★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ナイロビの蜂」

2006-06-07 02:38:59 | 映画(な行)
見たい映画が溜まってたので・・・一挙3本見てきました。
その1本目。
レイチェル・ワイズがアカデミー・助演女優賞受賞した作品。
この頃アフリカが舞台の作品が多いよねぇ・・・。
まだまだ未開の地だからかなぁ・・・。
公開からだいぶ経ってるけど・・・ガラガラじゃなかったね。
観客の年齢層は、ちょい高めだったけど。
原題は「THE CONSTANT GARDENER」。
2005年製作のサスペンス・ドラマ、128分もの。

あらすじ
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は情熱的な活動家テッサと結婚。
赴任地のケニア・ナイロビでもアツアツ・・・
しかし、お互いの仕事には干渉せずに・・・
ある時、救援活動で遠出したテッサが殺害される・・・
彼女の死に不審なてんを感じるジャスティスは自ら真相解明に動くが・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
アカデミー助演女優賞受賞なのに・・・
開始5分以内にテッサは殺害されちゃいます。
後は事件の経過を追った回想シーンで登場。
事件後、彼女のパソコンなどの所有物が当局に押収されたり・・・
なんか怪しい。
テッサは愛する夫=「いつも変わらない穏やかな英国の庭師のような人」を巻き込まないように・・・
アフリカにおける欧米製薬会社の人体実験をレポートしてた。
彼女は妊娠した時、現地の人と同じ病院で出産を決意するが・・・死産。
隣のベットで寝ていた妊婦さんを見て、不審に思ったらしい。
実際、人道上・・・と言って、無料で配ってる薬も怪しいし・・・
詮索するジャスティンに優しい外交部の上司・・
この人、テッサにコイゴコロ・・・ちょっと彼女の手助けをするけど・・
やっぱお堅い外交官・・・「そのまた上司」に報告入れててテッサを監視してた。
結論から言うと、
「そのまた上司」というのが製薬メーカーとつるんでて、テッサの活動が邪魔になった。
行動ルートを知った上で、現地の殺し屋に手を回した・・・という事。
本国に召還されちゃったジャスティン・・・
テッサの親戚のオッサン家族の手助けで、いろいろ情報を入手
偽造パスポートを使って再びナイロビへ。
自らの命も狙われてるのに、果敢に真相究明に動くジャスティン。
例のクスリ作った医師を尋ねて遥か彼方の難民キャンプに出向いたり・・
ここでも盗賊に殺されそうになります・・・
その後、テッサの殺害場所に向かうジャスティン。
勿論、追っ手が来るのは承知の上で・・・。
帰る家は彼女の元・・・と言ってたジャスティン。
同じ現場でこの世を去って・・・彼女の元へ旅立ちました。。。
ここで終わりと思いきや・・・

ロンドンで行われた彼の追悼式・・・
彼の上司のスピーチで「そのまた上司」の不正を暴露・・・
見事、事件が明るみに出ました・・・・・・
というお話でした。

対照的な夫婦でしたね。
超活動的な奥さん・・・要人が集まるパーティーでも歯に衣着せぬ言動。
あれじゃ、マークされちゃうねっ。
それにしても、奥さんホントに体張って(使って)情報収集してたのかな?
そんなくだりがあって、旦那サンにとってはダブルショックだったろうに。
しかし、真相究明するのが・・・自分が愛した妻への存在証明とでも思ったのかなっ。
ジャスティンの上司も・・・
はじめはテッサの良き協力者・・・
しかし、「そのまた上司」に逆らえず裏切り・・・
最後は、ジャスティンの残した証拠を追悼式で読み上げてくれて陰謀暴露・・・
してくれました。

それにしても、
欧米列強・・・いまでも列強って使えるのはアフリカに対してだからかなっ・・・
が貧しいアフリカを食い物にしてるーーーーーって凄く感じた映画。
国連も、いろんな人道援助団体も援助してるんだろうけど・・・
内戦・・・飢餓・・・病気・・・
さまざまな要因に付け込んでいる・・・って感じ。
映画業界も、その意味では、未知なる大陸・アフリカを題材にし始めたのは・・・
付け込んでる・・・って言えちゃうのかも。
しかし、フィクションでも・・・その場所の現状を少しでも伝えられれば・・・
それはそれで一歩前進になるんじゃないかなっ・・・。

