「こぴっとするだよ」輿石東参院副議長が民主党の戦犯「6人組」の「海江田降し」に一喝、それでも分裂か?

2014年05月31日 05時16分28秒 | 政治
◆「1強多弱」の政治状況下で、「野党分裂・ミニ新党結党」がブームになりそうな気配だ。「みんなの党」―新党「結いの党」、「日本維新の会」-新党「石原党」(仮名)に続き、今度は「民主党」の番というわけだ。
 弱小野党に転落中の民主党は、「排除の論理、純化路線」がいわゆる「お家芸」と言われており、菅直人元首相(元代表)・野田佳彦前首相(元代表)の2代にわたり、小沢一郎元代表を「排除」しようと躍起になり、ついに除名した。小沢一郎代表は、新党「国民の生活が第一」→「未来の党」→「生活の党」を結党した。
 ところが、野党に転落してもなお、この「排除の論理、純化路線」の「お家芸」という得意技を忘れられず、今度は海江田万里代表を引きずり降ろして、あわよくば排除し、党外へ追放しようとする陰謀、策謀が渦巻いている。
 その張本人は、民主党を野党に転落させた戦犯「6人組」(岡田克也元副総理、玄葉光一郎元外相、野田佳彦前首相、前原誠司元外相、枝野幸男元経済産業相、安住淳元財務相)
である。日本維新の会が、「分党=分裂」を決めたことに刺激されて、俄かに蠢動し始めている。2015年9月に予定されている代表選を今年夏に前倒し実施することを求めているのだ。
◆そんなに「代表ポスト」を奪い取って主導権を握りたいのであるならば、海江田万里代表を引き摺り下ろすまでもなく、戦犯「6人組」が「分党=分裂」して、新党を結党して、
好きな者同士で運営・活動できるように「純化路線」を歩めばよいのに、何が何でも海江田万里代表を排除、除名したい勢いだ。
 民主党所属国会議員は、衆議院議員55人(うち女性3人)、参議院議員58(うち女性9)、輿石東参院副議長は、党籍離脱中=無所属。このなかで、戦犯「6人組」や長島昭久元首相補佐官らのようなどちらかと言えば、失脚した米国最大財閥ディビッド・ロックフェラー(配下は、「ジャパン・ハンドラーズ(日本操縦者)」=(ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授=戦略国際問題研究所=CSIS=理事、ジョン・ハムレCSIS所長、リチャード・アーミテージ元国務副長官=ブッシュ政権1期目=マイケル・ジョナサン・グリーンCSIS副所長長など=米英中心の有志連合・多国籍軍派)
)の残党グループと、ディビッド・ロックフェラーの影響を受けていなかったグループとに大別される。このなかには、小沢一郎代表(欧州最大財閥ジェイコブ・ロスチャイルド=国連中心の国際秩序・国連正規軍派)に近い輿石東参院副議長や細野豪志前幹事長(日本維新の会の松野頼久幹事長代行、結いの党の江田憲司代表と頻繁に会合)らがいる。
 とくに戦犯「6人組」は、日本維新の会分裂で、政界再編が加速化するのではないかと見て、「バスに乗り遅れてはならない」と焦燥感にかられている。
 しかし、輿石東参院副議長は、「焦りは禁物」と諌めているという。それは、国民有権者の大半が「新党結党」に期待を少しも示していないと見ているからだ。まるでボウフラの如く軽々しく「新しいもの」に爪先立って駆け寄ると転んでしまう。しっかりした歴史観に立脚し、これからの国際政治の趨勢をよく見極め、日本の進むべき方向を見定めて、大勢の赴くところにピッタリ符号した政治集団(政党)づくりを目指せということである。答は、自ずから割り出される。すなわち「小沢一郎代表(欧州最大財閥ジェイコブ・ロスチャイルド=国連中心の国際秩序・国連正規軍派)」が立つ時を待って、山梨弁で「こぴっとするだよ(しっかりしろ)」と言っている。それでも言うことを聞かないのであれば、戦犯「6人組」は、分裂して新党を結党するしかなさそうだ。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「中国、韓国の嫌われ者」安倍晋三首相は、拉致解決と「国交正常化・国交樹立」実現に好都合で最適任

