石坂ファームハウスの『都会の田舎をおすそ分け』

多摩丘陵の自然豊かな里山から、その恵みを大切にした農家の暮らしをお伝えします

お雛さま

2017年02月22日 | 畑から
今年もお雛様を飾りました。春になり、桃の節句が近づくと「お雛様出さなくては・・・」と。一時、飾らない時期もありましたが古民家の生活空間にはお雛様が良く似合います。季節感を感じる和の象徴ですね。本当は明日雨でなければタイからのお客様をお迎えする予定でした。残念…見ていただきたかったです。
日本は最近、イベントは年間通して和洋折衷。子どもはどれが日本古来の行事で外来がどれかなんてわかるはずもなく(笑)。きっと日本だけじゃないでしょうか。楽しんでいる大人はわかっているから良いですが子どもたちには「和」を感じることでイベントを区別して日本の伝統行事を残し伝えてもらわなくては。
お団子作りも昔は家庭で作られていたおやつです。買うのが当たり前の時代ですが、素材のシンプルさがかえって新鮮に感じます。


3月4日 【お団子作りと絶品おかきの試食】の催し行います。
●日時 3月4日(土)雨天中止 10時集合 12時解散
●参加費 恵みの会会員 1500円(1人分お団子材料・おかき) 500円(同伴見学のみ)
        一般  2000円(上記同じ) 500円(上記同じ)
●持ち物 おぼん(団子をこねるため)、お皿、フキン、エプロン、飲み物など

申込は2月28日まで 090-2910-6506(18時から20時)

お団子はうるちの米粉を製粉したものを使用します。原料はお米100%なので、お腹いっぱい食べてしまった時は1食抜けばよいだけ。お米ってお団子にもなるのだと知る良い機会にもなりますよ。かまどで茹でて、アツアツを食べましょう。
おかきは我が家の子どもたちが大好きな「おばあちゃんの手作りおやつ」です。お餅をのしたものを干して、油で揚げたもの。甘辛くしたり、しょうゆ味もありで+我が家のラッカセイが加わると止まらない・・・。ぜひ味見をしてみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くず掃き

2017年02月16日 | 畑から
裏山の雑木林には毎年ふかふかになるほど落ち葉が堆積します。落ち葉を掃く作業を「くず掃き」と言います。
今年も野菜の有機質堆肥作りと雑木林を管理・手入れするために落ち葉を掃きます。今年ほど、この作業は我が家が農家を続けるためにもやらなくてはいけない作業だと感じたことはありません。1年でも落ち葉掃きをしなければ落ち葉は堆積しすぎてしまうし、裏山散策も歩きにくいし、植物も日が当たらず芽を出さなくなったり、一年中裏山から落ち葉が吹き落ちてくるし・・・。野菜の堆肥を購入することになったらふんだんに使えないから化学肥料に頼ってしまうし、落ち葉堆肥の美味しい野菜の味が変わってしまうだろうし・・・。色々なことを考え、母がよく言う石坂ファームハウスは「循環型農業」が成り立っているのだとやっとわかった気がしました。
 
農家の仕事は野菜を作るだけではなく、その周りの屋敷・庭・田畑、伝統や習慣などを毎年の作業や行事として行うことで継続・維持していくことが本当の農家なのかと。

くず掃き・・・とても大変です。でも、続けていかなければいけない作業。畑には超山盛り落ち葉の山。堆肥になるころには5分の1にかさは減ります。我が家と農園の1年分の堆肥になります。
明日はボランティアさんたちと農園の方々にお手伝い要請。とても一人ではできません・・・よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お餅つき

2017年02月09日 | 体験講座
1月は幼保園などほぼ毎週がお餅つきの日でした。
お餅は一年中、お店で売られていますが我が家では冬の食べ物です。
つきたてのお餅は市販品のお餅とは違う風味や食感があります。テレビのCMのような伸びるお餅ではありません。お水の加減で違ってくるようですが、商品でないので「かさまし」する必要がない分お水は手水程度。もち米の味がするのです。
最近は若いお母さんの経験不足?なのでしょうか。「お餅は子どもがのどに詰まらせるから食べさせない」というお話を聞きすごく驚いてしまいしました・・・。でも、つきたてお餅を食べた人の感想を聞くと市販品のお餅は伸びるので、のどに詰まらせやすいかもしれません。
「ぺったんこ!ぺったんこ」と大きな声で子どもたちはお父さんを応援します。お餅つきは共同作業。大勢の人の手があってできる作業です。子どもたちも周りからの掛け声で「ぺったんこ!ぺったんこ」と重たい杵を持ち上げます。この一体感が大人も子どももお餅をつきあげた達成感、食べておいしい満足感、食べすぎなくらい食べても消化が良い有難い食べ物ですね。お餅つきは日本の伝統行事や文化、伝統食なので次世代にも続いて欲しいと思います。

昨日は大学生の方々が農園に体験に来ました。普段は都会での学生生活ですから、東京なのにこの田舎な感じに驚いた様でした。あと何年かしたらパパママになる彼らたち。親になった時にその子どもたちにもぜひ農家と農業を身近に感じる体験をさせてほしいです。「虫がダメ・嫌い」「土は汚れるからイヤ」「日焼けしたくない」は独身時代だけの言葉にしてくださいね。子どもたちの興味や行動の可能性を親が狭めてしまうような気がします。せめて農業体験に来た時だけは、どっぷり子どもにお付き合いください・・・。

一昔は3kと言われた仕事。汚い・きつい・キケン?…今でも汚れる作業だし、外作業は暑いし寒いし、今時期手は荒れてひどいし、何も変わらないですよ!最近は農業は素敵ってプラス印象ばかりですが農業の大変さや苦労も伝えられたらと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3年生の昔の暮らしの授業

2017年02月03日 | 生活
毎年、近くの小学校の3年生が「昔のくらし」について古いものを見学に我が家に来ます。古い物…時代の枠にとらわれずとにかく農家は古いのもが沢山あるのです。かなり、古い納屋を壊した時に処分しましたが、それなりの意味のありそうなものは捨てずにとっておきました。火鉢・アイロン・お椀・ダイヤル式の電話・・・今の子どもたちにしてみたらダイヤル式の電話だって見たこともない昔のもの(笑)
子どもたちの質問に母が答えます。昭和20年30年代のころを思い出しながら、母も当時を振り返ります。牛や馬が今やトラクターに変わり、竹製品はプラスチックに変わり、お風呂もご飯も薪を使い・・・。話を聞きながら、私でさえ便利時代になったと感じます。便利でなかった時代だから、準備や支度も多く子どもたちはそれを手伝うのが当たり前だったそうです。家族が協力しないと生活できない時代は家族で助け合いきずながしっかりしていたのでしょうね。おばあちゃん世代のお話を聞いて、子どもたちはどのように感じたのでしょうか。

いまだに我が家では裏山の落ち葉掃きに使用する竹の背負いカゴを子どもたちが背負う体験を用意しました。重くて大きくて、フラフラになりながら多くの子どもが背負いました。プラスチックは軽いけど、割れたら粉々になり壊れたら直せない場合がほとんど。でも竹製品は修理しながら長く使うことができる素材です。モノを大事に長く使う事も、いまどきの子どもたちに伝わると良いと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お米つくり講座4回目 お楽しみ餅つき

2017年01月27日 | 田んぼ・お米作り講座
明日は、天気の心配なく開催できそうなので良かったです。
畑のお野菜、沢山収穫してきました!三浦大根・サラダ大根・ニンジン・ネギ・ごぼう。昼過ぎからは春のような陽気。野菜洗いも大変には感じませんでした。
秋に収穫した里芋も沢山入れて、大鍋で汁物を作りますので具を楽しんで食べてください!

お餅は4種用意します。子ども杵もありますので是非、お餅をつく体験をして下さい。

今回でお米つくり講座は最終回ですが、この講座を通してお米ができるまでと食べるまで・・・今までとちょっと違った見方や考え方、家族の話題になったらうれしいです。きれいなビニールの袋に入っているのがお米のスタートではありません。子どもたちはもちろん子どもたちに「食」を提供するお母さん・お父さんも食べているものについて知らない人が多いです。目の前の見えているものだけでなく、その背景も是非親子で見て体験してください。お父さん・お母さんが初めてでも知らなくても全然恥ずかしくないですし、むしろ子どもたちと同じ新鮮さで挑んでください。その方が親子で楽しめますよ。

では、明日お待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度 体験イベント予定

2017年01月09日 | 体験講座
自然が農業に味方してくれる年でありますように・・・
暖かすぎるお正月、ちょっと気になりますが野菜やブルーベリーが今年も良く出来ますようにと願いながらブルーベリーの剪定も始まりました。合間をみながら、落ち葉堆肥の裏山くず掃きも進行します。援農ボランティアさん、体験農園のみなさま、自然の恵みを楽しむ会の皆様、今年もよろしくお願いいたします。

【じゃがいものオーナー募集】
1区画 5,000円(個人または家族)10株3品種…メークイン・きたあかり・アンデス予定
①3月18日(土)雨天翌日  10時集合 植え付け ②草むしり・土寄せ 4月下旬  ③収穫 7月上旬
3月10日までにお申し込みください

【ごまのオーナー募集】
1口400g 6,000円(個人または家族)
①5月20日(土)雨天翌日 10時集合 種まき ②草むしり・間引き ③お花見(自由参加) ④収穫 ⑤ごまはたき
5月10日までお申し込みください

