石坂ファームハウスの『都会の田舎をおすそ分け』

多摩丘陵の自然豊かな里山から、その恵みを大切にした農家の暮らしをお伝えします

枝豆・とうもろこしの種まき体験とこいのぼりの田んぼ開放

2017年04月25日 | 体験講座
新緑がきれいな時期です。田んぼの畦にこいのぼりが泳いでいます。

収穫体験は今や当たり前の農業体験の一つですが「種まき」から体験すると、収穫に一層の思い入れが出来ます。子どもたちには落ち葉堆肥の説明や種の説明をします。ちゃんと芽が出て育ってくれないと私たちも困ってしまうので、作業説明もしっかりと。作業の一端を担ってもらうつもりで指導しますので子どもたちも真剣。畑にはほかにも沢山作物が育っていますので、歩いて良い場所・ダメな場所のルールを守ってもらいます。もちろん公園ではないので「お花」摘みは作物である場合もありますので、やたらに取ってはいけません。

この時期の畑はとても賑やかで、秋に蒔いた絹さややスナックエンドウが白い花を咲かせいています。夏野菜もほとんど植え付けが終わりました。畑の散策をしながら春の畑を一回り。カモミールも咲き始めました。

そして、古民家の広場に戻ってブルーベリーとルバーブのジャム作りをして試食会をします。ルバーブはまだ認知度が低いのですがおすすめ食材です。畑でのその姿を見てからお味をお試しください。

13時までは田んぼ開放しますので、のんびりお過ごしください・・・。空の広さと新緑に癒されますよ。

日時 4月29日(土)10時集合 11時半ごろ終了 ※田んぼ開放は13時まで
参加費 1人1,500円(3歳から)同伴見学者含む(収穫は別途のイベントになります)
持ち物 汚れても良い服装・飲み物・お弁当・敷物など
受付 4月27日までメールでお申し込みください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芽が出ました!土寄せ作業

2017年04月22日 | じゃがいものオーナー
寒さが長い春先、例年よりも芽が出るのが遅かったようです。今では、芽が出て葉の数もだいぶ増えました。きれいに等間隔で芽が出ています。品種により、多少の成育のばらつきはあります。
GWの最後の日、土寄せ作業をします。クワでじゃがいもの葉の周りに土を盛ります。この作業をしないと、じゃがいもは土から出てしまいカラスにつつかれたり緑色に変色してしまったり・・・。またこのタイミングでないと大きくなりすぎて土が寄せにくくなります。作物の成長に合わせての作業です。

オーナー様、参加できる方のみメールでご連絡ください。

●日時 5月7日(日)9時から10時まで 1時間程度

※ブルーベリー畑の中でジャーマンカモミール摘みが出来ます。(有料)小さな花は可憐で、リラックス効果のあるハーブティは生でもドライでも楽しめます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏野菜の準備・畑の作業

2017年04月19日 | 畑から
この時期は夏野菜の植え付けや種まきでとても忙しくなります。落ち葉堆肥をふんだんに畝に撒くのは大変な作業ですが、肥料食いの野菜にはタップりと・・・と父の指示を受けながらの準備です。
今年に入り作業が大変な時は、農業体験農園の長く利用してくださる方に声をかけると手伝ってくださりとても助けられています。皆さん(若い方もいますが)とても、フットワーク良く元気な高齢の方たちばかり!!これも、日頃の体験農園の農作業と野菜中心の食生活と「今年は良く出来た!来年も頑張るぞ!」と気持ちが前向きだからでしょうか。私たちと同じ気持ちで農業に携わって下さること、とてもうれしく心強いです。

昔ながらの苗床も温度管理や苗管理は面倒ですが美味しい野菜を作るため種から育て、昔ながらの我が家流を続けていきたいと思ってます。

お米つくり講座に参加できない方も、畑での農業体験を通してお米を作ることが畑と密接であることを知る場面が沢山あります。野菜の根元にワラを使うこと・苗床のさつま芋はもみ殻を使うこと・肥料として使うこと。学びの場は「田んぼ・田植え」だけではありません。畑でいろいろなモノやことに発見・体験してください!

※「お米つくり講座」のキャンセル待ちは本日までになります。来年のご参加お待ちしてります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

H29お米つくり講座申込終了いたしました

2017年04月15日 | 田んぼ・お米作り講座
沢山のお申込ありがとうございました。電話がつながりにくくなり申し訳ありませんでした。
定員になりましたので、受付は終了いたします。来年、ぜひまたお申し込みください。

お米作り講座以外にも「自然の恵みを楽しむ会」「◯◯オーナー」で田んぼの様子を見る機会もあります。収穫だけでなく畑の散策や四季折々の雑木林や周辺の自然も楽しむことができます。ぜひ、ブログに掲載していますのでご覧ください。

明日~19日までキャンセル待ちの受付をいたします。(18時~20時)留守電・メールでは受付いたしません。(キャンセル待ちなので参加の確約は出来ない事ご了承ください。)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里芋のオーナー・ゴマのオーナー募集

2017年04月10日 | 体験講座
収穫体験だけが農業体験ではなく、種まきや途中の生育を見たり、間引きや土寄せ・・・このような作業も含めて携わってほしいのでオーナー様を募集しています。収穫がより楽しみになるはずです。その間の作業は、時に大変で地味なものも・・・。でも、小さな種から葉が出て花が咲いて実になってというような生育の過程を見ると作物の育つ生命力や太陽や風・雨が気になり始めたりと野菜の見方が変わってくるのです。
小さなお子さんは土に触れる機会もとても大事だと思います。畑の土の上を歩く事や土の中の虫や飛んでいる虫を見る事も触ることも。農作業を通して、色々普段体験できないことをしてもらえたらと思います。私たちと一緒に作業を担ってくれるご家族大歓迎です!

●里芋のオーナー
里芋の収穫は秋です。長い時間をかけて大きく育つ里芋栽培に携わりませんか?
①植え付け 5月6日(土)雨天翌日11時集合
②追肥・土寄せ・草むしり 6月上旬・中旬
③収穫 10月 収穫日にかまどで作る里芋の汁物つき
料金 5000円 4株(家族または個人)
作業時間は60分~90分程度
申込締切 5月1日まで 電話でお申し込みください

●ゴマのオーナー
国産ゴマは大変貴重です。栽培過程も他の野菜と違うので驚きと面白さのある作物です。
①種まき 5月20日(土)雨天翌日10時集合
②間引き・草むしり 6月中旬 
③花見(自由参加)ブルーベリー摘み取り時期に合わせてご来園ください。
④収穫・刈り取り 9月上旬 
⑤ゴマはたき
料金 1口 6000円(家族または個人) 400gの生ゴマ配当
作業時間は60分~90分程度
申込締切 5月15日まで 電話でお申し込みください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

H29年 募集について

2017年03月31日 | 田んぼ・お米作り講座
お米つくり講座の沢山のお問い合わせありがとうございます。皆さんが田植えや稲刈りの農作業に興味を持ってくださること、大変うれしいです。
石坂ファームハウスは野菜とお米とブルーベリーを栽培しています。落ち葉の堆肥は米ぬかを混ぜ1年かけて発酵させ、ふんだんに使用して味の濃い野菜を育てています。基本は私たちが食べる野菜を栽培しているので、化学肥料は最小限。農薬もよほどのことがない限りは使用しません。青虫が食べている穴あき葉っぱも、自然なこと・・・形の悪い人参も・・・食べる事やお料理には問題ないのですから。
お米も私たちの1年分の主食です。苗つくりも、田植え、あぜの草刈りも水の管理も毎年毎年、同じ時期に同じ作業。しかし天気や気温は毎年同じという訳でなく、様々な手間・作業を経て刈り取り間際で台風や長雨に悩まされることも。だからこそ収穫は喜びなのです。そしてお米がおいしいのです。

我が家の前に広がる田んぼでは、お米作が始まります。お米つくりを通して農業を少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。

石坂ファームハウスでは4回の講座を通して「食農教育」をしています
…第1回 春の田起こしから田植えをする準備までをわかりやすくスライドで説明後に田植えを行います。
…第2回 稲刈りでは鎌を使用。危険性を伝え使用法を指導。はざかけをします。
…第3回 脱穀したワラの利用、お正月の輪飾り制作。
…第4回 お餅つき。蒸したてのもち米を試食。脱穀→玄米→精米をすり鉢などで再現体験。

個人農家ですので多くのボランティアさんさんの協力で行います。参加者の方にも進行・片付けの協力をお願いします。

●募集 40組(個人または家族)
  ※小学生までは必ず保護者同伴
  
●日程 (作業の進行によって解散時間は変わります)
第1回「どろんこになって田植えをしよう」6月3日(土)10時集合12時頃解散 小雨決行 荒天の場合は翌日
第2回「稲刈り」10月7日(土) 10時集合12時ごろ解散 雨天翌日
第3回「しめ縄つくり」12月16日(土)雨天翌日
第4回「お楽しみお餅つき」 平成30年1月27日(土)雨天翌日

●参加費 1人5,000円(4回講座分)
  …石坂ファームハウスに来園するすべての方(見学・同伴者含む)・乳児は除く
  ※田んぼに入らない場合でも施設使用・入園料・第1回と2回は保険適用のため費用をいただきます

●募集開始 4月15日から定員になり次第終了 (ブログに掲載します)
   
●申込  090-2910-6506(18時から20時)
  ※電話でのみ受付、申し込み書を送付します。
    




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お赤飯と春を味わおう!

