映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

マンチェスター・バイ・ザ・シー

2017年05月14日 08時19分34秒 | 映画 ま行
評価:★★★★【4点】



濃厚なスパイス料理が続くとお茶漬けが恋しくなる気持ち。
それがまさにこの映画といえるでしょう。



アメリカのボストン郊外でアパートの便利屋をして
孤独に生きる男リー。
兄ジョーの突然の死を受けてボストンのさらに北の港町
マンチェスター・バイ・ザ・シーへと帰郷する。
そしてジョーの遺言を預かった弁護士から、
彼の遺児でリーにとっては甥にあたる16歳の少年
パトリックの後見人に指名されていることを告げられる。
戸惑いを隠せないリー。
仕方なくパトリックにボストンで一緒に暮らそうと提案するが、
友だちも恋人もいるからここを離れることはできないと
激しく拒絶され途方に暮れてしまう。
なぜならばリーには、
この町で暮らすにはあまりにも辛すぎる過去があったのだが…。
<allcinema>



普段のストレス解消のため、異次元の世界を映画に求め
ハラハラドキドキ、あるいは心踊ったりする感情を
味わい続けると、ときにはこういう身近な作品も観たくなる。

心に深い傷跡を残す主人公リーが兄の死を境に
それまでの孤独な生活を一変せざるを得ない状況に。

この映画でいちばん気になるのがリーの過去。
いったいどんな悲惨な経験をしたのか注目するわけだが
悲しいかな、ワタシは映画の中で余りにも多くの人の死を見るあまり
彼の起こした事故がそれほど大したことに思えなかったのだ(おい)

昨今、どんどん過激な内容へと流れゆく映画の中に於いて
本作は等身大で自然体の主人公を敢えて見せている。
そういう部分が共感しやすいしそこが認められたのだろう(ホントか)


【今週のツッコミ】

・トラウマを抱えたまま人生の終焉を迎える勢いのリーだったが
 彼の心の闇を解放するきっかけが甥っ子であり
 また、この甥っ子もリーの姿を通して成長するんですね。

・死体の運搬など葬儀代と別料金という仕組みが興味深い。

・アメリカ映画観て、いつも思うことだが
 何かにつけ家に招き入れる習慣があって、あれって
 アメリカ人も全員がそうすることを嬉しいと思ってはいないのね。
 この映画のリーを見て、チョット安心しました(笑)

・さすがの演技派女優ミシェル・ウィリアムズ。
 あの事故後の彼女がどんな風に彼を責め続けたのかが見えるから凄い。

・4棟も担当する便利屋リーが水漏れ点検の際に「シャワーを出しながら」
 この発言に対し、リーを変態扱いしたあの女がバカすぎる。
 そりゃあ、過去映画は変質者役が多かったけど最近は違うんだよ。
 なので、ワタシだってリーと同じ汚い言葉で反論するだろうとも。
 そのまえに彼も言葉足らずを治さないとね^^;
-----------------------------------------------------------------------
監督:ケネス・ロナーガン
脚本:ケネス・ロナーガン
音楽:レスリー・バーバー
出演:ケイシー・アフレック/ミシェル・ウィリアムズ/カイル・チャンドラー

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スプリット | トップ | パーソナル・ショッパー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ここなつ)
2017-05-14 23:19:09
こんばんは。
私はこの作品、あっさりとしたお茶漬けには思えなかったです〜。もちろん、こってりとした作品ではないわけですが。
しかしアメリカの高校生ってあんなに家に連れ込んでイタシちゃうものなのか?
ここなつさんへ (ituka)
2017-05-15 21:33:36
オスカー受賞も当然というケイシーの演技でした。
以前は、変質者ばかりやってたためイメージが固定されかかっていたところにこれですよ!
心からおめでとうと言いたいです。
“最中に”いくら部屋は別といっても同じ屋根の下に居るというのは嫌ですね~(笑)
声が大きかったら注意してね。っていちいち言いに行くわけないって!
でも素直だから大目に見てあげましょう(笑)
こんばんは〜 (margot2005)
2017-05-17 23:02:26
リーとジョーの深い兄弟愛に心打たれました。
等身大で自然体の主人公を描くことで、地味ながらも見るものの琴線に触れたのでしょうね。アカデミー好みの映画のような気もします。

>あの事故後の彼女がどんな風に彼を責め続けたのかが見えるから凄い...
もうもう相当責めたでしょうね。私だったら彼をムチ打ってKillしちゃうかも?
margotさんへ (ituka)
2017-05-18 21:45:38
仲のいい兄弟でした。
冒頭の幼い甥っ子パトリックとの何気ないじゃれ合いも微笑ましかったです。
それがまさか数年後にあんな惨事が待っていようとは・・・
中盤でネタを披露して余りの悲惨さに息を呑みましたよ。
アカデミー会員の好みそうな映画だとワタシも思いました。

一番可愛いころの3人まとめてですもんね!
え~!ムチ打ちするんですか!(笑)
インディ・ジョーンズのような長いムチなのか、女王様用のムチなのか気になるところです(←おい)^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マンチェスター・バイ・ザ・シー / Manchester by the Sea (勝手に映画評)
2017年の第89回アカデミー賞では作品賞ほか6部門にノミネート。ケイシー・アフレックが、『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴスリングを抑えて主演男優賞を受賞。ロナーガン監督が、......
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ここなつ映画レビュー)
ありきたりな表現が許されるなら、傑作である。ただただ、傑作である。ネタバレ含みますので未見の方はご注意下さい。マンチェスターの穏やかな海の風景。ヨットで海に出て釣りを......
マンチェスター・バイ・ザ・シー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ジェシー・ジェームズの暗殺」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のケイシー・アフレックが心に深い傷を抱えた主人公を好演し、アカデミー主演男優賞をはじめ主要映画賞を総なめする......
映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー Manchester by the Sea  渋くアカデミー主演男優賞、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミーで、主演男優賞、脚本賞の2冠。 確かに主演のケイシー・アフレック、いつもいいが今回は更に存在感バツグン。 そして脚本も劇シブい。 ボストンと海辺の田舎町......
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Manchester by the Sea」 2016 USAボストンの住宅街で便利屋として生計をたてるリー・チャンドラーは孤独で短気な性格の男。ある日、兄のジョーが心臓発作で倒れたとの知らせを受け病院に......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (心のままに映画の風景)
アメリカ、ボストンの郊外で、便利屋として生計を立てるリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の訃報を受け、故郷の港町マンチェス......
マンチェスター・バイ・ザ・シー/MANCHESTER BY THE SEA (我想一個人映画美的女人blog)
泣くつもりなんてなかったんだけど 今年のアカデミー賞にて、作品賞ノミネート ケイシー・アフレックが主演男優賞と、脚本賞で受賞 ある悲劇をきっかけに故郷のマンチェス......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画好きパパの鑑賞日記)
 ケイシー・アフレックがオスカーを取った話題作。抑制された筆致で心に傷を負った男を描くというのは、「ムーンライト」に通じるものがありました。何かと騒がしいアメリカはこ......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画と本の『たんぽぽ館』)
乗り越えることだけが正解ではない * * * * * * * * * * ボストン郊外に住む便利屋のリー(ケイシー・アフレック)は、 兄ジョー(カイル・チャンドラー)......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の主演男優賞と脚本賞を取った作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (こんな映画見ました~)
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』---MANCHESTER BY THE SEA---2016年(アメリカ)監督: ケネス・ロナーガン出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ 、カイル・チャンドラ......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (風に吹かれて)
住むには辛すぎる町 公式サイト http://www.manchesterbythesea.jp 製作: マット・デイモン アメリカのボストン郊外でアパートの便利屋をして孤独に生きる男リー(ケイシー・