★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

2005-06-22 03:38:51 | 映画(ら行)
いつも観に行く「チネチッタ川崎」では上映されてなかったので・・・
今回はひらりん初見参の「109シネマズMM横浜」で観て来ました。
新しいシネコンなので、シートが馴染まず、ちょっと動くたびにミシミシいうのが気になったぁ。
この映画、主演はひらりん好みのショーン・ペン。
相変わらず、病んだ人間役がハマリまくりのオスカー俳優。
原題は「THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON」。
2004年製作のヒューマン・ドラマ、107分もの。

あらすじ
一年前から別居中の妻子がいる神経質な男、サム・ビッグ(ショーン・ペン)。
家庭を取り戻すために事務機具のセールスマンという定職に就く。
ガッ、そこの社長が超やな奴。
誠実に生きたいと願うサムの心を踏みにじるがごとく詐欺師まがいの商法。
サムは黒人の親友ボニーに愚痴なんかをこぼすが・・・
テレビにはいつもニクソン大統領の演説シーン。
社長いわく、ニクソンは「世界一の商売人」。
いつしか、サムの心にはニクソン大統領への憎悪の気持ちが芽生え始める。

ここからネタバレ注意↓(反転モード)
ショーン・ペンだから演じられるダメダメ人間。
心が病んだ人・・・いや誰もが心を病む可能性がある社会だったんですね。
ホント悪循環。
話は
離婚の確定通知書が届き、離婚確定・・・ショッッック。
(妻・マリー役のナオミ・ワッツも幸薄役が多いねっ。)
会社も辞めてしまい・・・無職・・・・ムショッッック。
親友ボニーとの共同事業も融資が下りず・・・
融資が下りないのは黒人差別のせいだ・・・なんて考えて
人種差別反対団体に寄付してみたり・・・
兄のタイヤ会社を騙そうとしたのがばれて勘当される・・・
どんどん落ちていく中で思いついたのが・・・大統領暗殺。
自分の存在がたとえ砂漠の中の一粒の砂でも・・・何かやらねば・・・
でもって飛行機をハイジャックしてホワイト・ハウスに突っ込む計画を立てる。
入念なシュミレーションをしたのに、けっこうな大仕事にビビリまくりのサム。
拳銃を隠すつもりで履いてた義足もなんのその・・・
猛ダッシュで入場ゲートを突破し、見事ハイジャック成功。
しかし、飛び立つまでも無く、反撃されちゃう・・・
あっけなく銃殺されてしまい・・・ジ・エンド。
という、転落まっさかさまストーリー。

まともに生きようとしても、真面目すぎたり、不器用だったり。
社会から疎外感を感じ、焦り、出てきた答えが暗殺計画。
実に胆略的だけど、これが追い詰められた人間の怖さなのかも。

この映画は1974年ごろの実話をもとにしたフィクション・ドラマ。
どの部分がフィクションなのかは解りませんが・・・
きっと大半が実話なのだと思います。
ここまでネタバレ注意↑

ショーン・ペンのダメダメ人間ぶりが好きな人のみオススメです。
ストーリーは、サプライズなしの成り行きどおり。
ということで今回は
ダメダメ人間度・・・★★★
S・ペンじゃなければ出来ない役だったと思います。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「バッドマン ビギンズ」 | トップ | 「TAXI NY」 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ショーン・ペンよかった!!! (歩くオレンジ)
2005-06-24 00:24:11
若い頃の頼りなさげなかわいらしさを残したまま

いい俳優になりましたね。

久しぶりに劇場で見てびっくりしました。

「21グラム」も彼ですよね? 見たかった。



私もこの映画みたさに片道6キロの道のりを自転車でぶっ飛ばして

隣町まで見に行きました♪



TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-06-24 00:34:17
ひらりんさんも、タイプなんですね?>ショーン・ペン。いいですよね。凄いですよね。たまりませんよね。今一番油がのっている役者さんかも。これは重い映画でしたけど、彼なしでは考えられないキャストでしたね。「頑張って生きるぞ」(感想)

歩くオレンジさんもすごいですね。隣町ですか? 根性です。ぶっ飛ばした甲斐があったのでは?
TBありがとうございます。 (NAGARE)
2005-06-25 00:11:15
この映画はまだ観ていないのですがとても楽しみの作品です。

できれば、劇場で観たいのですが・・・

時間との戦いです。(笑)

また遊びに来てくださ~い!!
ありがとうございます! (ちい坊)
2005-06-29 07:30:29
ひらりん様



こんにちは!

