-畑沢通信-

 尾花沢市畑沢地区について、情報の発信と収集を行います。思い出話、現況、自然、歴史、行事、今後の希望等々です。

それは細野村の167年前の出来事を物語りました。

2017-04-26 18:49:41 | 歴史

 平成29年4月23日(日)、御堂森登山を終わって帰路において、畑沢の岡田沢から元細野分校へ通じる山道を調べたくなりました。体はへとへとに疲れていたのですが、折角、細野に来た機会を有効に使いたくなりました。

 登山の閉会式会場から北西に進んで、峰岸地区にある細野地区生涯学習推進センター前に車を止めました。センターの写真を撮っていたところ、消防団の羽織を着ていた若い人が、親切に声をかけてくれました。何か調べるにも、地元の人からお話を聞けることは、何にも勝る力になります。ところが、山道などはかなり昔のことなので、近くの家に行き年配の御婦人に聞いて下さいました。ここでも私は恵まれました。この方も親切に教えてくださいました。そこで分かった山道のお話については、後日、畑沢の歴史として投稿いたします。

 今回は、山道のお話が終わったところで、さらに行き当たりばったりに質問したお話になります。山道の方向を眺めているうち、田んぼに囲まれた農道の脇に墓石のような物が建っていました。御婦人に聞きました。

「あれは何ですか」

 

「昔、飢饉があった時に、この私の家に腹を空かした大勢の人たちがやってきたそうだ」

「私の家では、大きな鍋に食べ物を煮て、飢えて助けを求めてきた人たちに施しをしていた」

「ところが、折角、細野まで辿り着きながら、あの石が立っている場所で死んでしまった」

「その人を憐れんで建てたのがあれだと言われている」

 細野村の人達は、昔から心優しい人がいたようです。嘉永六年(1853年)に畑沢村が「背中炙り峠一件」において、尾花沢宿、本飯田宿及び土生田宿の言い分に反論する時も、畑沢に見方をしてくれました。早速、石の所に行ってみました。高さは1mの小ぶりなものです。 墓石ではなくて、石仏でした。石材は朧気川で産する火山岩です。凝灰岩と比べて硬い石材ですので、文字を刻むのは大変な労力になります。

文字はかなり見えにくくなっていますが、どうにかほぼ読み取ることができました。

 右側に「嘉永三☐☐☐」と刻んであります。☐部分は文字が消えかかっています。嘉永は六年までですから、嘉永三年に間違いないようです。そうすると、「☐☐☐」は、嘉永三年の干支になりますので、「庚戌年」となると思います。

 中央は、「地蔵大菩薩」のようです。

 左側は、「八月吉日」です。

 つまり、嘉永三年(西暦1850年)の八月に造立した地蔵大菩薩の石仏であることが分かりました。ところで、飢饉と言えば宝暦、天明、天保の大飢饉を思い浮かべますが、嘉永年間の飢饉を聞いたことがありません。嘉永三年ごろにも飢饉はあったのでしょうか。資料がありました。横沢昭男氏が編集した「尾花沢市史の研究」の213ページに次のようなことが書いてあります。

   嘉永 三 一八五〇 八月一八、一九大雨にて大洪水となる

                 畑方九分通り浸水、天保四以来のこと

 ちょうど嘉永三年にも大きな自然災害がありました。この石仏は飢えて死んだ直ぐ後に造立された様です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隣村(細野地区)の御堂森登山に参加しました。

2017-04-24 21:27:56 | 行事

 平成29年4月23日(日) 畑沢の隣村である細野地区に出かけ、御堂森(1,056.6m)の登山に参加しました。細野地区の振興行事として行われたものです。参加者は約60人ぐらいになったそうです。大変な人数です。山形新聞の記事を見て、参加を決めた方が多かったようです。地元以外から駆け付けた方が大部分です。お陰で、私も思いがけない方々にお会いすることができました。

 ところで、登山道は昨年、細野地区と有志の方々が切り開きました。とてつもない重労働だったことでしょう。

 開会式は、「かあちゃん広場」で8時半ころに始まりました。下の写真の左に「蔵」の看板が見えます。「農家レストラン蔵」の看板です。細野地区振興会長が挨拶しました。大変、失礼なことですが、私はブログ用の写真撮影に没頭していましたので、会長がお話になった内容を聞き漏らしてしまいました。きっと素晴らしいお話だったことでしょう。会長は私の同級生のお兄さんでもありますし、私が畑沢地区振興を相談した時の御師匠様でもありますので、お話の内容は、「神様の声」として後日、降り注いで下さると思います。

