someday somewhere

いつかどこかで

スッキリ

2016-09-15 16:07:17 | 日記・エッセイ・コラム
連日の報道でかなり詳しくなった豊洲市場問題ですが、

香川県民としては興味薄。

それよりも毎日拝見する「建築エコノミスト」の方に関心が。

新国立競技場建設問題の時に初めて存在を知り、

きたんのない発言がうけたのか、毎日のようにTVでお見かけしました。

そもそも建築エコノミストって何?

建築に関係する経済の動向を調査・分析する専門家や評論家ということでしょうか。


なんかモヤモヤする。


ある人方がこんな事言ってました。

「なんでもそのものになれなかった人がその評論家になる。

 政治家になれなかった人が政治評論家に。

 芸術家になれなかった人が芸術評論家に。

 当然例外はあるけれど、

 その専門家がやっている事を、

 口だけであーだこーだ言う前に自分でやってみろ!」

ちょっと乱暴ですけど

妙に納得。

なんかスッキリ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« shock | トップ | ときどき雲と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。