goo

-畑沢通信-

 尾花沢市畑沢地区について、情報の発信と収集を行います。思い出話、現況、自然、歴史、行事、今後の希望等々です。

前日の閲覧数
52PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

えっ! 「 ほっきり 」の伝説

 背中炙り峠にある楯跡などの調査の一環として、尾根上の「堀切」を確認に出かけました。途中、4月15日に行われた畑沢祭の日に赤飯をお土産に下さった古瀬K氏御夫婦を訪ねました。清水畑でのことです。

 私が調査している話をしたところ、古瀬K氏は

「あそごさは、一の切、二の切、三の切 ど言う珍らすえ名前のごてるなあ」

「そいづは、その奥に【ほっきり】というのがあっからだ」

とおっしゃいました。

その言葉に私はびっくりしました。「えー、【ほっきり】だがー」。途端に私の鈍い頭が擦れて煙を出しながらも、全力で回転しました。「ほっきり」→「ほっ切」→「堀切(ほりきり)」と結びつきました。私が以前に「一の切」等の地名について、私なりに推論して「不思議な地名についての考察」に投稿しましたが、正にそのことをおっしゃっていたのです。

 私が下手な推論をするまでもなく、清水畑(すずばた)の人達には、「堀切」と「一の切」などの地名についての伝説が伝わっていたのです。畑沢の人に広く伝わっていたわけではなくて、極、一部の人だけに正確に伝わっていたようです。私にいつも背中炙り峠について教えて下さっていた方でさえも御存知なかったのですから、一般の畑沢の方々は全く御存知ありません。

 「ほっきり」は、「ほりきり」と若干の発音の違いはあるものの、ほぼ正確と言えるでしょう。「堀切(ほりきり)」という言葉は、日常会話に出て来ないかなり専門的な言葉です。現代では歴史研究者だけが使用する特殊な用語です。畑沢の唯一と言える農業とは全く関係ない世界の言葉です。当然のことですが、私などは畑沢の楯を勉強し始めて初めて知りました。畑沢に生まれていながら、60年以上もの間まったく知らないでいました。

 ところで、堀切とは、城や楯の防御施設の一つで、水のない堀のことです。空堀のことです。背中炙り峠がある尾根には、比較的大きな楯がありました。西暦1600年に関ヶ原の戦いがありましたが、その前に野辺沢城側が上杉勢からの攻撃に備えて作られたものであろうと専門家は言っています。今から400年以上も前のことです。

 その防御施設である堀切のことを、400年後の現在も御存知だと言うのは尋常ではない気がします。古瀬K氏の先祖は、楯の建設に深く関わったのか又は楯で防御の任務に就いていたのではないかと思います。

畑沢の田植えは早かった

 今年も畑沢へ田植えの手伝いに行ってきました。5月15日、天気予報が目まぐるしく変わり、雨を心配しましたが、どうにか日中は晴天のままでした。山形から畑沢へ向かう途中で、村山市内の田んぼも見えましたが、まだ田植えはほとんど実施していません。しかし、畑沢へ到着してびっくりしました。半分以上が田植えを終わっていました。私の記憶では、村山市内と畑沢は全く逆に進むような気がしましたが、少なくとも今年は畑沢の . . . 本文を読む

尾花沢市立常盤中学校の閉校記念誌

 母校、常盤中学校が今年の3月で閉校となり、それの記念誌が発行されたことは、以前に投稿しました。しかし、その内容については、一切、まだ報告していませんでした。今回、記念誌を見せていただきましたので、概要をお知らせします。  記念誌は同窓会によって発行されました。全部で137頁となっており、尾花沢市長、統合準備委員会委員長、同窓会長、常盤中学校長の御挨拶が最初にあります。次に新旧の校舎と思い出 . . . 本文を読む

峠の上は第二次開花ブーム

 一昨年から進めていた背中炙り峠の楯と古道を調査するために、五月八日に峠に登りました。まだ背炙り峠(県道29号線)を通ることができませんでしたので、尾花沢を回って畑沢に入りました。途中、4月15日の畑沢祭の日に、美味しい畑沢の米で炊いた赤飯をお土産に下さった古瀬K氏宅に、お礼と御挨拶を申し上げました。その時に、私が峠に行くことを告げたら、古瀬氏は「一人でおっかなぐなえが」とお聞きになりました。最近 . . . 本文を読む

不思議な地名についての考察

 畑沢の最南端(千鳥川の最上流部)に、沼沢(又は沼ヶ沢)があります。その沢から西側に小さな沢(谷)が何本も並行して枝分かれしています。その小さな沢(谷)には、不思議な名前が付いています。以前に畑沢の地名を取り上げて投稿してきましたが、その地名についての考察は一切、しておりません。その地名は、「小三郎」「平三郎」「一の切(きり)」「二の切」「三の切」です。この地名を知っている畑沢の人も少なくなりした . . . 本文を読む