イチジェネブログ

トーナメントから私生活まで大暴露!!琵琶湖バス情報満載のイチムラジェネレーションこと市村直之の釣り日記!!!

最近の琵琶湖!!

2016-07-22 | 琵琶湖

七色ダム戦から琵琶湖に戻り…

溜まったストレスを琵琶湖に放出(^^;;笑

試合へ行く前は、まだまだ多く確認できた稚鮎も、遠征から戻ると一段落している感じ。

産卵を意識して川を遡上する為、7月になるとほとんど見る事が出来ないが、今年は例年に比べ非常に多く、ひと段落した感があっても、風が吹いたりすると、まだチラホラと稚鮎の群れを確認。

ガイド前半はこの残っている稚鮎の群れをベースにパターンを展開!!



スローな稚鮎の群れを意識した「トレジャートラップ」に「ゲーリースイムセンコー4インチ」または「スタッガー3インチ」をセットして、風と湖流がマッチするエリアのラン&ガン。

遠征前の稚鮎が多いタイミングでは…

6/26琵琶湖ガイド















6/27琵琶湖ガイド













6/28琵琶湖









7/2琵琶湖ガイド













かなり!イケイケだった稚鮎パターン!!
全てトレジャートラップ&ゲーリースイムセンコー4インチ・スタッガー3インチの組み合わせ。

アラバマというイメージで使わず、スピナーベイトの早巻きイメージで使うのがキモ!!

そして遠征から帰ってきた琵琶湖は…

7/13琵琶湖ガイド









バイトは多いものの風がないと乗りきらない状況。

7/14琵琶湖ガイド















梅雨も明けきらず、不安定な天候だが、風・流れ・稚鮎がマッチするとまだまだ好調なアラバマ!!

晴れたタイミングで梅雨明けから反応の良くなるラバージグパターンを試すと…



ドカン!っと夏らしい58cm!!



ゲスト佐藤さんもジグフィッシュ!!

いよいよ夏らしくなってきた感じな日。

7/15琵琶湖ガイド















翌日もローライトはアラバマで日が出るタイミングだけジグという展開で、グッドサイズを連発!!

7/16琵琶湖ガイド



この日は梅雨の晴れ間にあたり…アラバマまジグも全く機能せず、エリアを開拓して行きながらジグで14時に初フィッシュ!



2本目は50アップ!!
開拓したジグ場が炸裂し…



















ラスト3時間50アップボコボコモードに…60サマ登場!!



僕は更に夏が深まった時ように考えていた

「ゲーリースイムセンコー4インチにリューギインフィニ3/0+新発売となったリューギDSデルタ1/4のリーダーレスダウンショット」

で55アップを1発!

この組み合わせ…すり抜けとアクションのバランスが絶妙で、今年はヘビロテ間違いなしな雰囲気!!

7/17琵琶湖ガイド



翌日も朝は雨降りな為、トレジャートラップ&ゲーリースイムセンコー4インチからの展開!!





そして雨上がりからの…PFカバージグ+スタッガーワイド4インチのジグパターンにシフトしての1匹目!!

2日連続の60アップでございます(^_−)−☆

徐々に徐々に威力を上げてきた、この時期ハマる1/4ジグにスタッガーワイド4インチのセッティング!!
このアクション…まさにギルそのもの!!















PFカバージグ1/4+スタッガーワイド4インチ炸裂な1日てした^ ^

7/18琵琶湖ガイド



梅雨明けし快晴な海の日は7歳の空手家くんと湖上に(^_−)−☆



お父さんはジグパターンを堪能!



梅雨明けしてジグも本番!!













暑い暑い1日でしたが、楽しい1日に^ ^

7/21琵琶湖ガイド

梅雨明けし…暑さも強烈になってきた21日は若い頃からお世話になっているオサムさんと半日琵琶湖へ!



甥っ子にバスを釣らせたいというリクエストで…まずは6.5カットテールネコで1発!!



オサムさんも6.5カットテールネコ!



でもって甥っ子を出し抜き50アップ(^^;;



そして半日という短い時間の中、スタッガーワイド4インチのジグで50アップを仕留めて終了!!

甥っ子くん…より完全に楽しんでた1日に(^^;;


ってな!ワケで!!

7月前半から遠征を挟み7月中旬にかけて、梅雨も明け、夏らしいパターンになってきた琵琶湖!!

これからは僕が大好物なジグパターンがメインになる事間違いなし!!

この機会に是非、琵琶湖に遊びに来て下さい(^_−)−☆



7月ガイド空き日
25・26・27・28

8月ガイド空き日
1・2・3・4・8・11・13

9月ガイド空き日

19・20・21・22・23・24・25・26



ご予約は所属マリーナのミックバスクラブまで、お電話かメールでお願い致します。

ミックバスクラブHP

TEL:077-579-0570

 








この記事をはてなブックマークに追加

悔しいが…七色戦を振り返る。

2016-07-22 | トーナメント

試合が終わって、日が開いてしまいました。

 

悔しさがハンッパないほどに残っているTOP50第3戦七色ダム。

 

このまま終わっても、何も残らないし、次に繋げる為にも振り返ろうと思う。


プリプラは1週間入り、全体のエリアチェックとバスのシーズナルの状態を把握するのに努めました

シーズナル的にはポストスポーンからアフタースポーンの状態が多く、各エリアで多くのバスに触る事が出来るが、狙ってサイズを出すのにはパターンを絞りずらいというプラでした。

しかし、そんな絞りずらい状況の中、プリプラ後半にはアフター回復の個体からアーリーサマーを意識した個体が徐々に表れ、試合のタイミングではそういった個体が多くなるという予想を立て、アフター回復系にはチャンネルの流れがしっかりと絡む小規模なティンバーの中層を3/64ozダウンショットで狙い、アーリーサマーな状態のバスには、濃いオーバーハングが覆いかぶさったシェードバンクエリアの虫&エビパターンでサイズを上げる事が可能になりプリプラを終えました。

 

そして2週間のオフリミット期間が過ぎ、迎えた直前2日間の公式プラ。

予想通り、アフター回復からアーリーサマーな個体が多くなっており、アフター回復系のダウンショットパターンは比較的イージーにバイトするものの、季節の進行からサイズが下がり、アベレージキーパーよりちょい上といった感じ。

アーリーサマーなシェードの虫&エビパターンはサイズは良いものの、オフサイトで狙うにはエリアが広すぎるという事と、試合当日2日間は曇り・雨でシェードが形成されないという不安材料があり、メインパターンにするには弱い感じでした。

どちらのパターンも上位を目指すにはパターン力が弱いなと思い、残り少ない公式プラの時間を新たなパターンの模索に費やしました。

少ない時間の中、3日間を通しぬける程の力を持ったパターンは見い出せなかったものの、狙ってサイズを出しずらい七色ダムで、釣る事が出来れば700g~2㎏という、ティンバーサイトパターンとビッグベイトの2つのパターンを見つけ、合計4つのエリアと4つのパターンを手札に揃えて公式プラを終えました。

 

本来、僕の得意とする試合展開は1つもしくは2つのパターンをプラで見い出し、試合中に変化していくフィールドコンディションに対してエリアやパターンをアジャストしていくというモノ。

しかし、今回のプラではどのパターンも、上位に入る為の3日間総合ウェイト10㎏を超せるパターン性はなく、妥協策ではあるが、4つのパターンをバランス良く展開していき、試合中に絞っていくというプランで挑む事となりました。

 

そして迎えた試合初日。

 

今回の試合はつり人社さんのDVDを同船しての試合。

自分のやるべきパターンを説明しながらファーストエリアに到着!前日に多くのバスをサイトで確認していたティンバーから始め、開始3分で貴重な800gのバスを捕獲!!

前日に見つけたラストエースノーシンカーを使用した食わせ技が反応良く、そこからはサイトパターンの展開を中心にするべく3時間ほどサイトパターンで進めるものの反応はなく、次の展開にシフト。

アフター回復系の中層ダウンショットを試し、キーパー数本を釣るもキーパーちょい上だったサイズが下がっていると感じ、次の展開へ。

時折、雨と晴れ間が交差した初日は晴れ間のタイミングでオーバーハングのシェードバンクをサイト&オフサイトでゲーリー4インチグラブイモラバー使用のノーシンカーで展開良く探るも、釣れるのはキーパーサイズばかり。

サイトではなかなかバスと出会えず、展開だけが早くなっていき、ただただ焦っている時間だけが過ぎていきました。

地に足が着かない…ルアーがボトムに着かない…

焦っていると自分が気付かぬうちにそんな展開になってしまいます。

結果、初日はどのパターンからも見い出す事が出来ず、どっち付かずな展開になってしまい、1936gで42位スタート。


初日を反省しながらも、2日目に自分の手札の中から捲る事が出来るパターンを考え諦めずに臨んだ2日目。


42位という順位から、最終日のウェイト勝負に持ち込む為にはトップウェイトに絡むウェイトを釣ってくることが最低条件。

初日に小森プロが釣り上げた5本で7㎏という驚異的なウェイトがトップウェイトなら、それを超えるウェイトを目指すしかない!

