映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

オデッセイ

2016年02月07日 01時08分34秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】



主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が
半減した形になったけれど、全体の作りは素晴らしく良作にしたい。




人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、
いきなり猛烈な砂嵐に見舞われ、
ミッション開始早々に中止を余儀なくされる。
さらに、クルーの一人で植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニーが、
撤収作業中に折れたアンテナの直撃を受けて吹き飛ばされ行方不明に。
事故の状況から生存は絶望視される中、
リーダーのメリッサ・ルイスは他のクルーの命を優先し、
ワトニーの捜索を断念して急ぎ火星から脱出する。
ミッションの行方を見守っていた地球でもNASAのサンダース長官が、
ワトニーの悲しい死を全世界に発表する――。
ところが、ワトニーは奇跡的に命を取り留めていた。
しかし、通信手段は断たれた上、次のミッション
“アレス4”が火星にやってくるのは4年後。
一方、生存に不可欠な水も酸素も残りわずかで、
食料すらもたった31日分。
そんな絶望的な状況にもかかわらず、決して希望を失うことなく、
目の前の問題を一つひとつクリアしていくワトニーだったが…。
<allcinema>



『ゼロ・グラビティ』のような暗黒に“ぼっち”という怖さはない。
ワトニーの科学を応用したサバイバル術がとにかく斬新で
こういう形の生き残り術って初めてじゃないかな(笑)

ワトニーが植物博士でなかったら等の昔に餓死してたはず。
こういうところからしても、自然を知る心は捨ててはいけないんだと
改めて考えさせられる映画になったワタシ(笑)



【今週のツッコミ】
・自身の傷を手当てするシーンに思いっきり痛みが走った^^;
 昨今の特殊メイクアップ技術は本物と見分けがつかない(笑)

・「指輪物語」や「アイアンマン」ネタは多少面白いが
 大ウケするほどでもなかった。^^;

・ヨハンセンのウ●コは相当臭いらしい(笑)

・1年半も使い続けた赤いペイントマーカーの持ちがすごい(違)

・耳栓を鼻栓に応用するアイデアは目からウロコ(うそつけ)

・宇宙科学の専門用語オンパレードに付いて行けず(笑)

・酸素をエアー噴射に応用させるアイデアに『ゼログラ』のパクリ?

・総体的に見て宇宙船って案外アバウトに扱っても大丈夫そう(笑)
 宇宙服もメットのゴーグルが割れてもガムテープでOKなのね。
 火星で宇宙服が破れたら『トータル・リコール』の目ん玉飛び出し
 シュワちゃんが居たし、でも一瞬なら大丈夫と本作で分かった(爆)

・船内の遊泳シーンは作品ごとに進化してますな~。

・蒸かしたジャガイモに砕いた鎮静剤は本当に合うのか(笑)

・そもそも、砂嵐に対する防御策が弱すぎる。
 別のクレーターの“アレス2”残骸有人探査船は倒れなかったのね。

・文学と違い理系は世界共通でありこの映画がそれを挿入したのが
 成功の証であろうと、ふと思った単細胞のワタシ(爆)

・地球に帰還する準備中、嘗ての逞しい腕が骨皮になっていた。
 あれは流石に本人のじゃないでしょう^^;

・今や宇宙に行かせたらマット・デイモンの右に出る俳優は居ない(笑)
 『エリジウム』『インターセプター』『オデッセイ』と毎年宇宙に^^
------------------------------------------------------------
監督:リドリー・スコット
脚本:ドリュー・ゴダード
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ


出演:マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/
    マイケル・ペーニャ/ケイト・マーラ/ショーン・ビーン/


『オデッセイ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラック・スキャンダル | トップ | ザ・ガンマン »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マットデイモン置き去りシリーズ (とらねこ)
2016-02-07 15:38:09
細かいツッコミが映える
「ヨハンセン、寂しい女だ…」からの「ウ●コ臭ッ」は、ちょっと可哀想でもあり面白くもあり
もはや「コメディ」というほど楽しい作品でした。
何でもかんでも思った通りには行かなかったけれど、その行かない辺りもストレス低めで

理系男は周りには多いんですが、なぜitukaさんは私が理系女だと思ったのだろう〜?
何にせよ、理系男が羨ましくなる映画でした!
とらねこさんへ (ituka)
2016-02-07 17:49:52
ワタシの推理からするとワトニーはヨハンセンに好意を持っていたから
なにかとヨハンセンの私用物に手を出しパック入りウ●コも彼女のモノから開封するという行動に(笑)
この作品がGG賞でコメディ部門であった理由がこういうところだったのね。

