ハニカム薔薇ノ神殿

ドラマ、ゲーム、映画、美術史、歴史、書評。いろんな「文化」を広く考察。

「遙かなる時空の中で6」と「文豪アルケミスト」

2017年06月26日 | ゲーム全般
実はまで「遙か6」幻燈ロンドを未プレイですので、
もしかしたらプレイ済みの方からはトンチンカンに思える記述になってしまうかも?
と思いますが、ご容赦ください。

まず「遙か」
の5〜6をプレイして、ふと感じたことがあるんです。

もしかして遙か6「里谷村雨」は
作家の「村雨退二郎」ではなかったのか?

というとこと

遙か5 の桐生瞬
彼はもしかして
「桐野利秋」ではなかったか?

など という疑問なのです。



村雨退二郎は、三.一五事件で逮捕されてます。
治安維持法違反で、共産党員だったから。
そこも、触ったら触ったで面倒かなと思いまして。
「遙か」は日本の歴史を扱う以上は、天皇の問題を避けられない。
天皇と民主化、帝国主義とコミュニズム。

また、桐野利秋。彼に関して。
龍馬とは西郷の横にいたなら会ってるでしょう。
高杉を尊敬してる。
帯刀とは同藩。アーネストは薩英戦争あるし
桐野は史実では天狗党に会ってるし、新撰組に至っては
人斬りなんだから言わずもがな。
そして福地桜痴。西南戦争に福地は来てますから…

そこはやっぱり「ヤバイ」と思われたんでは?
ていうか、余計なクレームを避けたかったのかなとは…
どうしても「征韓論」にたどり着くし
なんてね。

ついつい、深読みに走ってしまいます。
あくまで個人的、暴走妄想の類なのですが。

仕方ないですよ!
だってそれは史実なんだもの!!
それに
こんな時代だから、大手メーカーはそれなりに責任あるものね。


「遙か6」の時代と
「文豪アルケミスト」
大正〜昭和初期は、日本文学というのを思う時
非常に興味深い時代です。
大正モダン、西洋文化と日本の文化は
融合するのかと思うとギリギリのところで相反したりして
2作品共に、素晴らしい出来になってて嬉しいところ。
どこか薄暗いデカダンな部分も想像しがちですが、実際はどうだろうなあ…

でも「遙か6」と「文アル」
ちょっとタイプが異なる。
文豪アルケミストの方は、中野重治あたりもきちんと実名で出てて
何でしょうね、別に出ていいのよ、いいんだけど
どっかでこういう実名で扱われる人に対して
こっちが「あ!誰かイデオロギースイッチ入った人が批判するかも!逃げて!」
ってなっちゃう。
だから学術的な人は嫌われる。

でも、「文豪」はタイプを別にすることで
ちょっと面白い進化を遂げてると私は思いました。

というのは

「遙か」は長い「物語」を追って、文脈を読み取るタイプのものです。
小説のように、それにはテーマがあります。
主題というのは、やっぱり伝える側に多少は選択をゆだねられるといいますか
「何が言いたいのか?」の部分に、多少なりとも思想は入り込んできます。

ゴール(エンディング)に向かって走っていく「疑問(発端)ー考え(経緯)ー答え(結末)」の列車に乗るわけです。
それを理解してもらうことで、意味を伝える。
もしその意図から一歩出るとするなら
「すべてにおいて漠然と有耶無耶」を選ぶか「恋愛のみの小さな関係世界で終わる」か…

ファンタジーの中であっても
物語である以上、意味とか意図とかがないとイベントをやっても長いだけでしょう。
まあ、それほどまでに「意味」と「物語」て怖いものなのですよ…


でも、断片ならどうだ?