 

 今年の雪降ろしは二回だけだったので、暖冬と判断して山の降雪量も少ないものと思っていましたが、とんでもありません。むしろ、山の雪はいつもの年よりも多く残っているのだそうです。山の上と下ではかなり事情が異なるようです。しかも、雪によって杉が各所に倒れて、林道を塞いでいました。そのために、林道の大分、下から歩くことになりました。

 

 林道からしばらく登ると尾根に到着し、雪の上の登行となりました。春の雪は冬の雪と違って、ずぶずぶと足がめり込むことはありません。カンジキは必要ありません。かと言って氷のような固さもりませんので、アイゼンも必要ありません。

 

 登山道の大部分は、尾根の上にあります。尾根は細野地区と鶴子地区の境になっており、何キロメートルにも亘って、城跡に見られる土塁のように1mぐらい盛り上がっています。防火線と言うのだそうです。私はいろんな山に登りましたが、こんなものは初めて見ました。自然に出来上がったものではなくて、人の手によって築かれたものだそうです。ところが、いつごろにどんな目的で作られたかが分からなくなっているそうです。それはそれとして、歩くにはとても良いものです。

 細野地区の方たちは、「天候不順などで生活に窮した人々を救うために起こした事業かもしれない」と、おっしゃっていました。ついでに、「××さん、調べてみろちゃ」と、とんでもない話が出ました。とても私が分かるはずもありませんし、調べるための基礎的な知識も持ち合わせていません。私は誰かが調べくれたものを素直な気持ちで教えてもらうのが常套です。ただ、「私は畑沢しか知りません」とだけしか答えられません。

 しかし、細野の方には日ごろお世話になっています。馬鹿でも、馬鹿なりにお役に立ちたいとも思いますので、文明の利器、インターネットの力を借りました。すると、どうでしょう。期待をしていなかったのですが、「防火線 森林」を餌にして釣り糸を垂らしたところ、かなり食いついてきました。ヒットです。

 先ず、結論です。防火線は現在も森林保安施設で、しかも大分、重要なもののようです。

 林野庁が平成15年3月に作成した 「林野火災対策に係る調査研究報告書」には、次のように出ていました。多少、文章的に理解しにくい表現がありますが、何となく趣旨は分かるような気になります。

 

 防火線は、林野火災の延焼を防止し、火勢を鎮圧する機能のほか消火活動の拠点ともなる重要な施設であり、山の尾根、林道、林内の境界線、森林の外囲など現地の林況や地況、気象条件などを考慮し設置する位置を決定する必要がある。


 林野火災の多くは山間部で発生し、しかも広範囲にわたるため地上からの状況把握には限界があり、ヘリコプターによる空中からの情報収集が極めて有効である。‥‥‥‥‥空中からで収集すべき情報内容としては、一般的に次のようなものが考えられる。
‥‥
〇地上の防ぎょ活動に関する情報
 重点防ぎょ箇所、防火線設定の適地、林道・水利の状況、進入路


 次に米沢市の「林野火災防災計画」にも、次のように出ていました。他の市町村も似たようなものがあるようです。尾花沢市の森林担当部局で調べれば分かるかもしれません。

防火樹帯・防火線の整備
 林野所有者等は、尾根、森林区画等を利用し、耐火樹、防火樹からなる防火樹帯を整備するとともに、地形、水利状況等を考慮して防火線を設けるよう努める。防火線は、定期的な刈り払い等により適切な維持管理を行い、延焼防止機能の維持に努める。

 

 ということは、現在も定期的に適切な維持管理が行われていなければならないようです。そして、防火線の上を歩くことは、理にかなった利用だったようです。昨年、登山道をこの防火線に決めたのは英断でした。さすが、私の常盤中学校の先輩たちです。

 

