★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「空気人形」

2009-09-27 03:38:51 | 映画(か行)
<T1084/2009/A169/S076>1ヶ月フリーパス{MFP09}

今週の週末もナイトショウへ行ってきました。
監督や出演者が最近よくテレビでプロモーションやってるので、
ついつい観る気になった作品。
「映倫 R15+」指定付き。
2009年製作の都会系エロチック・ロマンス、116分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんから引用させてもらいました。
川沿いの古びたアパート。ファミレスで働く冴えない中年男、秀雄(板尾創路)が優しく語りかけている相手は、空気人形(ペ・ドゥナ)のラブドール。ある朝、その空気人形が心を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、メイド服を着て外へ飛び出す空気人形。見るもの全てが美しく、驚きにあふれていた。やがてレンタルビデオ店に辿り着き、店員の純一(ARATA)とめぐり会う。その店で昼間のアルバイトを始めるようになった空気人形は、次第に純一に心惹かれていくのだが…。

    

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●レビューが溜まっちゃってるので今回は特別に、「一気にレビュー形式」?で・・・
いやーー、ペ・ドゥナの脱ぎっぷりはいいけど、たどたどしいセリフは鳥居みゆき がテンション低くして喋った時みたいで、映画に集中できなかったぞーー。内容的には、ひらりん苦手な群像劇になってて、交番に立ち寄っては昔の事件の話ばかりするアルツハイマー系のばあちゃんとか、過食症のOLとか、レンタルビデオ店で知り合ったにいちゃんは自殺願望持ってるし・・・などなど、都会の雑踏にはなんとも言えぬ息苦しさとか、閉塞感が渦巻いてるーーーって重苦しい内容。それにしても、板尾さんのやる役はイマイチなのが多いなーーー・・・でも2人目の空気人形買っちゃうところは笑えたー。

ここまでネタバレ注意↑

      

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ペ・ドゥナのオススメ作は「復讐者に憐れみを」・「グエムル -漢江の怪物-」
 
両方ともソン・ガンホの主演作ですねっ。


ということで今回は・・・
H2O度・・・
発想は面白いけど、内容が意味ありげで無さげ・・・って感じが。
ペ・ドゥナが、いつ「ヒット・エンド・ラーーン」と言うかばかり、
気になってしまったひらりんでした。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観てひらりん同様
「もちっとファンタジックだったらなーーー」

と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「マーシャル博士の恐竜ランド」 | トップ | ★「白夜」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (hal)
2009-10-15 06:13:08
TBありがとうございました。なかなか不思議な空気感があって良かったですね。ペ・ドゥナのヌードもきれいでした。
万人受けはしない (de-nory)
2009-10-15 08:01:57
ひらりんさん。こんにちは。