刀剣にも言えたのかもしれませんが
おそらく、DMM系のシムについて言えば
「我々の理想はこうあるべきで、なぜならこんな事があって」
などという長々とした一連の、ゴールに向かうための物語をやる必要はなく
そこで何を書きどう思ったのかと、それに対する判断自体は(史実を調べようが、放置しようがも含めて)
プレイする側の自由、と投げてくれたかなと思います。

作品としては
まあ、もうこの時代あたりの雰囲気はだいたい好きなんで
どちらも面白い。
「遙か3ultimate」やってますが
「遙か6」も攻略としては各々は短いと思います。
あれから10年ほどして、みんな時間がなくなっちゃいましたかね…
とそんな事も思いました。
コメント

「オタクの世界ですら生きられない」と思ったことがある

2017年06月25日 | サブカル・同人誌関係
同人誌業界は、昔とすっかり変わってしまったようでいて
しかも未だ文豪や芸術家の関係のそれとも似て、変わらない部分があるなあと思います。
やっぱりあれが1つの社会である以上は、人間関係の話になるんですが。
まあちょっとでも悩んでいる方のヒントになればなと思います。昔話ですいません。


その昔、と言ってもかなり昔。
まだ同人バブルの頃の、私がネオロマンスで同人活動を始める前の話です。

当時の私は「個人サークル」というのはやっておらず
友達の作るアンソロタイプのものに参加してました。(自宅にサークルチケットは届かないが売り子と執筆は手伝う)
オタクになった理由などは存じません。気づいたらそうなってました。

今のようにPixivなども全く無い時代です。印刷するにも、印刷代は今よりずっと高かったかと思います。
しかも「あまり薄くない本」を出すのが普通な時代でした。
お金持ちで本を印刷するか、執筆者を集めてチラシなどで予約を取り、資金を集めるか、
それか雑誌に投稿し、厳しい編集のお眼鏡にかなって掲載されるかしか作品を発表する方法はありませんでした。
アンソロ参加ならタダで載せてもらえるわけですから、それだけで嬉しかったわけです。


その問題は、多分私がアニパロに投稿して何度か掲載されるようになってからだったと思います。
アンソロ主催のサークル主様とギクシャクしてまいりました…かなり。

今なら、彼女の中にぐるぐる回っていたであろう思考が理解できます。

「一緒にやりたい」が「デビューするのは抜けがけに等しい」「私が褒められたいのに」「自分はどうせダメっ子」
「いいなあ…人気ある人、注目されてちやほやされたい、でも無理」「だって私は学校ではいじめられていたから」

これは想像ではなく、イジメに関する事実も、「いいなあ」も断片的に横で聞いてたボヤキを拾ったものですが。
当時はぶっちゃけ「鬱陶しい…」とは思っておりました。


で、
ある時、その子がスケブ描いてくれというので
通常の無理した明るいノリで「(雑誌に)載ってるやつ(キャラクター)にしてね!」と。
正式デビュー前で、巻末載りの頃です。(ムービックとの契約はまだの頃で)
まあ、頼まれるまま描きました。

ところが後日、全くの無許可で、そのスケブのイラストをコピーしたものに自分のイラストを添えてグッズを作られまして…
なんかこう、納得いかないものを感じてしまったんでした。
当然、そんなことのために描いたんじゃなかったので…
しかし二次創作なら著作権的クレームもつけられない。

当時の私は金がなくカツカツ。フルタイムでバイトして帰ってきて夜中3時まで1円にもならない原稿を描く、みたいなバカでした。
それでも、素直に描くことで喜んでもらえるんだというのが、孤独な自分には嬉しかったです。
でもそこに入り込む生活苦からくる黒いもの…。

一方、アンソロやってる彼女は「お嬢様」。今風に言えばニート。
朝食を親に作ってもらって「なんでこんなの出すの?嫌いなのに〜」みたいなワガママが許される。
私、親に朝食なんて作ってもらった記憶無かったですよ。

たとえ同じジャンルにいようが人は同じ環境ではないわけで
でもなかなか互いに比較せずにはいられない。
でもそんなことを言い出せるわけもなく。
まだジャンルに熱があった時はそれでもやっていけてたんですが…
冷めてくると途端、いろんなもの見えちゃうのね。