2017年03月21日 | 自然の恵みを楽しむ会
進級・入学のお祝いの時期です。「お赤飯」はおめでたい時に食される日本の伝統食です。
我が家でも、お祝いごとにはお赤飯を炊きます。お祝いとは関係ない時でも、「お赤飯食べたいね」という具合にお赤飯は美味しいので大好きです。
お赤飯のお米はもち米です。かまどで時間をかけて蒸しあげます。もっちりとして、白米とは違うご飯の美味しさを味わえます。
赤飯の蒸し上がりを火の番をしながら待ちましょう。その間には裏山と畑を散策して春を見つけましょう。
農園のゴマを炒り、香り高い炒りたてのゴマの味とお赤飯を堪能。国産・地場産・伝統食…日本の食ってシンプルだけどすごいと思ってただけたら嬉しいです。

●日時 4月2日(日)雨天中止 9時集合12時解散予定
●参加費 一般 1人2500円(2歳から・同伴・見学者も含む)お赤飯1パック1人分・春の一品
    会員 1人2000円(自然の恵みを楽しむ会の会員)上記同様
●持ち物 飲み物・マイはし
●申込み 090-2910-6506 (18時から20時)
●申込期限 3月31日まで

※自然の恵みを楽しむ会の会員の方は「お米つくり講座」優先受付いたします。4月10日までにご連絡ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さなマイじゃがいも畑

2017年03月19日 | 体験講座
昨日はオーナー様のじゃがいも4品種の植え付けを行いました。農作業日和、暖かくて日差しが気持ち良い中での作業。じゃがいもについての説明の後、畑に移動。
まず本格的、クワを使って畝作り。初めてですから、上手く出来ないのを想定して均一の深さに「さく」は切っておきました。皆さんはそれに沿って土を薄くクワでなぞるような感じで・・・。
40センチ間隔にじゃがいも置いてから、落ち葉堆肥と化成肥料をその間に施肥。少しだけこんもりとするようにじゃがいもの上に土をかけます。
丁寧にきちんと植え付けが出来ました!
そして、最後に木の札を立てて、自分の畑が分かるようにしました。
4月下旬または5月上旬に1回目の土寄せをします。その頃には、じゃがいもがどんな様子でしょうか?楽しみにしていて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいもオーナー様 明日植え付けです!

2017年03月17日 | 体験講座
明日は春の良い陽気の中で作業が出来そうです。

明日は10時石坂ファームハウス集合です。
まず、木の立て札に自分の名前を書いて・・・
畑へ移動。
農作業道具のクワを使って、溝を掘ります。均一の深さに掘るのは難しですよ~でも、これも体験。
じゃがいもを10株(とうやが加わり四品種)、等間隔に置いてから肥料を間に置きます。
そして、埋め戻し。
木の札を立てて、「7月の収穫までの「マイじゃがいも畑」完成です。

トラクターで土を耕したばかりで、かなりフカフカ。運動靴では土が中に入ってしましますので長靴をお勧めします。

では、お待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいものオーナー募集

2017年03月02日 | 体験講座
じゃがいもの植え付け、草むしり、土寄せ、収穫までを体験しませんか。
3月に植え付けで、7月の上旬に収穫できます。
作物を育てることで、畑にいる虫のことや協力して作業すること、天気のことなど家族の話題が増える場所になって欲しいです。
ご参加お待ちしております。

【栽培予定】
①種イモ植え付け 3月18日(土)10時集合 11時ごろ解散 雨天翌日
②草むしり・土寄せ(日にち未定・生育状況を見て)
③収穫・蒸かしじゃがいも試食会 7月前半 (成育状況を見て)

【オーナー参加費】 1区画10株 5,000円 (個人または家族)
きたあかり・アンデス・メークインの三種を予定


※作業日のお知らせ、生育状況はブログでお知らせします。
※作業時間は60分から90分程度です。

申込は3月15日まで。電話でご連絡ください。
090-2910-6506(18時から20時)

畑の表札のように札に名前を書いて立て、自分の畑をわかりやすくします。一輪車で自家製落ち葉堆肥を運んだり、クワを使って畝を使って土をかけたり本格作業を体験してもらいます。農業はお天気に左右されますが、天気に恵まれ作業が楽しめるといいですね。収穫時は蒸かしじゃがいもをみなさんで味わいましょう。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加