんだけど日にちが。。。

ワタシもニック並みにアリ地獄行きですかね~^^;

>リースが主演も演じる予定もあったとか、、、。

マジですか!?
また意味もなく妊婦姿で演じられたら観てる方はたまったものじゃありません(爆)
ロザムンド・パイクってこういう役がすごく似合いますね。
第二のレベッカ・デモーネイで行けるかも(笑)
血液型 (iina)
2014-12-21 10:56:13
>さすがに、妻の血液型を知らないというのはアカンだろ^^;
なんの、あり得ますよ。
自分の血液型をO型と思い込んで、たまたま健康診断で血液型を調べて呉れるというので、調べたところA型でした。
父が、お前は自分と同じ血液型のO型を押し付けていただけだったのです。(^^ゞ もっとも、かみさんの血液型は知ってますよ。

>前半ミステリーで後半からサスペンスに移行していく。
われわれに突きつけた風刺の効いたブラックなストーリーでした。

>鐘につるし撞木代わりに108回打ちたいところだ(笑) これが本当のゴーン・ガール(おい)
ウマい! 座布団1枚進呈!

妻の血液型 (ami)
2014-12-21 11:22:41
巡査くん(彼イイ味出してましたね)が女刑事さんに
「(妻の)血液型って知らないとマズイ?^^;」って聞いてましたから
彼も知らないんでしょうね(笑)
ちなみに私の夫は結婚記念日どころか結婚して何年かさえ知りません。
先日「結婚20周年の時は二人で旅行でもするか~」と言うので
「この間、22年目に入りましたけど?」と笑顔で返しました(笑)

>ニール・パトリック・ハリス
次回アカデミー賞授賞式の司会は彼でしたよね。
トニー賞、エミー賞に続きアカデミー賞までとは。
一見地味だけど、歌えて踊れて笑いも取れる
実は凄い売れっ子なのですね(笑)
iinaさんへ (ituka)
2014-12-21 19:49:09
あらま!そうだったのですね^^;
ワタシの場合、小学生の最初の健康診断で検査しました。
以来、そのときの血液型と思い込んでいるんですが
途中で変化するってことはないですかね?(ないです)

>われわれに突きつけた風刺の効いたブラックなストーリー

たぶん、予告編のまま無実な妻が湖に沈んでいくなら、そう思ったでしょうが
さすがに、すべてをやらかしたのは妻ですからね~。
反省しようと思ってたことがみんな吹っ飛んでしまいましたよ(爆)
amiさんへ (ituka)
2014-12-21 20:01:00
ね!巡査くんのキャラよかったですよね(笑)
女刑事におんぶに抱っこで黙ってればいいものを余計な会話のせいで
どこかヘタレな感じが好みでした(爆)

amiさんの御主人のキャラも好きだわ~^^
ときどき天然入ってますみたいな(失礼だろ、おい)

>次回アカデミー賞授賞式の司会は彼

え!マジですか?
しかも、いろんなジャンルの司会までこなすなんて、才能あるんですね。
もし、彼に興味があるのなら『荒野はつらいよ』を是非ご覧になってもらいな(笑)
主人公を最後までバカにする嫌味なオっちゃんでしたが
言われるように、確かにあの作品でも歌って踊ってました(笑)
ちょっと御無沙汰でした~ (kira)
2014-12-29 11:03:58
ま~ったく余裕のない1ヵ月半でしたが、
やっと記事を書けました。ってかお口にチャックの超簡単記事ですが(笑)

ベンのちょっとお間抜け顔から、(コレ・・もしかしてコメディだったのかしら・・・)
との疑惑を抱きつつ観ていて、
中盤から確信をもちましたぁ~。(笑)
負けん気が仇となった、あのポトリシーン!あそこからの怒涛の展開。
実はアノ、怖いシーンでさえ、ちょっと吹いてしまいそうでした~。

「結婚したら片目を瞑って見ろ」は、けだし名言。
このふたり、自分しか観ていなかったもんね。
好きなキャラがいなくても愉しめた、珍しい作品だったかも~
kiraさんへ (ituka)
2014-12-29 21:03:59
どもー、こちらこそご無沙汰でした(笑)
ずいぶん前の鑑賞でしたか?

