石坂ファームハウスの『都会の田舎をおすそ分け』

多摩丘陵の自然豊かな里山から、その恵みを大切にした農家の暮らしをお伝えします

今年は早めの最盛期になります。

2017年07月22日 | ブルーベリー園
気温が高い日が続きます。ブルーベリーも大粒に実っています。今年も大粒で甘い実です。

冬場の約2カ月に及ぶ剪定作業やシュート(脇芽)を掘り起こして根から切る作業。剪定枝を束ね、片付けながら毎日はかどっているのかいないのかのというような、時間のかかる仕事です。援農ボランティアさんや農園利用の方々にも協力していただき、やっとこの時期を迎えます。草むしりも除草剤を使用してしまえばしなくて済む作業ですが、そこは譲れず地面をはいずって草をむしること年に数十回。実を付けた雑草が種をこぼさないように・・・でも、忙しいと残念なことに。1人でやるとなると2日はまるまるかかります。。この時期は草むしりしても10日後にはまた生えている状態・・・。もし、摘み採りに来た時「おっつ!」と雑草に気が付かれた方は是非「草むしり」お願いします。カモミールが咲き終わった今は、地面に生えている草全てが雑草です。除草剤を使用しない畑の維持にご協力ください。

農園は摘み採りしたもの量り売りするシステムです。入園料をいただいておりません。園内は食べ放題ではありませんので、食べながら摘むのはご遠慮いただいています。園の維持のために入園する大人の方には1人につき500g以上摘み採りをお願いしております。
ブルーベリーの実は完熟期には触れるだけでも実が落ちてしまうので、入園していただく人が多いほどロスの実が増えるのが現状です。

ご理解とご協力をお願いいたします。

子どもたちの夏休みも始まりました。ぜひ、夏のイベントに一つにブルーベリー摘み採り体験にお越しください。お待ちしております。

井戸のポンプの冷たい地下水で手を洗ったり、大きなケヤキの下のベンチでの休憩も、庭のトマトも、農家らしい演出のアイテムです。ついでに昔の小道具のある資料室も見てお帰り下さい。古い納屋を壊した時の片づけ物を整理しました。火鉢やコタツ・お膳・桶。近代のところでダイヤル式の電話をみて盛り上がる方が多いです・・・きっとスマホ普及を夢にも思わない時代を知る方々が懐かく思い出話をするのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ささげの収穫

2017年07月21日 | 畑から
今年はささげを沢山栽培しました。お赤飯に使うマメですが、意外と「あずき」との区別がついていない方が多い。見た目は変わらないのですが、ささげは煮たときに小豆より皮が固いです。

莢も薄い紫色。少し莢が乾いてきて中の種がこぼれそうになったら収穫タイミングです。

この日中の日差しで、干していると莢は半日で乾いてしまいます。
莢からささげをパリパリと出して、陰干しで乾燥させて保存します。

このささげを使って炊く「お赤飯」、楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいものオーナー 収穫

2017年07月15日 | じゃがいものオーナー
春先の雨不足、短い梅雨、強い日差し・・・あまり成育に良くないかと思いましたが、10株を存分に収穫していただく事が出来ました!
子どもたちも、保育園や幼稚園でじゃがいも堀りはする機会はあると思いますが、思いっきり沢山はなかなか経験できないこと。しかも自分で、植え付け・土寄せの管理をして生育を見てきているだけに感動はあるようです。種イモの上に新じゃがは実を付ける事も、掘ってみれば納得その通りと知っていただけました。

我が家もそうですが、小学生になってしまうと農業体験を含め家族と何かをする機会は激減。スポーツの習い事は毎週土日だったり、子ども自身が「えー行かない」と拒否したり。
だから、小学生になる前の子どもたちには、このような機会を是非沢山作ってあげて欲しいです。


明日、明後日は枝豆が収穫期なので、枝豆のみ収穫体験できます。体験したい方は声をかけてください。
4株で1セット1000円です。

ブルーベリーも熟しはじめ、収穫期です。大粒の甘い実が沢山実っています。たいへん暑いので涼しい時間にご来園ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいも堀りと朝どり野菜の試食会 第3弾

