チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

藤原歌劇団創設者、藤原義江(ふじわらよしえ)

2017-05-28 23:39:57 | 日本の音楽家

【2014年7月1日の記事に藤原義江の幼少の頃からの写真を追加しました】

藤原歌劇団を主宰した藤原義江氏(1898-1976)です。

英国人を父として大阪に生まれて、のちイタリアに留学、ガラッシ夫人、ビネッティに師事した。世界音楽行脚12回、イタリア、フランス両政府より叙勲、昭和23年芸術院賞を受けた。藤原歌劇団を主宰し、日本のオペラの重鎮として活躍した。(音楽芸術昭和30年8月号より。写真も)

 

。。。古い音楽雑誌とか読んでいるとよく出てくるお名前なので知っていましたが、女性とばかり思い込んでいました。情けなや~(作家の乾くるみさんが男性だとわかったときより少し驚きました)

 

(追記)以下、中央公論1973年4月号より、「藤原義江アルバム」です。


↑ 1904年(明治37年)左端が本人。従兄たちと

 


↑ 1908年(明治41年)右が本人(10歳)。従兄と

 


↑ 1912年(大正元年)14歳。明治学院中等部

 


↑ 1917年(大正6年)19歳。新国劇の第1回京都進出の宣伝用のマラソン大会 前列中央が本人

 


↑ 1917年(大正6年)京都南座にて 新国劇初出演。岡本綺堂「安政黒船話」。右端が本人(プチャーチン役。よく顔が見えない)

 


↑ 1920年(大正9年)22歳。本人のイタリア留学の送別会。前列中央が本人。前列右から5人目は田谷力三(1899-1988)。左から4人目は伊庭孝(1887-1937)

 


↑ 1923年(大正12年)1月。24歳。ニューヨークにて。タイムズ紙の日曜版に日本のヴァレンティノ(誰?)として紹介される。

 


↑ 1930年(昭和5年)32歳。歌舞伎座にてオペラ「椿姫」に出演。左より土方与志(1898-1959)、関屋敏子(1904-1941)、本人、山田耕筰(1886-1965)

 


↑ 1931年(昭和6年)の夏。スイスのサンモリッツにて、あき夫人と

 


↑ 1932年(昭和7年)34歳。長男、義昭氏と

 


↑ 1937年(昭和12年)ハンブルクにてピンカートン役

 


↑ 1939年(昭和14年)41歳。華北の旧日本軍を慰問。左はピアノ伴奏の加納和夫氏

 


↑ 1952年(昭和27年)54歳。歌劇団員28名を連れて第一次渡米公演。あき夫人と途上の船中にて

 


↑ 1964年(昭和39年)66歳。東宝ミュージカル「ノー・ストリングス」に出演。

 


↑ 1970年(昭和45年)72歳。TBSドラマ「オランダおいね」にシーボルト役で出演。丘みつ子さんと

 


↑ 本人談。誕生日が三つ!

...さらに情報を追加していこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィクトリア・ムローヴァの亡命(1983年)

2017-05-20 23:16:35 | メモ

FOCUS誌1983年7月22日号にヴァイオリニスト、ヴィクトリア・ムローヴァ(Viktoria Mullova, 1959年生まれ)がソ連から亡命したときの様子が載っていました。彼女は当時まだ24歳。

----------------
1982年のチャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門で第1位になったムローヴァは翌年1983年の6月から7月にかけてソ連文化省下のアーティスト・マネジメント機関「ゴスコンツェルト」の主催でフィンランド演奏ツアーを続けていた。

1983年7月2日、スウェーデン国境まで約200キロのクーサモで演奏会を開き、翌3日、伴奏ピアニストのヴァフタング・ジョルダニア(Vakhtang Jordania, 1943-2005)とともに「市内観光」と称して街へ出た。監視役の文化省の役人がホテルで昼寝していている隙にである。街にはフィンランド人の協力者がいた。彼の手引でタクシーに乗り、そのまま国境を越えてスウェーデン領内に入り、警察に亡命・保護を申し出たのである。

その後、ストックホルムのホテルに着いた彼女は3日間沈黙を守っていたが、7月7日になってようやく心境を明かした。

「私たち、駆け落ちではありません。ジョルダニアさんは以前から亡命を考えており、私もチャイコフスキー・コンクール優勝後、外国に行きたいと考えていたのです。政治的な理由からではなく、音楽上の理由で...。ソ連の中では、機械のように動かされるだけで、芸術家として好きな曲が弾けない。もっと自由に演奏活動がしたかった。たまたまそういう考えの二人が同じツアーを組むことができて、亡命のチャンスを狙っていたわけです。ただ、同行の役人の監視がきびしくて...。3日に失敗したら、6日にもう一度挑戦するつもりでした。いま、米国行きのビザを申請しています。米国には友人が何人かいますので、演奏活動も当然そこですることになると思います。」

関係者の間では、彼女の亡命の背景には師レオニード・コーガン(Leonid Kogan, 1924-1982)の急死がからんでいるともいう。彼女がコーガンの死で大きな後楯を失ったのにひきかえ、チャイコフスキー・コンクールで彼女と一位を分け合ったヴァイオリニスト、セルゲイ・スタドレル(Sergei Stadler, 1962年生まれ)がソ連楽壇でチヤホヤされていることへの反発もあったようである。モスクワには母親と妹、若い婚約者もいるという。


↑ 亡命直前、ヘルシンキでリハーサル中のムローヴァとジョルダニア。
文化省から彼女に貸与されていたストラディヴァリウスはホテルに残していったそうです。

------------------

。。。昼寝していた監視役さんはどうなってしまったんでしょうか?(そこじゃない)

情報を訂正・追加していきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラヤンが指揮した上智大学管弦楽団(1973年)

2017-04-27 01:17:11 | 学生オーケストラ

カラヤンが指揮した日本のオーケストラはN響だけではなかった!しかも学生オーケストラだった。。

すべては一人のミラクル・ガールの行動から始まったようです。

以下、『音楽現代』1974年2月号より。

-------------

カラヤンが指揮した日本のアマ・オーケストラ 平野浩



来日中のカラヤンがアマチュア・オーケストラを指揮した!......このハプニングな出来事は、昨秋、ラジオ、テレビでも報道されたので、すでに御存知の方も少なくないに違いない。

来日の飛行機も別なら寝食も別。ベルリン・フィルの楽員はもとより、コンサート・マスターでさえ、滅多に話もできない程神格化されている。「帝王」カラヤンを引っ張り出し、五十分間の練習を指導してもらったこのラッキーなオーケストラは上智大学管弦楽団。メンバー九十三名。ベートーヴェンの畢生の大作、第九交響曲にとり組んでいた。

勿論、まともにカラヤンなり、NHKなりに申込んでもOKになる筈がない。だいいちギャラはどうする?......誰でもここまで考えてあきらめるだろう。いや考えてもみないだろう。ところがこのオーケストラでチェロを受持っている二十歳の可愛らしいお嬢さん(外国語学部二年生)は違っていた。

「仲間がきっと喜んでくれると違いないと思って......」彼女は単身カラヤン氏に会見を申込むのである。「いくら偉大な指揮者でも同じ人間なのだから、一生けん命たのめば願いが通じるかも知れない」と思った彼女は、まずマネージャーに追い返される。「重大な用件」は彼女の告げた通り、彼女にとってはまさしく重大だったのだが、マネージャー氏の基準には当てはまらなかったのだ。部員一同の署名を集めた彼女は、「お小遣いの範囲で......」千円のミカンを手土産に、憶せずもう一度宿舎へ。廊下で幸運にもカラヤンにばったり出会った彼女は、「三十秒でも結構ですから、是非私達のオーケストラを指導してください」と必死のドイツ語で話しかけたところで、再びマネージャーが現われ、カラヤン氏を彼女から引離して連れ去ろうとする。しかしこのとき、カラヤン氏はマネージャーに命じて彼女の名前と電話番号を控えさせたのである。

一筋の光明を見出した隅部まち子さんは、その夜のコンサートに駆けつけ、花束の中に緬々と願いを綴った手紙をしのばせて差出した。カラヤンは彼女を覚えていて声をかける。NHKの職員が割って入って彼女を隔てるが、カラヤンは大声で明後日練習場に来るように呼びかける。翌々日彼女はたった一人で、だだっ広いNHKホールでカラヤン氏とベルリン・フィルの練習を聴いたのである。例によってNHKの職員に注意され、つまみ出されかけるが、カラヤン氏は自分が許可したのだからと制止する。