自分の持つパターンから、当日の大雨条件を重ねてそのウェイトに届くとしたらビッグベイトパターンしかない!!

スタートし、迷わず上流にバウを向け、雨の流れによって出来た反転流スポットを、チューンを施しデッドスローで引けるようにしたエコバクラストンで細かくラン&ガン。

雨パワーでグッドサイズからのバイトは出るものの、フックアップはなかなかしない。

プラからフッキングに難ありと思っていたが、ここまでフッキングしないとは…それだけ試合のプレッシャーが効いているんだろうと。

そこで、反応があるのなら、プレッシャーが効きすぎていないであろう、中・下流域のオープンエリアで同じくビッグベイトでいくも反応は無く、頭をリセットして今を釣るべくイチからパターンを構築していく事にしました。

しかし、限られた時間の中で新たなパターンを探そうとするも、焦りだけが先行してしまい、釣りがどんどん雑になっていくのが自分でも分かる状態に。

こんな酷い試合をしてはいけない…っと、何度も自分を落ち着かせ、新しい何かを探し続けるも、最後まで地に足付かず、タイムアップとなってしまいました。



2日目は1790gで38位。


1日目・2日目の総合順位は45位。


予選落ちという、年間タイトルを狙う上でやってはいけないタブーを犯してしまいました。


ただただ残る悔しさと反省点。

上位の話しを聞き、パターンの中身よりも、どのパターンをメインにするか?という腹をくくる重要性。

話しだしたらキリがないが、このままでは絶対に終わらせない。

自分がダメだった点を振り返り、反省し、こんな恥ずかしい試合はもう2度としないと心に誓って、次の試合に切り替えようと思います。

今回は…最低な試合をしてしまったからこそ、振り返りブログにアップしました。

文字だけで申し訳ありませんが、自分への戒めと次への成長の為にここに残し、応援して下さる皆様に次は最高の報告を出来るように頑張りたいと思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加

Fish!イベント終了‼︎

2016-06-12 | 「イチ押し」情報!!
Fish!さんでのイベント大盛況で終わりました~‼︎

お越し頂いた皆様、ありがとうございます^ ^

そして、1日店長をさせて頂いたFish!の澤井さん…今日はレジ打ちバイトご苦労様でした(笑)

素直に…1日いれると、たくさんの方と話せて、オモロイ話し聞けて楽しいな~って(^_-)-☆

これからは、こういった機会をもっともっと増やして行きます!!

たくさんの方に応援して頂いてる実感が…本気で最高でした!!

琵琶湖も試合もめちゃめちゃ頑張っていきますので!
これからも!宜しくお願いします^ ^














この記事をはてなブックマークに追加

爆釣琵琶湖!イベント告知!!

2016-06-11 | 「イチ押し」情報!!

BasserDVD「琵琶湖ベイトフィッシュパターン READING THE BAITFISH」ロケで見つけたパターンを、更に追及しながら行ったこの2日間のガイドは…

 

久々に爆釣!と言ってもイイかな!!

 

って言える炸裂っぷり(^^♪

 

ロケのおかげで、琵琶湖をトーナメントモードで探せたから、次の一手も見えてくる感じ!!

 

僕は琵琶湖で試合は出ていないから、ついついガイドスタンスでのパターン展開になってしまいがちなんだけど…やっぱそれじゃあダメだなーっと再確認!!

 

いつでも試合モードで本気のバス探し!!

 

コレが大事だね(^_-)-☆

 

やっぱり…そこに行き着く過程が全て撮影されている「琵琶湖ベイトフィッシュパターン READING THE BAITFISH PART2」おススメです!自分で言うのもなんですが…^^;笑

 

とゆーわけで!この2日間のガイド釣果!!



ロケで最後の最後にたどり着いたベイトフィッシュパターン!



僕的!連発必釣ギルパターン!!



カメラマンにもおそそ分け(笑)

 

そしてガイドでは…






























これでもか!!って炸裂っぷり!!

目の前で60バレても笑ってられるぐらいの連発っぷりでした…59cm頭に50アップ5本ぐらいに40アップ無数…数えてないから分からなくなっちった^^;

 

でもって今日は…さすがの土曜日でボートプレッシャーが高かったですが…





























相変わらずの炸裂っぷり!!

58cm・54cm他50ちょいが3本ぐらいに40アップ無数…また数えてないです^^;

ガイドやってる自分でも驚きの釣果とパターン…琵琶湖はまだまだイケてるなと(^^♪

随時ガイド募集中ですのでご興味のある方は下記アドレスのミックバスクラブHPまでどうぞよろしく~♪♪

ミックバスクラブHP

 

そして!そんな炸裂中琵琶湖のマル秘パターンを明日は湖上に出ず…オカでレクチャーしたいと思います!!

 

明日!6月12日日曜日!!

琵琶湖の超現場型SHOP!「Fish!Tackleshop」さんに…何時から何時までとかではなく!1日居ます!居座ります(笑)

当日は「BIWAKOアウトドアフェスタ2016」が琵琶湖マイアミ浜で開催され、その会場にFish!Tackleshopさんの店長澤井さんの座を奪っておりますので、是非お越しください(^^♪

また、14:00〜14:30より「BIWAKOアウトドアフェスタ2016」ステージで、『琵琶湖のバスフィッシングの魅力や楽しみ方について』トークショーを行わせていただきます!!

こちらも是非宜しくお願い致します。

更に!当日は、今回の市村DVD「琵琶湖ベイトフィッシュパターン READING THE BAITFISH」発売記念として、つり人社特設コーナーもあります!!

お買い上げ頂いた皆様にはスペシャル特典がありますので…お楽しみに(^_-)-☆

 

…ふふふ(笑)

 

ではでは!明日6月12日(日)琵琶湖マイアミ浜「Fish!Tackleshop」さんで10:00~17:00までみっちりSHOPジャックしていますので、是非遊びに来てくださいね~!!

 

「Fish!Tackleshop」HP

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

明日からTOP50第2戦!!

2016-06-02 | トーナメント
明日からTOP50第2戦野村ダム!

今回は釣りビジョンさんの超!密着同船試合です!!

なかなか厳しい状況だけど…

優勝目指して平常心で頑張ってきます^ ^




この記事をはてなブックマークに追加

イチムラism!琵琶湖DVD発売!!

2016-05-31 | 「イチ押し」情報!!


昨年より、ホームグランドである琵琶湖で密かに撮り進めてきた…イチムラismな琵琶湖DVDが発売となりました!!

 

制作は僕のバスフィッシングスタイルのルーツを知る、Basserつり人社!!

 

近年の豊富過ぎる情報量によって見えづらくなってしまった、本当にバスが求めているモノ…

 コレはまさしくエサとなるベイトフィッシュであり、パズルのピースのようにはめるシーズナルパターンであります。

 

実際、多くの情報は昨日・一昨日と過去のもの…

 

今、この一瞬!最高となるパターンの導き方を、琵琶湖のバスが求めるベイトフィッシュを軸にパターンを成立させていく!!

 

…っという!超!!ハードルの高かったテーマのDVDになっております^^;

 

前回のBlogでも触れたように、近年の釣りにはその日その時の「アジャスト力」ってのが、求められます。

じゃあ、アジャストする為には何が必要なのか!?

 

それは…琵琶湖というフィールドを知り、バスが求めているベイトを知る必要があるんです!!

 

フィールドとベイトを理解すれば、必ず最高の釣果をあげる事ができる!

 

僕自身が、日本最高峰のトーナメントに10年以上参戦して得たのがこの答えでした。

 

今回は「夏&秋・初冬編」という事で…

 

夏編は琵琶湖のキーとなる「湖流」を意識したエリアに絡む、夏ベイトの風物詩である「ブルーギル」と「ハス」を追ったパターンフィッシング!

