夏天故事

日々感じること、考えることを書き連ねていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓国では、日本の報道をどう見ているか。

2015-07-21 00:08:54 | 雑感・その他
以下は韓国SBSの「ワールドリポート」と言う記事と、その翻訳である。

http://media.daum.net/foreign/others/newsview?newsid=20150720115409671

[월드리포트] 일본 방송 뉴스는 '장난질'을 어떻게 할까?

SBS | 김승필 기자 | 입력 2015.07.20. 11:54

지난주 15일 일본에는 2개의 큰 방송 뉴스가 있었습니다. 하나는 '집단자위권 안보법안 강행처리'였고, 하나는 '11호 태풍 낭카 북상' 뉴스였습니다. 일본의 각 방송사는 이 뉴스를 어떻게 처리했을까요? 방송사별로 짚어보겠습니다.

● '안보법안 37분 ' TV아사히 對 '태풍이 톱' NTV

일본의 주요민방인 TV아사히와 NTV의 밤 메인뉴스의 의제 설정은 매우 판이했습니다. 먼저, 진보지인 아사히신문 계열의 TV아사히. 밤 10시 '보도스테이션'에서 뉴스 시간의 절반 가까이를 '집단 자위권 안보법안 강행처리'로 채웠습니다. 전체 뉴스 시간 76분 가운데 37분이었습니다.

반면, 보수지인 요미우리신문 계열의 NTV는 밤 11시 'NEWS ZERO'에서 '태풍' 소식을 톱뉴스로 올렸습니다. 태풍과 더위 뉴스를 5분간 먼저 전한 뒤, 안보법안 뉴스는 단 6분간 보도했습니다.

공영방송인 NHK와 다른 민방은 모두 '안보법안'이 머리기사였습니다. 하지만 보도량은 차이가 적지 않았습니다. 중도진영의 TBS는 'NEWS 23'에서 29분 (전체 뉴스 59분)의 보도량을 보였지만, NHK는 '9시 뉴스'에서 17분 (전체 뉴스 60분), , 보수 계열의 후지테레비는 7분 (전체 뉴스 23분) 만 보도했습니다.* 수치는 일본 마이니치 신문의 20일 기사 'TV보도 취급차 크다'를 인용했습니다.




● 앵커의 질적 차이, '정면 비판'과 '물타기'

TV아사히 앵커는 매우 비판적이었습니다. "1mm라도 전쟁에 가까워지지 않도록, 이 문제를 취급하지 않으면 안 된다"고 결연히 말했습니다. 반면 NTV 앵커는 물타기식 태도를 보였습니다. "국민은 야당의 안전보장정책도 알고 싶어 한다"고 얘기했습니다.

● 시위 현장 '커버'도 확연한 차이

지난 토요일(18일), 일본 31개 현에서 '아베 정치 용서할 수 없다'는 구호를 외치는 동시다발적인 시민 집회가 있었습니다. 도쿄 국회의사당 정문 시위 현장에는 한국 방송사, 중국 방송사도 취재에 나설 정도였지만, 일본 공영방송인 NHK의 카메라는 보이지 않았습니다. 민방인 TV아사히, TBS, 도쿄 TV의 카메라만 눈에 띄었습니다. 방대한 인력과 장비를 자랑하는 NHK는 모든 현장을 일단 커버해 두는 곳인데, 이날만큼은 현장에 나타나지 않았습니다. 관련 뉴스는 NHK TV는 물론 NHK 홈페이지에서도 찾을 수 없었습니다.

● 주요 의제 있는 날, 날씨가 톱뉴스면!

일본의 '안보 법안'은 전후 70년 일본 안보정책의 대전환을 의미합니다. 일본 국내는 물론 미국, 중국, 한국에서도 대단한 관심을 보이는 법안입니다. 그런 법안이 강행처리되는 날, 방송 뉴스에서 '태풍'이 톱뉴스로 올라온다는 것은 '의도적'이라고 할 수 있습니다. 그런데 '의도적'이긴 한데, 또한 충분한 '변명거리'를 갖기도 합니다. '태풍 등 날씨가 일반 시민의 일상에 미치는 영향이 크다는 점에서 톱뉴스로 보도할 만한 가치가 있다는 주장'이 아예 말이 되지 않는 소리는 아니라는 겁니다. 하지만 이번 태풍은 슈퍼태풍급도 아니었고, 일본에 큰 피해를 주지도 않았습니다. 여름이면 으레 일본을 지나가는 여러 태풍 가운데 하나일 뿐이었습니다.