そうそう、ベンの間抜けっぷりはウケ狙いだったのかもしれませんね。
そこを容赦なく突っ込むロザムンドは、もはやサディスティックっぽくもあり
できれば、鞭を片手に女王様ルックでやってほしかったです(爆)

ポトリ、あれはさすがB型特有のイージーミスでした(笑)
でも、これだけ用意周到なことってB型さんにできるのかな?でしたよ。

これは前半と後半でまるで見方が変わってしまう面白さに打ちのめされました(笑)
Unknown (mariyon)
2015-01-13 17:10:27
やっと観てきました。
年末年始と映画館から遠ざかってたもので。。。

いやぁ~~、2回ご覧になったんですね。
全部わかった時点で、もう一度観たい映画かもしれないです。ただ、まあ、あと味の悪さは抜群ww
両親が絶対怪しいとおもっていたもので、ぜんぜん蚊帳の外だったのに拍子抜けしました。

そうそう、先日TVで「ツーリスト」やってて、
こういうのって、全部知ってから見るのも面白いなぁ~って・・・。この映画も2回目見たら、また違う感想にるかも。
mariyonさんへ (ituka)
2015-01-13 23:31:07
どうしちゃったのかな?と思ってましたよ(笑)

そうです。これ2回観ました^^
エイミーが振り返り、顔アップのシーンも冒頭とラストでは微妙に角度が変わってました。
たぶん、同じシーンの使いまわしではなかったです(爆)

両親を疑いましたか(爆)
ワタシはオーソドックスにニックの双子の妹だと思ってましたよ。

気に入ったら再見し、より細かいところまで注視することお薦めします。
感想変わるかもしれませんよ(笑)
Unknown (Ageha)
2015-01-14 14:10:17
・キヌアを魚類と間違えただけでバカにされる夫が哀れ。
 ワタシなら「マトリックス」の主人公と言ってしまうわ。
 (それキアヌです)

・あんな妻なら鐘につるし撞木代わりに108回打ちたいところだ(笑)
 これが本当のゴーン・ガール(おい)

ネタばれせずにどうやって書けばええねんって映画で
大爆笑しました。そっかこの手があったか。(褒めてます☆.。.:*・)

何があってもバツイチにはなれない、だから殺すってのもすごいが、愛がないのにこっから先もず~~っと
理想の夫婦を演じようとする「妻」の神経が理解できませんでした。オンナから見てもね。このプライドの高さとそこまでする覚悟に脱帽。

でも、こんだけ賢いんならもいっかいラブラブになる方法考えりゃ自分もダンナも幸せになれるのにね~とも。(というノーテンキな意見をブログで書きました・・・(;´∀`))
Unknown (Ageha)
2015-01-14 14:13:20
ダブルですいません。

ちなみに私の誕生日のあくる日が結婚記念日で
2日つづけて祝っております。(^-^)/

ダーリンは体型は全く変わらないのですが
「指が太った」らしくて、結婚指輪が抜けなくなってしまい
呪いだ拷問だモテないとほざいております。(爆)
Agehaさんへ (ituka)
2015-01-14 20:12:34
完璧なエイミーが独り歩きし過ぎちゃって、へんてこなエイニーはもう、アップアップだったんでしょうね(笑)

こういう内容はホントにおもしろい。
中盤からは完全犯罪の仕掛けなんか見られてサスペンス効果ばっちりでした(笑)

この先、この夫婦の行き着くところがすごく気になりましたが
どこかで夫の逆襲なんかを続編で作ってもらいたいです「ゴーン・ボーイ」(爆)

あらま、誕生日と結婚記念日が連続だなんて、おめでとうございます(笑)

>「指が太った」らしくて、結婚指輪が抜けなくなってしまい
>呪いだ拷問だモテないとほざいております。(爆)

