映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

R100

2013年10月06日 20時13分49秒 | 映画 英数行
評価:★★【2点】


エンドロール後のおまけ映像がすべてを語っている。

冒頭のうんこポッチャン!という音の後
ガラガラ〜とペーパー引く音、しばらくしてトイレから出てきたひと見て
ひっくり返った(笑)

あれま〜!アンタだったの?

クールな雰囲気に色彩を極限まで落とし、やや粗目の映像は
これから不思議世界に入り込むには十分過ぎる演出だったのではないか。



都内有名家具店に勤める平凡なサラリーマン、片山貴文。
妻が1年以上も意識不明で入院している彼は、
ある日ふとした心の迷いから“ボデージ”という
謎のクラブに入会してしまう。
それは、いつやって来るか分からないという
究極のSMプレイを提供する秘密クラブだった。
ただし、契約期間の1年間は、決して途中退会が許されなかった。
以後、様々なタイプの女王様が貴文の日常生活の中に予告なく現われ、
彼を禁断の未体験世界へと誘っていく。
最初は、その甘美な責め苦とスリルを満喫する貴文だったが…。
<allcinema>



もはや、この映画には当ブログ恒例の
【今週のツッコミ】は必要ないのではないか(って、何をえらそうに)。

ツッコミたいことすべてを劇中プロデューサーらが助監督(?)に
すべてぶつけていたからね(爆)

とりあえず、なにを言ってたかというと。

・監督って今までの映画すべてにテイスト一貫してないよね。

・R100って100歳以上にならないと映画の意味がわからない?
 100歳で映画館に来る老人が全国何人いるんだ。
 そもそも100歳以上の老人が全国何人いるかだよ。

・丸呑み女王って意味不明だからカットして!
 その後も繋がっているから、あのシーンだけ削ることができません。

・声まね女王がなんで彼の妻の声知ってるんだよ!
 数年前から昏睡状態だったにもかかわらずにだ!

・SMクラブにCEOってなんだよ!

まだまだ色々言ってましたが、もう忘れました(笑)

ということで、やはり映画見た感想は書かないとね^^

今回、出演者がかなり豪華になってますね。
主演があの大森南朋ってところがすごい。

物語はSMを愛するひとりの男が非日常空間で快楽を求め
専用のクラブに入会する。
しばらくは快楽に酔ってはいたものの
次第にエスカレートしてくるクラブのメンバーに
とても対応できなくなり退会希望するも時すでに遅し(笑)

次々やってくる女王や刺客に孤軍奮闘する男の物語でちゃんちゃん!


【今週のツッコミ】
・松本監督作品って今まですべて一貫性がないよね(笑)

・100歳過ぎの老人監督が試写してる姿は痛々しかった。
 「う〜〜あ〜〜」しか言ってないぞ^^;

・興奮する主人公がダンカンにしかみえない。

・数人の女王様が登場するわけですが、やはり冨永愛は別格だった。
 冒頭で登場してくるところなんか、もしや期待できる?と
 錯覚させる完成度の高さに「松本やるじゃん!」でしたけどね^^;

・SMクラブのCEOを演じた金髪大女はいったい誰!
 外国の女子プロレスラーなのか?(笑)
 身長2メートルちかくあっただろう(爆)

・この映画の酷さは予想通りだったが『ムービー43』と比べた場合
 やはり、それ以下だったと思う。

・それでも見るだけ時間の無駄ということはなかったね^^;
----------------------------------------------------------
監督:松本人志
脚本:松本人志
撮影:
音楽:


出演:大森南朋/大地真央/寺島しのぶ/片桐はいり/冨永愛/佐藤江梨子/
    渡辺直美/前田吟/YOU


『R100』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッド・ドーン | トップ | クロニクル »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
渡部さん (rose_chocolat)
2013-10-06 20:25:55
彼の役も、意味不明じゃなかった? 笑
roseさんへ (ituka)
2013-10-06 20:35:08
こんばんは。
そうそう!彼のこと忘れてはいけませんね(爆)
月光仮面は見たことありませんが、似たようなテイストだったりしてね(笑)