〔特別情報①〕
 安倍晋三首相が、「第2の日本」と言われている北朝鮮の金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)との間で「拉致被害者の再調査などで合意したこと」で、日朝関係は「国交正常化・国交樹立」に向けて大きく動きだした。同時に並行して「米朝正常化・国交樹立」に向けても大きく動き始めているのである。安倍晋三首相が「反日姿勢」を強める中国北京政府と韓国から嫌われている最悪状況が、かえって日本にとって好都合というのは、何とも皮肉だ。なぜか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第30回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成26年6月14日 (土)
「暴走する安倍晋三政権、どうなるカジノ構想」
~祖父・岸信介首相の亡霊に憑りつかれた独裁者の悲喜劇


◆新刊のご案内◆
中国4分割と韓国消滅
ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン
金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる
著者:板垣 英憲
超★はらはらシリーズ040
☆2014年5月下旬発売予定☆

詳細はこちら→ヒカルランド


 こちらも好評発売中 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド

**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
5月開催の勉強会がDVDになりました。
 日本の科学技術と武器の輸出「解禁」 ~民間技術が軍事技術を進歩させる時代へ
その他過去の勉強会20種類をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『忠臣蔵』が語る組織の活性化Q&A

目次

Q15.3人1組の戦い方
もっとも強力なパワーを発揮できるチームをつくるにはどのようにすればよいのでしょうか。


 1702年(元禄15年)12月15日午前4時24分、赤穂浪士46とともに江戸本所の吉良義央邸に討ち入りました。大石内蔵助は、吉良邸討ち入りに当たり、吉良屋敷の絵図を開き、屋敷内の状況に応じて人数を配り、隊伍に分けて備えをすることを説明しました。将棋の駒のように47人の姓名を書きつけて、身分に合わせて順序を決め、吉良上野介の討ち取りが成るまで、お互いに助け、臨機応変に行動し、突飛な行動に出ないよう注意しました。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中国の属国」韓国の朴槿恵... | トップ | ◆新刊のご案内◆中国4分割と韓... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愛新覚羅ヌルハチ)
2014-05-31 13:54:48


 東アジアの古代史は魏志倭人伝の謎ばかりでなく、倭国の朝鮮半島支配の謎、百済の遼西支配の謎、北魏の百済攻撃の謎、など説明できない謎に満ちている。 ここでは、「玄菟郡の遼東移動の怪」、「消えた万里の長城の怪」、「夫余の楽浪郡攻撃の怪」、「馬韓の玄菟郡攻撃の怪」の4つの謎を紹介し、絶対に正しいと信じられている楽浪郡平壌説が実際には破綻した説である事を説明する。
玄菟郡の遼東移動の怪とは、前107年に衛氏朝鮮の跡地に楽浪郡と共に置かれた玄菟郡が、設置後まもなくの前75年に朝鮮半島から遼東(遼河東部地域)へと大移動が行われた謎である(東亜蛮族図0から東亜蛮族図1へ)。
消えた万里の長城の怪とは、楽浪郡逐城県を起点とする万里の長城が朝鮮半島から跡形もなく姿を消した謎である。
夫余の楽浪郡攻撃の怪とは、111年に夫余が玄菟郡、遼東郡、高句麗などを通り越して楽浪郡を攻撃した事件の謎である。
馬韓の玄菟郡攻撃の怪とは、122年に馬韓が帯方郡、楽浪郡、遼東郡を通り越して、高句麗主導で濊貊と共に遼東の玄菟郡を攻撃したが、夫余によって撃退された事件の謎である。
 そして邪馬台国論争が実は氷山の一角に過ぎない程の驚愕すべき東アジアの古代史の真実と、 楽浪郡平壌説による古代史改竄の驚くべき手口を説明する。
3.1 中国史書が示す楽浪郡、帯方郡の場所

