ホップ物語

山形でビール原料のホップを栽培している農家の日記です。

ホップ栽培~萌芽期

2017-05-14 21:19:51 | ホップ畑の様子
ホップの「株ごしらえ」後10日~14日ぐらいで、ホップの芽が伸びてきます。この時期は萌芽期とも言われています。



今の時期のホップ作業としては、蔓上げに備えてホップ紐の固定作業が行われます。ホップの芽が、50~80cmぐらいに伸びたら紐に絡めていきます。

ホップの紐の固定作業も一週間も続けていると(立ったり屈んだり)足の筋肉に疲れが出てくるようです。携帯ラジオを聞きながらひたすら手で紐を下線に結んでいきます。

ホップ畑から見える景色は水田です。20年前の米作りとはかなり変化した状況になったと感じます。広い田んぼで、作業しているのは1~2台の大きなトラクターが代掻きを行っています。



昔は耕耘機や小さいトラクターがゴチャゴチャと一斉に代掻きし、人が田畑を行き来していたのが思い出されます。人の声も賑やかに聞こえてきました。

今は規模が大きい数人の稲作農家に集約されているため、本当に静かな農繁期になってしまったようです。規模が大きい農家も後継者がいるとは限らないので数年先の農業はどうなるのでしょうか?。農家は今(目の前)を乗り切るだけでイッパイ、イッパイなのかも。
『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホップ栽培、株切り | トップ | 暑い田植え~2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。