JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「すいばれ一家 男になりたい」

2016-09-18 | 映画(DVD)
「鈴木則文復活祭」

「すいばれ一家 男になりたい」1971年 東映 監督:鈴木則文

女たちから逃げ出して東京にやってきた信次は、沢木一家の純子親分に一目惚れして子分になるが・・・。体で交わす”固めの盃”など下ネタ満載、クライマックスもハチャメチャな則文テイスト溢れる一本。男一匹・山城新伍が主役を張った任侠艶笑喜劇。

鈴木則文はエロ方面を中心にあらかた見たけど。
これはエロというより艶笑。バカバカしくって良い。
関西から東京に逃げてきたのに、関西弁の警察官(岡八郎)との追っかけで幕明け。

宮園純子が結い髪を落として仰臥する。
肌を許すのは固めの盃の時だけって設定が良いね。
台詞の少ない女親分という役も嵌り所。しゃべったら台無しになりそうだ。

山城新伍、これだけの主演作を見るのは初めてかな?
三枚目のスケコマシ、二枚目にちょい足らない男っぷり。ただ、旧友・勝(ルーキー新一)の旅芸人一座を訪ねて役者になり目張りを入れると、あらま、確かにイイ男だわ。
でも、やっぱり菅原文太がイイ男の部分、全部持っていっちゃいました。当然ですね。
不発弾が爆発して皆、真っ黒になるコント展開もヒーロー&ヒロインだけは全く汚れてない。素晴らしい!

潮健二の番傘殴りこみが泣ける。
小桜京子の痴漢勧誘ポケット。

このあたりの則文はこちらがその気で乗りさえすれば楽しめそう。



シネマヴェーラ渋谷

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シン・ゴジラ」 IMAX | トップ | 「忍びの卍」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(DVD)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL