チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

練習中の声楽家・田中路子(1954年)+オーストリア映画出演(1935年)

2017-04-23 14:22:28 | 日本の音楽家

【2016年4月22日の記事に田中路子さんの映画出演の画像を追加しました】

アサヒカメラ1954年9月号から、神田生まれでヨーロッパで長く過ごした高名な声楽家・田中路子さん(1909-1988)の写真です。近衛秀麿さんとの善からぬ仲が噂になったことがあったとか?

この画像は、アサヒカメラの月例入選写真として紹介されており、三等賞になっています。

一等にも二等にも選ばれなかった理由は「力弱いのは、ピアニストの顔を出してしまったこと」であり、「田中路子の左腕のヒジのところから右を切り捨て、楽譜の左下の端から下部を切り落したら、グッと緊張した作品」になったという評が添えられています。

1枚の写真の構図としてはそうなのかもしれないけど、この外人ピアニストが誰なのか、もしかしたらダンナなのか?等の謎を残してくれた撮影者の名古屋の「内海薫」さんには感謝。

田中路子さんの練習現場にズカズカ踏み込むことのできたアマチュア写真家の内海さんってそもそも如何なるかたなんでしょうか?(調べます)

 

(追記)

アサヒグラフ1935年12月11月号より、田中路子さんが出演したオーストリア映画『恋は終わりぬ』(原題 'Letzte Liebe')の写真です。

ウィーンの音楽生活と悲しい恋愛を描いた映画。

田中さんと一緒に主演した役者(ピアノを弾く男性)は、なんと、シューベルト映画の名作『未完成交響楽』のシューベルト役、ハンス・ヤーライ(Hans Jaray, 1906-1990)。

 

。。。この映画、見てみたかったけど自分が検索した限りYouTube等にはありませんでした。残念。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指揮者・大町陽一郎氏とイン... | トップ | カラヤンが指揮した上智大学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。