レシピ解説も面白かったですよね。
三つにカットしたイモは一日三食分でなく三日分なんだよねとか
そうそう、予告編の“31日分の食糧”とか言ってたけど
ワタシもワトニー同様他のメンバー分があるから単純に5倍だろうと即座に反応してました^^;

とらねこさんのこと、てっきり工学部出身でありエンジニアだと思ってましたよ。
たぶん、何かのレビューで勝手にそう思い込んだのかもしれません。
半面、文章にキレがあるのでジャーナリストとしても食べていけそうだし、
いや、映画の脚本なんか書けそうですよね。
とにかく、その才能にはウットリです(笑)
Unknown (えふ)
2016-02-10 20:50:05
“ぼっち”の恐さがなくて、
なんか笑ってしまう珍しい置き去り事件でした(爆
私なら顔面蒼白、鬱になりますわ(汗

船内を遊泳するシーンは、
特に女性は優雅にきれいでした!
やってみたい気もしますが・・・
でも、絶対に宇宙には行きたくない私です(苦笑
えふさんへ (ituka)
2016-02-10 21:25:22
宇宙に3回目も行ってるマット・デイモンなら
ひっそり死ぬことはないだろうと思ってました。
あの状況で冷静に考えることができるというのも凄いことですよね(笑)
ヨハンセンの私物を何かとまさぐっていた辺りをみると
彼の変態度数がちょっぴり上がってしまいました。

ワタシも鬱になりそうです^^;
反対側の壁を反動にして足から遊泳していく移動方法は
今後流行るかもしれませんね(爆)

もしも宇宙への切符が手に入ったら一度は体験してみたいです。
『インターステラー』みたいに歳をとらないのが条件(爆)
こんばんは (オリーブリー)
2016-02-11 00:06:07
明るいサバイバルでした(笑)
記録に残す目的ではあっても、ぼっちって、やっぱり一人喋りしたくなるもんなんですね~。
私も家族が出かけると、犬に話しかけてますもん(笑)
Unknown (mariyon)
2016-02-11 21:03:09
天才やら、特殊技能を持つ人間の役が多いマット
今回も宇宙飛行士で植物学者と、一般人ではないけど
なんか、普通のかんじに見えました。
明るい科学のサバイバルは楽しかったです。

itukaさんの細かい突っ込み、
宇宙なのに・・・なんですが
ラストもっと普通に助けられても良かったと思った次第です。
オリーブリーさんへ (ituka)
2016-02-11 21:43:35
明るいから恐怖を感じさせないし
それよりも理化学に通であればいろんなことが出来るという
ある意味、宇宙サバイバル・ハウツー映画のようでした。

>犬に話しかけてますもん(笑)

そこで犬がパディントンみたいに答えてくれたら最高ですよね(笑)
mariyonさんへ (ituka)
2016-02-11 21:59:56
新宿にチョイと寄って行こう!的な大都会に住まわれていて
ワタシからすれば、もはや天空都市に近いです(さっきと違うぞ)
マットはいろんなキャラが出来ますよね。
ワタシは彼の最高傑作はボーンではなく
『インフォーマント!』なんですよね(笑)

火星で心細く感じさせてないので助けられてもあまり感動しなかったワタシです^^;
限りなく明るい (ミス・マープル)
2016-02-13 09:48:09
火星に一人ぼっちになるシーンはシリアスだったけれど、
そのあとの展開は明るくなぜかコミカルなシーンばかり
でしたね。
せっかく作ったビニールハウスがぶっ飛んだ時でさえ絶望感はなかったなあ。
ラスト付近のスリルはそのためにとっておいたのかと思うほど
緊迫感がありました。
ミスマープルさんへ (ituka)
2016-02-13 15:22:49
普通、こういう映画からすれば、もっと恐怖を煽るような
暗い音楽を使うのが定説なんですけど、そこを敢えて外す監督が面白いですよね(笑)
船長の悪趣味(おい)なソフトのお陰でコミカルタッチに見えましたよね。

ビニールハウスが吹っ飛んでもまた作ればいいじゃんでしたよ^^
ヨハンセンの臭いウ●コも残ってただろうし。
今日、2回目鑑賞してきましたが、あそこで再チャレンジしなかったのは
おそらく上映時間内で終わらなくなることを監督は心配したんじゃないでしょうか(笑)
耳栓 (ami)
2016-02-13 22:19:47
あれって耳栓だったんだ!と今気付きました!
何の疑いも無く「宇宙では鼻栓も必要なのか~」と思っていた私^^;

