ハニカム薔薇ノ神殿

ドラマ、ゲーム、映画、美術、のレビューと書評。(現在「特撮」レビューになってる)

【エグゼイド】檀黎斗と小悪魔パラド

2017年03月21日 | 特撮
シャッチョ!
ああああ 社長〜〜せっかくオールバックでいよいよ感出したのに!
そんなことになってしまったのね。

展開が早い早い。前半終了?
前半に1年分入っちゃった感じの濃い展開です。


ゾンビなんて死なないものを!
どうやって倒すんだと思ったら
運命上書きもびっくりの、遺伝子上書き、構造上書きの「リプログラミング」
それもあの九条さんが残してたってことで
永夢が遺品のドライバーで変身というのも
そのリプログラミングを必死になんとかしようとする飛彩も
ボキャ貧と化すに十分で、すでに「ヤバイよ〜!」しか出ないわ私。ニコかっつの。
適合者でなくなったから、変身できなくなったシャッチョ…
「ガシャット、一回ふーってしてみ」て思った自分はなんてレトロなんだ。

【小悪魔パラド!】

おま…

傷ついた社長に肩を貸すんで
「あ〜なんやかんや言いながら、やっぱり仲間というか…製作者ではあるのか」
と思いきや、目一杯腹パン。土手っ腹にトドメパンチですよ…

それやる為に立たせたんかい!

パラド、パラドクス…!



ある サブジェクトが、確固たる自分の意思(自己)を持って目的を持つ
世の為、人の為に尽くすのが善である世界なら

それと並行する世界は
オブジェクトがさして信念などは持たずその場の楽しみの為
自分の為に在り、人の為にはならないことをする悪

て、そういう二元論て「またか」になりやすいですが
でも、その悪の中に、偽りない、子供じみた楽しさもあって
芸術方面では「悪の華」て確信犯です。

永夢が揺れるようなことを耳元で囁く
小悪魔だなあ…
社長振り回されてたんでは。



【檀社長とクリエーター】

社長だって最初はゲームを愛するクリエーターだったさ、多分。
永夢の言うとおりさ。

ところが、自分こそが完全無欠の世界を創造する神であるはずなのに…邪魔される。

社長ですから、そこは経営のこともきちんと考えてる。
「好き」を形にすればすべてが売れるってもんじゃない(そうならいいけど甘くない)
だから、ジュージューバーガーみたいに、ボツになったものもある
「素人のプレーヤーがああしろ、こうしろとお気楽にアイデア出してくるほど甘くねえんだよ!」
「プロとしてはお前ら全員がもれなく課金するような完全なゲームを作らなきゃいけないんだよ!」
もし、そう思って「思い込みすぎていた」
のだとしたら…

こういう業界の「理想」って、医療関係や金融関係の理想とはまた別で
ねじれやすいんですよね…
パラドのような存在であれたら、きっと創ることもゲームであったろうけれど
人間の世界ではなかなか厳しい。


で、波乱万丈の中前半終わりました。
各ライダー、個性しっかりしてきました。
ゲームと医療関係という2つの業界にしたあたり
現代らしい平成ライダー
あ、そろそろ平成も終わる?んですかね
時代に相応しいものになってる気がいたします。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【平成ライダーめぐり】フォーゼ完走。天・学・卒・業

2017年03月15日 | 特撮
「仮面ライダーフォーゼ」完走しました。
いやあもう大好き!ですわこれ。ラスト近くは本当、号泣号泣な、いい作品でした。


「絆」を壊すものの正体を見たり


「マウンティング」という言葉が最近流行りまして
後、友人関係も断捨離、無駄な付き合いはするなとかの本も出てる。
切ない孤独な時代になってしまいました。

人間関係、悩まないことはないです。もういっそ一人が楽ってくらい。
大人になると、なかなか友達ができません。
同業者同士の交流会に行っても、学会の懇親会に行っても
「あんた、あの〇〇先生(社長)と口きいたりして、どんな関係なの?」
(どこの馬の骨ともわからんやつが生意気だぞ、こっちは仕事のために必死でコネ作ってんのにさ!)
そんな感じで、なんかみんなコネ作っとけ〜とかいやらしい関係になっちゃうのかな…と思うと
掛け値なしの友情って、大人になるほど無理なのかと思ってしまいます。

なんでそうなっちゃうんだよ、と。

「フォーゼ」はざっくり言うと
主人公である如月弦太朗が転校してきた天ノ川学園高校は、
理事長のとある陰謀を達成する目的で作られてた
ということでした。
しかし、大人の野望なんて、学生である彼らには無関係。
宇宙飛行士になりたい、とか普通〜に夢を持ってる
いや、持ってたよね?今は小汚ない大人でも。


