映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

人生の特等席

2012年11月25日 10時32分10秒 | 映画 さ行
評価:★★★★【4点】


マネーボール理論が揺らいだ瞬間とは、、、

世の中すべて情報化時代、どんな些細なことでも
データの付け方さえ間違わなければ、これが最強の武器となる。
映画『マネーボール』で緻密なデータ管理システムに於いて
球団から解雇を言い渡された選手でも再生させることができる。

これを観た時、目からウロコでしたが
今回の映画はそれらを真っ向から否定するものでした。
アナログがデジタルを粉砕する瞬間を終盤に理詰めで見せられ
これも、また目からウロコだったりして。。。(笑)



数々の名選手を発掘してきたメジャーリーグの
伝説的スカウトマン、ガス・ロベル。
しかし近年はパソコンを使ったデータ分析が主流で、
ガスのような昔気質のスカウトマンはすっかり時代遅れに。
視力も衰え、残り3ヵ月となった球団との契約も延長は望み薄。
そんな中、
ドラフトの目玉選手のスカウティングに向かったガスのもとに、
弁護士としてキャリアの大事な時期を迎えていた
一人娘のミッキーがやって来る。
すっかり疎遠になっていた2人は、
久々の再会も互いに素直になれずにギクシャクしたまま。
そんな2人の前に、かつてガスに見出され、
引退した現在では新米スカウトマンとして
再出発を図るジョニーが姿を現わすが…。
<allcinema>



そもそも、時代の波に乗った今時の彼らが言うデータって
選手が野球連盟に入っていなければ個人のデータが取れない。
そういう意味からすれば、今回のミッキー(エイミー・アダムス)の
父親譲りの野球に対する正確な嗅覚というモノの方が
連盟に所属しない無名の少年の発掘に長けている。

というよりパソコンばかり見てて現場に出ないスカウトマンって
実際に存在するんでしょうか。
『マネーボール』のときはプロ野球選手が対象だったので
莫大な個人データが当然ながらあるから、それはそれで分かる。

これは、どんなに素晴らしいデータ管理システムでも
現場の生の情報には到底叶わないということでよろしいかと。

地方の高校野球大会では目玉選手に群がるスカウトマンたち。
彼らは超高校級のスラッガーに目が釘付けとなっている。
しかし、ガス(クリント・イーストウッド)はイマイチ乗り気でない。
彼はこの大物スラッガーの弱点をいち早く見抜いていたからだ。

ガスの所属する球団ではパソコンをまったく使えないガスを
見下す仲間が引退を進めてくる。
本人も視力の低下(緑内障の疑い)があるけど医者嫌いで
専門医での検査さえ受けない頑固さでアウトローそのまま^^;

疎遠となっていた娘との関係もギクシャクしたままで
妻が亡くなってから人生を半分放棄しているかのようにみえる。
これも、頑固で不器用な彼だからなんですね。
すべては話せば分かることなんですけど、それが出来ていなかっただけ。

さて、物語りは彼の親子関係を軸に本物のスカウトマンとは。。。
そんな内容になってます。
前出の超高校級のスラッガーの自信に満ちた憎たらしい人間性とか
球場でピーナッツ売りの謎の少年の純真さが対極に位置してて
これがラストで一気に涙腺を刺激してくれます。

ストーリー自体は王道な印象を受けますが
こういうベタな内容でも手を替え品を替えて人間本来の
道徳感情を刺激する映画が作られるのは素晴らしいことです。


【今週のツッコミ】
・あのモーテルのカットで経営する母から「野球はだめよ!」と
 念を押されていた少年に、ノースカロライナは
 他にスポーツは流行ってないのかよと思ってしまった。

・その少年が高校野球の球場でピーナッツ売りをしてて
 花形選手から「ヘイ!俺にもピーナッツよこせ」と言われ
 数歩近寄った後、サウスポーから品物を選手に投げ
 その見事なコントロールに、あ、こいつ最後に来るな!と確信した。

