someday somewhere

いつかどこかで

工事etc-1

2017-02-25 17:34:20 | YS.HOUSE監理日記
建物本体の工期は残すところ一月になりました。

色々な工事が重なりあいラストスパートです。



玄関戸横のシンプルなメールボックス

取り出し口は玄関収納の家具内に納まります。






軒裏は全てレッドシダーの羽目板です。

レッドシダーは吸湿しにくい性質をもち、湿度が変化しても寸法の変動が小さく、収縮率が低いため、

濡れたり乾いたりを繰り返しても、反り、曲がり、割れが起きにくい外部に適した木材です。




お施主様の意向により無垢木材からアルミ既製品に変更になった玄関戸の枠です。

横にはFIXのガラスが壁まで続きます。

既製品にはサイドガラスの物はありますけれど

枠が大きいです。とにかく大きい。

それだと壁からガラスが出ているディティールにならないし、普通の玄関!

建物の顔が、ここあそこにあるんでは

ちょっと考えられへんわ!

現場監督と検討を重ねた

渾身のディティール?

とにかく壁際の枠は消しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒューマンスクランブル

2017-02-23 15:27:55 | WORKS
I.HOUSEの現地調査です。



この風景、生かすも殺すもわたくし次第でしょうか。

単なるリノベーションだけにするか

耐震補強もするのか

それとも

建替えにするか

それぞれの思いが複雑に交錯します。


悩ましい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外壁工事

2017-02-19 10:44:10 | YS.HOUSE監理日記




外壁の一部はスパンドレル(ガルバリウム鋼板)です。

今回はじめてタニタハウジングの「ZiG」を採用しました。

タニタハウジングの雨樋「HACO」は何回か採用したことがありましたが

外壁材は初めてです。

採用理由はスパンドレルそのもの自体での防火構造認定を取得していること。

それに尽きます。

下地の石膏ボード+スパンドレルで防火構造認定を受けているものは

多数ありますけれど、

そのもの自体だけというのはなかなかないんです。

三角形状がポイントでしょうか。

そしてそして、下地材不要となれば、コストダウンにもなるし。

メーカーに宣伝頼まれたわけでもなんでもないですけれど。


スパンドレル部分以外はサイディングボード大壁工法です。

ボードの継ぎ目の目地を消して塗り仕上げです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

wonderful world-19

2017-02-18 10:03:15 | 日記・エッセイ・コラム


ウォーキング途中にある本門寺の火灯窓

歴史を物語る杢目

桧?

それとも

欅?

伝統の美です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

wonderful world-18

2017-02-16 09:26:45 | 日記・エッセイ・コラム




♪ 悲しいほどお天気
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

wonderful world-17

2017-02-12 18:21:48 | 日記・エッセイ・コラム


寒い毎日が続きますけれど、

春は一歩一歩近づいてる?

春を告げる梅の花が

ちらほら咲き出しました。


うーん

もうちょっと。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほたる

2017-02-05 15:26:51 | ほたる日記
投げたボールが返ってこなくても

雨の中、川掃除さされようとも






あー癒される。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤波

2017-02-03 19:01:31 | スポーツ
大谷翔平がいないWBCなんて・・・

残念で残念で。

力まかせの打者を力でねじ伏せる投球

そんな光景が目に浮かんでたのに。


ダルビッシュが出ない、マーくん、マエケンもでない。

そのうえ大谷まで。

完全に飛車角落ちでしょうか。

これで世界一奪還か。

厳しいな。


しかし、こういう時チームが団結して力以上のもの出でる時って

案外あるような気がします。

「けがの功名」を期待しよう。

虎から唯一の代表 藤波晋太郎 

同学年の大谷のぶんまでがんばってもらって、

この世代の呼び名を大谷世代から藤波世代に変えてもらいましょう。



3月7日 対キューバ戦

楽しみ。

いや

不安。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんという

2017-02-01 12:22:39 | WORKS
なんということでしょう!

のフレーズで有名なTV番組は終わってしまいました。

「よかった。」が正直な気持ちです。

TV的に演出された劇的な変化に

気持ちが揺さぶられ、リノベーションに期待した人は少なくないはず。


そんなリノベーションのおはなし頂きました。

とはいっても5年程前に設計した「I.HOUSE」

諸事情により工事延期をしていましたが、その工事は中止し

現在ある築30数年の住宅を改修するといった内容でした。

喜んでいいのか、悲しんだほうがいいのか

よくわかりませんが

とにかく前を向いて動きだす。

それだけで十分です。


劇的な変化とまでもいかずとも、現実的な変化でも満足頂けるように

がんばりたいですね。


ありがとうございます。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう少し

2017-01-28 09:34:20 | 日記・エッセイ・コラム
♪ この感情はなんだろう 無性に腹がたつんだよ

  自分を押し殺したはずなのに

  馬鹿げた仕事を終え 環状線で家路を帰る車の中で

  全部降りたい 寝転んでたい
  
  そうぼやきながら 今日が行過ぎる

  ~

  迷いや悩みなど一生消えぬものと思えたなら

  僕らはスーパーマン

  怖いものなんてない 胸をはってたい ♪


昨年の10月末から3ヶ月

完全オフは大晦日の1日だけ

ちょっと壊れかけだした時に必ずといって

頭の中でグルグル廻るのがミスチルの「ALIVE」

ここ数日はヘビーローテーション


こんなわけで投稿が2週間も途絶えてしまいました。

仕事以外なんにも考えられない感じない。

でもちよっとだけ

ホントちよっとだけ頂上が見えました。




♪ 報いはなくとも救いはなくとも

  荒れ果てた険しい道を

  いつかポッカリ答えが出るかも
 
  その日まで魂は燃え  ♪





コメント
この記事をはてなブックマークに追加