日本山城遺産 伝えて残して歴史を繋げる 三重を中心に徹底訪城 時々ノーマルカーダート 最後にセルフコラボレーション

崩れゆく山城を探索。一方ノーマルカーダートでチャンンピオンを目指す。最後にペン画でコラボ。はたして答えは何処にあるのか。

御嶽城

2017-09-17 12:17:36 | 古城巡り

 

 御嶽城、北斜面

御嶽城

 

城名
 御嶽城
読み
 みたけじょう
住所
 津市美杉村三多気
築城年
 天正
築城者
 御嶽氏
形式
 山城
遺構
 郭、土塁
規模
 東西100m×南北100m 城兵80騎
城主
 御嶽 左近進
標高 441m 比高 16m
歴史
 天正4年(1576)に具教が三瀬谷で暗殺された後も固守して降参しなかった。
 織田信雄は本田左京進、滝川三郎左衛門、木造左衛門佐らを攻めさせたが城を落とすことはできなかった。
 城兵はわずか80騎ばかりの小勢であったが急な斜面が守る山城は堅かった。
 そこでついに和睦を結び左近進は伊賀に退去して御嶽城は廃城となった。
書籍
 三重の中世城館
環境
 城域には桜が植栽されており「三多気の桜」の一部となっている。訪れる時は桜の季節がいい。
一族
 北畠家臣
現地
 急な斜面に設けられた城跡で桜が植えられ高台は残されている。
地図
 <!-- 御嶽城 -->

 三多気の桜

 

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥佐田城 | トップ | 霧山城・北畠氏館・六田館(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古城巡り」カテゴリの最新記事