世界レベルでの巨悪に立ち向かう孤独なヒーロー、というものが
石ノ森の世界観だと定義してしまうなら、
フォーゼはまるっきり逆のベクトルでして
終始、学園というコンパクトな世界で、それでも10代においては「世界の全て」と言って過言ではない学園で
「全員と友達になる」
と、言い切る。
「世界を救うために敵を叩き潰す」とは言ってないのですよね。
そして最後には理事長に向かっても「ダチだ」って言う。
人間関係に「上下」がない。

つまり「宇宙的に無重力な人間関係」なんですよ。


上下関係がなく全てにタメ口的態度て。
これって昭和頭だと嫌がってしまう人はいるでしょう。
とにかく古い世代は、何にしても序列化したがる。
上司には頭を下げ、地位順、学歴順、いろんな序列と上下関係がある。
それでどっちか常に「スタンス」を探り合う。
どっちが上なのか、はっきりさせたいからボーダーの曖昧なところ(ママ友など)では
比較したり蔑んだりが起きる。
誰だって蔑まれるのは嫌だし、比較すれば自分に自信を持てなくなります。
そうして「地上」で作る人間関係は、すぐ壁ができてしまいます。


如月君が転校してすぐの学園も、三々五々にグループで棲みわけていました。
ウェーイなパリピ族、セレブ族、オタク…
それぞれが「あんな連中」って思ってたんでは。
さらに、その中にすら入れないと完全孤立。
でも如月はその壁を全て壊して行きました。

誰も完璧じゃなくて、努力もしてて、うまくいかなくて、
でも人は完璧ではないから支え合う。
JK、それからあとから転校してきた仮面ライダーメテオの流星みたいに
「本心」と「外の顔」を使い分けたり、自分を素直に出せずにいたりする人もいるけれど
如月なら黙って受け止めてくれそうです。


正しい切磋琢磨、とでもいうか。

「あんたなんかここに来るな」という態度では
宇宙飛行士になれない。
何があるかわからない時、冷静に対処できるには
ダメな人を排除するのでなく、配慮すること。
なぜかこれを学校で教えないで「いじめはやめまひょ〜」みたいなフレーズを繰り返す…
変な話です。
競争して相手を蹴り落とすことを学ばせながら、同時に「助け合いましょ〜」なんてダブスタ
誰ができるんですか。
つまり、そもそも教える側の大人が
「上下関係と保身」に生きているせいで、本来なら作られるべき絆を壊して行ってるのかもしれない。

「だからどうした、それでも俺のダチだ」って彼なら言えるんでしょう。
いや、それは大人の方が彼から学ぶべきかもしれない。
相手がどんな奴でも受け入れる、それは自分で考えを持たずに相手にひたすら合わせ屈することでも
「我は我」とかかわらないことでもなくて
身を案じ、思いながら、否定することはどこにもない
弦ちゃんのポリシーはそこにあるんだと思います。

つべこべ言うても語りきれないです。
超イケメン流星くんとゴス少女の友ちゃん
二人の恋愛未満もほのぼのしてよかったです。
ムービー大戦では弦ちゃんは人ならぬ人?と初恋でしたが
仮面ライダーの世界で相手がデータ人間とかバグスターとか魔族とか
まあ、関係ないからねえ…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「電気羊の夢」から半世紀

2017年03月11日 | 文学・歴史・美術および書評
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」というフィリップKディックの小説があります。
ハヤカワSF文庫で今も出ている、有名な小説で、映画「ブレードランナー」の原作です。
映画は映画、小説は小説で、それぞれの良さがあります。

80年代の近未来サイバーパンクで育った、マクロス世代には懐かしいところかも。
人類は第3次世界大戦を経験しており、アンドロイドと人間の区別はどこまでもつかない世界。
地球は放射能に汚染されていて、本来いた動物はほとんどがレッドデータ
人々は移住して火星にも住んでる
そんな未来。

最近、ニュースで人工知能や、火星の話やってて、ちょっと読み直しました。
これに出てくるアンドロイド、「ネクサス6」 ありますがな…アンドロイドでネクサス、すでに6は中古っす。
放射能…なんだか言ってはいけない禁句ゾーンに突入です
レッドデータ生物…普通に
「映話」つまり動画での通話?普通にある。
作者の先見の明なのか、それとも人類が書かれた歴史を追ったのか。

アンドロイドと人間の区別はどこにあるんだろう?
これが、この本の主題であると思います。

3.11
震災と原発事故の6年後の未来に、我々は送られてしまいました。そんな感じさえします。
線量の話は風化しましたが、なぜかイジメが起きている。
スマホという便利な物はできたのに
世にとって合理的であることを迫られすぎて、もはや「心」なんて持て余しているのでは。
ヘイト問題もありました。
絆、と言われつつこんなにも精神医学用語が日常に飛び交う時代になったとは
病んでるなあ…と思わざるをえない。



物語の中にフォークト・カンプフ測定法という、人間かどうかを調べる測定法が出てきます。
共感できて、かわいそうだと思えるのが人間、共感できないのは機械。
アンドロイドには、コメディアンや歌手で活躍してる「才能」あると思われる人もいたりします。
そしてこの、人類と機械人間の区別のつきにくくなった世界では、もしかしたら
共感力のない方が有能で、働き続けられるのかもしれない。泣いたり落ち込んだりしない分

仕事に有能ではあるが、感情を落として合理的なアンドロイドと、特殊の烙印を押され(つまり役立たず)底辺の仕事しかない生身の人間。
そのアンドロイドすら、強制労働が嫌で火星を脱走してくるあたりは
これは近未来の話なのか、それとも我々がもはやこの近未来に当たり前に生きてるのか
今、再読されるべきかもしれません。


この本で、地球の超過疎、廃墟になったアパートで一人住んでる
ちょっと頭が悪くコミュ症な男、イシドア。
彼だけがアンドロイドだ、人間だと気にしないで友達になる


あれから未だに
いろんな所で、「排除すべき者は何で、保護すべき存在は何か」が語られているのだと思います。

もしかしてもう、人工知能に「かわいい」「美しい」という、常識的判断からそれに共感できるプログラムって作られてるのかもしれない。
そんな未来が来た時に、人間が検査を通さず人間であるには
合理的すぎる世界の為に、気持ちや計算できないもの、役にたたないものを「排除処分しきってしまわない」ことでなんとかできないの?
そう思います。

不器用に、どうしたら喜んでもらえるかな?とか思いながら一人住んでるイシドア、
なぜか主人公デッカードよりも印象的なんですよね…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書好きは「電子書籍」の検索システムを使いにくい?

2017年03月07日 | 奥様のデジタル機器
先日、ソニーストアでVitaを買ったら、ソニーストアさんが電子書籍を買えるポイントをつけてくれました。

でも、漫画も小説も新書も
やっぱり書店で紙媒体が良いとこだわりがありまして
なかなか電子書籍は買わない方でした。本屋に行けばいいし、と。

ところがこの冬、頼りにしていた近所の旭屋書店が閉店。
こうなると、スーパーの中の小さな書店しかないです。
でも、今もう地方にはかつてのような「客を熟知した店員がいる個人書店」は潰れてありません。
代わりに入ったのはチェーン店だけど、漫画と雑誌と話題の本くらいしか無く
結果的に難民は図書館に行くか、もういいやって本など読まないか。
「田舎では本すら買えない」
これって国が知のインフラを放置したせいですが
何より、読書好きには辛いです。片道千円もかけて本屋に行けって。

そこで電子書籍、となるんですが
なんか「どうせ欲しい本は無い」感じでした。

いや、探せてないからなんですけど



うまく探せなかった最大の理由として考えられるのは、私の本の探し方と
検索の方法が違っていたからだと思うのです。
だいたいの検索は「ジャンル」から、ラノベだSFだ
なんでしょうけど、真の読書好きはあまりジャンルにこだわらんのでは?

目的は「自分の中の謎」であり、その疑問のテーマに向かって
いろんなものにこだわらず検索する
美術が好きだと言っても、美術関連の本だけ読むより
政治、経済、科学、宗教、歴史、心理学
知ってた方がより面白うござんす。


さあ、検索を始めよう

と、まずSONYの電子書籍リーダーを立ち上げる。
別にKindle他でもいいんですけど。



まず、トップページ。


今回の私の「なんとなく読みたい本」は仮にこんな感じ、としておきます。

・小説ではなく新書(岩波とか中公)
・それもあまり古くなく
・社会、経済に関する本、または生物や歴史も含めた雑学教養
・著者は決めていない


しかし、これですと
どんなにトップページをどう眺めてもそんなものにはたどり着きません。
トップから簡単に買えるのは、話題の本、ベストセラー、コミック、ラノベ、そんなとこです。

もっと!こう、深淵に行きたいじゃないですか! どっぷりやっべえ所までさあ。

てことで「ジャンル」てあるボタンを押す。



むう…SFつったってミステリーとSFごっちゃのとか今あるし


とりあえずじゃあええと
文庫、新書
だってまとめられてるんだもの。文庫と新書。

…いいけどなんか違う。「ちゃうねん」て思う。
下スクロールしても、村上春樹や有川浩ですよ。
そんな本はどこの本屋にもあるんですよ!



ふと
ならば、いっそ検索タグに

「出版社名」を入れたらどうだ?


で、岩波と打ったら自動的に「岩波新書」と表示されましたので



お?

なんかあるじゃないの。置いてはあるんだわ!

ということはですよ

うちで超マニアックと思える文庫、新書といえば
ちくま学芸!


検索してみますと



あったw



コツとしては、著者にこだわらないで探したいなら
トップページオススメやジャンルから入らず
自分の本棚にある出版社名をダイレクトに検索タグに入れる、でしょうか。

本好きなら、だいたいどの出版社や新書がどの傾向を扱いやすいかわかるはずです。


ただ、出版社がラノベから学術系まで扱ってる大手だとますます難しいのかも。
著者とタイトルが判明してる分はまだまだ紙で買うのかもしれません、私。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親がゲーム、アニメを禁止する本当の理由

2017年03月06日 | 雑記
アニメはもう以前のように強く反対するものでもなくなったのではないか?
サブカルで育ったオタク親が、次世代オタクの子供を育てる時代になりました。
うちは親の私がパロディ漫画家ですから、子供にゲームやめろアニメ見るななんて言えませんよ
というわけで、禁止はしませんでしたが
それでも、まったく何のトラブルも無かったわけではありませんでした。
「本当にこれでいいのだろうか」と悩んだことは何度かありました。

そこで今日は、「それ故に親はゲームやアニメ、漫画などのサブカルを禁止したり、心配したりするんだ」
という本当の気持ちと、理由を、自分の体験を通した上で2つに絞って書いて見ようと思います。


☆優先順位のつけられない子は要注意!

まだ子供っていう方もぜひ。

まず、人生において避けて通れないような大事なこと、ってのが時折やってきます。
日々、小さな試練がございます。
それはテストだったり、受験もそうですし、夏休みの課題もそうかも。
「どうしてもしなかったらヤバい」ってもの、
あるいは「伝えておかねばならない重要な事」ってあります。
世に出れば、こういう事を放棄、放置して失敗しても全て「自己責任」ですが
保護下にある時、手落ちがあれば、なぜ親がしっかりしなかったんだ?
と、親の問題になります。

さて、ではその「やらねばならない事」「伝えるべき事」をすっかり放置して
「ゲームだアニメだにどっぷり♡幸せえええ」
だったら

「もうやったの?」
「っせええなあ黙れ、今ああええとこなんじゃ邪魔すんなボケぬっ殺すぞ」

まあね、夢中になってるところに水をさすとそうですな。
でも、だいたいの親がアニメやゲームに「いい加減にしろ!」て言う時は
「なぜあなたはそれに夢中になって、私の話を聞かないの?」「なぜ今なすべき大事な事がわからないの?」だと思います。
これは「何が大事で、何をなすべきか」の優先順位が、アニメやゲームに置き換わっているんです。

優先順位がもし、「スマホゲームで課金しても勝つ努力」に置き換わったら…?
もし「アニメの全キャラのステータスを覚える事」が「明日までに覚える5つの英単語」に置き換わったら?


かつて「シュルレアリスム」の時代は、確かに
優先順位が戦争という金儲けになる現実を、幻想世界が先に来るよう置き換えてしまえたら
なんてありましたけども…
学生時代の試練は別に徴兵されて死ぬわけじゃなし、むしろクリアすれば自分が得するようにできてんだから。
「どっちが今は大事か?」それを考えられずに没頭するのは、ちと妙な事。
先に大事な事を済ませてから楽しむのであれば、あまり文句は言われませんよ。

それでもガミガミ言う親は、そりゃ親がちょっとしんどいね。



☆親が親を恐れてる場合


私は結構、これがありました。
周囲にアニメやゲーム反対! のママさんがいた場合です。

「うちは教育上、絶対アニメやゲームは駄目」

理由を一応聞くと、おっそろしく「正論」なんです。
例えば
「アニメオタクだとロリコンに育って、今に犯罪者になるよ。よくテレビでも出てるでしょ〜」
「オタクは就職できないよ。ヒキコモリになるから」

でもね、ちょっと待って!
「あんた、コミケに来て全員調べたの?」
ってずっと言いたかったよ…なんて狭いんだ。なぜそんな偏見持つんだ。

それって、マスコミの受け売りですよ。
でもなんででしょうね、言い返せないようになってる。
圧力。親が親を恐れるというか、
かつて親世代がその親から禁止された通りに、ダメっていうのを受け継いだ親と
好きだと言ったら虐げられたり禁じられたりしたけど、隠れ信仰し続けた親
「大人になったらやめるもの」と言われてたからね。

絶対服従すべき正論は怖い。
従わない人を不安にさせる。
「もしうち子育てに失敗したら…親がああだからって言われるんだろうか?」
「やっぱりアニメゲーム禁止の親が正しく、社会に従順な良い人間に育て得るんだろうか」
そんな不安はありました。

でもねえ。好きなもんは、しゃあないですよ。



まとめ。

夢中になるアニメやゲームが全てに優先されてしまうと、困った事も多々起きてしまうんではという不安から
サブカル否定の世の中が正論とされてる場合に、その圧力から、過度に不安に思ってしまうから


そんなとこではないかと思います。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加