楽浪郡の場所は遼東

 楽浪郡は平壌周辺と教えられているが、中国史書では楽浪郡がどのように記述されているか知っている者はほとんどいない。 楽浪郡の位置は400年の間に変遷するが、朝鮮半島を示す中国古代史書は存在しない。 中国史書が示す楽浪郡の場所とは遼東である。 遼東とは現在の遼東半島ではなく、遼河(流れは現在と異なる)東部の地域である。
史記夏本紀:太康地理志云「樂浪遂城縣有碣石山,長城所起」
楽浪郡遂城県には碣石山があるが万里の長城が始まる所だ。(注:碣石山は秦の始皇帝も登った有名な山で、記述に間違いはないだろう。)
漢書列傳:東過碣石以玄菟、樂浪為郡,[八]師古曰:「樂音洛。浪音郎。」
碣石より東は玄菟郡、楽浪郡。
後漢書郡國志:樂浪郡武帝置。雒陽東北五千里(中略)列口:郭璞注山海經曰「列,水名。列水在遼東。」
楽浪郡は武帝が置いた。洛陽東北五千里。(中略)列口「列は川の名前で列水は遼東にある」
後漢書光武帝紀:樂浪郡,故朝鮮國也,在遼東
楽浪郡は故朝鮮国であり、遼東にある。(注:「朝鮮」という国号は高麗王朝を滅ぼした李成桂が明の初代皇帝である洪武帝により国号を選んでもらい、 古朝鮮にちなんで権知朝鮮国事に封じられた事により定められたもので、「故朝鮮国(古朝鮮)」と「朝鮮半島」は位置的に関係は無い。 もう一つの国号の候補であった「和寧」も李成桂の出身のカラコルムの別名であり、やはり朝鮮半島とは位置的に関係は無い。)
後漢書列傳:長岑縣,屬樂浪郡,其地在遼東
長岑県は楽浪郡に属し、遼東にある。
後漢書列傳夫餘:安帝永初五年,夫餘王始將歩騎七八千人寇鈔樂浪,殺傷吏民,後復歸附。
安帝の永初5年(111年)、夫余王は歩騎7~8千人を率いて楽浪郡を寇鈔し吏民を殺傷したが、間もなく再び帰附した。(注:満州北方にいた夫余が平壌を攻めるのは不可解であり、楽浪郡は遼東にあったと考えるしかないだろう。)
中国古代史書が示す楽浪郡の場所の中に朝鮮半島を示すものは存在せず、全てが遼東を示しており例外は一つも無いのである。

 高句麗の軍事力は強大で歴代王朝は遼東支配すら不安定であった。 中原と朝鮮半島の間には高句麗の根拠地である険しい長白山脈があり、その支脈である千山山脈は遼東半島まで伸びている。 中国王朝にとって朝鮮半島は山や海を越えた遠方の場所である上に、高句麗の首都である集安の向こう側にあり、兵站の維持が困難な場所だ。 半島を支配しようとした唐・新羅戦争や紅巾の乱でも中国側は朝鮮側に敗北している。 渤海国を滅ぼした契丹による高麗侵攻でも契丹は兵站の維持が続かなかった。 隋の煬帝による高句麗遠征の大軍も朝鮮半島ではやはり兵站の維持が続かず、清川江にて乙支文徳により壊滅した(薩水大捷)。 日本や樺太までも支配しようとしたモンゴルの執拗な侵攻による80年間の支配を例外とすれば、後の王朝は丁卯胡乱、丙子胡乱など、一時的に攻め込む事はあっても朝鮮半島を冊封国とするのみで、直接支配しようとは考えなかった。 朝鮮半島はこのように兵站の維持が難しく、モンゴル帝国でさえ江華島(韓国No.4の島)に逃げ込んだ高麗王朝を攻めきれず、簡単に占領できたわけではない。 その上、遼東は鮮卑による度重なる侵攻だけでなく、高句麗、夫余にも何度も侵攻され、その他にも烏桓、濊貊、馬韓にまで侵攻された。 異民族による侵攻だけでなく、公孫氏の独立宣言による遼隧の戦いなどの内乱も発生し、遼東支配は決して安定していなかった。 遼東のはるか先、そして集安の向こう側にある朝鮮半島を、紀元前108年から313年までの420年もの間、中国歴代王朝が前漢、新、赤眉の乱、後漢、黄巾の乱、三国時代、西晋、八王の乱、前趙などの激動と波乱の時代を通して、一貫してこの地に執着し、安定的に支配できた理由とは一体何だと言うのだろうか。 楽浪王調の乱のような反乱が起きる度に、朝鮮半島に大軍を送り込んでいたのだろうか。