湖流とベイト…さらには風によって目まぐるしく変わる状況の中、琵琶湖的アジャストゲームでの50アップ連発シーンは…自分で言うのもなんですが、かなり見ものです(^_-)-☆

 

一方の秋・初冬編は、最もバスが広く散ってしまうシーズンの中で「ヒウオ」「稚アユ」「モロコ」といった小型ベイトを軸に、食物連鎖によって入ってくる大型ベイトの「ハス」と…狙いが絞りづらい状況の中で如何にパターンにはめるか!?

広大なフラットを狙う早い展開の釣りと、ピンスポットで食わせ&リアクションの2つの展開で、難しい時期の琵琶バスをガンガン釣っていくさまはコレまた見ものです(^^)/

 

現在の琵琶湖は多くのアングラーとたくさんの情報で日々釣りにくくなってきています…が!

 

今!釣る為に何をするべきか!?

 

僕自身がトーナメントの舞台で実践している「フィールド」+「ベイト」+「アジャスト力」=「今!最高の釣果!!」という方程式を、そのまま琵琶湖で実践した超リアルDVDが今回の…

 

「琵琶湖ベイトフィッシュパターン READING THE BAITFISH」

 

絶賛発売中です!是非ご覧になってください(^^)/

 

DVD[琵琶湖ベイトフィッシュパターン―夏・秋&初冬編@市村直之]トレーラー


この記事をはてなブックマークに追加

イチムラism!琵琶湖DVD発売!!

2016-05-31 | DynamisTHP


昨年より、ホームグランドである琵琶湖で密かに撮り進めてきた…イチムラismな琵琶湖DVDが発売となりました!!

 

制作は僕のバスフィッシングスタイルのルーツを知る、Basserつり人社!!

 

近年の豊富過ぎる情報量によって見えづらくなってしまった、本当にバスが求めているモノ…

 コレはまさしくエサとなるベイトフィッシュであり、パズルのピースのようにはめるシーズナルパターンであります。

 

実際、多くの情報は昨日・一昨日と過去のもの…

 

今、この一瞬!最高となるパターンの導き方を、琵琶湖のバスが求めるベイトフィッシュを軸にパターンを成立させていく!!

 

…っという!超!!ハードルの高かったテーマのDVDになっております(^^♪

 

前回のBlogでも触れたように、近年の釣りにはその日その時の「アジャスト力」ってのが、求められます。

じゃあ、アジャストする為には何が必要なのか!?

 

それは…琵琶湖というフィールドを知り、バスが求めているベイトを知る必要があるんです!!

 

フィールドとベイトを理解すれば、必ず最高の釣果をあげる事ができる!

 

僕自身が、日本最高峰のトーナメントに10年以上参戦して得たのがこの答えでした。

 

今回は「夏&秋・初冬編」という事で…

 

夏編は琵琶湖のキーとなる「湖流」を意識したエリアに絡む、夏ベイトの風物詩である「ブルーギル」と「ハス」を追ったパターンフィッシング!

湖流とベイト…さらには風によって目まぐるしく変わる状況の中、琵琶湖的アジャストゲームでの50アップ連発シーンは…自分で言うのもなんですが、かなり見ものです(^_-)-☆

 

一方の秋・初冬編は、最もバスが広く散ってしまうシーズンの中で「ヒウオ」「稚アユ」「モロコ」といった小型ベイトを軸に、食物連鎖によって入ってくる大型ベイトの「ハス」と…狙いが絞りづらい状況の中で如何にパターンにはめるか!?

広大なフラットを狙う早い展開の釣りと、ピンスポットで食わせ&リアクションの2つの展開で、難しい時期の琵琶バスをガンガン釣っていくさまはコレまた見ものです(^^)/

 

現在の琵琶湖は多くのアングラーとたくさんの情報で年々釣りづらくなってきています…

 

今!釣る為に何をするべきか!?

 

僕自身がトーナメントの舞台で実践している「フィールド」+「ベイト」+「アジャスト力」=「今!最高の釣果!!」という方程式を、そのまま琵琶湖で実践した超リアルDVDが今回の…

 

「琵琶湖ベイトフィッシュパターン READING THE BAITFISH

 

絶賛発売中です!是非ご覧になってください(^^)/

 

DVD[琵琶湖ベイトフィッシュパターン―夏・秋&初冬編@市村直之]トレーラー


この記事をはてなブックマークに追加

2016TOP50第1戦早明浦ダム

2016-05-03 | トーナメント

やっとBlogアップです^^;

実は...第2戦の野村ダムも同じタイプのリザーバーで、第2戦が終わるまでアップするのを止めようかと思っていましたが、試合内容はガラリと変わりそうなのでアップする事にw

 

2016シーズンの開幕戦となるTOP50第1戦が、高知県早明浦ダムで開催されました。

シーズン開幕戦は1年の中でも最も重要な試合。年間タイトルを取る為にも、良いスタートを切ることが絶対条件となるのだが...結果は悔しさが残る2位。

3年前の同時期に開催されたTOP50早明浦戦と同じ結果という...

