goo

-畑沢通信-

 尾花沢市畑沢地区について、情報の発信と収集を行います。思い出話、現況、自然、歴史、行事、今後の希望等々です。

前日の閲覧数
101PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

良かった。ありました。

 前に何度も蘭などの植物が畑沢からなくなってしまったことを愚痴っていました。その中には「シュンラン(春蘭)」も含まれています。山に入ればいたるところに生えていた春蘭が、ある時期を境に殆ど見られなくなりました。野生蘭ブームが起こり、儲けを求めて業者が多数、山から「盗掘」していきました。彼らの考えでは、「他人所有の山であっても誰でも持ち去ることができる」ものなのです。村の人口が減り、山への監視もしなくなりました。誰からも文句を言われずに、業者は取り放題でした。その挙句、「山にあるべき花がない」ことになりました。

 ところが、一月ほど前に、とある場所で沢山の春蘭を見ました。盗掘する業者の目を逃れたのです。なくなったと思っていた春蘭が無事でしたので、私は喜びました。これからも、どうか盗掘する業者に見つからないことを祈っています。

秋なのにハハコグサの花が咲いていました

 春ごろにもハハコグサについての記事を投稿しました。その時も花が咲いていた気がするのですが、10月下旬の田んぼにハハコグサがありました。この時も花らしきものがありました。春に咲いて、秋にも咲いて、もしかしたら夏も咲いているのでしょうか。しかし、夏には確認していません。もしそうならば、年がら年中、咲いていることになります。忙しいと言うか、メリハリがないと言うのか、それとも〇〇と言うのでしょうか。まる . . . 本文を読む

懐かしき尾花沢市立常盤小学校と中学校の旧校舎跡地

 ずっとずっと昔、まだ第一回目の東京オリンピックが開催されるとお祭り騒ぎをしていたころ、尾花沢市立常盤小学校と中学校は校舎がつながって建てられていて、グランドは共同で使用していました。子どもたちの数も小中合わせると、800人ぐらいあったでしょうか。今ならば、大規模な学校と言えたでしょう。その後、小学校は約1卷明召飽榲召靴泙靴拭C羈惺擦肋学校が使っていた敷地の上に建て替えられました。それでは、元々 . . . 本文を読む

千鳥川ウォッチング(6)

 千鳥川の岸は、殆どがブロックで固められました。ブロックは間地(まち)ブロックが基本です。左右両岸ともブロックの所が多く、川底から岸の上までは2m以上もありますので、一旦、川の中に入ると大人でも這い上がることは困難です。今や、川に近づくべきでなくなったのです。川で遊んでいた子供たちがいる訳がありません。学校の先生たちが「川は危険だから近づいてはいけません」と言うのは、至極もっともなことです。この写 . . . 本文を読む

来春が楽しみ

 10月下旬、山の中でショウジョウバカマに御対面。この植物は葉を見ただけで分かるようになりました。とても一年前の私からは想像もできないことです。今年の春には、ショウジョウバカマの花が終わった状態を見て、「なんじゃこれは」と驚いたこともありましたが、あれから成長して今の私なら直ぐに分かるはずです。ん!、言い過ぎました。取り消します。それにしても、ひとえにgooブログのお蔭で少しはましになりました . . . 本文を読む