'날씨 뉴스'는 다양한 용도로 활용됩니다. 한국은 전두환 전 대통령 시절 '땡전 뉴스'라는 비판에 직면하자, 방송사들은 날씨나 스케치 기사를 먼저 내보낸 뒤, 대통령 관련 뉴스를 전하는 '술수'를 부리기도 했습니다. 이번에 일본의 일부 방송은 '날씨 뉴스 카드'를 활용하며 국민이 제대로 알아야 할 소식을 축소하는 '장난질'을 했습니다. '날씨' 자체가 톱뉴스 자격이 있는 날도 있지만, 이처럼 '억지 톱' 역할을 하는 날도 있습니다.

일부 일본 방송이 '안보 법안' 보도에서 부적절한 태도를 보였지만, 전체적으로 일본의 현재 언론 환경은 아베 정권의 이런저런 압력이 있음에도 비교적 자유롭습니다. '보도스테이션'과 '뉴스23'을 지키자는 시민 운동도 전개되고 있습니다. 이념에 따라 진보부터 보수까지 골고루 포지셔닝하고 있습니다. 일본은 최소한 언론만은 한쪽 날개로만 날지는 않고 있습니다.
김승필 기자kimsp@sbs.co.kr


[ワールドリポート]日本の放送ニュースは‘おふざけ’をどうするか?
SBSキムスンピル記者 入力2015年7月20日11時54分

先週15日日本では2つの大きな放送ニュースがありました。ひとつは‘集団自衛権安保法案強行採決’で、ひとつは‘11号台風ナンカ北上’のニュースでした。日本の各放送社は、このニュースをどのように処理したのでしょうか。放送社別に見てみました。

●‘安保法案37分’TV朝日対‘台風がトップ’NTV

日本の重要民放であるTV朝日とNTVの夜のメインニュースの議題設定は大変まったく異なるものでした。まず進歩紙である朝日新聞系列のTV朝日。夜10時‘報道ステーション’でニュース時間の半分近くを‘集団自衛権安保法案強行採決’に費やしました。全体のニュース時間76分の中、37分でした。

反面、保守紙である読売新聞系列のNTVは夜11時‘NEWS ZERO’で‘台風’の消息をトップニュースとして扱いました。台風と暑さのニュースを5分間先に伝えた後、安保法案ニュースはたった6分間の報道でした。

公営放送のNHKと別の民放はすべて‘安保法案’がトップニュースでした。しかし報道量には差が小さくありませんでした。中道陣営のTBSは‘NEWS23’で29分(全体ニュース59分)の報道量を見せましたが、NHKは‘9時のニュース’で17分(全体ニュース60分)、保守系列のフジテレビは7分(全体ニュース23分)だけ報道しました。*数値は日本の毎日新聞の20日記事‘<安保法案強行採決>テレビ局報道、扱いに差大きく(http://mainichi.jp/journalism/listening/news/20150720org00m010003000c.html)’を引用しました。

●エンカーの質的差、‘正面批判’と‘すり替え(註 原文は물타기:人の注意を事件の核心からはずれた事項や別の事件に持っていく行為)’

TV朝日エンカーはとても批判的でした。“1mmでも戦争に近づかないように、この問題を取り扱わなければならない”と決然と述べました。反面NTVエンカーはすり替えるような態度を見せました。“国民は野党の安全保障政策も知りたがっている”と言いました。

●デモ現場を‘カバー’するにも明確な差

先の土曜日(18日)、日本の31の県(ママ)で‘アベ政治を許さない’という合言葉を叫ぶ同時多発的な市民集会がありました。東京の国会議事堂正門デモ現場では韓国の放送社、中国の放送社も取材に立つほどでしたが、日本の公営放送であるNHKのカメラは見えませんでした。民放であるTV朝日、TBS、東京TVのカメラだけが目に入りました。膨大な人力と装備を自慢するNHKはすべての現場をカバーすることができる場所ですが、この日だけは現場に現れませんでした。関連ニュースはNHKのTVはもちろんNHKホームページにも探すことができませんでした。

●重要議題のある日、天気がトップニュースなら!