 このような荒唐無稽にも見える説に対し、学者達が誰一人として何の疑問も全く抱かない理由とは、一体全体何故なのだろうか。
帯方郡の場所も遼東

 帯方郡とは楽浪郡の南に置かれた郡である。 定説ではソウル付近となっている。 帯方郡の場所の記述は多くないが、中国史書が示す帯方郡の場所もやはり遼東である。
後漢書高句麗伝:「郡國志西安平、 帶方,縣,並屬遼東郡」
郡國志では西安平、帶方県は遼東郡に属す。
魏志高句麗伝:順、桓之間,復犯遼東,寇新安、居鄉,又攻西安平,于道上殺帶方令,略得樂浪太守妻子
順帝と桓帝の間、度々遼東に侵犯し、新安や居郷で略奪し、西安平を攻めて、帯方令を殺し、楽浪太守の妻子を誘拐した。
晋書地理誌:帶方郡公孫度置。列口, 長岑, 含資
帯方郡は公孫度が置いた。列口県(後漢書郡國志によると列水は遼東), 長岑県(後漢書列傳によると長岑は遼東), 含資県(魏書地形志によると含資は遼西県属)
帯方郡を置いた公孫度は黄巾の乱以来の混乱に乗じて遼東地方に半独立政権を樹立し、遼東王を自称した人物である。公孫度には遼東王の地位の確立が重要で、はるか南方のソウル地方の運営に興味があったというのも奇妙な話である。
平壌で発見された考古学的発見の正体は?

 では楽浪郡が遼東にあったとすると、平壌で発見された考古学的な遺物は何だったのだろうか。 それは辰韓人などの亡命中国人の遺構だったと推測している。 「辰韓」とは秦人が万里の長城建設の苦役から逃亡して韓の地に定住したという国である。 魏志韓伝には次のような記述がある。
馬韓の東の地を割いて辰韓人を住まわせたという伝承がある。
韓は帯方郡の南、東西は海で尽き、南は倭と接する。
楽浪郡の使いは大船に乗って辰韓に入り、千人の仲間を奪還した。また「万余の兵を船に乗せて攻撃する」と辰韓を威嚇した。
 定説では辰韓は釜山のあたりとなっているが、釜山では南に倭と接していない。 平壌から大船に乗って行く場所ではないばかりか、朝鮮半島南西部を回っての渡海作戦は陸上作戦に比べて極めて困難であり、楽浪郡が渡海作戦を行う理由が全く説明できない。 そもそも建国できるほどの多数の人間が逃亡するには、秦から遠すぎる。 平壌は「馬韓の東」「南は倭と接す」「渡海作戦」を満たし、秦から千山山脈を越えて逃亡した者がたどり着く場所だ。 公孫氏の滅亡に伴う東アジアの激動に辰韓は飲み込まれ、 景初年間(237年−239年)辰韓は8国に分割されて楽浪郡に与えられた。 238年に隣国の女王卑弥呼に親魏倭王の封号が与えられたのは辰韓滅亡と無関係では無かろう。 その後約定が異なり、韓と楽浪、帯方は全面戦争となった。 楽浪郡によって辰韓の地が一時的に直接統治されたのは間違いあるまい。 亡命中国人の墳墓と楽浪郡統治時代の遺構を掘り当てて楽浪郡と判断してしまったのではなかろうか。

 平壌から出土した考古学的発見は絶対的な証拠とされているが、それが果たして江戸時代や平安時代よりも長い420年間の朝鮮半島支配の証拠となるのであろうか。 建築物、宗教施設、生活用具、記録など多種多様の遺物が出土すべきではなかろうか。 楽浪郡の長い歴史の中で史書に名前が残されるような人物や事件の痕跡が見つからないのは何故なのだろうか。 万里の長城が朝鮮半島内で見つかるべきではないだろうか。 その程度の遺物しか朝鮮半島から出土しなかったのは、むしろ楽浪郡ではなかったことの証明ではないか。

 最近の発掘調査報告(資料1)では楽浪郡平壌説の基盤となった木槨(もっかく)墓は「紀元前3世紀以前から紀元前1世紀末まで存在したと見ることができる」とされた。 その後3世紀までにグィトル墓、レンガ墓と形式が変遷し、中国で発掘される墳墓とは異なるとされた。 この報告が正しければ、楽浪郡設置(紀元前108年-313年)の百年以上前の始皇帝の時代から木槨墓が作られ始めた事になる。 万里の長城建設の苦役から逃亡した秦人達が建国したという辰韓と仮定した方が、楽浪郡と仮定するより自然である上に、文献と考古学が完全に一致するだけでなく地理条件やその後の歴史の経過とも符号するのではなかろうか。 検討すべき重要な考古学的報告に思われるのだが、北朝鮮人の研究報告など当然のごとく無視されるだけである。
3.2 楽浪郡平壌説による古代史改竄の方法