ここまでネタバレ注意↑


ひらりん的この映画の関連作は
同じアフリカが舞台の内戦もの「ホテル・ルワンダ」は必見です。
主演のレイフ・ファインズは「ハリ・ポタ~炎のゴブレット」で復活した一番悪い役の人でした。
 
という事で今回は
夫婦愛度・・・
はじめから夫に相談してたら・・いや、
愛するが故、外交官の夫に相談できない問題に直面しちゃったのがつらいね。

 
ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加してます。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらりん的映画雑感2006.6.07 | トップ | ★「ポセイドン」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品は、見応えのある映画でした (たろ)
2006-06-08 13:38:22
こんにちは。

コメントとトラックバックを失礼致します。



この作品は、社会的のみならずラヴ・サスペンス的な味わいも感じられる事柄を対比させて、様々な要素をバランス良く取り入れた見応えのある優れた映画であったと思います。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-12 14:43:58
こんにちは♪

最初から夫に相談していればねぇ・・・と思うのですが、そうなると映画的には面白くないわけですよね。

ジャスティンに別の選択肢は無かったのかと残念な気もしますが、彼はあれで満足だったのでしょうねぇ。
TBありがとうございました (はなこ(はなこのアンテナ))
2006-06-12 23:52:16
テッサの激しさには理解できない部分があります。

本当にジャスティンを愛していたなら、あそこまで出来たのかなあと。

彼女の中では夫への愛よりも、結局正義感が勝ったのでは?

普通妊娠していたら、女性は守りに入るでしょう?

そこが、私には理解できないんだなあ。
トラックハバック、感謝します。 (冨田弘嗣)
2006-06-13 01:45:45
 部屋の会話は丁寧に、現場ではドキュメント的に撮っている方法に。技術的にも凝っています。本作は賛否両論ありますが、私としては息呑む映画でした。

 賛否両論があるとわかっていて、反応を楽しんでいる監督。まんまとみんなやられてます。

 文才あふれる評論、よませていただきました。ありがとうございました。  冨田弘嗣
遅ればせながら (kino)
2006-06-19 01:53:17
TBありがとうございました。

これも評価の分かれる映画でしたが、

私はあまり好きではなかったです。

テッサがジャスティンを利用しているようにしか

思えなかったので・・・。

愛するが故に危険な目にあわせたくない、

というのはそうかもしれませんが、それじゃ夫婦の意味が

ないんじゃないか??とか思ってしまって。
今頃ですが (D)
2007-01-19 19:06:20
やっと観ました!

あまりにも対照的な夫婦
でも、失ってはじめて本当の意味での夫婦になったのかも・・・
ラスト、暴露できて良かった・・・

でも、こんな風に表に出ない問題、たくさんあるんでしょうね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

