∞ヘロン「水野氏ルーツ採訪記」

  ―― 水野氏史研究ノート ――

     本ブログの記事、画像等の無断複製および転載を禁じます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

C-1 >布土城址

2006-05-28 05:35:02 | C-1 >小河氏系水野
布土城址
   愛知県知多郡美浜町大字布土字明山   Visit :2006-05-25 10:40


『張州雑志 第二巻』布土村 城址――
 今称城畠
 有西北五六町計心月斎之東然不知何人城
 [意訳]
   今は城畠と称す
   城址は、布土村の西北五六町(545--655m)程の所で、心月斎の東に有る。しかしな がら誰の城であったかは知られていない。

◎天文年間(1532--1555)、城主は水野忠分(1537--1578)であったとされる。村木砦の戦時には、当居留地から本貫の緒川城に出向き、城に信元を迎え入れ、忠分は信長の采配の下、東大手門から戦いを挑み勝利した。
『寛政譜』では、[忠分は]水野右衛門大夫忠政の六男、有岡城攻めで戦死。
『乾坤院文書』『家忠日記 』では四十二歳卒。法名 盛龍院殿心得全了大居士。
『士林訴』では某と記載。
『家忠日記 』では、忠分家から親交のあった松平主殿助家忠に「形見として刀一振りをおくる12.27」とある。


☆旅硯青鷺日記
心月斎ご住職によれば、神明神社森の西側に隣接する狭域の畑が布土城跡と聞かれ、当時は立派な城構ではなく、簡素な館であったろうと伺える。忠分が天正六年(1578)、摂津の有岡城攻めで戦死後、廃城となったもようである。


小河水野系譜http://blog.goo.ne.jp/heron_goo/e/694986f5283c9212e7114538de019f95
村木砦址(水野金吾篇)http://blog.goo.ne.jp/heron_goo/e/5e502834710aa62a0c11bc6e718324dc


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-1>水野平蔵家系譜(新訂版3) | トップ | C-7 >河和城址/水野屋敷(追... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。