 楽浪郡平壌説とは単に楽浪郡が平壌にあったかというような説ではなく、朝鮮半島の歴史を箕子朝鮮から倭の消滅までの数百年に渡って改竄する、壮大な虚構の古代史の基盤となっている説である。 そしてその最大の目的は倭国の歴史を日本列島の歴史に改竄する事にある。 歴史改竄の方法は複雑だが、資料2の山形氏の説を簡単にまとめると次のようなステップで構成される。
倭国を朝鮮半島から消去して日本列島に移動させる。
倭国の抜けた穴を埋めるために朝鮮半島北部や遼東半島にあった三韓、百済、新羅などを朝鮮半島南部へ移動させる。
それらの国々が抜けた穴を埋めるために遼東(遼河東部地域)にあった古朝鮮、楽浪郡や玄菟郡などを朝鮮半島に移動させたり高句麗を巨大化させる。
最後にそれらが抜けた穴を埋めるため、燕、秦、漢、高句麗などを全て巨大化させる。 そして楽浪郡と共に朝鮮半島に移動した玄菟郡だけを遼東に戻し、楽浪郡だけを平壌に残したりする。
 以下においてはそれぞれのステップの改竄がどのような問題を発生させたかについて説明する。
1. 倭国は朝鮮半島国家

 最初のステップを否定し、倭国を朝鮮半島と考えれば倭人伝以外の中国文献、朝鮮文献の記述に対する以下のような疑問も解消する。
山海経海内北経に、「蓋国は鉅燕の南、倭の北にあり。 倭は燕に属す」とあり、陸続きであったような書き方である。燕は河北省北部(北京周辺)のあたりにあった国で、蓋国(韓の前身か?)がどこにあったにせよ、 倭が燕の属国であった以上、遼東半島か朝鮮半島北部あたりにあったのではないか?
漢書地理誌には「樂浪海中有倭人」とある。楽浪海が何を意味するかは不明であるが、遼東湾、西朝鮮湾、黄海あたりを意味し、太平洋は意味しない。倭人は朝鮮半島にいたのではないか?
魏志韓伝では「南は倭と
安愚楽被害で国賠提訴 (愛信)
2014-05-31 14:34:42
安愚楽被害で国賠提訴
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20140530-OYTNT50537.html

【関連情報】
【口蹄疫の真相】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cskte.cgi
【創価学会の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt0.cgi

この訴訟は創価学会信者が失った投資資金を国に賠償請求するもの
である。 嘘も100回言えば本当に成ると信じている、息を吐くように嘘
を吐く支那朝鮮資質の従軍慰安婦騒動と同様に被害者を装い国に対し
て謝罪と賠償を要求するもの。 創価学会が信者から集めた投資資金
を和牛預託商法の詐欺で騙し取るために【口蹄疫の真相】に掲載される
数々の犯罪を重ねて日本の畜産業界を壊滅させた実態を曝露して行こ
う。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
韓国「志願軍遺骨を返還」沈黙する中共 (愛信)
2014-05-31 19:13:23
韓国「志願軍遺骨を返還」沈黙する中共

( http://jp.ntdtv.com/news/7608/韓国「志願軍遺骨を返還」沈黙する中共 )

【関連情報】
【禁聞】隠された中越戦争の真の目的 かつての軍人は乞食に
( http://jp.ntdtv.com/news/10494/【禁聞】隠された中越戦争の真の目的+かつての軍人は乞食に )

支那朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミが今まで隠蔽してきた
歴史の真相が一つ一つ曝露されていく事で多くの日本人が69年間もの長い間
洗脳されてきた自虐史観から目覚めて行く。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
カーニー米大統領報道官が辞任へ、後任はアーネスト副報道官 (リサ)
2014-05-31 20:21:28
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304817704579594861035781796
オバマ米大統領は30日、ジェイ・カーニー大統領報道官が辞任し、後任にジョシュ・アーネスト副報道官を起用すると発表した。

大統領によると、カーニー氏は4月に辞任を申し出ていた。

>次々とオバマ大統領からスタッフが離れています。ホワイトハウスは機能していない恐れがあります。
カジノを視察 (愛信)
2014-05-31 22:17:27
安倍首相、「IRは成長戦略の目玉」 シンガポールのカジノを視察
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140530/plc14053023550028-n1.htm

【関連情報】
【Web検索システム カジノ】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cskjn.cgi

安倍総理が日本人社会の破壊者の正体をさらけ出す言動、愛国系
日本人には大変判り易い人である。 世界中のあらゆる国、地域でカジ
ノ(賭博場)の経営は地域社会の風紀の乱れと経済を疲弊させる事が
証明されている。 カジノ(賭博場)から上がる収益で国会議員や地方議
会議員が買収されて行政は腐敗して日本人社会が破壊されるので
す。 日本人社会を守り抜く為にカジノ解禁は断固阻止しなければなりま
せん。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。