日本の‘安保法案’は、戦後70年日本の安保政策の大転換を意味します。日本国内はもちろん、アメリカ、中国、韓国でも大きな関心が寄せられる法案です。そのような法案が強行採決された日、放送ニュースで‘台風’がトップニュースとして扱われたことは、‘意図的’であるといえます。ただ、‘意図的’でありはしますが、また十分な‘いいわけ’を持っていることも確かです。‘台風などの天気が一般市民の日常に与える影響が大きいという点から、トップニュースとして報道するだけの価値があるという主張’がすべて間違っているものではない、ということです。しかし、今回の台風はスーパー台風級でもなく、日本に大きな被害をもたらしたものでもありません。夏ならばいつも日本を過ぎていくいくつかの台風のうちのひとつに過ぎませんでした。

‘天気のニュース’は多様な用途で活用されます。韓国は全斗煥前大統領のとき‘一文ニュース(註 原文は땡전 뉴스:땡전とはとても小さな額数のお金をバカにして言う言葉)’という批判に直面すると、放送社たちには天気やスケッチ記事を先に送らせた後、大統領に関連するニュースを伝える‘計略’を使ったりもしました。今回の日本の一部放送は‘天気ニュースのカード’を活用しながら、国民がきちんと知らなければならない消息を縮小する‘おふざけ’をしました。‘天気’自体がトップニュースの資格がある日もありますが、このように‘ごり押し トップ’の役割をする日もあります。

日本の一部放送が‘安保法案’報道で不適切な態度を見せていますが全体的な日本の現在の言論環境はアベ政権のいろいろな圧力がある中でも、比較的自由です。‘報道ステーション’と‘NEWS23’を守ろうという市民運動も展開されています。理念によって進歩から保守まで均等にポジショニングがされています。日本は最小限の言論だけは、片方の翼でだけ飛んでいるわけではありません。
キムスンピル記者 kimsp@sbs.co.kr
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KBS 歴史ジャーナル その日 第80回 「軍艦島の二つの顔 隠された真実」の日本語訳

2015-07-06 01:28:20 | 雑感・その他
KBS 역사저널 그날 제80회 `군함도의 두얼굴,숨겨진 진실
(KBS 歴史ジャーナル その日 第80回 「軍艦島の二つの顔 隠された真実」)2015年6月28日放送
http://www.dailymotion.com/embed/video/k1E9kMc4K2LsWCbNth2

をリポートする。

MC 최원정 チェウォンジョン(以下 MC)
신병수 (역사학자) シンビョンス 歴史学者 (以下 シン)
류근 (시인)  リュグン 詩人(以下 リュ)
  최태성 チェテソン 高校教師 (以下 崔)
  이윤식 イユンシク 放送人 (以下 イ)
  강동진 カンドンジン 都市工学者 (以下 カン)




日韓の認識の違い
働いていた人(以下 -) 人間の地獄がここなんだな


MC 軍艦島が世界遺産になる可能性が高いと言うことで、軍艦島の二つの顔 隠された真実を特集します
  崔先生は最近行ってきたそうですね。
崔 長崎から30分くらい。観光客がたくさんいて、焼酎まで売っていました。
シン もともと端島という無人島だったのが石炭の発見で、1890年に三菱が海底炭鉱を開発したんです。
日本の軍艦と似ているのでそう呼ばれています。
イ 軍艦等というから基地があるのかと思ったらそうじゃなく、石炭を取るための人工島みたいな感覚。見たことあると思ったら、映画007の撮影現場。
リュ 世界遺産といったら基本的に共感するものがあるものだ。タージマハルとか。何か、人類が保存しようとする美しさがあるのだが、廃墟となったあの島は何のために登録しようとするのか。
カン 今回日本は明治の産業革命という名前で登録しようとしています。産業遺産というものです。ドイツ・ジョルフェラリン、イギリス・リバプール港、ニューレナークなどが代表的。韓国にはありません。非西洋圏で最初の産業革命の物証が集まって残っている場所。その中で軍艦島が象徴的で日本が重要に考えているものです。
MC 西洋技術と日本の技術を合わせて産業化を起こした姿を見せたいわけですが、日本の広報ビデオを入手してきました。どのように広報しているか見てみましょう。

NHKの映像
もう、ひとつの都市ですね。市場、映画館もあるし…
運動会ですね。子ども達も。
本当にたくさんの人たちが住んでいたわけです。
カラーテレビが最初に普及されるなど、特別な恩恵を受けた島です。
イ 映像は韓国の1970年代を思わせるのですが、あれは1910年以前の姿じゃないですか。
カン 錯覚を起こしやすいのですが、アパートは1916年に日本で最初に作られたのですが、学校などは1956・7年台に作られたものです。私たちは戦前戦後を分けて考える必要があります。明治時代の遺産というのですが、映像は戦後に作られたものです。
MC 映像では楽園のように見えますが、この中に隠された真実を見てみましょう。