91 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ナイロビの蜂 (Saturday In The Park)
 イギリス  サスペンス&ドラマ  監督:フェルナンド・メイレレス  出演:レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ      ビル・ナイ      ユベール・クンデ 英国外務省一等書記官ジャスティンはアフリカで精力的に救援活動を続ける妻 ...
ナイロビの蜂 (Akira's VOICE)
渇いた大地から届く,深い愛のドラマ。
ナイロビの蜂(映画館) (ひるめし。)
地の果てで、やっと君に帰る。 CAST:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 他 ■イギリス産 128分 ラブストーリー要素と社会派サスペンス要素を両方あわせ持ったけっこうずっしりくる作品。 食べ物でい ...
映画「ナイロビの蜂」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ケニア・ナイロビの英国外交官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファイン ...
スニーク試写会鑑賞 新宿明治安田生命ホールにて ~ フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 晴れ時々曇り、昼にはにわか雨が降った土曜日です。 今日は、新宿明治安田生命ホールにて行なわれたスニーク試写会で観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ...
試写会鑑賞 ヤマハホールにて ~ フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 良く晴れて暖かい休日、日曜日です。 今日は、ヤマハホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ( ‘05年 イギリス ...
文明国では、あらゆるものが疑わしい ~ ジョン・ル・カレ 「 ナイロビの蜂 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 一日雨降りの火曜日です。 今日は本について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ジョン・ル・カレ ( JOHN le CARRE ) 加賀山  卓朗 訳 ( 文庫本 ‘03年 (株)集英社 ) ナイロビの英国高等弁 ...
ナイロビの蜂 (小部屋日記)
The Constant Gardener (2005 イギリス) なんとなく「イングリッシュ・ペイシェント」に似てるような。 出演も同じレイフ・ファインズだし。 イギリスのサスペンス作家ジョン・ル・カレの原作で舞台はアフリカ。 主人公は庭いじりを趣味としているイギリス ...
『ナイロビの蜂』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日はおそらく某雑誌で当選した 『ナイロビの蜂』の試写会に行ってきた。 [アンケートに答えて4色ボ
映画鑑賞「ナイロビの蜂」 (花鳥風月)
原題「The Constant Gardener」 【監督】フェルナンド・メイレレス 【出演】レイフ・ファインズ  レイチェル・ワイズ      ダニー・ヒューストン  ユベール・クンデ  ビル・ナイ
ナイロビの蜂 (遅くまで起きた夜は★)
{/kaeru_rain/}のち{/kaeru_fine/}英国外務省一等書記官ジャスティンの美しい若妻テッサは、死の直前まで熱心に救援活動をしていた。              テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された{/hiyo_cry2/}。彼女は黒人医師アーノルドと共に、 ...
「ナイロビの蜂」 (That's the Way Life Goes)
[:映画:] 「ナイロビの蜂」 あーこの映画はちょっと難しいです。 よかったのか、そうでもなかったのかも、判断しにくいところ。 私はあまり感想はあいまいにはならない方なんですが…。 ちぐはぐなんですよね、社会派と思いきや思いっきりラブストーリー ...
映画鑑賞記「ナイロビの蜂」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.06.04 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16 「シティ・オブ・ゴッド」でアカデミー監督賞にノミネートされたブラジル人監督フェルナンド・メイレレスの作品。 アフリカ・ケニアを舞台に、正義感の強い慈善活動家である妻の突然の死から、平穏 ...
劇場鑑賞「ナイロビの蜂」 (日々“是”精進!)
前売り券が当たったので「ナイロビの蜂」を鑑賞してきました妻の死に隠された国家の陰謀を追う男の姿を描いたサスペンス。巨大な敵に対して、妻への永遠の愛を武器に立ち向かう男の姿。サスペンスの中にひたむきな愛が描かれている。「シティ・オブ・ゴッド」で脚 ...
ナイロビの蜂 (とりあえずな日々(仮))
それは、しばしの別れのはずだった。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに…。 テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端 ...
監督の暖かい視線「ナイロビの蜂」 (再出発日記)
監督:フェルナンド・メイレレス出演:レイフ・ファインズレイチェル・ワイズほか製薬業界と官僚との癒着、それを批判する団体あるいは個人との戦いは、よく映画で扱われる題材だ。なぜか。「本来人の命を救うものを作っている会社が人々の命を奪う矛盾」、「たっ ...
ナイロビの蜂 (とんとん亭)
「ナイロビの蜂」 2006年 英 ★★★★☆ この春、一番観たくて心待ちにしていた、作品。やっと公開です。雄大なアフリカ大陸の大自然を舞台に、夫婦の愛や不条理に立ち向かう正義感や、やりきれない思いを切ない音楽に乗せて 描いた、リアリティあふ ...