2017年07月09日 | 体験講座
人気の枝豆ととうもろこしが同時に収穫出来なくてごめんなさい・・・。
じゃがいも堀りは2品種4株掘りますので、品種の違いをお楽しみください!
収穫体験は別途になります。内容はじゃがいも・枝豆・ブルーベリー・ピーマン・にんじん・かぼちゃ(予定)です。
畑の案内はみなさん楽しんでくださり「すいか」は実っているところが珍しいのか写真撮る方が多い(笑)確かに、なかなかお目にかかれないかも・・・収穫タイミングなど色々なお話させていただきます。
 
※トウモロコシの収穫体験できるタイミングになりました!逆に枝豆が微妙です・・・農作物の生育にご理解ください。

日時 7月15日(土)雨天翌日 10時集合11時半解散予定
●参加費 1人1300円(3歳から) 来園の方はすべて。見学同伴含む。(入園体験・試食付)
●持ち物 お皿・おはし・水筒・帽子・収穫したものを入れる袋 など
●収穫料金 じゃがいも 4株1000円 枝豆1セット4株1000円 
●申込は14日午前中までメールでお申し込みください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーベリー園、今週末から開園です。

2017年07月09日 | ブルーベリー園
暑い夏になりそうです。ブルーベリー摘みの季節になりました。早生品種が早々と6月から明るみ収穫開始。これからの時期は定番のブルーベリーの収穫が始まります。目印の旗が立ちました。

開園時間は朝6時~11時までの午前のみです。暑いので太陽が高く無い時間がおすすめです。

定休日は木曜日と雨の日・雨上がりの時です。

予約は不要ですので、曇りの日など摘み採り日和ですので思い立ったらお越しください。

この時期夏野菜も朝早いほど種類は多様です。お待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏野菜・色々あります。

2017年07月06日 | 生活
この時期は、畑が一番忙しくまたにぎやかな時期です。ナス・トマト・キュウリ・ピーマン・かぼちゃ・ニンジン・じゃがいもなどなど。まくわうりも豊作です!
とうもろこしも昨日から採れはじめました。「甘い!」「柔らかい!」「おいしい!」とうもろこしは人気の野菜です。
種まきから約85日。一株から1本しか収穫できません。だから、栄養もうま味も全部その一本に凝縮されるのです。カブトムシがかぶりついていることも・・・虫も獣も美味しいものをかぎ分ける本能はスゴイです。

今週末、トウモロコシの収穫体験ができます。ブルーベリーも早生品種が採れます。
明日の午前まで受付してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいも堀りと朝どり夏野菜の試食会 第2弾

2017年07月03日 | 体験講座
先週のイベントは雨のため日曜日に延期になりましたが、沢山の方にご参加いただきました。
じゃがいも・トマト・キュウリ・まくわうり・枝豆・ブルーベリー・・・裏山の日本ミツバチの巣も試食に加わりました。
こんなに山盛り、食べきれるのだろうかと心配でしたがお皿は空っぽ!!「味付けなくても美味しい」と子どもも大人も採れたて野菜に満足していただいた様子でした。こんな時は、我が家では「はねだしの曲がりキュウリ・傷トマト」も姿を見てもらいながら食してもらいます。お店では丸になっているくらい曲がっているキュウリはまず売っていないですし、どうしてそうなるのかなどこちらもお話のきっかけになります。
畑では、じゃがいも・枝豆・ニンジン・ピーマン・ブルーベリー摘みを体験していただきました。子どものためなら泥んこ気にしないお母さんの姿を嬉しく眺めさせていただきました。子どもたち、泥んこのお顔でしたが嫌がらず良い表情していました!子どもさんの記憶に残らない年かもしれませんが、その体験を写真を見ながらお母さんが語ってくれるはず。

残念ながらとうもろこしのタイミングが合わなくて収穫体験は出来ませんでしたが、今週末のイベントでは収穫できそうです。

●日時 7月8日(土)雨天翌日 9時集合 (90分程度の内容)
●参加費 1人1300円(3歳から)来園の方全てで同伴・見学含む(入園体験・試食付)
●持ち物 お皿・おはし・水筒・帽子・収穫袋
●収穫料金 じゃがいも1区画4株 1000円 ・トウモロコシ1セット4本1000円・枝豆1セット4株1000円・ブルーベリー・ピーマン・かぼちゃなど
●申込締切 7月7日午前中までメールで人数・駐車場希望の有無をお知らせください。