・で、またまたその少年なんだけど、投球フォームは
 あちらさん独特のモノでしたが、素人ではないね。
 落差のある最初のカーブが本当によく曲がってましたよ。
 でも、ここで驚いたのはミッキーのキャッチングのほう。
 女性でしかも、初めての相手の最初のカーブって
 どんな球筋なのか分からないのにミットの真ん中で受けてたこと。

・で、またですが、この少年がメジャーのテストを受けるところ
 対する打者が自信過剰の高校スラッガーだから舞台はそろいました。
 マウンドの少年に向かって「緊張してる?」これに対し少年は
 「楽しんでますボス」←ボスって言ったか定かでないがそんなノリ。
 この台詞に、こいつ凄いこと仕出かすなと胸が高鳴った(笑)

・またもや(またかよ!)少年とミッキーをみてて
 サンドラ・ブロックの『しあわせの隠れ場所』を思い出す(笑)

・人生の三等席だっていいじゃないか!
 生きてることに価値がある!そう思って生きていこうよ^^

・主演がクリント・イーストウッドでなかったら
 他に思いつくのはアンソニー・ホプキンスくらいか
 娘には勝気な印象のジョディ・フォスターでどうでしょう。
 冒頭ではグラウンドを疾走する羊のスロー映像で決まり!(おい)
-------------------------------------------------------
監督:ロバート・ロレンツ
脚本:ランディ・ブラウン
撮影:トム・スターン
音楽:マルコ・ベルトラミ


出演:クリント・イーストウッド/エイミー・アダムス/ジャスティン・ティンバーレイク/
    ジョン・グッドマン/ロバート・パトリック


『人生の特等席』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロックアウト | トップ | ドリームハウス »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ピーナッツボーイ (オリーブリー)
2012-11-25 19:11:28
気に入りましたか(爆)
モーテルのカウンターにさり気無く置かれたグローブとか、あっ、何かあるなと、、、
観客の読みを裏切らない優しい映画でした^^

>頑固さでアウトローそのまま

イーストウッドの持ち味ですよねぇ〜マカロニさんから変わないまま(笑)

目の衰えを実感しつつ、これからレイトで「カラスの〜」観てきます。
カウンターで「〜あしあと」と言わないように気をつけよっ^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-11-25 21:35:04
こんばんは。
レイトの前に書き込みありがとう(笑)
mozoって自宅からそんなに近い場所にあるの?

ピーナッツボーイのあの真面目さ(?)をみて一気にファンになりました。
彼と家族のその後のスピンオフ映画を見たいものです(ほんとかよ)^^

オリーブりーさん、レイトってめずらしくないですか〜。
『カラス〜』これ巷の評価がいいですよね。
ワタシも明日、メンズデーで観たいと思っていますよ(笑)

>カウンターで「〜あしあと」と言わないように気をつけよっ^^

それ、言ってもらいたいかも(爆)
ボーッとしてたらワタシもカラスの昆布巻きとか言っちゃいそう^^;
良い映画です (笛吹働爺)
2012-11-25 21:53:58
やはり☆4。
クリントを見たことのない妻と行ってきました。若い時の彼をしらない妻が「年取っててもかっこいいね」と。
最後にどんでん返しのあるところがクリント映画らしい。
僕はAmyが一緒に出てるだけで大満足です。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-11-25 23:04:34
こんばんは。
クリントが関わってる映画にハズレなしですね。
地味ながらも人間の本質を鋭く見抜く感性はさすがと思います。
ワタシの妻もマカロニ時代を知りません(笑)
しかも、本作に興味がないと言い放ちましたよ^^;

エイミーさんのファンだったんですね。
いい女優さんですもんね^^
おはようございます♪ (ひろちゃん)
2012-11-27 11:01:25
>その見事なコントロールに、あ、こいつ最後に来るな!と確信した