ナイロビの蜂 (UkiUkiれいんぼーデイ)
“世界がアフリカを食いものにしている” このセリフが胸を突いた。 夫婦の深い愛を描いた感動のラブストーリー、というぐらいしか予備知識なく鑑賞しました。 少々“愛”などというものが“浅く”なってきた私ども夫婦・・・[:ひやひや:] 英国外 ...
シネマ日記 ナイロビの蜂 (skywave blog)
妻の死の謎を追う夫を描く、社会派サスペンス。 アフリカにおける製薬会社の新薬の人体実験を暴こうとし、そして殺された妻。そんなことなど知らず、幸せな夫婦と思っていた英国
ナイロビの蜂 (ネタバレ映画館)
 まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・
『ナイロビの蜂』 (京の昼寝~♪)
地の果てで、やっと君に帰る。 ■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・ク ...
「ナイロビの蜂」意外と宣伝通り、かつ傑作 (小生の映画日記)
ストーリー: アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻が追っていた事件がイギリスの薬品メー ...
ナイロビの蜂/The Constant Gardener (我想一個人映画美的女人blog)
公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、 世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか 海外映画評No1サイト Rotten Tomatoes でも82%がフレッシュ{/ee_3/}(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。 そして気 ...
ナイロビの蜂 (悠雅的生活)
 彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。
社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
縷『ナイロビの蜂』朝一で見てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです獵 (適当につけました。) 朝から見る映画ではなかった...かな令 見終わった後あまりスッキリはしません。 しかし見ごたえあります。 何だか ...
『ナイロビの蜂』 (ラムの大通り)
----タイトルだけ聞いたんじゃ 映画の中身が分かんないね? 「そうだよね。 レイフ・ファインズが出ていて 舞台がアフリカと言うことからか、 日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を 思わせる上がりになっている。 でもこの映画の原作は『寒い国から ...
『ナイロビの蜂』 (試写会帰りに)
『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。 とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わると、切なさや諦め、哀しさ、深い慈愛と、色んな感情がじわじわと込み上げ ...
ナイロビの蜂 (シネマ日記)
ネタバレあり。あ~、いい映画だったぁ。すごく熱い涙が流れたなぁ。今年は映画館に見に行っている作品はかなりいい作品が多いなぁ。どれも本当に心に残る作品が多い。レイフファインズもレイチェルワイズも好きな役者さんで、楽しみにしていたところ、レイチェル ...
映画@ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER (sattyの癒しのトビラ)
地の果てで、やっと君に帰る。 それは、しばしの別れのはずだった。。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、 ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」 その後、ジャスティンの許に妻の死の知らせが届く。。 妻テ ...
「ナイロビの蜂」 (てんびんthe LIFE)
「ナイロビの蜂」東京厚生年金会館で鑑賞 口コミでラブストーリーよりもサスペンと聞いていたので気持ちは楽でした。これでラブストーリーと思ったらとてもついていけない感じです。先入観を持ってしまうと作品がつまらなくなるのでそれ以上の情報は入れません ...
ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。 何と「鏡の国の戦争」などで知られ
サスペンスから生まれたドラマ。『ナイロビの蜂』 (水曜日のシネマ日記)
妻の死を切っ掛けに、彼女の足跡をたどる英国外交官の物語です。
映画「ナイロビの蜂」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ナイロビの蜂」 雄大なアフリカの大地を舞台に描かれる夫婦の愛、製薬会社を巡る陰謀のサスペンスに目が離せない2時間だった。 救援活動家で情熱的なテッサ(レイチェル・ワイズ)とガーデニングを愛する物静かな英外交官ジャスティン(レイフ・ファ ...
映画:ナイロビの蜂 スニーク試写会 (駒吉の日記)
「ナイロビの蜂」スニーク試写会@明治安田生命ホール 「テッサが僕の帰る家だ」 スニークプレビュー、5月公開の感動大作とのことで「デイジー」か「ジャケット」?と思ってたのですが・・・こちらでした。5月中旬と公開日はまだ決まってない?ので見逃し ...
ナイロビの蜂 (シャーロットの涙)
第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート 第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネート アフリカの空気がのどの渇きを激しく助長してくる。 水 ...
「 ナイロビの蜂 」 (MoonDreamWorks)
監督 : フェルナンンド・メイレレス 主演 : レイフ・ファインズ /  レイチェル・ワイズ/       公式HP:http://www.nairobi.jp// ナイロビの蜂(原題 TheConstantGardener ) サスペンス小説の巨匠ジョン・ル・カレの傑作小説を完全映画化。  ...