万人受けはしない作品だと思います。
だけど、なんだか不思議な気分になる作品でした。
ペ・ドゥナは、この片言感が逆によかったと思ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
空気人形 (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、土曜日の9時半の回で、「空気人形」を鑑賞。他に観たい映画の公開もなかったので、予告編でちょっと興味を惹かれただけで、あまり期待は大きくなかったんだけど。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「空気人形」は、中くらいのスクリー...
「空気人形」アップデートし続けた先にみた誰の代わりもいない自分の心 (オールマイティにコメンテート)
「空気人形」(R15+指定)は空気を膨らます人形がある日突然心を持ってしまった事で動き出し、色々な経験をしていく事で心に変化をもたらしていくストーリーである。内容そのものは性的な面があるものの、それを差し引いてしまえば誰が見たとしても心を持っている事で常にア...
『空気人形』に詰まっているもの (映画のブログ)
 是枝裕和監督は、トークショーで「映画は映画館で観るもの」と語っていたが、おんなじセリフを岩松了さん演じるレンタルビデオ店店長に云...
空気人形 (LOVE Cinemas 調布)
『誰も知らない』、『歩いても歩いても』の是枝裕和監督が業原良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。主演は『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナ。共演に『ウルトラミラクルラブストーリー』のARATA、『ラッシュライフ』の板尾創路、オダギリジ...
【映画評】空気人形 (未完の映画評)
心を持ってしまった空気人形が“孤独”の息づく街・東京で繰り広げるラブ・ファンタジー。
『空気人形』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  人形が心を持つようになる・・・という話、なんて興味が湧きませんか? 15Rの映画、ということで ちょっと覚悟{/face_tehe/}をして 出かけてきました。  まず、夜の大都会の片隅の寂しげな雰囲気に引き込まれていきました。 そして、人形役の ペ...
映画『空気人形』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本・編集、是枝裕和。2009年日本。ファンタジー映画。出演、ペ=ドゥナ(
『空気人形』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
空気の空は空虚の空、空疎の空?空気は風になり、息になる。人々も街も地球も呼吸をするのだ。2009年の日本映画のベスト1ほぼ確定。今年も是枝! 秀雄と暮らす空気人形ののぞみは、「心」を持ってしまう。 原作は、業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂空気人形」是...
空気人形 (to Heart)
私は「心」を持ってしまいました。 持ってはいけない「心」を持ってしまいました。 あなたの息で、私の カラダを 満たして… 製作年度 2009年 上映時間 116分 映倫 R15+ 原作 業田良家 『空気人形』(小学館刊『ゴーダ哲学堂 空気人形』所収) 監督/脚本 是枝裕和 ...
突然失礼いたします (テレビCMを見る)
私が探し出してきた数多くの商材の中から、これは使えると思った物を紹介していきます。 http://646ute.blog103.fc2.com/
空気人形 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した作品です。 ファミリーレストランで働きながら、古びたアパートで単身生活をしている秀雄。職場ではミスが多く叱られっぱなしの秀雄が、唯一、心を慰められる相手は、"のぞみ"と名付けられた空...
〜『空気人形』〜 ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、業田良家原作、是枝裕和監督&プロデューサー&脚本&編集、ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、余貴美子、高橋昌也共演。
映画 「空気人形」 (ようこそMr.G)
映画 「空気人形」
空気人形 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARAT...
【映画】空気人形 (芸術に恋して★Blog★)
是枝裕和監督の「空気人形 」を見てきた。今回の作品は業田良家原作の同名マンガ作品の映画化である。心をもたない空気人形が心を持つ。それによって、さまざまな苦悩や喜び、嫉妬などの感情をいだいていく。ある種メル
空気人形 (墨映画(BOKUEIGA))
「私は心を持ってしまった。空気人形」 心を持ってしまった空気人形。 窓辺でたたずむ心初心者の彼女は、人間の世界を見て何を思うのか。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作...
空気人形 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。業田良家原作、是枝裕和監督、ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子。もし現代の「蟹工船」に相当する作品があるとしたらこの作品こそふさわしいのかもしれ...
空気人形 (映画道)
チェック:『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。 心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。 『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。 ...
空気人形/ペ・ドゥナ、ARATA (カノンな日々)
ドゥナちゃんの出演作はデビュー作の韓国版『リング』から全て鑑賞してるドゥナペンです。彼女のこの最新作は山下敦弘監督の『リンダ リンダ リンダ』に続いての日本映画。山下監督もそうでしたけど是枝裕和監督もドゥナちゃんのファンで出演を熱望されたそうですね。日本...
空気人形 (2009) (肩ログ)
監督、脚本:是枝裕和 出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、 久しぶりの劇場鑑賞www ペ・ドゥナ見たさと言っても過言ではありません・・・ 川沿いの古びたアパート。ファミレスで働く冴えない中年男、秀雄が優しく語...
空気人形・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているの...
空気人形 (銅版画制作の日々)
 私は空気人形。空っぽな、誰かの「代用品」。 10月5日、京都シネマにて鑑賞。是枝監督作品7作目の劇映画となります。実は私は5作を鑑賞していました。95年の「幻の光」が、監督の初めての作品とは知らず鑑賞していたんですよね。 本作は大人向けのファンタジー...