これって、観た人みんなが確信しますよね(笑)
って感じで予想通りに展開する王道ものでしたが、
やはりこういう作品は、心地よいです♪

>人生の三等席だっていいじゃないか!
 生きてることに価値がある!そう思って生きていこうよ^^

あはは〜。ウケました!ですよね〜3等席だっていいじゃん!
・・・でも、できれば、やっぱり、特等席のがいいな(笑)

この映画で、まさか「羊たちの沈黙」が出て来るとは!本当に、おいっ!ですよ(笑)

TBは東京国際映画祭のもつけさせて頂きますね(^_-)-☆
ひろちゃんへ (ituka)
2012-11-27 20:06:29
こんばんは。
お!東京国際映画祭に行かれたのね!TBありがとう!
いいな〜!こういう映画祭の雰囲気を一度は味わいたいと思っています。
ということは、かなり前にこの映画をご覧になってたんですね^^

クリント監督の映画は自分の出演映画も含め、善悪がハッキリしてて
溜まりに溜まった不満をラストで一気に爆発させるパターンが多い気がします(笑)
主人公に派手なカッコよさはありませんが、見てる者に感情移入させる腕はさすがです。

唯一の弟子にもこのテクニックが伝授されてたことが嬉しいです。

>・・・でも、できれば、やっぱり、特等席のがいいな(笑)

そうですよね!ワタシもです。何かの特権がありそうで
でも、今って特等席という言葉を聞くのはめずらしいですよね(笑)
『人生のVIPシート』←これだと、なんか雰囲気違ってきますもんね(爆)
Unknown (ぺろんぱ)
2012-11-29 21:02:33
こんばんは。
遅ればせながら観てまいりました。

「本当のプロ」とは、ということを考えさせられました。

そして、やっぱり“分かっていた展開でも”しみじみとさせてくれるものがありましたね。

ピーナッツ・ボーイくんの展開は、今か今かと待っていました。(*^_^*) 最後の最後に自分の中でガッツポーズでしたよ!(*^_^*)

ぺろんぱさんへ (ituka)
2012-11-29 21:20:23
こんばんは。
鑑賞映画が久しぶりに被りましたね。
『マネーボール』のときのパソコンおデブくんのノウハウもカッコ良かったけど
今回のガスの耳とミッキーの目という二人三脚はさらにカッコ良かったです(笑)

序盤で出てくる登場人物を見渡せば展開は読めましたね。
でも、期待通りの流れでも間の取り方(編集)が巧いので
感動できましたよ。

ピーナッツくんの出番がかなり最後の方だったので
途中で(ありえないけど、まさかこれでお役御免?)なんて思ってしまいました(笑)
Unknown (あみ)
2012-12-05 09:05:32
【今週のツッコミ】が見事にピーナッツボーイ一色ですね(笑)

「緊張してる?」の件、最後にきちんと「マム」を付けるところに彼の真面目さが表れていて良いシーンでしたね。

ところでミッキーは6歳でガスと別れたはずなのに、あの見事なキャッチングとビリヤード、いつ誰から覚えたんでしょうか?(笑)
あみさんへ (ituka)
2012-12-05 22:06:00
こんばんは。
ピーナッツくんの謙虚さに胸を打たれました。
母の言うことをきちんと守り、親孝行で立派な子に見えてしまって(笑)
球場で売り子をバカにされてたところから注目でしたよ。

>「緊張してる?」の件、最後にきちんと「マム」を付けるところに彼の真面目さが

あ、マムって言ってたんですね。
逆に「楽しんで!」と言ってたら「イエッサー!」なんですかね〜^^
どちらにしても、スラング使わなかったのが正解でした(笑)