1938年 国家総動員
-どこに行くのかもわからずただ連れて行かれた。
-無条件に捕まえて…数字を埋めるために連れて行ったんですよ。
-日本人たちが捕まえに来てました。
戦争が悲惨になっていくと小さな少年まで強制動員した。そうして海を越えて日本各地ににつれてこられたのが徴用者その中で軍艦島は朝鮮人たちには恐怖のたいしょうだった。
チェジャンソプ 16歳で軍艦島に強制動員
-あちこちで私は死んぬんだという声が出て…涙の海でした
-日本からは無期懲役者が来てました。収容所です。

カン 国内外で延べ700万人の徴用。
シン 時代背景を見ると軍需物資を送らなければならない。それらを強制的に集めたということ。合理的な募集手続きは省略したということ。
崔 ポスターにはうそまで書いていました。
カン 43~45年800名が軍艦島に徴用されたといいます。証言によるとトラックで連れ去られた、ということもあったようです。
全員 拉致・誘拐ですね。
崔 衝撃的なのは13・14くらいの子どもも働いたということです。写真は入所式の写真です。大人だって大変なのに子どもが働いた、ということです。
イ 日本の子どもは運動会をして、朝鮮の子どもは炭鉱で働いたのか、とも思ってしまいます。
リュ イミジャさんの歌が浮かびます。(母親が海を越えて離れた子どもを思う心情を歌った歌)軍艦島には強制徴用で連れてこられた朝鮮人だけがいたんですか。
カン 日本人もいた。(字幕 1940以降、60~70%は朝鮮人だった。)
イ 映像を見ると楽しそうな感じでしたが、実際の生活はどうだったんでしょうか。
MC 平面地図をもってきていますので見てみましょう。
リュ こんな風になっていますが、これは壁ですね。
カン はい、ここに門があるんですが地獄門といわれています。(字幕10mの高さ)一度入ったら出られない、という。
MC 銭湯が目に入るんですが…
カン 炭鉱なので洗わないといけません。病院や日本人家族の余暇施設もあったようです。(字幕プールなどの)
リュ 朝鮮人たちはアパートには住んでいたんですか?
カン 記録によると、病院のこの場所が二階の木造建築になっていて、4棟に分散収容されていたといいます。
リュ では朝鮮人の収容所規模はどうなっていますか?全体の広さに対して狭いようですが。
カン 部屋ひとつの大きさが10㎡。
シン このテーブルより少し大きい規模に8~15名が生活していました。
イ このテーブルの上で、私たち6名が生活するのと同じですね。
リュ そんなことが可能なんですか?
(字幕 宿所生活自体が理解できない状況)
シン ほとんど監獄。宿所の近くには監視塔まであって、逃げるのを防ごうとしていた。
カン 日本人は日当たりのいいアパートに住んで、差別的な待遇でした。
イ 日本人は島の真ん中で生活していますが、ここは海のすぐそばですね。大波が来れば、浸水したという話を聞いています。
崔 波が来れば、島全体を覆ってしまったそうです。だから、アパートみたいな出あれば大丈夫だったんですが、木造建築は持っていかれるくらいだったそうです。
リュ 軍艦島のどこにいかれたんですか?
MC 全部見たんですか?
崔 今見れるのは三箇所です。(字幕 現在観光客に一部のみ開放)
MC 日本人が住んでいたところだけですね。
崔 朝鮮労働者が住んでいたところは痕跡も見ることができません。

軍艦島強制徴用被害者たちの証言から抜粋(アニメーション)
-また、地下に降りていく階段の前に立った。
-病気でも休むことができない。
-むごい鞭打ちを避けなければならない
-海底1000m。腰も見えない坑道の果て。
-一日12時間、割当量を埋めなければならない。
-坑道に溜まりに溜まっているガス。所かまわず(?)落ちる岩。今日も同僚の一人が死んだ。
-あちこちから、泣き声が聞こえる。人間の地獄が、間違いなくここなんだ