試写レビュー「ナイロビの蜂/The Constant Gardener」 (自由音楽生活)
評価 ★★★☆☆ 「壮大な愛のラブストーリー」など、恋愛映画としてプロモーションされていますが、社会映画とラブストーリーが混ざったような出来です。そのコンビネーションがうまいと言えばそうだけれども、どっち付かずと言えばそれまでです。 英語タイト ...
ハチミツ三つ!(昨日の続き) (ひょうたんからこま)
『ナイロビの蜂』スニーク試写を観て。「彼らの命はあまりにも安い。」目の前のたった一人の少年の命すらも救えない現実。その現実に怒りを抱き共に闘った夫婦の時間を越えた愛。遠いアフリカの大地で、尊い命を代償に富を得る巨悪と、渦巻く陰謀・・・。外務官 ...
ナイロビの蜂 (Diarydiary!)
《ナイロビの蜂》 2005年 イギリス映画 - 原題 - THE CONSTA
ナイロビの蜂 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 試写会にて鑑賞 ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER 2005年/イギリス/128分 監督: フェルナンド・メイレレス 出演: レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 公式サイト ケニア駐在の英国 ...
ナイロビの蜂 (Kinetic Vision)
原題はThe Constant Gardener。よく手入れされた庭が先進国であり、その外は貧困に苦しむ国々、特にアフリカだ。僕たちは庭の美しさを愛でながら、それがどこから養分を吸い上げているのか、
『ナイロビの蜂』・・・試写会 (映画館で観ましょ♪)
最初から最後まで、全ての場面で、ほっとするトコロなど無い映画でした。 重く・苦しく・切ない、でも愛の映画です。 映し出されるアフリカはカラフルで、 なのに辛すぎる場所…差
■ナイロビの蜂 (ルーピーQの活動日記)
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよく ...
ナイロビの蜂 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し
ナイロビの蜂 (はなこのアンテナ)
見る前にあまり期待し過ぎると、自分の中で妄想が膨らみ 過ぎるのか(笑)、期待外れとは言わないまでも、 少し肩透かしをくらったような戸惑いを覚えます。 この作品もそうでした。 書店に並んだ文庫版は上・下巻でかなりのボリューム。 それを2時間の中に収め ...
ナイロビの蜂 (~映画とはずがたり~)
イギリスの冒険小説の第一人者、 ジョン・ル・カレの同名小説を『シティ・オブ・ゴット』の フェルナンド・メイレレス監督が映像化。 救済活動に熱心で 行動的な妻の謎の事故死に隠された 世界的陰謀を追って、アフリカの大地をめぐり、 巨悪に立ち向かおう ...
The Constant Gardener(2005,U.K.)at PREVIEW (The Final Frontier)
Harry Potter and the Goblet of Fireで悪の権化ヴォルデモート卿を演じていたとは思えないほどの紳士っぷりを発揮しているRalph Fiennesを観たい人は、劇場へ行こう! ナイロビの蜂アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(Ralph Fiennes) ...
ナイロビの蜂 (琴線~心のメロディ)
【2006年5月13日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★ やっぱり一日2本は厳しいのか? 前日、なかなか寝付けなかった上に、朝も早かった。 午前中に1本観て、その間に用 ...
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演 ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男 その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み 強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家です ふたりはケニア ナイ ...
ナイロビの蜂 (映画評論家人生)
梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5~6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー
「ナイロビの蜂」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ナイロビの蜂」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ユベール・クンデ、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト、他 *監督:フェルナンド・メイレレス *原作:ジョン・ ...
映画~ナイロビの蜂 (きららのきらきら生活)
   「ナイロビの蜂」公式サイト本年度アカデミー賞 助演女優賞(レイチェル・ワイズ) 受賞作品ナイロビでイギリス外交官として平和に働くジャスティン。しかし、ある日、弁護士でもある彼の美しい妻テッサが殺害される。妻が追っていた事件を調べるうちに、 ...
ナイロビの蜂 (映画を観たよ)
この映画、アメリカでマスコミ試写では評判悪かったようです。
「ナイロビの蜂」★★★★ (本読みと映画)
こまめに書こうと思った瞬間からためてしまいました…。最近mixiにハマっているようです。アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサと、イギリス庭園のように秩序正しい外交官の夫ジャスティン。愛し合っているからといって、相手のすべてを理解しているとは限らな ...
ナイロビの蜂 (ERi’s room)
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズが出ている映画、『ナイロビの蜂』を随分前ですが、映画館で観て来ました。 レイチェル・ワイズが、この作品でアカデミー賞とったんですよね
ナイロビの蜂 (C'est Joli)
ナイロビの蜂 2005:英 監督:フェルナンド・メイレレス演:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン地の果てで、やっと君に帰る。突然の訃報―「悪い知らせだ」「まさかテッサが・・・」 それは、しばしの別れのはず ...
ナイロビの蜂 (It's a Wonderful Life)
フェルナンド・メイレイス監督の「シティ・オブ・ゴッド」は衝撃的な作品。 ブラジルのスラムの子供たちが銃を持って簡単に隣人や友達まで殺してしまう 衝撃的な要素ももちろんなんですが、 俳優が演じている作品なのに、まるで主人公がカメラを廻して 撮 ...
ナイロビの蜂 / The Constant Gardener (きょうのあしあと)
「地の果てで、やっと君に帰る」 監督:フェルナンド・メイレレス 原作: ジョン・ル・カレ 脚本:ジェフリー・ケイン 音楽:アルベルト・イグレシアス 出演:レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ 、ダニー・ヒューストン 、ビル ...
ナイロビの蜂 (映画通の部屋)
「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、
「ナイロビの蜂」見たぞ~ (さくら色通信)
「ナイロビの蜂」を観にいって来ました!今日映画館でチケットを購入するまで「ナイロビの峰」と勘違いしており大恥をかいてしまいました私の想像ではアフリカの壮大で美しい自然を背景にした異国情緒あふれるラブストーリーだと勝手に想像していましたが、サスペ ...
尊 ~「ナイロビの蜂」~ (サナダ虫 ~解体中~)
フェルナンド・メイレレス監督作品、レイフ・ファインズ主演の、 映画 「ナイロビの蜂」を観た。 アフリカのナイロビで、イギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。 だがある日、弁護士で救済活動家の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が殺 ...
ナイロビの蜂 (メルブロ)
ナイロビの蜂 上映時間 2時間8分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ビル・ナイダニー・ヒューストン 評価 6点(10点満点)  何を上映するか知らされない試写会。アンケートに答えて報 ...
ナイロビの蜂 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  地の果て、愛と信念を胸に・・・  
「ナイロビの蜂」 宣伝、間違ってない? (目の中のリンゴ)
試写会に行ってきました。 レイチェル・ワイズがアカデミー 助演女優賞を受賞した作品です。 監督は、フェルナンド・メイレレス。 ブラジルのスラム街を描いた「シティ・オブ・ゴッド」が 絶賛された監督さんですが、私はまだ観ていません・・・。 主演は レイ ...
ナイロビの蜂 (とにかく、映画好きなもので。)
   テッサの愛に彼は包まれる・・・世界の果てで。  ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。  ある日、訃報が訪れる。ロキに赴いた美しい彼の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が何者かに殺害されたとの ...
『ナイロビの蜂』’05・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
「ナイロビの蜂」オリジナル・サウンドトラックあらすじアフリカのナイロビで、イギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻の殺 ...
ナイロビの蜂 (死ぬ間際にタイトル決まるかも)
出張で前日までに全ての仕事が終わったため、最終日は帰着のみとなった。 「かなり面白い」と評判で、以前から気になってた作品であったので「当日限り 朝10:00上映一回のみ」はラッキーであった。 おまけに木曜日がメンズデイ。じいちゃんもアンチャンも一律1,000 ...
ナイロビの担々麺 (めそのたわごと)
先週の金曜日ナイロビの蜂を観に行きました 最終日のレイトショー8時45分からなので 父の職場で待ち合わせてご飯を食べに行きました 夜来香(イエライシャン)という中華のお店です 前にスーラータンメンを食べたのですがタンタンメンもおいしかったです あとラー油 ...
[ ナイロビの蜂 ]アフリカの今を伝える (アロハ坊主の日がな一日)
[ ナイロビの蜂 ]@吉祥寺で鑑賞。 4年も前になるのか[ シティ・オブ・ゴッド ]。 当時、おすすめの1作はと友達に聞かれたら、必ずこの [ シティ・オブ・ゴッド ]をあげていた。グルーヴィ な感じが、スラム街に住む若者たちに非常にマッチして 勢い ...
ナイロビの蜂 (ひとりごと)
ナイロビに赴任中の外交官・ジャスティンの妻テッサが、無残な他殺体となって発見される。テッサは熱心な救援活動家で、ある人物に会うためにロキへ赴き、帰ってくる途中での出来事だった。 テッサは何故殺されたのか?盗賊に襲われた?それとも・・・。ある日、テ ...
ナイロビの蜂 (CinemA*s Cafe)
http://www.nairobi.jp/ 私は壊れている女性が嫌いなのだけど、その理由は常識を重んじないからというところにある。 なので、このレイチェルワイズ演じるテッサ。この女性も同じ理由から苦手。 壊れているわけ
『ナイロビの蜂』に見るアフリカを舞台とした南北問題 (存在の耐えられない軽さ)
1限を終えて、まっすぐ家に帰ろっかな、どうしよっかな、と迷った末に、つい寄り道してしまいました、池袋シネマロサ。 観たのは、『ナイロビの蜂』。 監督は、『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスですね。 『シティ~』は観てはいないが、ブラジ ...
