-畑沢通信-

 尾花沢市畑沢地区について、情報の発信と収集を行います。思い出話、現況、自然、歴史、行事、今後の希望等々です。

まだまだ石仏がありました。(その1 稲荷神社)

2016-04-29 17:22:11 | 歴史

 半月前の畑沢祭(4月15日)の熊野神社で、予想だにしない情報が入りました。3月13日に私が畑沢地区生涯学習推進センターで皆さんにお上げした資料についての話題になり、その資料に載っていない石仏がまだあるというのです。畑沢の石仏を調査するにあたっては、楯岡高校社会部が発行した「郷土供廖渡部昇龍氏の「尾花沢の信仰と民族」、そして尾花沢市内のほぼ総ての石仏を調査した大類氏の調査結果などを踏まえつつ、私が畑沢の方々から聞きながら徹底的に調べたつもりでしたので、思いがけないお話でした。「おらえ(家)のどごさ、〇〇がある」、「あそごのえ(家)んどごさ、△△がある」と言うのです。最初その話に唖然としながら聞いていたのですが、その人たちの話ぶりには興味が引かれました。実に面白くお話をされていました。

 お話によると、まだ石仏は4体以上はあるようでしたが、先ず道路から近い場所にある楽な所から始めました。下畑沢の山楯の近くです。「山楯」と言うのは、昔の楯跡がある所です。その石仏も楯跡と関係があるのではないかという期待もありました。

 写真の道路は、江戸時代までは背中炙り峠へ至る主要な街道でした。明治以降に県道が別のルートにできたので、農道程度に思われていましたが、歴史ある道です。石仏はこの道の直ぐ脇の土手の上でした。

 

 石仏は、石の祠です。畑沢では万年堂と呼んでいる形のものです。周辺の家々では、「稲荷様」と呼んでいたそうです。ここにもユキツバキが植えられていたようで、結構、大きな株になっていました。石祠の周囲はきれいに刈り取られていました。近くの家の方(大戸K氏)のお話によりますと、一時は藪だらけになって近づけなくなっていたのだそうですが、そのままにしておけない性分なので、刈り取って下さっているようです。

 石祠の周囲も春の雰囲気が溢れています。ウバユリ、カタクリ、笹筍が見えます。祠の中には卵のような二つの石が入っており、その石の真ん中には不思議な形の小さな石が入っていました。大戸K氏によると、祠の中に何もなくなっていたので、御神体になりそうな「ありがたい石」を拾ってきて、中に納めたそうです。こんな話を聞いていると、大戸K氏のお人柄が分かります。こんな先輩が畑沢におられることが、たまらなく嬉しくなります。


 石祠に向かって右側を見ると、年号と人名が刻んでありました。

明治三拾七辰年 八月四日設☐  ☐☐☐荷 有路庄次郎

と読めるような気がしました。「楯」の時代とは関係はないようです。有路家の家内安全を願って造立したものかと思います。明治37年ごろと言えば、畑沢でも大きな変化があったようです。「有路」姓の家々は、元々、畑沢の「向かい」地区に居住していたのですが、このころに居所を移すなどにより、家の守り神を家の近くに造立したものかと思います。このように畑沢の中で居所を移した場合には、移した場所に家の守り神を新しく造立した例が多く見られます。下畑沢ら中畑沢へ移った私の家もそのようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、嬉しいことがありました。

2016-04-28 11:42:54 | 近況報告

 25日に畑沢へ行ったばかりでしたが、義兄が小屋を増築しており、屋根のトタン張り等の作業のために、27日にまた畑沢へ行きました。トタン張り作業をしている時に、思いがけない人が訪ねてきてくれました。同じ中畑沢出身ですが、私よりも十歳以上は若い方です。一緒に遊んだ世代ではないので、はっきりとした記憶はありせんでしたが、目元がその方のお父さんと似ていましたので、言われると何となく分かりました。その方がおっしゃるには、時々、ブログを見て下さっていて、たまたま私がいたので声をかけて下さったとのことでした。ありがたいことです。前回のブログで、中学生が見て下さっていることを報告しましたが、さらに見ていて下さっている方が現れましたので、嬉しいことが続きました。私はいい加減なことばかり書いているので恥ずかしい限りですが、いまさらかしこまることはできませんので、それなりに真面目になりながら今までどおりに書いてまいります。

 さて、この日は晴れてはいるのですが、風がありました。尾花沢市消防署の自動車が、「山火事が毎日、起きています。火のもとには十分注意してください」と呼び掛けていました。この車は細野から山越えしてくる「スーパー農道」を通ってやってきました。この道はあまり利用されていませんので、貴重な通行車両です。

 今年の木々は急いでいます。朴と木通(アケビ)の葉がかなり大きくなっていました。手前の大きい葉が朴の葉で、奥に黒い点々と見えるのは木通の花です。

 山際のあぜ道には、エンレイソウが咲いていました。特徴のある大きな葉の真ん中にちょこんと小さな花が咲いています。時々、山野草を販売する業者が根こそぎ盗掘する心配がありますので、注意して監視しています。