ちょうどそのお嬢に閉口し出した頃
よし別の人と別ジャンルで活動しよう!と思ったんですが
その頃デビューになりましたし、その子の本に描く責務からも逃れたいと思ったんで
そういう旨を告げました。

すると、「あなたも私をいじめるんだ」「やっぱりね、信じていたのにね、裏切るんだ」
みたいなことを言われまして。
それから、彼女はとにかく集められるだけの人に頼んで
私を同人誌の世界から追い出す為に頑張ったようです。
嫌がらせの数々をここであげても悲しいだけですけど。
(そこはまだ今よりずっとガキでございました)


何が悲しいて、リアルでも人づきあいはうまくないのに
私はオタクの世界でも生きていけないのか…
と思うとショックでありました。

でもこれ、逆?でして
実は「オタク同士だからこそ、一旦こじれるとお互いどうしようもない」
のだと思います!
芸術家同士の関係とか学んだ今だから言えるw
「ややこしい人同士の関係は普通の数倍ややこしい」



「ずっと続ける」継続は力だとは思いますが
あまりにもひどい状態までこじれた場合、一人で続けるのは逆に危険です。
同人誌って狭いようで広いし、終わるようで終わらないんでは。(上から相当な圧力でもない限り)
だから、人間関係の方でこれは無理、と思ったら一旦退却、も方法としてはあると思います。

今はSNSがある分イベントしか参加方法のない時代とは違うかな
良い時代なのか、希薄な時代なのかは難しいですが。
常に「初期値」で楽しくありたいです。趣味だものね。
コメント

「文豪アルケミスト」スマホ版

2017年06月22日 | ゲーム全般
「文豪アルケミスト」がスマホでできるようになったので、連動しました。

PCでやるより重い?
それは格安arrows03のせいなのか…はわかりませんが
やりやすくはなったと思います。
ずーっとやりっぱなしでなく、ちょこちょこやれるのが良いです。

その後どうよというと

いや…
何年たっても、案外趣味って変わらないのか変えられないのか
高校の時以来だよ朔太郎。
結局好きなもんは好きなのね!
今頃また推しになろうとは…びっくりだ
もともと大好きだからイメージ壊れるかなと思いきや
「なるほどそう来たか」て感じ。


引っ越しも何度か経験して、結構その都度捨てた本とかありますが
捨てきれずに連れ回した(ブックケースとかもう無い)萩原朔太郎の詩集がこれです。


これの後書き解説は福永武彦と伊藤新吉(好きな人が見るとこれまたニヤニヤする)
中央公論社の「日本の詩歌」シリーズ。

 ちなみに中也は捨てたw けどまた買ったw(文庫で)

そのようなわけで、朔太郎を甘やかす会派です。
頑張って室生犀星出しました…(出さねばと思ってたら犀に会いたいとか案の定言ったので)

この先マンドリンとか買い与えられるんでしょうかね?
課金はキツいなあ。

朔太郎、ちょっとの間、熊本にいたんですよ。
五高(漱石と小泉八雲が先生してたところ)の生徒で。
でも行っちゃあ落第退学するからな…
試験受ける気ない!という気持ちには素直。



あとは織田作之助とか連れ回してます。
いや何となく…オダサクは先頭で戦わせても良い気がしたので。
漱石はイベントでもらいました。
まだこれから。


何にせよスマホでやれるのはいいね!
スマホゲームにはスマホゲームの良さがある、と言えるようになったのは
携帯ゲームの頃からするとかなりの進化だなと思います。



コメント

明治モノの新企画キャラご紹介その1

2017年06月12日 | お知らせ
オリジナル歴史モノ
本格的には日本のは…昭和初期を小説で書いた事はありましたが
この時代は〜〜ほぼ初心者。でも気にしてたら始まらないので…><
サイトの方、漫画とか小説とか、やれそうなものをこだわらず自由に
拙いですが、とりあえずやってみます…