ナイロビの蜂 (銅版画制作の日々)
 地の果てで、やっと君に帰る。 先日、祇園会館にて「プロデューサーズ」とこの「ナイロビの蜂」を鑑賞した。舞台はケニアのナイロビ・・・・。妻テッサの死をきっかけに、死の真相調べようと・・・・イギリス人外交官ジャスティンは、広大な大地アフリカを巡る ...
ナイロビの蜂 (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いわゆる一つの「良い映画」って感じでしたぁ。 もの凄くインパクトがあるってわけじゃないんですけどね。 丁寧に作られてるので観ていて惹き込まれるし、真実と結末にジィ~ンと来ました。 昔の良 ...
ナイロビの蜂 (39☆SMASH)
『ナイロビの蜂』 あらすじ 『情熱的な妻・テッサと外交官の夫・ジャスティンは、ジャスティンの駐在先であるナイロビで暮らしていた。そんなある日、テッサが何者かによって殺害されてしまう。警察はよくある殺人事件として処理しようとするものの、疑 ...
国際協力の日/ナイロビの蜂(05・英) (毎日が映画記念日)
10月6日は「国際協力の日」。
ナイロビの蜂 (映画鑑賞★日記・・・)
『THE CONSTANT GARDENER』公開:2006/05/13製作国:イギリス監督:フェルナンド・メイレレス原作:ジョン・ル・カレ    『ナイロビの蜂』(集英社文庫刊)出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ ...
ナイロビの蜂 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 イギリス 上映時間 128分 監督 フェルナンド・メイレレス 原作 ジョン・ル・カレ 脚本 ジェフリー・ケイン 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ (allci ...
映画「ナイロビの蜂」 (しょうちゃんの映画ブログ)
「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督作品。冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを映画化した感動のミステリー・サスペンス。アフリカの地を舞台に、政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死 ...
ナイロビの蜂 (cinema note+)
ナイロビの蜂THE CONSTANT GARDENER2005年 イギリス重い社会派サスペンスでした
ナイロビの蜂 (銀の森のゴブリン)
2005年 イギリス 2006年5月 128分 原題:The Constant
『ナイロビの蜂』 (Sweet* Days)
ナイロビの蜂 監督:フェルナンド・メイレレス  CAST:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ 他 アカデミー賞助演女優賞受賞 STORY:外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、美しい妻のテッサ(レイチェル・ワイズ)と駐在先のナイロビに住 ...
ナイロビの蜂 (映画DVDのレビューブログ「シネマパラダイス」)
「シティ・オブ・ゴッド」で知られるフェルナンド・メイレレス監督作品。 ジョン・ル・カレの原作の映画化。 2006年に日本で公開され、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんが公開時に映画のCMにコメントする等、話題になりました。 駐在先のナイロビで暮らし ...
ナイロビの蜂☆地の果てで、やっと君に帰る。 (☆お気楽♪電影生活☆)
レンタルDVD(久々です!)で鑑賞♪
ナイロビの蜂 (映画を観よう)
ナイロビの蜂 ¥2,850 THE CONSTANT GARDENER イギリス 2005年 レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ビル・ナイ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ジェラルド・マクソーリー、ジュリエット・オーブリー、リチャード・マッ ...
ナイロビの蜂 (「C列車で行こう!」)
ナイロビの蜂日活このアイテムの詳細を見る 製作=2005年 イギリス 128分監督=フェルナンド・メイレレス脚本=ジェフリー・ケイン出演=レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン ビル・ナイ ピート・ポスルスウェイト公式HP=http:...
ナイロビの蜂…親方!これは愛の物語です (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
タイトルが変なテンションだけど気にしないでください{/face_ase2/} 今日は寒いです{/face_hekomu/}さっき(21:00頃)外に出たら寒かったです{/face_hekomu/} 室内に居たので日中がどうだったのかは知りませんが、 …昨日は完全に春{/kaeru_fine/}だったのに。 三寒四温...
【ナイロビの蜂】 (Watch IT!)
アフリカで先進国が利益を得ている 実情(一つの例をとりあげて)を細かく描いている。 最初の方はダラダラした感じで話は 進んでいっていたが途中からガラリと変わる。 実際に発展途上国で暴利をむさぼっている 人たちは大勢いるのだとおもう。 結局その人たちのために...
ナイロビの蜂 (Blossom Blog)
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ     ユベール・クン...
『ナイロビの蜂』 (『映画な日々』 cinema-days)
ナイロビの蜂 ケニア・ナイロビ駐在の英外交書記官が 妻の死の真相を探る過程で、 製薬会社の陰謀に気付き、自らの命も狙われる... 【個人評...
映画評「ナイロビの蜂」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年イギリス映画 監督フェルナンド・メイレレス ネタバレあり