男から見れば、まさに呪いそのものですよ(爆)
ご愁傷様です^^;
指だけライザックって手もありますしね(おい)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゴーン・ガール/死ぬよりも恐ろしい (MOVIE BOYS)
『ソーシャル・ネットワーク』や『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られる鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督作品。結婚5周年に姿を消した妻、その妻殺しの疑惑をかけられた男の真実を描くスリラーだ。疑惑の夫を『アルゴ』や『ザ・タウン』のベン・アフレックが、失踪...
ゴーン・ガール~イカレタ女 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ギリアン・フリン原作、デヴィッド・フィンチャー監督。ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、 ...
『ゴーン・ガール』 (2014) (相木悟の映画評)
二転三転、驚愕のサイコロジカル・スリラー! どんより暗くなる身も蓋もない内容ながら、めちゃくちゃ面白いサスペンスであった。 本作は、今やハズれるイメージのわかない名匠となったデヴィッド・フィンチャー監督作。ギリアン・フリンの同名ベストセラー小説の映画....
ゴーン・ガール ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫婦が抱える秘密を暴く。監督は、『ソーシャル・ネットワ....
ゴーン・ガール/ベン・アフレック (カノンな日々)
劇場予告編で流れる「She」にまんまとすっかりやられてしまいましたが、『ノッティングヒルの恋人』のようなロマンチックストーリーというわけではなさそうです。『ソーシャル・ネ ...
ゴーン・ガール (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GONE GIRL】 2014/12/12公開 アメリカ R15+ 149分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン 本当に大切なものはいつも失って初めてわかる ギ...
『ゴーン・ガール』 (こねたみっくす)
妻の選び方次第で結婚が人生の墓場になる。 妻の殺害嫌疑を掛けられた夫を追うサスペンスフルな予告編とは違い、本編はまさに理想と現実の夫婦像の差を見事に描いたブラックなド ...
『ゴーン・ガール』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Gone Girl 監督: デビッド・フィンチャー 出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス 、タイラー・ペリー 、キム・ディケンズ 公式サイトはこちら。 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周年...
劇場鑑賞「ゴーン・ガール」 (日々“是”精進! ver.F)
“結婚”とは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412120002/ ★USA版★数量限定グッズ★DVD等と並べて飾ってください★ゴーン・ガール 映画ポスター (GONE G...価格:12,800円(税込、送料別)
ゴーン・ガール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
誰もがうらやむ若い夫婦に突然妻の失踪事件が起き、夫に妻殺害容疑がかかる。マスコミの煽り立てるような報道は夫の立場を悪くして、観客もそれに引き込まれる。ところが、待っていたのが仰天境地の展開だ。すごい衝撃的な映画の誕生に遭遇してしまった。
ゴーン・ガール (Akira's VOICE)
夢も希望も無いのである。。  
ゴーン・ガール / Gone Girl (勝手に映画評)
結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ~(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX系めちゃイケで『たかみな卒業ドッキリ』での(その二日後、12/8に本当に卒...
恐怖炸裂!『ゴーン・ガール』 (水曜日のシネマ日記)
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男の物語です。
『ゴーン・ガール』 2014年12月14日 TOHOシネマズ市川  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゴーン・ガール』 を鑑賞しました。 年末にTOHOでパスポートゲットするから待とうかと思ったけど やっぱり待てませんでした 【ストーリー】  ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に...
映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあま...
ゴーン・ガール (試写会) (風に吹かれて)
間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:
ゴーン・ガール (心のままに映画の風景)
ミズーリ州の田舎町。 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだったが、結婚5周年の記念日に、エイミーが突然行方をくらましてしまう。 部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明し、警...
ゴーン・ガール (miaのmovie★DIARY)
ポスター A4 パターンA ゴーン・ガール 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【GONE GIRL】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は 誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の...
ゴーン・ガール (ハリウッド映画 LOVE)
今年のベスト予告賞!*ネタバレ気にせず書いてます。
ゴーン・ガール (2014) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしま ...