ミッキーのキャッチングとビリヤードの件、不思議ですよね(笑)
6歳でガスと別れてから1年後に再会してるようです。
そして13歳まで(ココから全寮制の学校へ)の数年間で野球の基礎を教え込んだ可能性ありますね(笑)
ビリヤードは弁護士になってからというのが一番しっくりくるんだけど
これもガスから学んだとは思えないので、たぶん同僚たちと嗜むうちに腕をあげたのかな?(笑)
おなじ球体使うゲームだし(爆)
☆飛び入り公開テスト(=^_^=)☆ (TiM3)
2013-01-08 01:37:16
観て来ました! と言うか、ようやく記事をアップ出来ました(=^_^=)

冒頭から“御大”の苦々しいツラが拝め、それだけで満腹でした(=^_^=)

ピーナッツ君(リゴベルト)の事は、フリが長過ぎて忘れかけてました(=^_^=)

総じて、良い作品でした。
TiM3さんへ (ituka)
2013-01-08 23:48:42
こんばんは。
あのピーナッツくんの前フリ長かったですよね(笑)
ピーナッツを投げるシーンで思ったのは、十数メートル先の目標物に向かって
四角いピーナッツ袋をまっすぐ投げてた事自体驚きました(爆)
あそこは花形くんが受けた瞬間ピーナッツが飛び散るくらいの演出欲しかったです(笑)