 

 

相性がいいんだか...悪いんだか...w

 

実は、3年前のこの試合まで、早明浦ダムには苦手イメージしか持っていませんでした。

それまでの早明浦戦は予選通過もままならず、釣れるイメージが全くわかないフィールドだったのです。

 

しかし3年前の早明浦戦のプラでこのままじゃダメだ!と思い、練習のやり方から試合中の展開まで全てを1からやり直す事に。

19歳でエコワールドに昇格し、20歳でワールド(現TOP50)シリーズに参戦して10年...今まで培ってきた経験をリセットするというのは、めちゃめちゃ怖かった..けども、この3年少しずつではあるが成果として残ってきてるんじゃないかと思う。

それが、昨年の試合で北浦戦と檜原湖戦で出した2日目・3日目トップウェイト!そして今回の最終日もトップウェイトという...日々刻々と変化するフィールドの中で「その日その時その瞬間」最高となるパターンにアジャストする「アジャスト力」を高めるという事。

 

ちょうど、3年前の早明浦戦の最終日にBasser誌が同船取材だったのですが...

 

 

 

全く同じ事が書いてある...というか、もっともっと判りやすく書いてあります^^;

なぜ?アジャストな試合展開が必要なのか...勝つ為にスタイルを変えるのか!?って事がね。

もし、お手元に2013年7月号のBasserがあれば是非、見てみて下さい!コレが僕のトップウェイトを出すルーツですから!!

 

さて、そんなわけで、今回も「アジャスト」を意識しながら練習に臨んだわけだが、今回の早明浦ダム戦は3年前の早明浦ダムとは違い、エリア的なポテンシャルの差が少ないイメージでした。

3年前は下流・中流・上流とエリアによっての水色・水温・個体数に大きな差があったので、試合中に変化する状況にも対応しやすかったのですが、今回は下流・中流・上流のどこにも差がなく、全域に満遍なくバスがいる感じで、非常に絞りずらいという印象。

直前のプラでもその印象は変わらず、唯一バイトを増やすファクターとして感じた事が「風」。ウィンディーサイドであれば、岩盤・ナチュラルバンク問わず反応しやすいという事だけで、勝ちに繋げられるような強烈なパターンもエリアも掴めないまま2016の開幕戦がスタートしました。

 

初日は、中・上流域の岩盤をメインにエコカットテール4インチの3/64ozと1/16ozネコリグをレンジ違いで使い分け、風が弱い時間帯はどの方向からも風を受けやすいオープンに開けた岩盤岬で入ってくるバスをじっくりと狙い、風が強くなると共に、ウィンディーサイドの岩盤をラン&ガンして、初日は4310gで10位スタート。

 

 

3年前の結果から岩盤へのプレッシャーが非常に高く、ネコリグをダウンヒルに落とすだけではバイトは得れず、引っ掛かった所で、バスを寄せるイメージでロングシェイクしているとバイトが出た初日だが、5バイト5フィッシュというギリギリの展開で、翌2日目にアジャストしていかないと厳しい展開になるなと...

 

2日目も朝イチは初日と同じ開けた岩盤岬で1匹をキャッチ。

しかし、それ以降は何の反応もなく風も完全に無風状態。。

各エリアを巡るも、まったく反応がないまま時間だけが過ぎていき、ラスト1時間を切ったところで待望の風が!

しかし、僕が狙っていた数か所の岩盤には当たらない風向きだった為、急遽狙いを岩盤から風の当たっている赤土岬にアジャストして、エコカットテール4インチネコリグを入れると...4連続バイトで帰着10分前にリミット達成!

ギリギリ展開で風に救われた2日目だったが、ウェイトは初日を上回る4625gで2日目6位。

 

 

暫定5位という優勝も狙えるポジションまで上がったものの...最終日のプランはゼロ。

天気予報からも風は吹かない予報が出ていて、救いのウィンディーサイドもナシ...

