映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

クロニクル

2013年10月12日 20時54分55秒 | 映画 か行
評価:★★★★★【5点】


全米初登場1位のときから楽しみにしていた作品。

当初、首都圏限定で2週間のみの公開となっていた本作。
ワタシはこの衝撃の事実をどうしても納得できなかった(笑)
そしてショックで寝込もうかと思ったほどだ(うそつけ)

が、しかし、全国の劇場オーナーから配給会社へ問い合わせが殺到し
全国規模の公開となった展開に思わずガッツポーズ!(笑)

やはり皆さん、よく知ってますね^^

ちなみに、全国でも特別料金(1000円鑑賞)ということで
興行収入的には大丈夫なのだろうかと余計な心配^^;



新人監督による低予算映画にもかかわらず、
予測不能の展開と思春期の若者のリアルな心理描写が評判を呼び、
全米初登場1位のサプライズ・ヒットを記録して
センセーションを巻き起こしたSF青春サスペンス・アクション。

いつも持ち歩いている中古のビデオカメラだけが心の友という
孤独な高校生アンドリュー。
ある日パーティ会場で居場所を見つけられない彼は、
見かねたいとこの同級生マットとその親友スティーブに誘われ、
近くの洞窟探検に向かう。
そこで不思議な物体に触れた3人は、
知らぬ間に念じるだけで物を動かせる超能力を身につけていた。
最初はその力を他愛もないイタズラに使って満足していた3人だったが…。
<allcinema>



で、作品はというと、序盤の展開見る限り
フェイク・ドキュメンタリーという主観カメラの映像に
いつもなら全く違和感なく鑑賞していたのだが
この映画に限って、余りにもカメラの手ブレが激しく
少しばかり酔いそうになっってしまった。

ワタシとしたことが、どうしちゃったんだ!みたいな(笑)

それでも、中盤以降ようやく本作のカメラ映像に慣れてきて
物語に集中することができた。

いや~!これは単純に面白かった!

ヘタレで奥手な高校生アンドリューと同級の従兄弟マット。
そして従兄弟の親友と3人で超能力を身に付けちゃったらどうなるか。
これ、前半なんてほとんど誰もが思い描く願望ですよね。
チョッとした悪戯なんてドッキリカメラを見てるようで
ほんと、笑ってしまったわ(笑)

後半に突入していくと事態はどんどんエスカレートしていき
単なる悪戯映画でなくなっていく。

そこには貧しい家庭環境という深刻な問題を描きつつ
彼がなぜそうなってしまったのか。
重病の母の死と酒浸りの父の影響で遂に暴走がはじまる。

アメコミヒーローなら至って普通な映像となりますが
普通のどこにでもいる高校生ってところがいいんですよね。

良かったです!日本のアニメで似たようなのありましたが
これはこれでアンドリューの内面の変化が恐ろしく
かなり見ごたえありました。

暴走を食い止めたラストの切ない映像に安堵の気持ちと
一方で彼に同情する思いが交錯し複雑な気持ちになってしまった。


【今週のツッコミ】
・アンドリューは日本の傑作アニメ『AKIRA/アキラ』の鉄雄でしたね。
 超能力身につけてしまいタダの不良少年だった彼が
 次第にエスカレートし自分でもコントロールできない域まで暴走する。
 終盤のノリなんてほとんど同じではないでしょうか。

・なら従兄弟のマットは軒並み金田かケイって立ち位置か(笑)

・アンドリューの父を演じたマイケル・ケリーはイーストウッド監督の
 『チェンジリング』でレスター・ヤバラ刑事という珠玉のキャラでしたが
 今回はそれと真逆のダメダメ親父でした^^;
 どの作品も脇役でありながらキーとなるキャラが多く好きな俳優さん。

・あの状況でいきなり射殺しろって日本では考えられない。

・いくら低予算といってもVFXには相当な費用が掛かっているんでは?

・高校でのタレントショー(かくし芸大会)に出演し
 超能力をイリュージョンに見せかけ生徒らは一気にハイテンションって
 それ反則でしょう(笑)でもヒーローになれたから許しましょう(笑)

・赤毛の女性と初めてのアレ。しかし直後に憮然とした表情で
 部屋からとび出してくる女性。
 アンドリューが嘔吐するほど凄いものを持っていたのかな^^;
 彼ってエロ本も見たことない純情少年だったりして(笑)

・その赤毛の女性との一件でヒーローから一気に滑落し
 再び元の笑いものに成り下がってしまう。
 遂に彼の居場所が完全消滅する瞬間であったんだね。

・機能不全家族で育ったアンドリューにとってこの一件は
 相当参ったはず。そして彼は自らを守る方法を思いつくわけだ。
 “頂点捕食者”つまり笑いものにした人間たちへの復讐心が芽生える。
 これ世界征服の意味もあったんでしょうね^^;