トラックバックありがとうございました。



「ショーン・ペンのダメダメ人間ぶりが好きな人

のみオススメ」とコメントされていて驚きました。



ショーン・ペン独特の(?)「目が笑っていない」

演技には、惹かれますね。でも怖い・・・(笑)

TBありがとうございます (華やぐ時間)
2005-07-01 00:06:42
器用に あるいは 少しいい加減に生きられないサムの資質

内面に寄り添えば 十分サムに肩入れしたくなる物語でしたが

現実に身近に こういうある意味で真面目な人間がいたら わたしはお付き合い出来るかしらン



暗殺へ気持ちが向かっていくシーン

居間で大きなソファに座って テレビの中のニクソンを見ている場面が とても印象的です
Unknown (アンディ)
2005-07-02 00:33:06
こんにちは。TBどうもありがとうございます!

ほんと、無職って、ムムムショック。。私も上司に不当に?職を追われたりしたら、こういう思考回路にならないとも限らないのでは、と怖いです。



ショーン・ペンは、演技が秀逸なだけでなく、イラクやイランに行ったりする社会派なところも好きです。

賛否両論はあると思いますが、自分の信条を打ち出して行動できる人はかっこいいと感じます。
どうも (すなふきん)
2005-07-14 07:36:45
いつもTBありがとうございます。

何だかいつも同じ挨拶……すんません。

ショーン・ペン好きなんですね。

サムの孤独を過剰にならない演技で上手く演じていました。

良い役者です。
私はあんまりお勧めしません。 (kats)
2005-07-14 18:51:08
ショーン・ペンは確かにスンバらしい演技をしていました。もちろん脇を固めるドンなどはすばらしかったのですが、

私はこの映画に共感はできませんでした。あまりにも自分の中の問題を解決しようとせずに、社会のせい、彼の環境のせいにするのはどうかと思いました。

確かに、サムのような人間はいますが、あまりにも監督らの演出が極端すぎたと感じるのは私だけでしょうか? あれで、テロを起こそうとしたことに対して、何が共感できますか? 本当のテロリストがそんなお粗末な理由にたいして怒るでしょう。
TBありがとうございました (can)
2006-05-28 03:06:56
好きなタイプの映画ではないけれど、ショーン・ペンの熱演には参りました