※どちらも作業時間は1時間程度です。手袋や汚れても良い靴をご準備ください。生育状況や作業の日程はブログでお知らせします。参加の場合はご連絡ください。

【お米つくり講座】
1人5,000円
①6月3日(土)雨天翌日 田植え ②10月7日(土)雨天翌日 稲刈り ③12月16日(土)雨天翌日 しめ飾りつくり
④平成30年1月27日 雨天翌日 お餅つき
募集は4月15日から 詳しくは4月になって掲載します。『自然の恵みを楽しむ会』の方は優先的に受付いたします。

どのイベントも天候や生育によって日程が変更になる場合があります。天候不順で開催できない時は、延期すると作物の生育に影響が出るのでこちらで作業を進めることをご了承ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学生のワラ輪飾り講座

2016年12月21日 | 体験講座
昨日は市内の2つの小学校の授業でワラの輪飾りの指導を行いました。自分たちの学校で育てた田んぼのお米のワラを使い作りました。
大人に指導しても、なかなか難しい時もあるので子どもたちも悪戦苦闘。でも、何とか形になりました。そして、それぞれが持参した飾り付けをするとすごく素敵になりました!お正月を迎えるにあたって大人だけが忙しく支度するのではなく子どもたちもお正月飾りを作ることで新年を迎えることに携わってもらえたらいいですね。

ワラは地味な素材ですが、農家にとってはすごーく重宝するものです。ワラを燃やした灰は土をアルカリ性にするときに撒いたり、作物の敷きワラで雑草防除やスイカなど地面を這う野菜はまきひげが絡まりやすいのです。サツマイモやネギの植え付けにも有機質の肥料としてワラを束のまま使用します。あと、トマトやナスなどの誘引の紐やテープの代わりにも我が家では使用します。収穫後の片付けのときは自然に返るものの方が楽なのです。田んぼでのお米作りと畑での野菜作り、来年の作物の豊作を願って12月は多くの方にワラの輪飾りを体験してもらいます。

母が農の生け花…制作しました。古い蒸し器を使っていろいろ飾りました。うちの前を通る時は是非立ち寄ってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お正月飾りとカメを作ろう

2016年12月15日 | 体験講座
お正月に向け、しめ飾りを作るのは伝統行事です。いまの時代は買うのが当たり前になってしまいましたが、毎年自分で新年に向けてお飾りの縄をなうのを楽しみにしている人も多いです。
今年は、お正月飾りと小さなカメを作る講習を行います。カメはちょっとコツがいりますが、おめでたい生き物ですので是非挑戦してみてください。
屋外で行いますので、暖かい服装でお越しください。セーターなどはわらが付きやすいです。
温かいハーブティ(レモングラス)もご用意します。
素敵な新年を迎えられるように、親子でのご参加お待ちしています。

●日時 12月23日(金曜日祭日) 10時集合12時まで
●参加費 制作する大人・こども 2,000円
     同伴・サポート 2歳以上の制作しない子ども 1,000円
●持ち物 ハサミ・たこ糸・洗濯ばさみ(4個・亀作りに使います)霧吹き

申込締切 12月21日 電話でお申し込みください090-2910-6506(18時から20時)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干しいも作り

2016年12月12日 | 生活
この数日、乾燥したお天気と良く晴れた晴天。大好きな干しいもをせっせと作っています。完成すると、お味見で「食べてみて!」と配ってしまい手元に残らず。でも、評判が良いのでうれしいです。

茨木の方に出掛けると聞くとつい「買ってきて!!」と頼んでしまうほど好きでしたが、自分で作ることは全く考えていませんでした。しかし今年収穫した『べにはるか』を圧力鍋で蒸かした時にあのねっとりした蜜の出るおいもをみて・・・「♡」。乾燥機で10時間ほど乾かして、私にもできる手ごたえを感じました。その後は、天日干しと乾燥機の組み合わせで干しいも作りです。白い粉は吹きませんが、焼き芋とも違うし蒸かしたお芋ととも違う更に甘いものに変身。食感も昔のおやつな感じが良いです。自然の甘さってすごいなーと。子どもに食べさせたいおやつですので、ぜひ皆さんも作ってくださいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

階段作りました!

2016年11月29日 | 生活
石坂ファームハウスに来たことがある人は、この場所がどこだかわかるはず・・・。
裏山に上がる坂道です。「土の見えているところは滑りますよ~。草の上を歩いてください!」と声をかける場所です。

昨日は裏山の土の室にさつま芋を入れて25センチほど上に土をかけて冬を越せるようにしました。「毎回土どけるのは面倒だね」というと父は「こうしないとさつま芋は冬を越せない」と。冬を越した時点でまた、土をどけてさつま芋や里芋を食べると言う訳です。すぐ食べる分は発泡スチロールで保管していますが、大量のお芋を長く保管して食べるための知恵なのですね。

いつかは、階段みたいなものを作りたいと思っていましたがそこら辺の立てかけてある栗の木などを使って作りました。
ちょっと信頼してよいのか不安ですが…階段が出来ました!

ぜひ、遊びに来た時は階段利用してみてください。でも、あまり信用しないで柿の木につかまりながら上がってくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加