※トウモロコシ・枝豆の収穫はタイミングにより出来ないことがあります。ご了承ください。
今のところ、トウモロコシは出来る予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植えから1カ月の田んぼ

2017年07月03日 | 田んぼ・お米作り講座
今日は夏到来の天気・・・田んぼの畦の草刈りをしました。田植えから1カ月たつのですが、3から4本植えた苗はしっかり根を張り、株数を増やしすっと葉を伸ばしています。分げつして背丈も大きくなりました。田んぼの水は天気の様子を見ながら、用水から取り込んだり止めたり。田んぼの水が張っていることで、風が涼しく気持ちが良いです。小さな田んぼですが、大雨が降れば川に水が一気に注ぎこむのを防ぐ役目も果たしています。大雨のたびに、コンクリートだらけの地面の上を流れる水が土なら染み込むのに・・・と思うのです。

この先、気温が上がると草刈りの回数が増えます。畑の草むしりも同じですが、作物を作るだけが農家の仕事ではなく「田んぼや畑ののある景観」が美しく保たれることも大事なことだと思っています。訪れる多くの方の心に残るでまた来たい場所だと感じてくれることも含め、この景観が維持していきたいです。

農業研修でスイスに滞在した時、牛の放牧地はきれいに牧草が刈られていました。農家の庭先は花で飾られていたり、作物を飾る農園の看板・・・すべてが絵になる素敵な景観でした。しかし日本で欧風を真似するのは「似合ってなく」、日本らしさや今までの暮らしを大事にしなくてはと思うきっかけにもなりました。
古民家に住み、竹かごでお花を飾る。古い道具を現役で使う(升やふるいなど)、庭になる草花で家庭薬を作る。母や父から教わる知恵や技もこれから先に受け継ぎたたえていかなくては。

草刈りも大変ですが、時には大物飛来「おーっつ、シラサギがやってきた!!」とびっくりすることも。くちばしを田んぼに突っ込んでなにやら食べています。鳥にとっても(時期によっては歓迎です)良い場所と思ってもらえればうれしいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日の試食会は2日に延期します。

2017年06月30日 | 体験講座
このところの天気予報・・・はずれが多いです。
明日の天気も、期待していたのですがどうやらしっかり降りそうな予報になりました。

ご予定していた方には申し訳ないですが明日は中止にさせていただきます。

翌日2日に延期いたしますので、お申込みしていて日曜日は参加できない方はご連絡お願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都市農業・体験農園・会員制体験講座について

2017年06月28日 | 農業視察
今日は韓国の農業関係の方々の視察がありました。
パワーポイントでの説明・農場見学の1時間ほどです。
我が家の農業の特徴・高齢者のための体験農園の特徴・体験講座の特徴をお話しさせていただきました。
里山があって雑木林の管理をしながら落ち葉の堆肥作り。高齢の方々が野菜作りを通して元気になるための農園の開園。畑や庭、田んぼ、裏山は東京とは思えない自然豊かな環境です。この場所で育った素材を使用しての活動はかまどのご飯炊き・ラベンダースティックなどハーブ摘み・竹のはし作りやそうめん流し・ジャム作りなど。子どもも大人も高齢の方々も参加できる三世代交流の場になるような農家の役割もあるのでは・・・。幅広い年齢の方が訪れてくださるのも、この場所が昔を懐かしむ場所であり、子どもたちには残したい場所だからなのではと思います。そのような自分たちのお思いもお話ししました。
外国の方に我が家の活動について、知っていただく機会に恵まれたことに感謝です。本日はありがとうございました。


あと・・・先日、都内の子どもたちのじゃがいも堀りがありました。普段の生活にはない土に触れる・自然の中で遊ぶ・泥で汚れることも都会の子どもたちには必要で、≪元気になるスイッチ≫みたいです。自然体験のあとは「すっきりした良いお顔になっている」と先生がおっしゃていました。さすが、先生は沢山の子どもたちの顔や様子を見ています。ほんの数時間でも、来た時の表情と帰る時の表情の違いは別人のようで「おしゃべり」になる子、「にこにこ」笑う子、良く食べる子など様々な変化が。私たちはスイッチの入った良いお顔の子どもたちを見るのがとても嬉しいです。

色々な人と出会える農業を通しての体験は、とてもやりがいを感じます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加