昔はブチ切れ男ばかりだったのに、最近の彼はすっかり演技派で、惹き込まれちゃいますね
ショーン、目が笑ってないってっ! (oguogu)
2007-01-19 03:03:07
TB&コメントさせて貰いますね~
 ショーンってちょっと精神的に参っちゃってる雰囲気でまくりでしたねw
 内容はお世辞にも褒められたモノではありませんが、純粋にショーンという人物のすごさを見るには良い映画だったと思います。
同感です (ひめ)
2007-02-25 01:33:56
ショーン・ペンでなければ出来なかったと私も思います。
すごくはまっていましたよね。
ショーン・ペンがすっごくダメで情けなく見えました。
映画によって、ほんと別人に見えますよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Saturday In The Park)
監督:ニルス・ミューラー 出演:ショーン・ペン     ナオミ・ワッツ     ドン・チードル     ジャック・トンプソン なんでも1974年のニクソン大統領暗殺未遂事件を基にした作品とのことで 当初は孤独なプロの殺し屋(「ジャッカルの日」のような)の
The Assassination of Richard Nixon★★★★☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 『転職してセールスマンになったサム・ビックは、慣れない職場に居心地の悪さと不満を感じつつ、別居中の妻マリーとの復縁を願う日々を送っていた。\"嘘\"で固められた人間ほど得をしていくシステムに苛立ちを感じ、その全ての責.
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (TOKYO電波系日記)
(なぜか『バットマン・ビギンズ』のネタバレ若干あり。)『ザ・インタープリター』でのショーン・ペンに惹かれ、『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』を見ました。マドンナと結婚した、ヒモしょ・・・じゃない、火野昌平みたいな俳優、というイメージしかなかったんだ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (~~映画見ちゃいました~~)
監督: ニルス・ミュラー  製作: アルフォンソ・キュアロン,ホルヘ・ヴェルガラ、レオナルド・ディカプリオ 脚本: ニルス・ミュラー,ケビン・ケネディ  撮影監督: エマニュエル・ルベッキ  音楽: スティーヴン・スターン  出演: ショーン・ペン,ナオミ・ワッツ,
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (cococo)
緊張感が、持続する。ショーン・ペンの演技は、ものすごい迫力とリアリティだ。 空港
正しいだけでは生きてはいけない 「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (平気の平左)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 評価:70点 今回はちょっとだけネタバレしてます ショーン・ペン主演の社会派人間ドラマ。 一人の不器用で純粋な男がニクソン暗殺を決意するまでの転落を描いたもの。 「暗殺」という単語から想像されるような派手なアクションシ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
さて、週末がやってきました。 本日1本目は「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」です。   1974年に実際に起きた事件を基として作られた作品です。   結構面白かったです。期待通りかな。 社会に不満を持ち、その仕組みに適用できなくなり、何もかもが嫌に
The Assassination of Richard Nixon (2004)リチャード・ニ... (jajaの映画日記)
たまたま『バス174』と同じ日に見て、両方とも\"~ジャック事件\"(そういえば「乗っ取り事件」とは言わなくなったなぁ…「乗っ取り犯」とは言うか…)。しかし前者が現実の事件(そこに映っていること)からあふれ出てくるような豊かさ、はみ出てくるような過剰さがあったの
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』  ☆☆★★★ (映画VS氣志團&タイガー)
久々に劇場に行きました。なんと10日ぶり!!まずは1本目。 『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 監督:ニルス・ミュラー 製作:アルフォンス・キュアロン他 製作総指揮:レオナルド・ディカプリオ、アレクサンダー・ペイン他 出演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ
映画: リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Pocket Warmer)
邦題:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 原題:THE ASSASSINATIO
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (まったりでいこう~)
映画を観てこんなにストレスを感じたのは初めてです...。仕事関係で毎日のようにストレスを感じているというか溜めているというのに...。 ショーン・ペン演じるサム・ビックがとにかく不器用で小心者。会社の上司に言われるままに行動するものの、でもそれに対する不満があり
リチャードニクソン暗殺を企てた男 (シネマ日記)
実話を基にしたフィクションということらしい。実際の事件では被害者もいることだし、彼を美化することはいけないし、もしかしたら実際の彼はただのサイコだったのかもとは思いますが、単に映画を見ての感想ということで。 タイトル通りリチャードニクソン暗殺を企てた男サ
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (ラムの大通り)
-----これまたズバリのタイトルだね。 ニクソンってウォーターゲート事件で失脚した大統領だよね。 彼、命を狙われていたの? 「うん。ニクソンはベトナム戦争を泥沼化させた張本人とも言われていたし、 当時アメリカ国民の間では けっこうフラストレーションがたまっていた
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ほな部日誌)