 道の上に動物の糞が2か所に転がっていました。広い場所ですから何もわざわざ防火線の上に用をたさなくてもよさそうなものですが、2か所とも防火線の上でした。とんでもない獣です。近年、珍しくなくなったあの獣でしょう。そうです、猪に間違いなさそうです。熊でも、カモシカでも、兎でも、狸でも、狐でもありません。

 

 雪上には、新しい足跡が点々と残されていました。こちらは小型の獣です。畑沢の山楯で見た足跡と同じようです。足跡の形も一直線に並んでいることもお狐様です。

 

 実は、登り始めた場所が当初、予定していた標高よりもずっと下になりましたので、とても頂上まで登る時間が足りなくなり、途中で引き返すことになっていました。残念ですが、これはどうしようもありません。

 今回、頂上で確認したいものがありました。どなたかの御堂森のブログに、頂上の石仏が出ていました。姥地蔵のようで如意輪観音のようでもありました。もっと別な表現をすれば、「如意輪観音のようなポーズをした姥地蔵」のようでした。

 しかし、それはできませんでしたが、小学生時代からずっと憧れていた御堂森に間近に迫ることができました。ありがたいものです。私たちを案内して下さった先輩が、御堂森をストックで指し示しています。やはり様になっています。とても私ではこうはいきません。


 御堂森から流れ出る沢水を望遠で拡大してみました。きれいな雪融け水が何段もの滝になって流れ下っています。私は山登りが好きなのですが、水辺を散策するのも大好きです。この滝にも行ってみたくなりました。今は、特に雪融け水で水量が豊富なのでしょうが、雪融けが落ち着いた時期も素晴らしい眺めを堪能できると思います。いつの日か実現できるといいのですが。

 

 無事に午後4時前には、下山することができました。参加者は十分、気力と体力を残しています。私だけはとても疲れていました。寝不足、山形からの運転疲れ、関節の不調等々が原因です。一か月前から調整を始めたのですが、最近、不思議な関節の痛みが生じます。


 細野地区では、下山後のもてなしを御準備して下さったのですが、あいにくの体調不調のために失礼しました。帰路、後ろを振り返ると、御堂森がきれいに見えました。朧気川のほとりで秀麗をパチリです。ところで、スキー場のように見えるのは、蕨(わらび)園だそうで、今年あたりから開園できそうだとのことでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山楯で見た動物

2017-04-16 16:42:19 | 自然

 畑沢のお祭りがあった日に、山楯の楯跡を調査しました。その時に思いがけない生き物に遭遇しました。

 バタバタと音がしましたので、音がした方向を見たら、雉(キジ)が雪の上を歩いていました。最初に見たのはメスでしたが直ぐに見失ってしまい、カメラを構えた時にはオスが立ち止まっていました。私と雉とは小さい時から縁(えん)があります。スキーを履いて雪原を歩いていると、しばしば雉と出くわしたものです。普通の鳥は、人の気配がすれば飛び立ってしまいますが、雉は歩いて逃げます。大して早くもないので、追いかけることができます。私たちは、あわよくば捕まえようとします。

「雉は馬鹿だから、頭だけ雪の穴に突っ込んで、それで隠れたつもりで体は見えたままだ」

「そこを手掴みするぞ」

 馬鹿は雉ではなくて、私たちでした。捕まえたことがありません。でも、結構、間近に見られるので、姿形はしっかりと記憶しています。雌雄の区別は簡単です。頭が赤くて、尻尾が美しく長いのが雄です。

 ついつい、私は子ども時代の癖(くせ)が出てしまいました。追いかけました。勿論、静かに歩いたつもりですが、雪を踏む音が、ガサッガサッと大きな音を発します。これだけでも普通の鳥なら逃げていくのですが、この雄は私の方向に視線を向けて、立ち止まっていました。雌はとっくに何処かへ行ってしまいました。この雄は、雌を守るために私を見張っているようです。眼力が鋭くて、ただ者ではありません。しかも、雌を守る姿勢は立派なものです。私なら妻の陰に隠れてしまいます。