ゴーン・ガール/GONE GIRL (我想一個人映画美的女人blog)
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(リ...
ゴーン・ガール/GONE GIRL (我想一個人映画美的女人blog)
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(リ...
ゴーン・ガール (そーれりぽーと)
奥さんが行方不明になって、冤罪でマスコミに追われて…『ゴーン・ガール』を観てきました。 ★★★★★ 冒頭に書いたような物語を、とても魅せる演出で描いて、さすがこう言う起伏の少ない映画で有ってもさすがデヴィット・フィンチャーやなぁなんて思っていたら、一転...
映画「ゴーン・ガール」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ゴーン・ガール』 (公式)を本日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー NYで元雑誌のライターをしていたニック(ベン・アフレック)は仕事を失い、2年前に元性格診...
ゴーン・ガール (もののはじめblog)
12月12日封切直後に、本作の雑音が届かない内にと考えサイコロジカル・スリラーを見てきた。ガーン 「セブン」「ドラゴン・タトゥーの女」の鬼才デビッド・フィンチャー監督の作品。 誰もがうらやむような美男美女のカップルに、突然に起きた美しい奥さまの「謎の失踪事....
『ゴーン・ガール』 ~はーい皆さん笑って笑って♪~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/149分 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ベン・アフレック    ロザムンド・パイク    キャリー・クーン    キム・ディケンズ    タイラー・ペリー    ニール・パトリック・ハリス ■概要 原題は『Gone Girl』。アメリカ...
『ゴーン・ガール(Gone Girl)』デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・
GONE GIRL / ゴーン・ガール (minor tranquilizer)
日本語HP(公式) 日本語Wikipedia(超ネタバレしてます注意!)  小説原作を、古くは「セブン」、最近だと「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」や「ソーシャル・ネットワーク」なんかを撮った監督、デヴィッド・フィンチャーが映画化。  俳優陣はというと、 ベン・アフレッ...
『ゴーン・ガール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月...
『ゴーン・ガール』 (時間の無駄と言わないで)
最近はネタバレしまくりな予告編が多いけど、コレは良かった。 良い意味で期待を裏切られた。 まさかこんな展開になっていくとは・・・。 観に行きたくなるけどネタバレも全然し ...
ゴーン・ガール (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか、...
アメイジング・エイミー~『ゴーン・ガール』 (真紅のthinkingdays)
 GONE GIRL  アメリカ中西部・ミズーリ州のある町。結婚5周年を迎えた朝、ニック・ダン (ベン・アフレック)の妻エイミー(ロザムンド・パイク)が、忽然と姿を消した。 すぐさま警察に通報したニックだが、逆に妻殺しの嫌疑をかけられてしまう。 ...
ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続....
ゴーン・ガール  (to Heart)
原題 Gone Girl 製作年 2014年 上映時間 148分 映倫区分 R15+ 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周....
ゴーン・ガール 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『ソーシャル・ネットワーク』などで知られる 鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の新作で ベン・アフレックとロザムンド・パイクが共演 したスリラー『ゴーン・ガール』が公開 されましたので観に行ってきました。 ゴーン・ガール 原題:GONE GIRL 製作:2014アメリカ...
知能犯のわがままじゃん。(爆)~「ゴーンガール」~ (ペパーミントの魔術師)
※ネタばれを含みますので、未見の方はスルーしてくださいね。※ ごっつ頭がいいのね。・・・とまずひとこと。 あたしゃ~、単純に古畑みたいな展開で その謎解きでもするんかいなとおもってたから 最初スルーしたんだわさ。 そしたらま~、見に行ったひとが「結婚し...
ゴーン・ガール (Gone Girl) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実...
「ゴーン・ガール」 (ここなつ映画レビュー)
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているの...
恐ろしき夫婦愛? (笑う社会人の生活)
16日のことですが、映画「ゴーン・ガール」を鑑賞しました。 結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう、自宅のキッチンから大量の血痕が発見された 警察はアリバイが不自然な夫ニックに疑いをかけ、メディアも事件を取り上げ ニックは全米から疑いの目....
ゴーン・ガール (銀幕大帝α)
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...
ゴーン・ガール (いやいやえん)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、全部エイミーのターン!です。 夫婦って他人同士がなるものだから、相手の全てを共有する事など出来ない。「何を考えてる?」それはわからない。
ゴーン・ガール (のほほん便り)
なるほど、デビッド・フィンチャー監督作品、だったのですね。おまけに、全米ベストセラー小説を映画化だったとは! 幸福な結婚生活を送っていた夫妻。ところが、5年目に美人妻が謎の失踪。加熱する、マスコミ。 でも、実は、理想の夫婦と思われたカップルが… と...