予想を裏切らない展開はやっぱり心地いいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
人生の特等席〜カーブに対応できない2人 (佐藤秀の徒然幻視録)
ミッキー、フラナガン、ボー・・・ 公式サイト。原題:Trouble with The Curve。 ロバート・ロレンツ監督、クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイ ...
人生の特等席 (心のままに映画の風景)
数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が主流で、昔気質のスカウ...
映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
劇場鑑賞「人生の特等席」 (日々“是”精進! ver.F)
父の背中は、特等席だった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211240005/ Trouble With the CurveSoundtrack Varese Sarabande 2012-10-16売り上げラン...
人生の特等席 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】頑固オヤジのメジャーリーガースカウト
人生の特等席 (あーうぃ だにぇっと)
人生の特等席@スペースFS汐留
『人生の特等席』 (ラムの大通り)
(原題:Trouble with Curve) ----あれっ、クリント・イースト・ウッドって もう俳優は辞めたんじゃなかったけ? 「そのはずだったんだけどね。 本人いわく“オモシロい役が回ってきたからやってみた”とのこと。 とにかくストーリーが気にいったらしい」 ----どん...
人生の特等席 / TROUBLE WITH THE CURVE (勝手に映画評)
『グラン・トリノ』で、半分引退の様な事を言っていたクリント・イーストウッド。ここ最近の作品は、自身が監督・主演か、あるいは監督専業と言う事が多かったが、今回の作品の監督が愛弟子ロバート・ロレンツと言う事もあってか、俳優専任として登場している。 渋いねぇ...
人生の特等席 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...
『人生の特等席』 (こねたみっくす)
子供にとって親の背中こそが人生の特等席。親にとって子供の成長を見守る場所こそが人生の特等席。 『グラン・トリノ』で俳優業から引退するかも知れないと囁かれていたクリント ...
映画「人生の特等席」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な...
『人生の特等席』 2012年11月13日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人生の特等席』 を試写会で鑑賞しました。 予告が大変良かったので、本編は心配だったが・・・ 中々素晴らしいドラマでした 【ストーリー】  ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年のせいで視力が弱...
人生の特等席/TROUBLE WITH THE CURVE (いい加減社長の映画日記)
クリント・イーストウッド主演ということで、ちょっと楽しみにしていた作品・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。 伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱って...
人生の特等席/クリント・イーストウッド (カノンな日々)
すっかり監督業が板についてもう俳優業はやめちゃったの?と思っていたたクリント・イーストウッドが4年ぶりに主演を務めたヒューマン・ドラマです。監督はクリント・イーストウッ ...
★人生の特等席(2012)★ (Cinema Collection 2)
TROUBLE WITH THE CURVE スカウトマン、娘1人。 キャリア最後の旅に出る。 上映時間 111分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/11/23 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶり...
★東京国際映画祭初体験・その2★ (Cinema Collection 2)
人気ブログランキングへクリックよろしくです 東京国際映画祭のオープニング上映続き スペシャルパスを買ってしまったいたので(笑)昨日、28日のクロージングセレモニーにも行ってきました。 14:00よりクロージングセレモニーと言うことで、 各賞の発表があ...
人生の特等席 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
監督・主演作『グラン・トリノ』で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに主演を務めたハートウォーミング・ドラマ。『マディソン郡の橋』以来17年にわたりイーストウッドから映画製作を学び、生涯でただ一人の弟子と認められそのDNAを継承...
映画レビュー「人生の特等席」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Trouble With the Curve◆プチレビュー◆頑固な父と不器用な娘の和解を描く「人生の特等席」。ストーリーは平凡だが、イーストウッドの存在感で魅せる映画。 【75点】 メジャーリーグ ...
映画「人生の特等席」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 試写会の主権は講談社さんだ、客入りは8割くらい、一橋ホールの映写機は2台共相変わらずピンぼけである。
「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・...
『人生の特等席』 (Trouble with the Curve) (Mooovingな日々)
ロバートロレンツ監督、クリントイーストウッド、エイミーアダムス、ジャスティンティンバーレイク、ジョングッドマン ガスロベルはメジャーリーグのスカウトマン。今の時代に昔ながらのスタイルを貫く男。ストレートな性格で、会話もぶっきらぼう、いつも気難しい表...
頑固親父〜『人生の特等席』 (真紅のthinkingdays)
 TROUBLE WITH THE CURVE  メジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスの老スカウトマン・ガス(クリント・イー ストウッド)は、ある日視界がぼやけることに気づく。生来の頑固さから、医師 ...
人生の特等席  監督/ロバート・ロレンツ (西京極 紫の館)
【出演】  クリント・イーストウッド  エイミー・アダムス  ジャスティン・ティンバーレイク 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。そ...
人生の特等席 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Trouble with the Curve監督:ロバート・ローレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、マシュー・リラード人生は、変化球!!
人生の特等席 (シェイクで乾杯!)
スクリーンから引退するなんて、もう言わないでほしい。
凄ーくイイ話なんだけれども・・・。『人生の特等席』 (水曜日のシネマ日記)
長年メジャーリーグのスカウトマンとして働く男性とその娘の絆を描いた作品です。
人生の特等席 (こんな映画見ました〜)
『人生の特等席』---TROUBLE WITH THE CURVE---2012年(アメリカ )監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イースト、エイミー・アダムス 、ジャスティン・ティンバーレイク 、ジョン・グッドマン クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶ....
人生の特等席 (風に吹かれて)
♪ You Are My Sunshine ♪アナログオヤジをなめんなよ公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve長年メジャーリーグの
映画「人生の特等席」 (FREE TIME)
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。
「人生の特等席」 (2012 WB) (事務職員へのこの1冊)
「おれみたいになるな。三等席の人生だ」「お父さん、いつもうちで一番いい席にすわっ
人生の特等席 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...
『人生の特等席』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、...
野球と娘と向き合いながら、 (笑う社会人の生活)
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...
映画『人生の特等席』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ロバート・ロレンツ◆クリント・イーストウッド(ガス)◆...
『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...
人生の特等席 (いやいやえん)
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよ...
『人生の特等席』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
メジャーリーグのスカウトマンであるガスは、ハイテクに頼らず昔ながらのやり方を貫いているが、球団は時代に取り残されたかのような彼を疎ましく考え始めていた。しかもガスは視力が衰え仕事にも支障を来たし始めていたが、プロとしての自信と誇りは持ち続け、今もドラフ...
人生の特等席 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード 【あらすじ】  イーストウッド演じるガスは将来の名野球選手を発掘する長年の名スカ....
人生の特等席 (映画に耽溺)
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺〜〜...