MC 被害者たちの証言を土台に作った映像です。遠い先祖の話ではなく祖父・祖母世代が経験したことです。
崔 最後の人間の地獄がここだ、という言葉が胸を締め付けます。
シン 端島炭鉱が海底炭鉱で、高品質の石炭が埋まっているといいます。ですが、陸地でも1000mを掘っていくのは大変なんですが、海底ですので坑道も狭く傾斜も60°以上で、機械は入れず、人だけが入れます。その一番大変な坑道の端に大部分の朝鮮人を送ったんです。
カン 太平洋戦争の終わり頃、坑内と坑外に区別されるのですが、坑内で仕事をしていた強制徴用された朝鮮人の数字は全体の90%だそうです。だから、一番大変で難しい場所に朝鮮人が投入されたということですね。
MC 深さ1000mって想像できます?
リュ 1kmです。トンネルを考えても…
(字幕 想像も難しい海底1000mでの採炭作業)
MC だから、一瞬で落ちる、ということです。
(軍艦島海底炭鉱再現)
リュ 私は閉所恐怖症なんですが、想像しただけで息が詰まります。本当に暗闇の中に落ちていく感じがするのですが、私たちは最近「막장(註:日常会話では「もう終わりだ」というときに使う)」という言葉を使いますが、もともと炭鉱の一番の難所、坑道が作られる前を言うそうです。いつ崩壊するかわからないので一番危険な場所ですが、今見たら、そこ(막장)にまで行くまでも、命がかかっています。
崔 崩れたら、死んでしまうんですよね。
MC そうでしょう。閉じ込められるのだから。
崔 一日2交代で、12時間働くのですが、あるときは、8時間ずつ2回16時間仕事をすることもあったそうです。1分1秒を休むこともできなかったそうです。疲れたと、休もうとすると殴りに来て、割当量をしないと終わらなかったそうです。
(字幕 -仕事を休むと監督が来て、「仕事をする」というまで殴られた)
MC では、こんな風に劣悪だった炭鉱で、鉱夫たちに与えられたものがあります。見てみましょう。ヘルメットですね。
崔 このベルトは、傾斜がすごいので、滑らないようにお互いを結んだんです。
シン これはおにぎりみたいになっていますね。豆かす握り(と訳した。字幕には豆油を絞って残ったかすに雑穀を混ぜたものとある)なんですが、実はこれ、肥料として使われるものなんです。
MC 汗が流れる暑い坑道の中で、それを二つ食べただけで仕事なんてできるんですか?
リュ これを食べて12時間…
シン 人間が食べる、一番最低線の食べ物を与えた、ということで、これさえ仕事をしなかったり、病気の場合は与えませんでした。
(字幕 -病床の人には食事を与えず、結局飢えて死んだ)
崔 さっき少し食べたじゃないですか。いまだに口の中を回っています。
イ 私もです。土を食べたみたいです。
カン 横にあるのは「ふんどし」というものですね。坑道の中の温度が30~40℃になるので、服を着ることができなかったんでしょう。海底ですから湿度も90%以上でしたので、服を脱いで、最低限これをつけたのです。
崔 鞭を打たれなくても動きながらずっと、皮膚がこすれて深く傷つきます。
イ 水も落ちてきますよね。
カン そうです。海底なので塩分のある地下水が漏れてきます。それで皮膚病にかかります。
崔 傷に塩水…
リュ 海水で鞭打たれ、直接的にも鞭打たれ…
(字幕 劣悪な作業環境 奴隷のように仕事をする朝鮮人たち)
MC 坑道の模型を作ってみました。どれだけ狭く劣悪だったか、二人の方に体験してほしいと思います。
(体験)
崔 12時間16時間この姿勢でいなければならないこと自体が…
イ 地下1000m。私は生きて出られるのだろうか…と。
MC 実際はこの模型よりもっと狭く劣悪だったそうですが。
カン はい。今体験されたのは平面ですし、ガスの問題もあります。いつでも爆発する危険性もあります。
イ それでも降りていくしかなかったのは、仕事をしないと、これ(豆かす握り)すらもらえなかった。しかも鞭で打つし。仕方なく降りていくんですよね。
リュ 彼らにはどんな希望があったんでしょうか。あの中で。私は別の炭鉱で落書きを見たことがあるんですが、「お母さん 会いたい」「おなかがすいた」「故郷に帰りたい」と書いてありました。(映像の写真)
イ 私が聞いた話では長崎から軍艦島まで4kmです。海岸に小さな碑があるそうです。それは軍艦島から朝鮮人たちが脱出しようとして長崎まで泳いでいる途中、力が尽きて死んでしまいます。そういう死体が何回も流れ着くのでかわいそうで、埋めたんですがもう一度追悼碑を建てたというんですね。
MC 小さな少年たちもどんなに故郷が恋しかったでしょうね。