にしても全てに於いて突飛すぎだったと思うけど
これが松本映画ならそれはそれでよろしいかと^^;
☆お鮨を潰さないで!☆ (TiM3)
2013-10-09 01:47:55
ばんはです。

先週末に観て来ました(⌒〜⌒ι)

うーん・・イマイチでした。

ラストはシュワちゃんの『ジュニア』を意識してたんでしょうか?(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2013-10-09 20:19:53
こんばんは。

先々回の『しんぼる』でも寿司ネタありましたよね(笑)
松ちゃんはマグロがお好みなんでしょうか^^;

握り寿司ってネタにもよりますが、綺麗に潰れるんですね〜(爆)
ちなみに大森さんって醤油なしで食べてましたが『しんぼる』の時も松ちゃんは醤油なしでした。
これは偶然なんだろうか(笑)

>『ジュニア』

お〜!ラストはまんまですね(笑)
全く思いつきませんでした(爆)
ちなみに未だに親子で白いブリーフって貴重ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『R100』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 松本人志 出演: 大森南朋 、大地真央 、寺島しのぶ 、片桐はいり 、冨永愛 、佐藤江梨子 、渡辺直美 、前田吟 、YOU 、西本晴紀 、松本人志 、松尾スズキ 、渡部篤郎 試写会場: よみうりホール 映画『R100』公式サイトはこちら。 (2013...
『R100』 2013年9月26日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『R100』 を試写会で鑑賞しました。 この映画どうする 酷評しても松本信者は行きそうだ 【ストーリー】  男(大森南朋)は誘惑に負け、1年という期限付きでミステリアスなクラブへの入会を決意する。入会の際の条件は、たとえ何があろうとも途中で退会することはでき...
R100 (あーうぃ だにぇっと)
R100@よみうりホール
R100〜YOUphoria? (佐藤秀の徒然幻視録)
現代日本人の漠たる不安SMバージョン 公式サイト。松本人志監督・出演、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松尾 ...
「R100」:崩壊する後半(言い訳つき) (大江戸時夫の東京温度)
映画『R100』、序盤はまずまず良かったんですけどねえ。映像は美しく、映画として
R100 (だらだら無気力ブログ!)
大森南朋にとって黒歴史になる作品だろうな。
R100/大森南朋 (カノンな日々)
松本人志監督作第4弾は謎のSMクラブを舞台に平凡な男が体験する出来事を描いた不条理劇です。前作『さや侍』とはうってかわって今作は主演の大森南朋さんをはじめ実力派、個性派の ...
R100 ★ (パピとママ映画のblog)
『大日本人』『しんぼる』『さや侍』などを手掛けてきたダウンタウンの松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった主人公が遭遇する未知の体験を活写する。大森南朋、大地真央、寺島しのぶのほか松本自身も出演を....
『R100』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「R100」□監督・脚本 松本人志 □キャスト 大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永 愛        佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松本人志        松尾スズキ、渡部篤郎■鑑賞日 10月6日...
R100 (映画的・絵画的・音楽的)
 『R100』を渋谷TOEIで見ました。 (1)松本人志監督の前作『さや侍』を見たこともあり、かなり評判が悪そうですが(注1)、映画館に行ってきました。  本作では、主人公の片山(大森南朋)が、クラブ「ボンデージ」に入会したところ、日常生活の思いもよらないところで...
理解できぬ魅力 (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「R100」を鑑賞しました。 片山は誘惑に負け性的欲求を満たすためにクラブ「ボンテージ」へ入会する。 日常生活の中に次々と女王様が現れるもので、片山はえもいわれぬ快感を得るがその内容は次第にエスカレートしていって・・・ 松本人志監督ら....
R100 (銀幕大帝α)
2013年 日本 100分 ドラマ/コメディ R15+ 劇場公開(2013/10/05) 監督: 松本人志 『さや侍』 企画: 松本人志 共同プロデューサー: 奥山和由 脚本: 松本人志 出演: 大森南朋:片山貴文 大地真央:女王様 寺島しのぶ:女王様 片桐はいり:女王様 冨永愛:....