 昔はどんな小さな沢の奥にも水田があり、田んぼに引く水を確保するために、沢の水路は絶えず手入れがされていましたが、耕作が行われなくなってからは、水路は荒れたままになります。この沢は、私たち(義兄とともに)が可能な限りに手を入れているのですが、それでも手入れされていない杉が水路に倒れると、大物だけに中々、除去が難しいので、何年もそのままにしてしまいました。その結果、水路はさらに荒れることになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑沢のユキツバキ群落は見ごろ

2016-04-27 17:14:09 | 自然

  今年の春は足早く進んでいます。熊野神社周辺のユキツバキ群落の花の時期は過ぎてしまったかなと焦りましたが、まだ大丈夫でした。蕾(つぼみ)も沢山ありましたので、まだまだ見られるようです。

 ユキツバキだけを見ていると、足元が騒がしいようです。カタクリも「俺たちも咲いている」と主張していました。しかし、言っちゃなんですけど今年はもう終わりに近いようです。しょうがないので、代表としてまだまともなカタクリを一輪撮ってあげました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

延沢が春爛漫

2016-04-26 16:32:04 | 近況報告

 畑沢へ行った平成28年4月25日(月)、尾花沢から古殿を経て延沢の車段(くるまだん)へ入る時、朧気川を渡ります。川に架かっている橋から上流を見ると、清流と柳の新緑が「春」を感じさせました。遠くには大平山がひときわ大きく聳え、その後方に残雪を抱いた山々を従えています。

 川をじっと見ていると、違和感が湧きました。実に真っすぐです。昔はもう少し曲がりながら流れていたような気がするのですが、護岸工事の結果、一直線に改修されてしまったようです。一直線の川になると水も喜んですこぶる元気になります。昔、中学校の理科や高校の物理で学んだ「位置エネルギー」なるものが頭に浮かんできます。上流と下流の高度差が持っている位置エネルギーは、ほぼ「流速」という運動エネルギーに変わります。その結果、少しでも増水すれば、激しい流れとなって川底を浚(さら)い、橋げたの下がえぐられることになりました。川の生き物たちも抵抗する力もなく流されてしまいます。ここの橋もその被害にあっています。今はこんな工事をしないはずです。少し前の時代に行われた反省すべき工事方法でした。

 延沢を過ぎて荒町方面へ方向を変えると出てくる忘れられない景色は、南西方向に見える御堂森の姿です。昔、私がスビタレと叱られていたころ、常盤小学校と常盤中学校時代の野外写生会では、しばしば写生の対象になりました。美しい山の形は、下手な絵も上手く見せてくれます。この日は、御堂森だけでなく手前の小高い山も山桜と新緑で美しく装っていました。そう言えば、この小さな山は秋にも紅葉が美しいので、御堂森の前景としてなくなてはならない存在でした。

 御堂森を見て、後ろを振り返りますと、満開の桜に包まれた常盤小学校の校舎が見えました。桜の中で学ぶ子供たちの楽しそうな姿を思い浮かべたのですが、この学校は移転すると聞いていました。まだ移転はしていないのでしょうか。この美しい景色を見ていると、私の勝手な希望では移転していないことを望んでいます。

 小学校から目を右側へ移すと、そこも花盛りです。集落の中を通っていると気づきませんでしたが、集落の外から集落を見ると美しさが分かります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「畑沢祭の報告が今頃か!」と叱られそうですが

2016-04-25 18:58:59 | 行事

 平成28年4月15日に畑沢祭がありましたが、それから十日も経ってからの報告となりました。祭の中でスビタレなりに考え事があったからです。皆さんは「スビタレのくせに」とお思いになるでしょうが、スビタレでも考え事はあります。それが、今日(4月20日)畑沢へ行ってきて一段落しました。

 そんなことよりも、嬉しいことを人づてに聞きました。ある中学生がこのブログを見ていてくれているということでした。こんなブログを見てくれるのは、私の縁者だけかと思っていたのですが、物好きな方(失礼しました。)もおられるようです。まあ、青少年に有害な内容がありませんので、何とか御覧いただいても問題はないかと思います。

 

 さて、祭の日はあいにくの天気で、小雨が断続的に降っていて、気温も低いままで推移しました。今年は春の訪れが早かったので、珍しく温かいお祭りを期待したのですが、残念でした。

 神主さんのお祓いは、10時ごろから行われました。今年も昨年に続いて女性の神主さんでした。この方は去年から来ていただいているのですが、もっと前から来ていただいていたような気がします。まだ、二年目ですがすっかり畑沢になじんでおられます。

 熊野神社に参列したのは、区長、副区長、氏子総代、下畑沢当番、中畑沢当番、上畑沢当番等です。ほかに神主さんと私を含めて合計9人がお堂の中でした。

 私は昼頃で退席しました。山楯(やまだて)周辺で、用事を済ませてそこから熊野神社をカメラに納めました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加