★★★★☆  新宿高島屋の12階に向かった。劇場に入ると、初めて味わった圧迫感。やたらと座席の配置が急傾斜なのだ。しかしスクリーンは大きい。チケットを一時間以上前に張り切って購入し、入場開始直後にダッシュで一番後ろの真ん中の座席をもぎ取る。そんなに焦らずとも
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:ニルス・ミュラー 原題:The Assassination of Rich
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ようこそ劇場へ!)
40年代後半のアメリカ社会の矛盾を、セールスマンの挫折を通して描いたアーサー・ミラーの名作舞台劇『セールスマンの死』で、ウィリー・ローマンの《アメリカン・ドリームの幻想》は既に看破されていた。 70年代には、マーティン・スコセッシ監督の『タクシー・ドライバ
リチャード・ニクソンの暗殺 (SEA side)
 本稿のタイトルは原題をそのまま訳したが、実際に暗殺が実行されたわけではないので、邦題はより正確に「~を企てた」を入れやたら長くなっている。(→邦題:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男)  何をやってもうまくいかないのを誰のせいにするか。その矛先にたまたま
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (日々徒然ゆ~だけ)
 ショーン・ペンは職人気質の頑固者。だが,彼はその義憤や不満を,演技にぶつけ周囲にアピール出来る舞台と才能があった分,幸福なのかもしれない。 劇中のサム・ビックはそんな環境も,実力も持ち合わせず,己のふがいなさを嘆くばかりで,手前でなんとかしようとは思わ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (PICO*THEATRE)
あまりにも孤独で、あまりにもナイーヴなテロリスト。好き度:★★★★☆期待通り、いや期待以上に「ダメ人間」振りが凄まじくてブルブル震えました…。私はテロリストというものは良くも悪くも純粋で「世界の不条理」が納得できない人がなるものだと考えていました。この作品
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (映画大陸)
 2001年9月11日、NYでジェット機が貿易国際センタービルに突っ込むと言うテロ事件発生。  最初、ニュースでビルに飛行機が突っ込み瓦礫と化す映像を観たときには本当に映画の中で起きている出来事かと思ったくらいです。  そんな夢ともうつつとも判断がつかない状況下で
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (It\'s a Wonderful Life)
1974年、ハイジャックしてニクソンのいるホワイトハウス に突っ込んで暗殺しようとした男の実話に基づいた物語。 かなり後味、というか劇中、つまり中味の悪い映画です。 原題も邦題とほぼ同じ\"The Assassination of Richard Nixon\" って観客は知ってしまっ.
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (あ~るの日記@ココログ)
ショーン・ペン主演の映画『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』を観た。役が役だけに個性的な演技で気合が入ってたが、ちょっと空回り気味。ラストに至る理由が良く分からなかったし、次第に狂気に駆られていったと云うより、最初からちょっと問題ある人にしか見えなかっ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Remeber Tomorrow)
原題は“THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON”。訳すと「リチャード・ニクソン暗殺」。“企てた”も無ければ“男”も無い。どうでも良いかもしれないが、やたら長い邦題にするよりはそのまま直訳でも良かったのではないだろうか。 物語は1974年2月22日、ひとりの男がワ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (或る日の出来事)
(c)2004 Thinkfilm Inc. All right reserved.THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON2004年 アメリカ作品監督 ニルス・ミュラー出演 ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル、ジャック・トンプソンナオミ・ワッツ嬢目当てで観に行った。失敗。あまり出番がなか
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (cinemaworldinjapan)
オフィシャルサイトいよいよ明日公開。約30年も前に民間機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させ、大統領暗殺を企てた男がいた・・・これはまさしく、あの9.11テロ事件を思い出させるような感じです。この映画は実話です。内容は・・・仕事、そして、家庭を失い、ど...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (the borderland)
映画のジャンルは全く違いますが、「サイドウェイ」の主人公たちのダメっぷりには共感できても、サム・ビック(ショーン・ペン)には哀れという感情しか出てこなかった。私も営業をしてるので、良心の呵責に苛まれるとまではいかないまでも、これでいいのかと思うことはある
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (歯医者さんを探せ!)
      THE ASSASSINATION    OF RICHARD NIXON    \'04・アメリカ・107分    オフィシャル・サイト   映画生活      実在の事件からヒントを得て、本作で劇場長編デビューのニルス・ミュラー 監督が脚本も手がける。監督は「多くの脚本家が、シ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Timeless Fascination Diary)
ショーン・ペン無くして成立しない映画だろう。 「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」を観た。 ペン演じるサム・ビックは家族から見放され、自分が働く家具屋の俗っぽい社長に嫌気がさして仕事も辞めてしまう。やがて、自ら精神的に崩れていきハイジャックを実行しよう
映画『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦す
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (藪の中)
 昨日、テアトル梅田で\"リチャード・ニクソン暗殺を企てた男\"を見た。客は僕を含めてたった、4人。ここには何度か日曜日の最終回に来ているがいつも極端に客が少ない。  久しぶりに映画見てすぐにこれを書いている。 じつによかった。the interpreterを見たとき、ショー
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (映画) (映画と本。)
3点 つか個人的すぎない?俺あらすじ:ボルティモア空港で一人の男が銃を構え飛行機に乗り込む、それはハイジャックしてリチャード・ニクソンを暗殺するため。一人の孤独なテロリストはあまりにもナイーブだった。監督:ニルス・ミュラー キャスト:ショーン・ペン、ナオミ
『リチャードニクソン暗殺を企てた男』 (浮遊日記)
『リチャードニクソン暗殺を企てた男』 監督 : ニルス・ミュラー 主演 : ショーン・ペン / ドン・チードル / ナオミ・ワッツ 気づいたら今月ももう終わり。今月はまったく更新する気になれなかった。。。 今日からまたちょっとづつ更
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Take It Easy !!)
ディカプリオがプロデューサーとして名をつらね、暗殺者の役を名優ショーン・ペン、そ
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ニルス・ミュラー 出演:ショーン・ペン 米国・メキシコ2004年 鬱だ……。 暗い。 もう、ダ
 映画  ”リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ” (華やぐ時間)
好きな俳優ショーン・ペンが リチャード・ニクソン暗殺を企てた男・・・ つまり狙撃手の物語かと思って観に行った    違ったなぁ 人は独りでいてはいけない   サム・ベックのそばには何も無い 心地よいあたたかいもの  やわらかなもの  香りのいいもの  朗ら
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
おそらく身近にいてもっともハタ迷惑な人間というのは「自分がうまくいかないのはすべて他人のせい」と思い込んでいるようなたぐいの人間だろう。 仕事も人間関係も恋愛もうまくいかず、そのくせ自分では大した努力もせず、ぐじぐじと社会への不満ばかり連ねているようなヤカ
41-リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (徒然日誌)
ニクソンに暗殺を企てた男ということで、先日観た「ザ・インタープリター」が結構よかったショーン・ペンが気になっていた。 ストーリーは人生何事にもうまくいかない男が、ちょうどウォーターゲート事件で揺れるニクソンを暗殺しようとハイジャックを企てるという感じだけど
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」評/余りに純真すぎた男の肖像 (I N T R O+blog)
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(2004 / アメリカ / ニルス・ミューラー) Text By 仙道 勇人  ウォーターゲート事件と言えば、事件から30年以上に渡って「ディープスロート」と呼ばれていた匿名情報提供者の正体が明らかになったばかりであるが、本作はそのウォータ
リチャードニクソン暗殺を企てた男(2005年) (ものぐる映画館・図書館)
監督 : ニルス・ミュラー出演 : ショーン・ペン     ナオミ・ワッツ     ドン・チードル切ない話であるが、コメディのようなにおいもある。監督の方針では、コメディタッチでも映画としては成立する。主人公サムビックは、どこにも居場所がない。そこら辺は
リチャードニクソン暗殺を企てた男 (スノアド日記)
リチャードニクソン暗殺を企てた男 を見てきました。 銀座テアトルという場所が事務所から非常に近いのでよくポスターを見ていたのですが、どうしても気になるタイトルだったので見に行ってきました。 ストーリーは、 しがないサラリーマン、サム(ショーン・ペン)は嫁と
ショーン・ペン Sean Penn  俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),17 August 1960,Santa Monica, California, USAThe Last Face(2005) In Search of Captain Zero (2005) All the King\'s Men (2005) ザ・インタープリター The Interpreter(2005) リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 The Assassination of R
ナオミ・ワッツ Naomi Watts 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),28 September 1968,Shoreham, Sussex, England, UKキング・コング King Kong(2005) ザ・リング2 The Ring Two(2005) Stay(2004) ハッカビーズ I Heart Huckabees(2004) リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 The Assassination of Richard N
かっこいいぞ。ショーンペン《リチャード・ニクソン暗殺を企てた男》 (アロハ坊主の日がな一日)
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』。タイトル通り、1974年、民間機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させる、という大統領暗殺計画を実行しようとした男の物語である。 筋肉質とか、軍隊あがりとかではない一介のサラリーマン、サム・ビック(ショーン・ペン)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (映画バカ一代)
ビックとは名ばかりの小心者で卑屈でありながら被害妄想癖のあるサム・ビック(ショーン・ペン)。別居した妻マリー(ナオミ・ワッツ)と子ども達との寄りを戻すことを生きがいにしているが、小心者ゆえにビジネスにおいて必要な嘘もつくことも出来ず思うような稼ぎを手にす
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ショーン・ペン主演 アメリカ大統領 リチャード・ニクソンを暗殺しようとした男の物語 主人公ショーン・ペン演じるサムが犯行に至るまでを描いている バーンスタインのベートーベン ピアノ・コンツエルン皇帝が流れる バーンスタインをサムは世界で一番純粋で正直だと
映画『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (EVERSMILE)
映画『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』を観ました。この映画は、弱い弱いアメリカの一国民が元アメリカ大統領、リチャード・ニクソンを暗殺しようとした事件に基づくものです。リチャード・ニクソンを暗殺しようとした男役をショーン・ペン、その彼の妻役をナオミ・ワ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ネタバレ映画館)
 ゼブラだよ、ゼブラ!またシマウマだ。白と黒、エボニー・アンド・アイボリー。しかし、癒される映画ではないな・・・  ショーン・ペンがサム・ビックという役名で登場することにより、『アイ・アム・サム』を思い出さずにいられない人も多かっただろう。セールスマンと
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (チラシコレクション (た~わ))
左裏「今から30年前、民間機をハイジャックし、ホワイトハウスへ突っ込もうとした男がいた。サム・ビッグ・・・あまりにも孤独で、あまりにもナイーブなテロリスト。彼は時代の渦中に封印された。 -それはすでに30年前に計画されていた- 全米が大絶賛!その衝撃がいよい
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (MoonDreamWorks)
 監督 : ニルス・ミュラー主演 : ショーン・ペン / ドン・チードル /     ナオミ・ワッツ 公式HP  「 THEASSASSINATIONOFRICHARDNIXON 」 レオナルド・ディカプリオ、アルフォンソ・キュアロン、アレクサンダー・ペイン。今をときめく大物たちがエー...
■リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ルーピーQの活動日記)
サム・ビック(ショーン・ペン)は、別居中の尊マリー(ナオミ・ワッツ)と3人の子供を取り戻すため、事務器具の販売員として再就職する。しかし不器用なサムは成績も伸びず、口先だけの営業を強いられることにも不満を感じていた。そんなある日、裁判所からマリーとの婚
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (M\'s daily life)
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 原題 : THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON      (2004年 米・メキシコ 95分) 監督 : ニルス・ミュラー 出演 : ショーン・
【 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 】 (もじゃ映画メモメモ)
\'74年に起きたニクソン米大統領暗殺未遂事件を元に描いたドラマ。 あくまでも\"企てた\"なので派手な演出こそないが、主人公が社会から孤立していく姿を丁寧に描写しています。見ていてかなり痛々しいです。 自分の不幸を他人や社会のせいにする悲しい男をショーン.
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (WILD ROAD)
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 2004年アメリカ(107分) 監督:ニルス・ミュラー 出演:ショーン・ペン    ナオミ・ワッツ    ドン・チードル    ジャック・トンプソン    マイケル・ウィンコット ★ストーリー★ 1973
DVD「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
実話を元にして作られた作品です。 セールスマンをしている主人公だけど、お客さんに嘘をつきたくないという考えから当然ボスとはうまくいかない。セールスマンの「嘘」っていっても、原価と売値の違いだったりするからねぇ。。。それじゃ、仕事にならないよぉ。。。そ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男  (レンタルだけど映画好き )
ドラマ/サスペンス 2004年 アメリカ 監督 ニルス・ミュラー 出演 ショーン・ペン/ナオミ・ワッツ/ドン・チードル/ジャック・トンプソン/マイケル・ウィンコット/ミケルティ・ウィリアムソン/エイプリル・グレイス/リリー・ナイト/ブラッド・ヘンケ あらすじ 1973
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) う~む・・・やっぱりショーン・ペンって凄いです。 個人的にはあまり好きなタイプの話じゃないんだけど、ショーン・ペンの 演技に魅せられました。 1974年に実際に起きた事件を基にしているらしいのですが、とに
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (映画と本と音楽にあふれた英語塾)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ゴウ先生ランキング: B+ 早稲田松竹 2006年1月25日(水)12:20からの回  (『ヒトラー~最後の12日間~』との併映) 公式サイト: http://www.wisepolicy.com/the_assassination_of_richard_nixon/
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (異国映画館)
2004年 アメリカ 公開日:2005/06/11 DVD鑑賞06/01/29           リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 &n