筆者は判官びいきの余り、マネージャー氏や管理主義・権威主義の殿堂であるNHKを仇役に仕立てるつもりはない。彼等は有能な官僚機構の一員であり、拒絶的反応や発想は、いわばその当然の産物だからである。いずれにしてもカラヤン氏はNHKを押し切って彼女の願いを入れた上、その晩の招待券を彼女に贈った。コンサート・マスターのシュヴァルベ氏(Michel Schwalbé, 1919-2012)もその晩の独奏を彼女に献呈すると申し出る。彼女の心意気が彼等の心を揺り動かしたのである。

感涙にむせびながら彼女はこのとき、幼ない頃父親に聞かされた映画「オーケストラの少女」の場面を想い出したという。貧しい楽士だった父親の楽団の窮状を見兼ねたその少女は、楽団を盛り立てようと単身練習場にもぐり込み、天下のストコフスキーを連れ出したのだった。隅部さんの父(医師)は昔、何度も何度もこの映画を繰り返して見たのだそうである。

「オーケストラの少女」の願いがかなえられ、カラヤン氏はいよいよ上智大学にやって来る。「門を入るまで信じられなかった」と彼女は言う。「夢のような」この成り行きに緊張し切った学生達の練習を、カラヤン氏は腕組みしたままじっと聴き入る。指揮をしていたのは民音指揮者のコンクール入賞の新進、汐澤安彦君。

そのうちにカラヤン氏は「各セクションの技倆を値踏みするように」「厳しい目つきで」練習場の中を歩きはじめる。やがて練習をとめて指示を与え、遂に自分で振りはじめたのである。

A「天来の音楽性というか、そうあるべき音楽がそこに示されたという印象でした」

B「確信をもって、からだ全体でそれをしめしてくれているという感じ」

C「こう弾けというのではなく、下手ながらにもそう引き出されてしまうのです」

感動いまださめやらぬ面持ちで交々語る彼等の言葉の端々に、その驚きが素直に表現されている。やはりカラヤンは偉大な指揮者だった。

A「テレビなどで見るとわかりにくそうに見えたけれど、実際に振ってもらうと、とてもわかり易かった」

D「常にレガートであること、音の流れを途絶えさせないこと、フレージングを永く充分に保つこと、ppを大事にすることなど大切なことを教わりました」

E「日頃指揮者から注意されていることと基本的には同じことを注意されていたのです」

F「しかし説得力は違いました。適度にリラックスさせながら集中させていくテクニックは素晴らしい」

G「テープをあとで聴いてみても驚く程ふっくらした音になっているのです」

H「レコードで聴いているカラヤンのあの感じ。アマチュアに要求することもプロに要求することも根本的には同じなんだナと思いました」

なる程カラヤン氏は核心にふれる貴重な示唆を遺した。息の永いフレージング、途切れない音の流れ......は最も大切な音楽的表現の一つであり、しかもとかく我々日本人が苦手とするところ。レガートも音楽の基本である。ppを大事にすることはダイナミック・レンジの拡大につながる基本。リラックスと集中こそは指揮者の欠いてはならないテクニック。アマチュアでもプロでもよい演奏を目指す方向に変わりがある筈はない。「日頃注意されていることと同じことを注意された」ことに気付いたのは今後のためにとてもよいことだった。

A「とても真面目な芸術家という印象でした。単純で、基本に忠実で、無理が全然ない」

B「カラヤンについてのとかくの批判も耳にしていましたが、みんな誇張された中傷だという感じでした。実際に接したカラヤンは音楽に厳しく、人間的には暖かい誠実な人で、虚飾やはったりなど全くみられませんでした」

百の虚像よりも一つの素顔は力強い説得力を持つ。カラヤンは自らの虚像に溢れる日本に、実像を投じたのである。

G「勿論一人残らずカラヤンの崇拝者になりました」

H「カラヤンは僕達に自信を与えてくれました」

I「一人一人があれ以来とても楽しくなり、オケに入って本当によかったと言っています」

カラヤンは「君達のオーケストラを、ドイツで行われるアマチュア・オーケストラのフェスティバルに招待するよう大臣に話そう」と言って帰った。びっくりついでに後日談にも期待しよう。

彼女の功罪は客観的には総合的なバランス・シートの上で判断すべきである。カラヤンはこの上智訪問のため、ベルリン・フィルの午前の練習を短く切り上げ、更に午後のレセプションを45分おくらせた。キリキリ舞いをさせられた人もいた筈だからである。ただ確かなのは、練習を短く打ち切ったその晩の演奏が完璧な名演だったこと。そしてその一日中、どうしてカラヤンが上機嫌だったのか楽員もいぶかしんだという。

もし、この出来事を、はね上りの娘さんの気まぐれな衝動と、大向う受けをねらったカラヤンのハッタリ......というように受け取る人がいるとするなら、それは間違いである。筆者は実際に彼等に会って確信を持つことが出来た。不可能を可能にしたのは「仲間が喜んでくれると思って」私欲なしにひたむきに行動した一人の女子学生の誠意が通じたものである。じっと視線をそらさない彼女のひとみは、こわいくらい澄み切っていた。そしてこの娘さんをひたむきに行動させる背景となった仲間も素晴らしかった。音楽することへの情熱に燃えている、しかも謙虚な仲間達だった。

カラヤン氏も素晴らしかった。短いひとときの間に貴重な教訓と自らの実像を伝え、そして何よりも彼女が信じた通り、国境や世代や、大家とアマチュアの違いを超えた、音楽する者同士の暖かい友情と信頼を永遠に遺したのであった。

 

↑ この女性こそ、隅部さんなんでしょか?

 

 ↑ カラヤンが指揮している!

 

 ↑ はい、やってみんしゃい

 

↑ この状況では汐澤安彦さん、男らしくどっさりビビりますよね。



。。。情報を追加していきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習中の声楽家・田中路子(1954年)+オーストリア映画出演(1935年)

2017-04-23 14:22:28 | 日本の音楽家

【2016年4月22日の記事に田中路子さんの映画出演の画像を追加しました】

アサヒカメラ1954年9月号から、神田生まれでヨーロッパで長く過ごした高名な声楽家・田中路子さん(1909-1988)の写真です。近衛秀麿さんとの善からぬ仲が噂になったことがあったとか?

この画像は、アサヒカメラの月例入選写真として紹介されており、三等賞になっています。

一等にも二等にも選ばれなかった理由は「力弱いのは、ピアニストの顔を出してしまったこと」であり、「田中路子の左腕のヒジのところから右を切り捨て、楽譜の左下の端から下部を切り落したら、グッと緊張した作品」になったという評が添えられています。

1枚の写真の構図としてはそうなのかもしれないけど、この外人ピアニストが誰なのか、もしかしたらダンナなのか?等の謎を残してくれた撮影者の名古屋の「内海薫」さんには感謝。

田中路子さんの練習現場にズカズカ踏み込むことのできたアマチュア写真家の内海さんってそもそも如何なるかたなんでしょうか?(調べます)

 

(追記)

アサヒグラフ1935年12月11月号より、田中路子さんが出演したオーストリア映画『恋は終わりぬ』(原題 'Letzte Liebe')の写真です。

ウィーンの音楽生活と悲しい恋愛を描いた映画。

田中さんと一緒に主演した役者(ピアノを弾く男性)は、なんと、シューベルト映画の名作『未完成交響楽』のシューベルト役、ハンス・ヤーライ(Hans Jaray, 1906-1990)。

 

。。。この映画、見てみたかったけど自分が検索した限りYouTube等にはありませんでした。残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指揮者・大町陽一郎氏とインゲボルク夫人の北海道旅行(1961年)

2017-04-11 23:59:29 | 日本の音楽家

『婦人公論』1961年10月号から、東京フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者に就任したばかりの大町陽一郎氏(1931年生まれ)とドイツ人のインゲボルク夫人の北海道旅行のようすです。

↑ インゲボルクさんはベルリンに留学中の大町氏と出会って結婚されたそうです。

↑ 井上陽水っぽ。

。。。ラブラブでほとんどコメントを付けられないザマでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加