 雪の上なら何とか見つけることができるのですが、地面が剥き出しになっている場所に移動したので、もう見逃したと思いました。しかしバサッバサッと何度も音がしました。見ると、木立の中からこちらに向かって、羽ばたきをしていました。私を威嚇(いかく)しているようです。その姿には、さすがの私もガクッとしてしまいました。とうとう、雉にさえ威嚇されるほどに舐められてしまいました。木立の中に入ればもう見えませんから、あえて羽ばたきをしない方が身のためかと思うのですが、まるで雄の強さをわざわざ誇示しているようにさえ見えます。ハイハイ分かりましたと思った瞬間、足元の藪から獣が飛び出して、一目散に遠ざかりました。えっ、兎かなと思ったのですが、犬にそっくりです。ん、少し違います。尻尾が大きく見えます。狐かなとも思いましたが、狐色ではありません。真っ白ではありませんが、かなり白っぽい色でした。でも逃げていく後姿は狐そのものでした。勿論、カメラで撮影すれば後で調べることもできますが、そんな瞬間的に撮影する技術を持ち合わせていません。雪上に残された足跡で判断するしかありません。4本の指が見えます。指の先には爪らしき鋭く細いものがあります。4本の足跡は、ほぼ一直線についていました。これで間違いなく狐だったのでしょう。

 しかし、どうして狐色ではなかったのでしょうか。狐が野兎のように冬毛に変わると聞いたことがありません。高齢の狐が白髪になったのでしょうか。私にはこれも分かりません。

 ところで、この近くに「おしぇど山」があり、その麓に稲荷神社が建っています。白い狐は神様の使いと言われています。「祭に白い狐が稲荷神社に来た」とするのも面白いですね。

 さらにところでです。畑沢で狐を見たのは初めてです。四つ足の動物の中で見たことがあるのは、野兎、カモシカ、タヌキ、イタチだけです。糞だけを見たのは、ツキノワグマです。足跡だけを見たのはイノシシです。何十年もの間に狐に関する目撃話も聞いたことがありません。先日、マンサクを見に山へ登った時に、見慣れない獣の足跡を見ました。これまでの経験にありませんでした。分からないので、姉夫婦連れてきた犬が山にも登ったものと解釈していましたが、どうも狐の足跡だったのではないかと思います。とにかく、今までなかった足跡です。今まで畑沢にいなかった狐が、畑沢まで生息範囲を広げたのか、それとも人目に触れないほど奥山に棲んでいたのが、最近になって人里に近づいたものでしょうか。猟師の方、教えてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑沢のお祭りが少し変わりました。

2017-04-15 20:00:34 | 行事

 平成29年4月15日(土)は畑沢のお祭りでした。あいにく小雨が降り続きました。山形を8時に出発して、畑沢へ9時には到着する予定でしたが、運転中に携帯電話が鳴りだしたので、脇道に曲がって電話に出ました。それだけなら特に問題はないのですが、信号のタイミングを2度も逃したために、かなり余計な時間を費やしてしまいました。尾花沢市内に入ってからは、お腹のことが心配になって、妻が作ってくれた握り飯の外にパンと牛乳も購入しました。畑沢の熊野神社に着いたのは9時半を回っていました。車を止めて大杉が立っている神社の方向を見たのですが、森閑としていました。昔と異なり、今は神社の幟を揚げませんので、その寂しさはしょうがありませんが、自動車が止まっていませんし人の気配が全くありません。何も入っていないような掲示板も寂しさを増幅させています。

 ようやく一人の参拝客が現れました。私の同級生のお母さんです。私も後について登ることにしました。

 そのお母さんと登ったのですが、神社の周りには誰もいません。いよいよ普通ではないと感じて、区長に電話をしましたが不在のようです。あれあれ、変だな、狐に包まれた気持ちでした。それではと前区長に電話をしましたら、いつもの声が聞こえてきました。

「今年は去年よりも1時間遅く始めることにし、11時から始める」

とのことでした。そういうことだったのです。でも、知らないのは私だけでもないようで、私の外にも2人が来ていました。

 ところで、今年は11時で去年は1時間早かったとすれば、去年は10時に始まったことになるのですが、去年も一昨年も9時半には始まっていたような気がします。

 始まるまでに時間がありましたので、実家の小屋に行き、薪ストーブを焚いて暖まって、かなり早めの昼食をとり、ついでに得意のカンジキ作りしていましたら、いつの間にか11時15分前になっていました。急いで神社に行きましたら、とっくに神主さんの祝詞をあげていました。残念ながら、神社前での法螺貝は写真に納めることはできませんでした。それにしても、私が着いたのは1時までにまだ10分も残っていました。これが「畑沢時間」だったのです。畑沢に「定刻」はありません。