・床に這う蜘蛛をバラバラにしてしまう静かなシーンは秀逸だった。

・母の処方する薬代7万円って、、、さすがアメリカだわ。
 アメリカ当局の医療問題にひと役買った格好になりそうだ。

・その薬代がなくて街のゴロツキ相手に完全防具身にまとい
 カツアゲするシーンが本作でもっとも素晴らしかった!
 ちなみに奴ら金持ってる風には見えなかったんだが^^;
 これって、以前の報復感情もあったんでしょうね。

・空を自由に飛びたい!飛んだら空でボール遊びしたい。
 雲に覆われた影からいきなりの轟音!
 大型旅客機と生身でニアミスして肝を冷やす彼ら。
 これって、やっぱりありますよね!(爆)
 こういうところまで描く監督って好きだな~(笑)

・主演のデイン・デハーンはジェームズ・マカヴォイとブラピとベニチオ兄さんを
 微妙に掛け合わせた感じでしょうか。
----------------------------------------------------------
監督:ジョシュ・トランク
脚本:マックス・ランディス
撮影:マシュー・ジェンセン
音楽:アンドレア・フォン・フォースター


出演:デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン


『クロニクル』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R100 | トップ | 死霊館 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わあ~いv^^v (kira)
2013-10-12 23:01:12
やっと!私と同じ評価の人に出会えたよ~~~ぅうれし泣き~

【今週のツッコミ】も同感~、共感なんだけど、
>デイン・デハーンはジェームズ・マカヴォイとブラピとベニチオ兄さんを
>微妙に掛け合わせた感じでしょうか。
ここだけがチガウよっ!
あの泣き顔、この不幸なラスト!!
もう~レオくんでしょ~

>アメリカ当局の医療問題
うん、国民保険制度がちゃんと機能してる日本からすると信じられないわよね~。

>大型旅客機と生身でニアミス
これも、近頃何かの番組で、実際に滑走路でスレスレの機体が飛び立つスリルを体感するグループの映像をみました。

アイデアを無にしない少年心理を描き切ったこの監督、超お気に入りになりました



kiraさんへ (ituka)
2013-10-13 00:32:32
こんばんは。

え~~!(笑)首都圏で高評価ってそんなになかったんですか^^
いや~、ワタシはこういうの大好物なんだけどな。
主観カメラで撮影し、いかにもドキュメンタリー風な映画って
少し前ならJ.J.エイブラムスの『クローバーフィールド』が有名でしたよね。
あの監督はアレで有名になったんですから(笑)

ニール・ブロムカンブ監督の第一作の衝撃に近かったって分る!

デイン・デハーンが絶叫し苦痛に耐える表情はレオくんに近かったですね(笑)
額の血管が切れるんではないかと心配させるところなんて
ある意味、狙っているのでしょうか^^;

ココのところ、映画界も監督、俳優さん含め新旧交代の時期に来たのかもしれませんね^^
☆強引に歯を抜かないで~☆ (TiM3)
2013-10-28 02:35:41
観て来ました。

特別料金が嬉しかったですね。

最後の最後で「マット、お前が残るんかい!」と
突っ込んでしまいました。

それまではさんざんアンドリューの事を丁寧に描いて来たのにねぇ。
TiM3さんへ (ituka)
2013-10-28 20:12:58
こんばんは。
全国から配給会社への問い合わせ殺到受けての上映にホッとしましたよ(笑)
しかも一律料金のおまけ付き(笑)

いちばん地味なマットが残っちゃいましたね(爆)