『空気人形』 (めでぃあみっくす)
人はみんな空気人形。元々中身は空っぽ。でも「新鮮さ」という空気をもらうことで心も体も満たされていく、そんな生き物。 これまで実質的な「死」というフィルターを通して「生」を描いてきた是枝監督が少し路線変更をしたのか、「心を持たない」という精神的な死を通し...
空気人形 (Diarydiary!)
《空気人形》 2009年 日本映画 ファミリーレストランで働く秀雄は空気人形と暮
『空気人形』 ('09初鑑賞146・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 10月9日(金) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 16:40の回を鑑賞。
空気人形 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 愛する人の息で膨らむペ・ドゥナの高揚していく表情がいいね!
空気人形 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
09年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門でワールドプレミアを果たした本作は、心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守るファンタジー。 『ワンダフルライフ』や『歩いても 歩いても』などで“生きるということ”を見つめてきた是枝監督が、業田良家の短...
空気人形 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『空気人形』  (2009) = 古びたアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。 人形は、持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。 やがて彼女は、...
映画レビュー「空気人形」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
空気人形 O.S.T.◆プチレビュー◆心を持った人形の異色ラブ・ファンタジー。ペ・ドゥナの素晴らしさはただごとではない。 【90点】 東京の下町の古いアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、持ってはいけない“心”を持ってしまう。秀雄が外出し...
『空気人形』・・・空っぽな代用品の心を満たすのは (SOARのパストラーレ♪)
新宿バルト9での初日舞台挨拶に、昨年の『歩いても歩いても』の時と同じく是枝ファンつながりの友人と出掛けた。ちなみに原作短編コミックを読み終えての鑑賞。
『空気人形』 (・*・ etoile ・*・)
'09.10.09 『空気人形』@新宿バルト9 これは見たかった。ペ・ドゥナは好き。板尾さんも出てるし! オダジョーも出てるので、オダジョーファンのbaruを誘って行ってきた。 *ネタバレありです。 そして熱弁です 「"男性の性の処理をする代用品"の空気人形ノゾミは...
『空気人形』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・プロデューサー・脚本・編集:是枝裕和原作:業田良家出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこちら。<Story>古びたアパートで持ち主の秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ぺ・ドゥナ)は、....
「空気人形」から見た世界は… (再出発日記)
君の見た世界は悲しいだけのものだった?君の目に世界は少しは美しかっただろうか?監督・プロデューサー・脚本・編集:是枝裕和原作:業田良家出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也世の人達に「私は空気人形なの」と告白すると、「実は僕も...
「空気人形」:堀割バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}学校の前を通ると、ときどき代用教員の先生を思い出すな。 {/hiyo_en2/}代用教員? {/kaeru_en4/}担任の先生が産休の間だけ子供たちを教えていた臨時教師。 {/hiyo_en2/}そんな先生がいたの? {/kaeru_en4/}是枝裕和監督の「空気人形」にだって、昔、代用教...
映画「空気人形」 (飴色色彩日記)
「空気人形」 監督 : 是枝裕和原作 : 業田良家「ゴーダ哲学堂 空気人形」 出
空気人形 (まてぃの徒然映画+雑記)
前作「歩いても 歩いても」では日常の自然な姿を描いた是枝裕和監督は、今作で心を持ってしまった人形を主人公に見事なお伽話をリリカルに紡ぎ、今を生きる人々の空虚な心を描き出す。ボロ屋の二階で、中年男性(板尾創路)に<のぞみ>と名づけられたビニール製の人形は...
空気人形 (とりあえず、コメントです)
是枝監督もペ・ドゥナも好きなので楽しみにしていた作品です。 人形になりきったペ・ドゥナの演技の素晴らしさと共に 考えにも及ばなかった展開にびっくりしながら映像を見つめていました。
空気人形(映画館) (ひるめし。)
私は、「心」を持ってしまいました。もってはいけない「心」を持ってしまいました。
「空気人形」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年:アスミック・エース/監督:是枝 裕和) 「幻の光」、「誰も知らない」、「歩いても 歩いても」等の秀作を作り続けている是枝裕和監督の最新作は、なんと性欲処理用人形ラブド
【映画】空気人形 (新!やさぐれ日記)
▼動機 掘り出し物感 ▼感想 絵本のような世界 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整...
『空気人形』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
古びたアパートで持ち主である秀雄と暮らす空気人形。ある朝、本来持ってはいけない“心”を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て、靴を履いて、街へと歩き出す。初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。ある日、レンタル
空気人形 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
空気人形・・・空気を入れて使用する、性処理用の人形。独特の雰囲気がある映画です。川沿いの街のアパート。仕事から帰ってきた男が空気人形に声をかける。物言わぬ空気人形に恋人のように話しかける男。男は空気人形と暮らしている。ある朝、男が仕事に言ったあと、空気...
『空気人形』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「空気人形」□監督・脚本 是枝裕和 □原作 業田良家(「ゴーダ哲学堂 空気人形」) □キャスト ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子■鑑...