「どれ、はづめんべ(始めんべ)」で始めるのです。2月24日のおサイドもそうでした。午後6時から始めると言っていたのですが、人が集まらず時間も大分前にもかかわらず、「どれ、しーつけんべ(火ー着けんべ)」といきなりライターで着火しました。これが畑沢流です。このことを私は忘れていました。私にもその血が流れています。

 神社の中には私の外に神主さんを入れて8人がいました。何とその中には初めてお会いした人もいました。聞いて見ましたら、私が中学生のころに、毎朝、ヤギの乳を搾って届けた家があり、その家で赤ちゃんだった人でした。赤ちゃんでしたから、会ったことがあるような、ないような微妙なところです。しかし、会えたのはうれしかったです。

 1時ごろに神主さんが退座することになり、私も神社を退座しました。その後、実家の近くの道路側溝に大量につまった枯れ枝と落ち葉を浚渫し、楯の調査に出かけました。熊野神社の向かい側にある「山楯」です。下の写真は、その盾跡から「向かい」地区と熊野神社を撮ったものです。この時だけは少し青空が出ていました。

 望遠で熊野神社を撮ったのが下の写真です。よく見るとお祭りの宴会が終了したようです。片付け作業のようです。午後4時ごろです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

間もなく雪が消えます。

2017-04-10 20:15:26 | 近況報告

 平成29年4月10日、雪が融けて地面が現れてきたので、少し作業をしに畑沢へ出かけました。前日は日曜日、通勤ラッシュがない分だけ道路を通行しやすいのですが、あいにく曇り空でしたので月曜日に延期しました。待っただけのことがありました。快晴です。

 NHKテレビの気象データによると、尾花沢市の積雪はゼロになってからしばらくになりましたが、畑沢はそうはいきません。まだ、田んぼには雪が残っています。でも、4月15日の畑沢の祭までには全部消えてしまうでしょう。

 山の斜面は、田んぼよりも早く雪が消えています。山肌が見えました。5、6年ほど前から始まった楢枯れで枯れた樹木は、しばらくは立ったまま枯れていましたが、やがて根も朽ちてきて上部の重さを支え切れなくなり、無残にもあっちこっちにひっくり返っています。、

 

 春の日差しを受けて、「関嶺様」と拝まれてきた石地蔵も気持ちよさそうにしていました。この石仏の形は地蔵であることは間違いないのですが、関嶺様と拝めば、誰が何と言おうと地蔵ではなくて関嶺様です。

 

 畑沢での用事を済ませて、宮沢地区の知人を訪ねました。その宮沢地区からは四方の山を眺めることができました。畑沢方向には、大平山(ほうざやま)と甑岳が見えました。下の写真の中央が大平山で、その右側で少しでかい顔をしているのが甑岳です。二つの山は接近しているように見えますが、実際はかなり離れています。間にもう一つ大きな山が存在しています。

 大平山からずうっと東に目を移すと、御堂森が特徴的な姿を見せていました。4月23日に細野地区の行事に参加して、この山に登ります。常盤中学校の先輩方に会えます。

 宮沢地区で、季節外れの光景に出会いました。4月も半ばになろうとしているのに、まだ白鳥が田んぼで餌を食べていました。白鳥は2月から3月には、北へ帰ると思っていたのですが、どうしたことでしょう。確かに最近は北帰行が遅くなっているとは聞いていましたが、これほどまでに遅くなっているとは驚きです。温暖化と騒がれているのですから、その理屈から考えれば逆に早く帰るのが道理だと思います。それが全く逆です。北帰行を遅くさせる要因は、日本の餌が良いとか、北国が棲みにくくなっているとか、いろいろな事情があるのでしょうか。

 静かに近づいたのですが、さすがに野生動物です。私の気配をちゃんと察知していました。全部の鳥が私にそっぽを向いています。私の野性味は大したことはないようです。

 遠くに月山が見えました。山形、天童、東根からの月山は葉山の左に見えますが、宮沢地区からは右側に見えます。月山の裾の部分は、立谷沢川の支流「にごり沢」等によって大きく浸食されて、月山特有ののっぺり感がなくなっています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加