多分こういう結果になってしまったら続編は絶対になさそうですよね。
でも、映画だから頭吹き飛ばされない限り死なないとか訳わからない理由つけてくる可能性もあるかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クロニクル~プラトンの洞窟=映画館!? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Chronicle。ジョシュ・トランク監督、デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ、アンナ・ウ ...
クロニクル / Chronicle (勝手に映画評)
高校生の三人組が、ふとした事から特殊能力を身につけてしまい、自分に身についた特殊能力に戸惑い、翻弄されるさまを描く。 ビデオブログをアンドリューが撮影していると言う設定から、映像がハンディカメラで撮ったような雰囲気になっています。映画というより、実際に...
クロニクル/デイン・デハーン (カノンな日々)
超能力を手にした高校生たちが思いもよらぬ事態を引き起こす様子をファウンドフッテージ・スタイル(第三者が未編集素材を発見したというていのいわゆるモキュメンタリー)で描いた ...
クロニクル (to Heart)
原題 CHRONICLE 製作年度 2012年 上映時間 84分 映倫 PG12 脚本マックス・ランディス 監督ジョシュ・トランク 出演 デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン/マイケル・ケリー/アシュリー・ヒンショウ 新人監督による低予算映画にもかかわらず....
クロニクル (風に吹かれて)
もしも超能力が使えたら 公式サイト http://www.foxmovies.jp/chronicle中古のビデオカメラだけが話し相手の孤独な高校生アンドリュー(デイン・デハーン)。父親は酒びたりで暴
『クロニクル』を日劇3で観て、立派な青春映画だふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★前評判通り】 3人の高校生がサイコキネシスいわゆる念動力を手に入れ、 はしゃいだ末に身を滅ぼすまで。 クロニクルとは「記録」。 能力獲得前から後ま ...
劇場鑑賞「クロニクル」 (日々“是”精進! ver.F)
テレキネシス使い、現る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309270001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 新入荷...
クロニクル (こんな映画見ました~)
『クロニクル』---CHRONICLE---2012年(アメリカ )監督:ジョシュ・トランク出演:デイン・デハーン 、アレックス・ラッセル 、マイケル・B・ジョーダン 、アシュリー・ヒンショウ 新人監督による低予算映画にもかかわらず、予測不能の展開と思春期の若者...
クロニクル (とりあえず、コメントです)
突然に超能力で物を自在に動かせるようになった高校生男子3人組の物語です。 サクッと観られる長さで期間限定なので、早く観なくてはとチャレンジして来ました。 特殊な能力を持ったために運命を狂わせて行く少年と、彼を救おうとする友人たちの姿に 切なさを感じるような...
クロニクル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CHRONICLE】 2013/09/27公開 アメリカ 84分監督:ジョシュ・トランク出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ [Story]超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット...
クロニクル (ダイターンクラッシュ!!)
2013年10月11日(金) 19:10~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(特別料金) パンフレット:未確認 江田四朗とか高鳥慶輔。ただし邪淫無し。 『クロニクル』公式サイト 宇宙人の置物か何か知らないが、妙なものを触ったおかげでテレキネシス能力がついた高校生3人...
「クロニクル」 (或る日の出来事)
「力」は使う人しだい。(なんにでも言えることだが。)
クロニクル (だらだら無気力ブログ!)
やっべー、超オモシレー!
クロニクル (そーれりぽーと)
超能力に目覚めた青年たちの物語と言う事と、なんか予想外にヒットしたらしいという情報を聞いて楽しみにしていた『クロニクル』を観てきました。 ★★★★ そ、そういう映画だったのか?! まさに目からウロコな、観る前と観始め、観終わった後の印象が全く変わる映画で...
クロニクル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Chronicle監督:ジョシュ・トランク出演:デイン・デハーン, アレックス・ラッセル, マイケル・B・ジョーダン, マイケル・ケリー
クロニクル (映画的・絵画的・音楽的)
 『クロニクル』を新宿のシネマカリテで見てきました。 (1)アメリカで大ヒットしたSF作品(2012年、84分)で、日本でも見た人の評判が高いようなので映画館に行ってきました。  高校生のアンドリューが主人公。  友達がいなくて一人で過ごす生活を、中古のビデオカメ...
『クロニクル』 (・*・ etoile ・*・)
'13.10.02 『クロニクル』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ これ見たくて試写会応募しまくったけどハズレ・・・ もう、応募時点で当選するの9割がたあきらめてるよ・・・ グチですけどw TLでとっても評判良くてますます見たくなり、六本木ヒルズで2週間限定上映中ってことで、...
クロニクル ★★★ (パピとママ映画のblog)
ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「キル・ポイント」シリーズの新鋭ジョシュ・トランク。キャストには、『欲望のバージニア』のデイン・デハーン、『...
ショートレビュー「クロニクル・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ワンダーランドの少年たち。 製作費1200万ドルの低予算映画ながら、2012年2月に米国で公開されるやランキングトップに躍り出て、全世界で製作費の十倍以上の興行収入を叩き出したヒット作。 にも関わらず日本公開がなかなか決まらなかったので、私は痺れを切らして海...
超能力を持つことで (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「クロニクル」を鑑賞しました。 超能力を突然持った高校生たち  その能力を使い 楽しんでいたが、能力を乱用し思わぬ事態へと・・・ 普通の高校生が突然 超能力を持ったら・・・! というシンプルな設定ながら その後の展開はしっかりと練られて...
クロニクル (銀幕大帝α)
CHRONICLE 2012年 アメリカ 84分 SF/アクション/青春 PG12 劇場公開(2013/09/27) 監督:ジョシュ・トランク 原案:ジョシュ・トランク 出演: デイン・デハーン:アンドリュー アレックス・ラッセル:マット マイケル・B・ジョーダン:スティーブ マイケ....
クロニクル (いやいやえん)
最初はあくまでも「遊び」の範疇で能力を使っていた彼らが、次第にその絶大な力に翻弄され、強くなったと思い込み(実際彼らは強くなったのだ)、能力を進化させていく。その過程は確かに「AKIRA」に似ている。結果
クロニクル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン 【解説】 ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「...