-------------

「明治報道奮戦記」キャラ紹介
その1回目。

★飛高伝之助
こと通称「伝」、飛高 伝


京都は伏見、中書島(淀藩)出身。 ←調べるの面倒なのでうちの祖母と同じとこにしたw
家族共に戊辰戦争で焼け出されたので、一家は横浜に移住。
横浜にできてすぐの新聞社、横浜新事日報社の新人記者。

聞いた事を吟味せずにうっかり言っちゃう欠点あるものの
疑問をそのままにできない性格。



★犬養木堂



通称「モク」さん。
安政2年生まれ、岡山出身の現役大学生。
バイトで郵便報知新聞の記者をしてます。
父親をコレラで失い、小さい頃はそれなり貧しかったらしいです。

無頓着で細かい事は気にしない。でも理路整然として、
常に「少数」の味方。

後に彼は「犬養毅」として日本のリーダーになりますが
この時はまだそんな未来の事は思っていなかったようです。
西南戦争時には
「俺は弾には当たらん。弾の方が避ける」とか言ってたそうです。



--------------------------------

土曜にはサイトを更新したいです
コメント

映画「メッセージ」からのメッセージ

2017年06月08日 | ドラマ映画アニメ音楽(エンタメ)
映画「メッセージ」を見たんだけど
まあ〜レビューがサイトによっても賛否両論!
それもそのはずで、「ははは、なるほど〜。こりゃわからんw」
というか、よく言えばかなり進歩的、悪く言えば見る人を選ぶ
そんな映画でした。一晩考えたよ!

もちろん、私の勝手な推測にすぎないんですが以下。

普通、我々は意味について文脈「あ〜、だからか」
という過程を必要とします。

例えば誰かが泣いてる。なぜか?
「どこそこの誰かにボコられた。なぜなら彼は何とかに属する人で
自分のいるグループとは対立していて、理解し合えない宿敵だから」
だから殴られたんだな、って感じの「経過」があります。

でもね、
子育てしてて(本編の主人公もママさんです)

赤ちゃんて「だから」の理由の部分が無いのに、
大人は理由を探すなあ〜と思ってしまったことあります。
なぜ泣いてるかの原因や理由より
単に「気持ち悪い」「腹減った」という感覚を訴えてるだけ。

これと似たものは美術にもあって
アールブリュットや抽象絵画の一部に、そういうのあります。
「だから何?」とか「何を意味して、どういう経路があったのか」はさほど要らないというやつです。

「悲しいから悲しいんだよ!」
そういう感情に対して、我々は理解しようとする時必ず「脈絡」を必要とします。
なぜそうなのか、誰が悪いのか、どうすれば泣きやむのか

そうでなく、単に「そうだね、悲しいね」と寄り添う事は
どこかで忘れさられてしまう。
これ、本当ありますわ…日々。
「あ〜もう絵とか描くのやめよっかな〜」
「そんなに嫌ならやめれば」
理屈だとそれで終わっちゃいますが、きっと本当に欲しいものって「正論」ではないんでは?


この映画はSFです。
宇宙人が我々にある「武器」を与える話であり
コンタクト不能なエイリアンと、ママさん言語学者が向き合い、
メッセージをわかろうとする話です。

でも人は言葉によって傷つき、なぜかの理由を理解し合えないもんだから
会話するのをやめてしまう。

それともう1つが「時間」の概念。
最近の科学の理論で、時間は流れてはおらず
むしろ止まっていて、バラバラに複数存在してるとか
(こ〜れがもう一般人には「そ、そうなんだ?あははwさいなら」っちゅうくらいわからねえ)
そういうのも取り入れてましたよ。

とりあえず「わかる」には
理由や過程や理屈を頭でわかるのと
心でわかるのとある。
理屈のための言語は、誤読も生じやすいのに
それが支配してしまう社会では争いが絶えない。

感覚言語とでもいうのか、そういうのがあれば
仲良くなれるのだろうかね?

とりあえず今日1日は
誰かが「しんどい」と言ったら
「ほんまやわな」
でいいよな、って、そんなことを思った映画でした。







コメント