2日目の夜、ホテルの部屋で何とかならないものかと考えに考えたあげく、出した答えは「風の代わりに水の流れであるカレントを狙う」というもの。

風が吹けば一気にプリメスがフィーディングするのに、風が無い時間はまったく無。

でも、バスも食わなきゃいけないし、風が無い時も必ずどこかでフィーディングしているはず!風が吹くことによってフィーディングするのはベイトが岸に寄せられるから、だったら流れによって寄せられてしまうようなスポットはたえずフィーディングしているのでは?

という仮定で最終日にパターンをリセットして挑む事に。

 

2日間、結果を出してきてくれたエコカットテール4インチの3/64oz&1/16ozネコリグという2本立ては変えず、エリアを大幅に変更して狙った最終日は、流れに対してベイトが行き止まりになる形状を持った岩盤と、クリークインレットをメインに狙い、最終日トップウェイトとなる5625gという、「捲りの市村」に恥じないウェイトを持ち帰る事に成功!!^^;

 

 

ゲーム展開としては最高のアジャストゲームが出来た今戦でしたが、力一歩及ばず3年前と同じ準優勝という結果で2016TOP50開幕戦を終えました。

3年前の早明浦ダムでスタイルを変えると決めてから、少しずつではあるが結果を出せるようになってきた「アジャスト力」

今回は、自分でもベストゲームと言える展開でしたが、それ以上にベストゲームをしていた小森さんに称賛を送りたいと思います。

次は...やり返します(笑)

応援して下さった皆様、ありがとうございました!今年こそ年間タイトル目指して頑張ります!!

 

 今回、「エコカットテール4インチ」で3日間全てのバスをウェイン!

 

メインカラーは#297で、フックはオープンなエリアはリューギのFOG SHOT TC #4を使用し、カバーが絡むエリアではがまかつのWORM329ハンガーHD#4を使用。

1/16ozはあえてシンカーの先端を出して、ボトム感度を上げて使う事で、ディープレンジでも誘って食わすという操作を行いやすくしました。

 

そして...前回の早明浦戦でも今回の早明浦戦でもメインルアーと並んでMVPだったのが、偏光グラス。

3年前の試合で、プリのメスが差してくる小規模な岩盤のえぐれや、水中の微妙な張り出しなど、春のリザーバーにおいて、何よりも重要なのが目で見える情報。

僕は、バスそのものを見て釣るというよりかは、バスがどこから出てきて何を好んでいるか?バスの求めている情報を目で確認し、それをイメージして各エリアにフィードバックさせるのですが、リザーバーという急深型のリザーバーでは何十万する魚探よりも目で見える情報の方が重要でありリアルなのです。

3年前、プリプラで試合本番はもっともっとバスが動くであろうと思い、より多くの情報を限られた時間内で得る為に、最高と思われる偏光レンズを用意しなくてはいけない...そこで大阪のTALEX社に勝つ為の偏光グラスを用意してもらったのです

最も使用頻度が高く、光量とコントラストのバランスが絶妙な「トゥルービューゴルフ」

本来はゴルフ用で芝生の反射がある中で、ボールの軌道やコースを見る為にクリアーな視界の中にコントラスト性をプラスしてあるレンズなのだが、これがバスに...特にリザーバーにドンピシャで、水中の地形的コントラストを湖面のギラツキを抑えて伝えてくれるので、僕のように地形を把握しようとするアングラーには最高のレンズなのです。

フレームはバスボートで使用も考えて高速運転時もズレないオークリー製を使用。

そしてもう1つが、定番のTALEXイーズグリーン!

これも1年を通して全国のフィールドで欠かせないレンズカラー!!

天候が悪化した際に、ベースとなるトゥルービューゴルフの感覚と変わらぬイメージで水中を見る事ができるレンズで、基本的には曇り・雨用。

その為フレームは、雨の中でも軽く疲れる事のないOZNIS製9B02を使用。

 

そして、昨年よりサポートしていただいているシマノ社製スピニングリールの最高峰である「STELLA」

この最高峰のスピニングリールも準優勝に大きく貢献してくれました。

1㎏ベースの早明浦ダムのバスに使用したラインは東レエクスレッド3lb。ガチガチな岩盤やインレットに絡むカバーを考慮したら、3.5lbないし4lbにしたいとこだが、それでは僕の思うリザーバーのネコリグで「ディスタンス」を離す事が出来ない。

クリアーな早明浦ダムではバスと自分の「ディスタンス」遠ければ遠いほど良い...だから選んだリスキーな3lbでしたが、「STELLA」のドラグ性能で1発のミスもなくバスをキャッチする事が出来たのです!!

もちろん「エクスレッド」というラインの強度がそもそも高いわけだが、「STELLA」を使う事で0.5~1lbは細くできる。このアドバンテージは試合では非常に大きいのです!!

今年は「STELLA」のドラグ性能を継ぐ、軽量型の「ヴァンキッシュ」もモデルチェンジとなり、ロッドバランスで使い分ける事でより振り抜けが良くなって「ディスタンス」離すことが可能に。

次戦より導入予定!!

 

最後にロッドだが、今年から契約内容の変更によりロッドはフリーに使う事が出来ています。

メインに使用したのは2本で、エコカットテール3/64ozネコリグにはDynamisスーパーコンペディション510Lを使用し、1/16ozにはEVERGREEN製FACT61ULSTを使用。

スーパーコンペ510Lは僕にとってのネコリグスペシャルなロッドだが、今回は普段のネコリグ使いとは違い、岩盤のちょっとした変化に引っ掛かったカットテールをそこから離さずアクションする必要があった。そこで、張りの強い高弾性オールソリッドタイプではなく、ティップがボトムを舐めるように食らい付き、フッキングはシャープに掛けれるソリッドティップのFACT61ULSTを使用したというワケです。

 

当の本人に話すと...俺のロッド使ったなら勝たな!っとプレッシャーを...笑

しかし先日、一緒に行ったアジングでは当の本人ソリッドティップの性能を1%も発揮させずに撃沈という...ふふ(笑笑)俺はもちろんちゃんと釣ってやりましたよ(^^♪笑

 

さて!今週末はいよいよ第2戦!!

気合い入れて頑張ってきます!!!


この記事をはてなブックマークに追加

今日はシマノ社へ…

2016-03-10 | 「イチ押し」情報!!

静岡から大阪…





今日は、今年より正式にスポンサード契約を交わしているシマノ社へ!!





日本を代表する企業だけあって…会社の大きさ、設備には圧巻です(^^;;


今回はトーナメントスタート目前という事で、戦力になるアイテムからマル秘なNEWアイテムを…大阪堺の名物と共に^ ^








たらふく頂いてきました(笑)


グルメはさておき…^^;


今年はリール・ウェアなどなど…様々なシーンで最高クオリティのアイテムを紹介していきますので、お楽しみに!!


さて…せっかく大坂来たので、帰りはココへ





ラッピングと言えばのポージィサインアート☆





珍しく真面目に働いていたので…邪魔して帰ってきました^ ^(笑)


さぁ明日は久しぶりの琵琶湖だ(^_-)-☆






この記事をはてなブックマークに追加

ちょいと楽して新幹線で。

2016-03-08 | 「イチ押し」情報!!

 

冬の思い出2016in白馬!!

 

 

今年は2泊3日のハードスケジュールだったので…身体がパキンポキンにw

 

offシーズンの身体作りに!ってのが一番なんだけど…逆にダメージがデカイかも(ー ー;)

 

 

でもね!なんだかんだ言って、束の間の休みに皆んなで集まって遊べるのもサイコーってもんです^ ^

 

さて、冬の思い出?強化合宿??笑 終われば、完全にシーズンin!! って事で…

 

またまた名古屋→岐阜→滋賀→千葉→東京→茨城→滋賀

 

 

怒涛のスケジュールで巡ってきました^^;

 

ロケや打ち合わせなどなど、シーズン入ってるな~っと感じる…車内。

 

家にいるよりも車にいる事が多くなると…シーズンinだと身体が感じるのかな(笑)

 

と言っても、実際は移動が少ないだけでシーズンoffなんてバスにはないんですけどね^^;

 

冬でも釣りしてるし(笑

 

まぁ少しメリハリをつけたいだけかな。

 

さて、今日もちょっと滋賀を離れて…

 

 

でも本日はちょいと楽して移動は移動でも…新幹線移動^^; のんびり静岡まで向かいます。


この記事をはてなブックマークに追加