模型と魚釣り

プラモデルや鉄道模型や海釣り渓流釣りを主に、オヤジの日々の出来事

懐かしいお酒

2016年10月16日 | 食べ物

自分にとって非常に懐かしいお酒を、偶然頂きました。

福司(ふくつかさ)です。
ちょうど30年前、大学の卒業旅行に
周遊券で北海道一周鉄道旅をしました。
その際、釧路で泊まったYHのイベントに
酒蔵ツアー試飲飲み放題というのがあり、
連れて行って頂いたのが福司酒造さん。
日記によると、その時は生酒の4合瓶を買ってました。

普段から日本酒は純米ばかり買っています。
本醸造などと飲み比べて、違いが分かる自信はないですが、
なんとなくピュアな感じがして、二日酔いしない気がする、
程度の気分的なものです。

日本酒には、ビールとチャンポンにして悪酔いし、
イタイ目にあった人が、自分も含めて多いようで、
「日本酒は合わない」とか「醸造用アルコールがダメ」とか、
逆に「アルコール添加じゃないとダメ」とか
いろいろネガティブな選択理由があるみたい。
何かで読みましたが、チャンポンで失敗するのは、
酒が変わってアルコール濃度が違うのに、
飲むペースを変えないから、という理由が大きいようです。
確かにビールと同じピッチで日本酒を飲めば酔うよね。

これは高級酒。純米吟醸。
55%まで研いで、米をヌカにして捨ててます。贅沢。

30年経っても、酒の種類が変わっても、
味の基本線のようなところは変わっていないように感じました。
淡麗辛口というよりも芳醇濃い系ですね。
30年前の生酒はかなり甘かった。
これは甘くないけど、共通する深みがあります。

おいしい。ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トゲトゲ | トップ | 再び伊那ドライブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。