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (【極私的】Movie Review)
原題…THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON 監督…ニール・ミューラー 出演…ショーン・ペン/ドン・チードル/ナオミ・ワッツ 極私的満足度…□ ナイーブっつうかセンシティブっつうか… シオシオの家庭からも社会からも敬遠されちゃってる、哀愁漂うセールスマンの役が
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (グレート・タカの徒然なるままに…)
実話を元にヒントを得て作られたドラマ。 ショーン・ペンが観たくてDVDを借りてきた。 ちょっと期待してたのと違った。 社会に適合できない孤独な一人の男が、すべては社会が悪いと思い込み、ついには大統領暗殺を企てる。 誰もが感じる矛盾だらけの社会。 正直者
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男~DVD (シネマ~ニャ。)
本当は劇場で観たかったんですが、単館上映だったもんで逃してしまいました。 ・・・でも、DVDで充分だったような気もしました。 つまらなかったわけではないんですが。 2004年 アメリカ ■あらすじ■ 1974年2月22日。ワシントン・バルチモ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (UkiUkiれいんぼーデイ)
アメリカン・ドリームをつかみたかった男が人生につまずき、いつしかその原因を当時の大統領ニクソンに向けた。 サム・ピック、当時44歳。 1974年2月22日、ワシントン・バルチモア国際空港・・・彼は実行に移した。 日本で1974年と言えば・・・ 小坂
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2005/06/11監督:ニルス・ミュラー出演:ショーン・ペン    ナオミ・ワッツ    ドン・チードル     ジャック・トンプソン    マイケル・ウィンコット 1973年、44歳のサムは1年前に別居した妻マリーと3人の子供との生活を取り戻すため、.
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 CAST:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル 1974年。妻と別居中のサム・ビック(ショーン・ペン)は、事務家具店の販売員として働いていた。しかし、少々強引な手法で営業させる経営者に嫌気が差し、妻や ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (奥様的部屋)
ショーン・ペンの演技でお腹いっぱいDVDタイトルからして、政治モノなのかと思ってかなり構えていたのだが大きな勘違いだった社会に適応できない男(ショーン・ペン)の転落振りをしつこいまでに追う話あまりにしつこすぎて、ショーン・ペンの演技が上手すぎて不快 ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (とりあえずな日々(仮))
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 1974年2月22日、ワシントン・バルチモア空港に一人の男が立っていた。 彼の名はサム・ビック。 ある決意を胸に彼は敬愛する音楽家レナード・バーンスタインに宛てるテープに心境を語り始める。 平凡なサラリーマンだった ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (いつか深夜特急に乗って)
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」★★★★ (DVD)2
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (新!oguoguの日々映画&ビデオ)
2005年6月上映 監督:ニルス・ミュラー 主演:ショーン・ペン リチャード・ニ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (ひめの映画おぼえがき)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 監督:ニルス・ミュラー 出演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル、ジャック・トンプソン、マイケル・ウィンコット、ミケルティ・ウィリアムソン... 「あまりにも
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (しーの映画たわごと)
製作総指揮にディカプリオが入っていたので鑑賞。ショーン・ペンの独り舞台的映画でしたが、彼もオスカー俳優ですもんね。十分に魅せてくれました。実際に起きた事件が元らしいストーリー。事件を起こすに至った背景の描写がうまかったかな。正義漢な男。なぜそこまでビジ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (菫色映画)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男ショーン・ペン ナオミ・ワッツ ドン・チードル アートポート 2006-01-27by G-Tools  アメリカ合衆国が砂漠だとすると、自分はその中の一粒の砂 その一粒の砂が巨大な砂漠に完全に埋もれていく物語。 ネタバレ有りです。 ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (Yuhiの読書日記+α)
飛行機を乗っ取り、ホワイトハウスに突っ込んで、ニクソン大統領の暗殺を企てるに至った男の姿を追うドキュメンタリータッチのヒューマン・サスペンス。監督はニルス・ミュラー、キャストはショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードル、ジャック・トンプソン。 <あ...
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あまりにも孤独で、あまりにもナイーブなテロリスト。』  コチラの「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」は、Kaz.さんのご紹介で観させていただきましたぁ~♪  ショーン・ペンがど~んと映ってるジャケットを見て、気にはなっていたんですが、てっきり暗殺そ...