1945年広島・長崎に原爆が落とされる。広島・長崎は焦土化する。
軍需産業体が密集していた長崎。一瞬の内に死の町になった。
日本の官吏たちは軍艦島の朝鮮人鉱夫たちを急いで長崎に送った。
両手にはつるはしのかわりに掃除用具。
初めて島の外に出られた朝鮮の鉱夫たち。
しかし、彼らを待っていたのは放射能(ママ 以下同じ)に汚染された別の地獄だった。

MC 口が開けない場面です。私はここまでするとは思いませんでした。原爆が落ちた場所に保護装備がありますか。そこで掃除をさせた。
(字幕 放射能にそのまま放り出された軍艦島の徴用被害者たち)
リュ 長崎が焦土化したのは知っていましたが、その後に朝鮮人たちが事後処理をしたというのは想像すらできませんでした。(この人の声は聞き取りにくい)
カン 原爆で海底炭鉱の電気供給が中断して、朝鮮人炭鉱夫たちもすることがなく、それで長崎港に連れて行き原爆の事後掃除をさせたんです。
イ 証言記録を見たんですが、掃除しながら「あ、死体だ」と思ってさわったら灰になったとか、こんなことを体験するわけで、どれだけ精神的な衝撃が大きかったか。
リュ 精神的症状だけでなく実際の被爆症状も現れたといいますね。掃除後に吐血が2週間も続いたという記録もあります。
シン 当時長崎の人口が22万名だというんですが、長崎造船所に徴用された朝鮮人たちが、約2万名被爆し、そのうち1万名が爆死したといいます。日本が被爆して降伏に導いたその裏で、朝鮮人の犠牲者がこんな風に傷んだということです。
崔 証言を見ると、造船所で同僚が被爆して、顔の皮膚が全部焼けてしまい、口があけられなくなった状況で。、竹でできたもので口をあけて食べ物を食べさせようとしたんですが、本人は嫌がって、結局死んだ、というものがありました。
シン 問題は朝鮮人たちを送りはしたんですが、支援や対策などがまったくないことです。この間強制徴用とかあったんですが、補償が1銭もないから、故国に帰れといわれても帰れなかったんです。やっと帰れると思っても帰れる要件がなかったんです。
(字幕 日本企業 朝鮮に帰られるような支援策 全無)
(字幕 日本企業が各種名目で賃金を控除 故郷に行く車代さえ残っていない朝鮮人徴用者たち)
リュ あんな大変な労働をして、補償がなかったんですか。
イ 遺骨もちゃんと収集できない状況だと聞いたんですが。
崔 端島炭鉱ではもともと人が死ぬと火葬して島の神社に安置するのですが、1973年に廃鉱になって無人島化すると、日本人の遺族は持っていくことができました。無縁の遺骨には朝鮮人たちが多いです。名前や年齢、死因が書かれた位牌があったのですが、この(映像)ように焼いてしまっている。朝鮮人の名前もあります。
イ 何で焼いているんでしょうか。
崔 本当に。それで、遺骨だけ持って出てきて、粉骨してつぼに入れて埋葬した後、供養塔を立てて終わり。こんな風になってしまったんです。
(字幕 遺骨の一部を粉骨して近隣の寺に安置。残りはそのまま埋葬してしまう。)
シン 朝鮮人の痕跡をなくそうと。
(字幕 位牌がない 誰の遺骨か確認不可能)
イ 地獄のような場所で亡くなったじゃないですか。魂だけでも天国に行かれるようにしてあげなければならないのに、それもできなくするんですか。
MC 死んでからだとしても故郷にいけるだろうという期待感に、現世の痛みを耐えた方たちなのに、あんなふうに…
(字幕 死んでも抜けられない「地獄島」軍艦島) 
崔 家族はずっと待っているんじゃないですか。そのようなかたがたにはいまだに光復されていない、そんな時間だったんじゃないですか。

(字幕 演劇「送らなかった手紙」 劇団ミョンテ 日帝強占期戦場に連れて行かれた夫を一生待つ妻、そして残された家族たちの話)
「帰ってくる。きっと生きて帰ってくる。