それにガムテープがあんなに万能だったとは!
ビニールシートとガムテープは忘れず非常持ち出し袋に入れておこうと思いました(笑)


amiさんへ (ituka)
2016-02-13 23:19:20
火星で快適に過ごしたいためのワトニー仕様の私物だったんだと思いました。
アレって低反発スポンジで耳に挿入するときはつぶして細くするんですよ(笑)
ワタシはヨハンセンの臭いウ●コでも鼻栓はしないです。
だって口で呼吸しなきゃいけなくなるし
それだと、匂いの微粒子が口から入りそうな感覚で嫌なんですよね(爆)

HABが吹っ飛んだときもビニールシートとガムテープだったし
そうそう!非常時の持ち出しはこの2点があれば怖いものなしかもしれませんね(爆)
宇宙シーン (もののはじめのiina)
2016-02-24 10:30:24
宇宙シーンは、SFX技術が進化しますね。

「安心してください、まだ生きてますよ」とサプライズさせるシーンは、遺言にしても、とにかく安心させるメッセージです。(^^ゞ

【ツッコミ】所がある点で、コメディ部門をもらったのでしょうネ。

iinaさんへ (ituka)
2016-02-24 21:15:56
日進月歩の映像技術はどこまで突き進むんでしょうかね~。
今や風景は超リアルなので残りは輸送用機器や人物ですね。
これが出来上がった日には俳優らも大変かも(笑)

>サプライズ

あのシーンは何とも言えない可愛さがありました(笑)
監督さんはコメディ部門に「なんで?」だったらしいですね。
こんにちは (ここなつ)
2016-04-13 19:29:23
こんにちは。
>地球に帰還する準備中、嘗ての逞しい腕が骨皮になっていた。
あれは流石に本人のじゃないでしょう^^;

と、我が家でも(観たのは二人だけだけど(笑))評判でした。
っていうか、あのボディはマットらしくないよ!!
ここなつさんへ (ituka)
2016-04-13 20:42:36
ジャガイモ生活続けていると、いくら糖質やたんぱく質が多いと言っても
さすがに栄養不良を引き起こしますよね~(笑)
終盤では見るも無残に激ヤセしてましたし、顔には赤い斑点やら出てましたし^^;

今や簡単にCG処理できる時代ですから、あの体は本人のではないでしょうね(笑)
ただ逆に「マシニスト」のクリスチャン・ベールは自己満足型だから止めてもダメでしょうね^^;
Unknown ()
2016-04-15 15:38:49
こんにちは。

かなり無理のあるダイエットをしたようで、あちらでは、英雄となるには、痩せてないとダメなようですね。同じ試練でも、孤独に耐え兼ねる、という事が、火星でのサバイバルの分かれ目だと思います。

如何にしてあのような逆境を潜り抜けたのか、これは、ワトニー談で、本か映画に出来る美談だと思いました。
隆さんへ (ituka)
2016-04-15 21:55:44
ワトニーが孤独感に耐えたのはキャプテンが持参していた音楽CDのお陰でしょうか^^;
ワトニーの年代からすれば70年代のヒップホップはツッコミしたくなるんでしょうね。
ワタシもキャプテンのCDで何とか耐えられるのは、ワトニーがローバーで聴いていたあの曲だけでした(笑)

