goo

-畑沢通信-

 尾花沢市畑沢地区について、情報の発信と収集を行います。思い出話、現況、自然、歴史、行事、今後の希望等々です。

前日の閲覧数
101PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

畑沢での巨大な公共事業(2)

 二番目の大きな謎となっている公共事業も砂防ダムです。先に投稿した人面杉の真正面にある小さな山の中腹にあります。沼澤の砂防ダムは、全体をコンクリートで固めて作られていますが、この砂防ダムは鉄骨らしいもので骨組みを作って、中に大き目の採石がびっしりと詰められています。堤体の表面に雑草らしきものが生えているのは、その採石の間から出ているようです。写真には大きさを比べる物が入っていませんので、堤体の長さを推定しにくいのですが、10mや20m程度ではありません。何百メートルは言いませんが、何十メートルかになります。それほどの「ダム」を作ってまで守ろうとする「大河」は、幅30〜40cmの水路です。けっして「cm」単位が間違っているのではありません。どうして「cm」の水路が災害を起こす危険性があるのでしょう。
 工事の前に地元住民へ説明があったそうです。説明では、「ここには、断層が走っている」と言われたそうです。ダムを造るほどに危険な断層ならば、断層に特有の地形が見られるはずです。断層には正断層、逆断層、横ずれ断層があり、それぞれ断層特有の地形があります。そのような地形をこの場所で見たことがありません。また、特に調査をしなくても分かるほどの断層ならば、これまでの畑沢地区が示されている表層地質図にも出ているはずですが、その図面の畑沢区域には「断層」の表示はありません。
 ダムの近くに、看板がありました。


 
四つも看板が並ぶと読みにくいので、一つ一つを個別に掲示します。
 

 平成17年の3月22日に砂防指定地にされたそうです。断層があるとしたならば、遅すぎる指定です。文字が剥がれています。この看板から推察すると、砂防ダムは平成17〜19年あたりに作られたかと思います。そう言えば、立石山の採石場が「倒産」したのもこの後あたりだったかもしれません。この砂防ダムでも立石山からの採石が使われたのでしょうか。確認できていません。


 
「貯水池」の文字が見えますが、ここには貯水池はないはずですが、どういうことでしょう。




 「土石危険渓流」とありますが、30〜40cmの―幅の水路が「渓流」とは言わないはずです。また、土石流となるような「土石」がありません。また、「尾花沢市」の文字がありますが、砂防に係る事業は「県」の仕事であって「市」の仕事ではありません。仕事を担当していない「尾花沢市」は不要だと思います。不思議な看板です。


 
 文字が消えて分からないところがありますが、砂防指定地の区域を示しています。一般的に砂防ダム等を建造するにあたっては、「集水面積」を考慮するはずです。看板の図から推察して、集水面積は大目に概算しても100m×200m=20,000屐 0.02k屐砲阿蕕いと思います。普通の砂防ダムよりも二桁以上少ない集水面積です。こんなに少ない集水面積では、どんなに雨が降っても大した水量にならないので、ダムの力を借りるまでもありません。


 四つの看板全体を見渡してみても、大きな違和感があります。看板に記載されている内容が「剥げ」かかっていることです。この種の看板は、看板に直接にペンキ等で書き込むはずですが、ここの看板は粘着テープ程度のものが「貼られて」いるようです。大事なことが「剥がれ」ていいはずはありません。まるで、即席に作られた看板の感じさえあります。

 必要性も、看板に掲示されている内容も、看板に書き込む方法も全部が不思議な「砂防ダム」です。
 人間が作った不可思議なダムは、秋になるとニホンザルの青空食堂になるとのことでした。村の中で柿をくすねた猿の群れは、この砂防ダムの堤体に一列になって腰掛け、村を見下ろしながら、ゆっくりと柿を味わうそうです。


 一つ書き忘れました、この砂防ダムを建造していただいたお蔭で、砂防ダムの近くにあった廃屋が「補償」の対象になり、公費で解体していただいたそうです。

まるで人面○○

 じっと見てください。目、長い鼻、腕らしきものが見えてくるはずです。今から20年ほど前に、山形県鶴岡市の池で「人面魚」と言う鯉が有名になりました。しかし、人面魚でなくとも、周囲のいろんなものに目を向けると、人面〇〇なるものは沢山見つかります。  この写真の人面〇〇は、ただの人面〇〇ではありません。樹齢何百年もなる怪物のような老樹です。上畑沢の大杉です。この大杉の前を県道29号線が通っています . . . 本文を読む

背炙り峠は通れます。

 畑沢へ草刈りの手伝いに行ってきました。村山市から畑沢へ入るときに、今日は背炙り峠を通りました。峠を走る県道29号線が工事のために、昨年の11月から7月4日まで全面通行止めになっていました。今は何ら支障なく通れます。やはり畑沢へ行くときは、尾花沢を回るよりもこの峠を通った方がずっと早いようです。峠へ向かう途中で何台もの自動車とすれ違いました。すれ違いながら、ふと不思議に思うことがありました。高級車 . . . 本文を読む

畑沢での巨大な公共事業(1)

 畑沢でも、巨大な公共事業が行われました。それも一つだけでなく3つもありますので驚きです。  先ずは、沼澤の奥にある砂防ダムです。千鳥川の川幅をはるかに越えて川の東西にある山の裾にまで達するほどの大きさです。実際に計測したわけではないのですが、中央部の高さは、三階建ての屋根よりも高いように見えました。スビタレで高所恐怖症の私は足がすくみました。写真の人と比較するとその巨大さが . . . 本文を読む

ごめんなさい。オニヤンマ様

 畑沢の草刈りをした日に畦道でオニヤンマを見つけました。草にしがみついて、ひたすら静かにしています。普通、オニヤンマはその優れた飛翔力で力強く飛び回ります。しかも、人をも恐れないように近づいて、「ババッ」という羽音をたててくるっと方向転換をやらかします。それと比べて、このオニヤンマは静か過ぎます。よく見ますと、理由が分かりました。羽化してまだまもなくて、羽が十分に伸びきっていないようです。それ . . . 本文を読む