ソビエトカメラ日和

私のソビエトカメラライフや日頃思ったことについて・・・

industar-22、木村佳乃と共演。。

2005-10-05 01:08:12 | ソビエトカメラ
世にも奇妙な物語 05 秋の特別編を見ていました。
そのなかで木村佳乃主演の越境というストーリーがあったのですが、
この話の中で重要な役割をする古いカメラ、な、なんとゾルキーではないですか。
(写真で男性:佐々木蔵之介が持っているやつ)
何度かレンズのアップのシーンがあったのですが、ちゃんとKMZ(クラスノゴルスク機械工場:ゾルキーの製造メーカー)のロゴとキリル文字でindustar-22 と書いてありました。うれしいやらなんやら。ちょっと小躍りしてしまいました。テレビでindustar-22 を見かけるのは初めてです。あの木村佳乃がゾルキーを持っているシーンが何度もありました。
しかも出てくる写真はモノクロだし、モノクロの現像シーン(暗室)も出てきてすごく身近に感じちゃいました。
話の内容が、今の北朝鮮のような情勢の日本というパラレルワールドから逃げてくる設定なのですが、旧共産圏のカメラということでゾルキーなのでしょうか?
今の日本は恵まれているということをあらためて気付かせてくれ、なんだか勇気が出てきました。

その他のストーリーもなんだか自分に関係していました
【8分間】
これはいつも午後3時から8分間だけ記憶がなくなり自殺を企てる男の話なんですが、彼が精神科医と相談するシーンなどが妙に自分と重なってしまい変な感じでした。

【過去が届く午後】
これは成功した友人に、成功をつかみ損ねた女性が嫌な贈り物を続けるという話だったのですが、うまくいっている人を妬む姿が今の自分のようでした。。。
隣の芝生は青く見えますものね。。。

【ネカマな男】
これはネカマの男がネット上でのやりとりで愛される話なのですが、ブログをやっている自分と重なっちゃって。。。(私はネカマじゃないですけど 笑)
でも、すごーく意外&感動的な結末でしたよ。
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬師温泉。。 | トップ | 重い一日。。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kaori)
2005-10-05 15:55:28
ゾルキーだったのですか、このカメラなんだろうって、凄く気になってました。



昨日の夜、本をぱらぱら見ちゃいました。

でもどれなのか、よくわからなかったです。





現像するの、楽しそうですね、いつかやってみたいです。



kaori さんへ (industar-22)
2005-10-05 16:58:22
はい、ゾルキーでしたよ

セルフタイマーとストラップをかける場所があることと、形状からゾルキー2と思われます



でもぞるきーのロゴの部分はうまく加工して隠していましたよ



現像は楽しいですよ

とくに現像液中で印画紙上に像が浮かび上がってくる瞬間はたまりませんね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ドラマに登場するクラカメ達 (蜩の硯)
今日はちょっと趣向を変えて与太話を一席。 昨日はフジテレビの「世にも奇妙な物語」
mixi足跡自動保存とおでんとふかわ (日記 - chifumiさんのブログ - truefake@xoops)
最初にちょっとmixiの話。 mixiというサイトは、登録しないと見る事ができない。んで、誰かが日記を読んでくれたら、それが記録に残る。 それが結構微妙なもんで、「表面上は友達だけど、お互いの日記を読まない」、なんて関係も出来てきたりする。 mixi上のお友達...
世にも奇妙な物語・秋の特別編 (kulog)
前回、夏のやつは見逃したので今回はばっちり録画しました。録画したにもかかわらず見てしまったんですけどね。今回はなんといってもトリの「越境」が印象的でした。シナリオ的には...
やさしいカメラ修理教室 (「ぬの。」の光画馬鹿一代)
↑という本を買ってみました。 昔から機械をバラすのが大好きなお子様で、時計やらラジオやら、いろんなものを分解しまくってきた俺ではありますが、さすがにその魔手を、まだカメラに向ける事には躊躇いを覚えます。ましてや俺の所持するカメラ達は、天下の日本光学製一眼レ
フジテレビ「世にも奇妙な物語」2005 秋の特別編 (伊達でございます!)
1990年に、1時間枠に「15分×3本」のオムニバス形式で週1放映としてスタートし、従来にないスタイルと斬新なストーリーの数々が大きな支持を得た看板シリーズの最新作です。