火星でのサバイバルは水と酸素、ジャガイモの栽培と結構為になりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
オデッセイ ~ 火星でD.I.Y. (まぜごはん)
「オデッセイ」観てきました。 公式HP 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、...
オデッセイ~火星でもゼログラかよ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Martian。アンディ・ウィアー原作、リドリー・スコット監督。マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジ ...
オデッセイ (Akira's VOICE)
安心してください。生きてますよ。  
『オデッセイ』 2016年1月21日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オデッセイ』 を試写会で鑑賞しました。 今週は良い感じで仕事が終わっているので、なんとか参加できてます。 【ストーリー】  火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を...
劇場鑑賞「オデッセイ」 (日々“是”精進! ver.F)
まずは、“始めること”が大切… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】マーティン・デラックス・サウンドトラック [ ...価格:3,240円(税込、送料込) ...
オデッセイ (試写会) (風に吹かれて)
ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・
オデッセイ (あーうぃ だにぇっと)
オデッセイ@よみうりホール
オデッセイ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
火星に一人残された宇宙飛行士が科学の力で生存期間を伸ばす。NASAの全面協力を得て詳細なやり取りは現実的だ。現在の宇宙開発の現状に即した描写はリアリティに富んでいる。スペースアクションの新時代を切り開いた。是非映画館で観るべきだ。
オデッセイ(3D) / The Martian (勝手に映画評)
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミ....
映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー...
"火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・
映画『オデッセイ』2D字幕版 観た~ (よくばりアンテナ)
面白かった~~(*´∀`人 ♪ 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワ...
オデッセイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
火星で砂嵐にあって吹き飛ばされ 死んだだろうと判断され取り残されたマーク・マトニー(マット・デイモン) 助かっても火星に一人・・・ 生きる気力は絶対なくなると思うのに 精神力が強いなあ~ そして今度、火星にクルーがやってくるのは4年後・・・ それまで生き...
『オデッセイ』 (こねたみっくす)
希望と絶望の狭間で揺れる振り子に、科学を武器に戦うヒューマンドラマがここにある。 何と生命力に溢れた映画なのだろうか。これが79歳の監督が撮る映画なのだろうか。 意外や意 ...
[映画『オデッセイ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『オデッセイ』を観てきました。 『ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』の後追い企画ではあろうけど、面白かった。 エンドクレジットでリドリー・スコット監督と知り驚いた次第。 確かに、少なからずの男臭さがありました。 まあ、火星に置き去りになっ...
オデッセイ (花ごよみ)
アンディ・ウィアー作の小説 「火星の人」を映画化。 火星にたった一人だけ残された宇宙飛行士、 マーク・ワトニー。 マット・デイモンが 主人公のマーク・ワトニーを演じます。 監督はリドリー・スコット。 火星からの帰還を願い 極限状態の中でも、 いつもユーモ....
「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね~。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人の...
オデッセイ (to Heart)
THE MARTIAN 上映時間 142分 原作 アンディ・ウィアー 『火星の人』(早川書房刊) 脚本 ドリュー・ゴダード 監督 リドリー・スコット 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/マ...
オデッセイ/THE MARTIAN (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット×マット・デイモン初タッグ 原作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説『火星の人』 脚本は「クローバーフィールド」「キャビン」「ワールドウォーZ」の脚本家、ドリュー・ゴダード。 この人のって「キャビン」...
オデッセイ  (心のままに映画の風景)
人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、猛烈な砂嵐に見舞われミッションを中止するが、撤収作業中に吹き飛ばされ行方不明になった植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)の生存が絶望視され、船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステ...
オデッセイ (ハリウッド映画 LOVE)
なんてボジティブなんでしょう!
「オデッセイ」 (或る日の出来事)
前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。
オデッセイ  (Break Time)
今日は、若干 北風が有ったものの・・・
オデッセイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、....
オデッセイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オッデセイ」 原題:Martian 監督:リドリー・スコット 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:マット・デイモン      ジェスカ・チャスティン      クリステン・ウィグ      ジェフ・ダニエルズ   ...
映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻...
オデッセイ (映画と本の『たんぽぽ館』)
一人ぼっちだけれど一人ではない * * * * * * * * * * 火星にたった一人取り残された男・・・、 以前から楽しみにしていた作品です。 火星の有人探査にあたっていたメンバーに 強烈な嵐が襲いかかります。 メンバーの一人、マーク・ワトニー(....
『オデッセイ』 (時間の無駄と言わないで)
この手のSFは最近良くも悪くも深刻なのばっかりだったから、たまにはこういう悲壮感の無い明るいSFもイイよね。 2時間半もあるけど最後まで楽しめた。 出てくる人たちみんな良い ...
オデッセイ  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、...
スターマン/火星の人~『オデッセイ』 (真紅のthinkingdays)
 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マッ...
オデッセイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 火星にたった一人取り残されても、決してあきらめずにユーモア交じりで生き残りをかける。最新の科学の知見も交えて、人間の生きる力をみせつける傑作でした。やはり、あきらめてはそこで終わりなんですよね。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:リドリー・スコッ...
オデッセイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し....
映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせる...
映画「オデッセイ」 (FREE TIME)
映画「オデッセイ」を鑑賞しました。
「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プ...
オデッセイ (もののはじめblog)
探査中の事故により、たった1人が火星に取り残されてしまう。ひとりぽっちになりがらもマット・デイモン飛行士が、決して絶望せずに前向きに生き延びようとする物語。 はじめ「ロビンソン・クルーソー」かという印象を抱いたが、・・・そこはSF映画。 絶望の中を、何....
オデッセイ (こんな映画見ました~)
『オデッセイ』---THE MARTIAN---2015年(アメリカ)監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ 、マイケル・ペーニャ 、ショーン・ビーン 、ケイト・マーラ 、セバスチャン・スタン、アクセル・....
火星にて1人、生き残るには (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「オデッセイ」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて 火星での有人探査の最中嵐に巻き込まれたワトニー 仲間たちは緊急事態を脱するため死亡したと推測されるワトニーを置いて火星を去る しかし 奇跡的に死を免れたワトニーは水も通信手段もなく食料は31...
「オデッセイ」 (ここなつ映画レビュー)
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら...
オデッセイ (E'S STREAM)
火星で撒かれた種は、たった一度の再起に懸けられる…。火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機...
オデッセイ (銀幕大帝α)
THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: ...