映画「空気人形」 (おそらく見聞録)
監督:是枝裕和(昔の作品も観てみようと思いました) 出演:ぺ・ドゥナ(☆)ARATA 板尾創路(◎)高橋昌也(◎)余貴美子(何気に効いていた) 出演:岩松了 星野真里 寺島進 柄本佑 オダギリジョー 丸山智己 奈良木未羽  中年の男が所持していたラヴ...
空気人形 (ここにあるもの)
私は「心」を持ってしまいました。もってはいけない「心」を持ってしまいました。 『空気人形』(是枝裕和監督・2009日) 何も予定のない金曜日の夜、シネマライズで観てきた。 独りで誰とも会話なんかしないで、し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んとした気持ちで。 東...
「空気人形」是枝裕和 (Mani_Mani)
「空気人形」公式サイト 空気人形 2009日本 監督・脚本・編集:是枝裕和 原作:業田良家 出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路 ほか ものたりないな〜と思ったのは、なんでだろう?と 考えていたんだけれど、 ああ、そうか、 ワタシが期待したものは、 ペ・ド...
空気人形 (シネマ大好き)
是枝監督初のファンタジー作品「空気人形」。 雨降りの中、ただいまと声をかけて家に入り、夕食のテーブルで職場のグチをしょうがなさそうに話す男(板尾創路)。だが、彼の前に座っているのは等身大の人形(ペ・ドゥナ)。その人形が目覚め、持ち主が揃えていた中から...
「空気人形」渋谷シネマライズにて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
祝日はあまり繁華街に出たくないんだけど、公開終了間近だしどうしても観ておきたいと思ってた「空気人形」を観るため、渋谷に出かけてきましたしかも、渋谷シネマライズは祝日でも火曜日がサービスデイということで1000円均一だし、「観るなら今日しかない!」って感...
空気人形 2009-45 (悠久の華美)
空気人形、今はラブ・ドールって言うんだっけ?ボクらの年代は、ダ○チ・ワイフって 呼び名の方がピンとくる?心を持ってしまった、空気人形...
「空気人形」のもうひとつの原作は「ローマの休日」である (映画と出会う・世界が変わる)
「空気人形」は、心を持った人形の物語である。心を持った人形は町を歩き、いろいろな人と出会って、またいろいろなことを知って、そして恋心も芽生える。この物語は、どこかで見たことがある。「ローマの休日」である。ヨーロッパの小国の王女が、それまでの籠の鳥のよう...
空気人形 (単館系)
心を持ってしまったお人形さんが主人公のお話。 私は空気人形、性欲処理代用品。 上記のようなせりふが出てきたり。 心を持った主人公は...
『空気人形』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第275回『空気人形』  今回紹介する作品は業田良家の短編コミックを基に心を持ってしまったダッチワイフと孤独な現代人の交流を描くラブ・ファンタジー『空気人形』です。監督は『誰も知らない』の是枝裕和が担当。主演を『リンダ リンダ リンダ』で日本映画デビューした...
「空気人形」 (俺の明日はどっちだ)
・ 『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督が、業田良家のマンガを映画化し、主演に『リンダリンダリンダ』の韓国女優ペ・ドゥナを迎えたファンタジー作。 予告編を観ていた時点では、どこか『ラースと、その彼女』と共通な世界があるのかなと思っていた...
空気人形 (悠雅的生活)
あなたも あるとき私のための風だったかもしれない
空気人形 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
やっと浜松に来たので楽しみにして見た。期待通り、一筋縄ではいかない深い作品だった。空気人形が心を持ち人間らしくなる様子と、徐々に本性を見せていく人間の醜さとの対比が切ない。人形が生きた証は、確かに残ったのが救いだ。すばらしい映画だった。
空気人形 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
空気人形’09:日本 ◆監督・脚本・編集・製作: 是枝裕和「歩いても 歩いても」「誰も知らない」◆出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也 ◆STORY◆古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「...
『空気人形』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
空気人形 [DVD]バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る  『空気人形』 2009年(日)監督:是枝裕和  生きることへの賛美、哀しさ、虚しさ、愛おしさ、滑稽さ、その全てをファンタジックな群像劇で魅せる秀作。  本作は、物だったものが者へと変わり、心を...
空気人形 (2ちゃんねる映画ブログ)
【是枝裕和最新作】空気人形【主演はペ・ドゥナ!】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1233766796/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/02/05(木) 01:59:56 ID:YLhadGw5
「空気人形」 心にぽっかり穴の開く映画 (ノルウェー暮らし・イン・London)
てっきり、空っぽの身体の中を、温かい空気でいっぱいに満たしてくれる映画だと思っていた。 パンパンに膨らんでいるときは、ふわふわとして楽しいけれど、穴が開いてしまうと、そこから空気はどんどんと抜けていき・・・・・・ こんなに美しい映像なのに。 こんなに可...
mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇...
空気人形(99点)評価:◎ (映画批評OX)
総論:みんなが心に感じる”欠如”こそが、他者同士をつなげる可能性。「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人 ...
是枝裕和監督 「空気人形」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
漫画家・業田良家原作「ゴーダ哲学堂 空気人形」を元に是枝裕和監督が撮った作品 劇場公開時から気になっていた作品。 だいぶ経ち、やっと観ました。 DVDレンタルがお手軽な値段になったので(^。^:) 公式サイト⇒http://www.kuuki-ningyo.com/index.html 【...
空気人形 (RISING STEEL)
空気人形 / AIR DOLL 2009年 日本映画 監督・脚本・編集:是枝裕和 製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎 原作:業田良家 撮影:リー・ピンビン 美術:金子宙生 衣裳デザイ...
映画評「空気人形」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり