チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

N響を指揮するジャン・マルティノン(1953年初来日、船山克氏撮影)

2017-02-22 23:42:03 | 来日した演奏家

フランスの名指揮者、ジャン・マルティノン(Jean Martinon, 1910-1976)は1953年に初来日してNHK交響楽団を指揮しました。

そのときの画像がアサヒカメラ1954年3月号に掲載されています。

撮影したのは写真家の船山克氏(1923-2012)。

日比谷公会堂でN響を指揮するマルチノンを撮ることになって、さてどこから撮ろうかと考えた。観客席、配電室、あるいは舞台の袖といったところは、今までに使いつくされていて面白くない。N響の有馬氏に無理に頼みこんで、舞台の一番後のピアノの陰に入れてもらった。ストラヴィンスキーの「ペトルシカ」のピアノのパートを弾いていたお嬢さんは、さぞ迷惑だったことだろう。(中略)日本光学の新製品、ニッコール105ミリF2.5のレンズをニコンにつけて、私の指は夢中で彼の動きを追いかけた。かなり無謀な撮影だったけれども、観客席に背を向けた指揮者ではなくて、オーケストラの側から、マルチノンの真剣な表情や姿を捉えることができたのは、私の大変な喜びだった。」

ピアノを弾いていた「お嬢さん」というのはどなたのことでしょうか。高良芳枝さん?



上の写真の左にはチェロの大村卯七さんが写っています。

大村さんの「ぼうふりものがたり」ではマルティノンの素晴らしい人間性について書かれています。N響のメンバーからは人一倍の人気を集めていたようですね。

。。。正確な日付、当日の曲目等の情報を追加していきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメラが趣味だったマリオ・デル・モナコ(1959年、イタリア歌劇団来日)

2017-02-05 00:45:28 | 来日した演奏家

イタリア歌劇団は1956年に初来日し、1959年に再び来日しました。

その公演には名テノール、マリオ・デル・モナコ(Mario Del Monaco, 1915-1982)が登場。


↑ カルメンでドン・ホセを演じるデル・モナコ。カルメンはジュリエッタ・シミオナート(Giulietta Simionato, 1910-2010)。

 


↑ 自宅。左は奥様。デル・モナコの右はテレフンケン社製の超高級テープレコーダー

 


↑ 自分の歌声を録音しながら練習。テープは残っているんでしょうか。


デル・モナコは非常に多趣味なことでも有名だったそうです。

特にカメラ撮影の腕前はプロ並みで、自宅には暗室もありました。



↑ 金庫には高級カメラがいっぱい

 


↑ デル・モナコ自身が設計した自宅の暗室

 


↑ 自分で撮影した写真の現像、焼付けまで行う。

そんなデル・モナコは日本にも多くのカメラを持参したそうですが、日本報道陣の舞台撮影のための望遠レンズ軍団には驚き、是非一台買いたいと言ってたようです。

 


↑ 日本の望遠レンズに驚くモナコ

。。。どんなレンズを買ったのか知りたいです!

(『国際写真情報』1959年4月号より)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オボーリン初来日、公演プログラム(1956年)

2017-01-17 22:49:35 | 来日した演奏家

1956(昭和31)年秋にソ連のピアニスト、レフ・オボーリン(Lev Oborin, 1907-1974)が初来日しています。


↑ 公演プログラムの表紙。けっこうハイカラですね。




↑ご尊顔

 


↑ 公演日程。

9月29日(土)の日比谷公会堂から10月31日(水)までの約1ヶ月で各地をまわっています。スポンサーは読売新聞社。

10月16日と17日は協奏曲を演奏したということでしょうか。

 



↑ 初日チケットの半券。2階席で800円って高いのか安いのか?



以下、演奏曲目です。

(プログラムA)



(プログラムB)


(プログラムC)

↑ Cプロにはロシア物が入っていません。


(コンチェルト)

↑ オーケストラ、指揮者等はわかり次第書き込みます。



最後に、同じプログラム内の新世界レコードの広告です。



「来朝記念吹込」とありますが、もしかしたらこの来日公演の様子を録音したとか。。?
違うとは思いますがもしそうなら是非聴いてみたい。



。。。公演プログラムには当然ながら実際の演奏の様子は書かれていないため、どうしても無機質な記事になってしまいがちなので情報を追加していこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指揮者・山田一雄の新婚家庭(1950年)

2017-01-06 23:08:52 | 日本の音楽家

大指揮者、山田一雄(1912-1991)の新婚家庭のようすが「主婦の友」1950年3月号に掲載されています。



このとき、山田一雄(和男)さんは37歳ですね。

奥様の淑子さんはピアニスト。ネット情報によると山田一雄氏はヴァイオリニスト「御秩子さん」と結婚されたとあるので、事情があるのかもしれません。

 

↑ お母さんかわいそう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マリア・カラス、1974年来日時の生写真

2017-01-03 22:48:11 | 来日した演奏家

マリア・カラス(Maria Callas, 1923-1977)は1973年と1974年に来日しており、1974年にはジュゼッペ・ディ・ステファノ(Giuseppe Di Stefano, 1921-2008、テノール)とリサイタルを行ったそうです(Wikipediaより)。

そのとき撮影された生写真が3枚ありました。


↑ 1974年10月10日、ホテル・オークラでの記者会見

 


↑ 東京・NHKホールでのリサイタル。実際は赤い衣装

 


↑ ステファノと。



このリサイタルの模様はDVDになっており、YouTubeでも見ることができます。

情報を追加していこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加