「私はこれを読まない。後で会ったらあなたが直接読んでください。
私はもうやめようと。
長い間耐えた…
体だけが老いるのではない。愛も老い、希望も老い、怒りもそんな風に老いるのです。
笑える?
月日が過ぎるといって、限りなく後ろ髪引かれて、後ろだけ振り返っていたけど、月日じゃなく私が行こう。
こんな風に。
70年待ったあなたのそばに、あなたの妻ジョンスンドクが、長く長い月日をこらえてこんな風に行く。
だから、今日の夜は夢ではなく、嘘でなく、本当に迎えにきて。
妻よ、妻よと一度だけでも呼んでおくれ。
あなたがいるところは分かっているのに、はだしだからと行けない?いばらの藪だからと行けない?
だけど、キムベクシクさん…
私の顔が分かる?

最近日本では軍艦島が最高の観光地として人気を呼んでいる。
現代を生きる日本人にとって軍艦島はどんな島として記憶されているだろうか。
※日本人の案内(略)※
しかし、島のどこにも、日帝強占期、強制徴用の歴史を探すことはできなかった。
ただ楽園として、産業遺産に光り輝くすばらしいとしてだけ残る軍艦島。
いったいその中にどんな意図が隠されているのか。

MC カン先生が軍艦島に行ってきた痕跡としてパンフレットを持ってきてくださいました。これが印象的です。軍艦島上陸記念証明書。
崔 私ももらいました。でも、気分がよくなくて全部捨てちゃいました。
MC 全部証拠ですよ。強制徴用に対する記録。ぜんぜんありません。
カン 証明書を見ると、軍艦島が世界遺産だと13年度にすでに書いてあります。そのくらい準備をしたんですね。実際、準備過程が一般的なプロセスとは違いました。普通は専門の学者や民間から始まるんですがこの場合は、安倍総理が直接管轄して準備をしました。5~6年前から国際的な学者を招待して共感を得たと見ることができます。
リュ 強制徴用をはずして、見せたいものだけ見せているわけですが、こういうものも厳密に是非を問えば歴史の歪曲になるのでは?
(字幕 リュグン詩人の疑問 強制徴用の歴史をのぞいたまま世界遺産といえるのか)
崔 それで、学生たちと話をしたかったんです。学生たちは学生たちなりに「他国の文化遺産なのに私たちが価値のあるなしを話すのは違う。それなりに意味があるんだからそれを見ないといけないんじゃないか」と主張する学生もいたし、「どうして歴史を断絶してみることができるのか。延長線上で全体的に見るのが歴史だ」という学生もいて討論になりました。
シン 核心的な問題のひとつが、明治時代の遺産だとして申請書を提出しておいて、遺産の大部分がその後に作られたものだということ。
イ だから話にならないとなるんです。
カン 世界遺産の条件の中に完全性という区分があります。完全のタイミングがいつかというと、私は、その遺産が一番活性化し役割をしっかり持っていた時期を完全性と判断しています。であれば、一番完全性を持っていたのは、日中戦争から太平洋戦争の時期。大人を評価しようするとき、「幼児期」だけを見てどうやって評価しますか?今日本は大人(完全性のある時期=日中戦争・太平洋戦争期)を評価するのに、天真爛漫な子どもの時期(明治時代)だけを見てくださいといっているようなものです。成長過程を取り除いているので相当歪められた状態になっています。そしてこのような産業遺産を登録しようとすれば、近代のものは原型がそのまま残っていなければなりません。資格は絶対にないです。
シン 申請した場所は23箇所です。九州と山口県に集中しています。軍艦島や三菱が運営した造船所など7箇所が強制徴用と関連する場所です。世界遺産とは人類が互いに普遍的な価値を共有する遺産なんですが、誰が見ても軍需産業です。特に日本の場合は侵略戦争をしたとすでに世界的にも確認されていることなんですが、23箇所中7箇所が問題があるということです。
リュ 今、三菱や三井という名前が出たじゃないですか。そんな企業が今でも完全に活動していることも驚きです。
崔 長崎の三菱造船所は現在も運営されているじゃないですか。現在運営中のものも世界遺産になることができるんですか。
カン できます。日本の場合は問題があるのですが、三菱造船所という名前自体は登録対象からはずれています。しかし、明治時代に作った単位要素、クレーンやドックなどを全体的に集合させて施設として登録対象にしました。そうすると自然に三菱造船所も世界遺産になります。
(字幕 橋・港など、原型が保存されたまま使用可能な施設は世界遺産に登録)
MC ポーズをあわせたら結局造船所全体になるんですね。
「字幕  말 도 안 돼 」
シン ブレンド(?)ブランド(?)。
カン より問題なのは八幡製鉄所・三池炭鉱などは要素がありません。なので、全部まとめて申請しました。
(字幕 八幡製鉄所、三池炭鉱・港など 要素が不適切な場合は全体で登録)
シン ひどいのは、明治維新の設計者と呼ばれる人物がいます。吉田松陰という人ですが、この人が立てた個人塾まで世界遺産に申請しています。吉田松陰の弟子の中には伊藤博文、山県有朋などいますが、これまでも「産業遺産」として申請しています。
イ このような軍需施設や極右たちを育てた塾を、日本の中で、「私たちの宝だ」というのは別にどうでもいいが、それをなぜ全世界が祝福する遺産とするのか理解できない。
(字幕 基準に合わない23箇所をなぜ無理に世界遺産に?)
カン 基準が23箇所の中でめちゃくちゃになっています。専門家の中で残念なのは、このように廃墟になった産業遺産、または一定の時期だけに限定した産業遺産が世界遺産になると、これまでユネスコでもっていた世界遺産の原則・秩序が壊れてしまうんですよ。
リュ なんで世界遺産に登録しようとするのですか。
崔 軍艦島はこれまで人が入れませんでした。2009年に公開したら1年で訪問した人が7万人程度、それに付随する経済的効果が15億円です。だから、これらを世界遺産にしようとするのは、経済的効果が非常に大きいことが一番の理由です。
シン 私たちも心理的に、ある国に行ったら世界遺産に、価値があるんだと思って行く。そんな効果があるんでしょうね。
リュ 軍艦島に経済効果があると聞いて思ったのですが、私たちも独島を文化遺産に登録すべきでは?
MC 日本の人々はこんな意図など考えないまま、世界遺産になるからとお祭り雰囲気じゃないかと思うのですが、そんな中でも小さいですが意味のある動きがあります。特別に日本につないでお話を聞いてみたいと思います。長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会(http://www.chouseitankou.com/index.html)の代表井上ヨウコさんです。
(註 井上氏は日本語なので、質問のみ翻訳)
井上
MC 具体的な活動の紹介をお願いします。
井上
MC 2013年には宿願の作業をされたそうですが。
井上
MC 水没犠牲者が思ったより多かったです。
崔 私たちも、あまり関心を払ってこなかったですよね。日本の市民団体の努力で知ることができたわけです。私たちも関心を持たなければなりません。恥ずかしいです。
MC 反省ですね
崔 活動されたり、勉強されたりしていらっしゃいますが、日本の中でどのような意味を持ちますか
井上
リュ 私は恥ずかしいんですが、軍艦島という島がどこにあってどんな島かも知りませんでした。
崔 強制徴用を表示板に書くという協議があることが出ていました。それはいいのですが、基本的に徴用に対する謝罪や補償が先行されない状況で、表示板にどれだけのことがかかれるのか、と心配です。
(註 沖縄を考えると崔先生の不安がただの杞憂ではないことがよく分かる)
カン 強制動員を記録に残すだけでは本当に残念なことが多すぎます。これは1986年に日本の市民団体から出された、112名の朝鮮人の名前を探した記録です。でも、30年が過ぎたのに、私たちがしたことは何もない。先の30年は強制徴用や「慰安婦」問題など、国家の次元でもっと努力が必要だと思います。
シン 日本にある徴用施設より国内に残っているのがもっと多いのですが、ほとんど知られていない。こういう努力をしたとき日本の歴史歪曲の動きなどに抵抗できる力になる。
イ 負の遺産もあるじゃないですか。オシフィエンツィムでは政府次元で追悼碑を建てた。日本は反省する機会として捉えるべきではないか。端島が軍国主義を反省する救命ボートの役割をすることを願います。
MC 今日からドイツで総会が開かれます。どんな結果になろうとも、隠されている真実を知らなければならないという気持ちで、軍艦島に関する話を分かち合いました。


追記 翻訳のミスの訂正や追加で翻訳した部分をここに明記しておく
2015年7月6日
・動画のリンクを設定。クリックすれば飛べます。
・強制徴用の人数 700万人 → 延べ700万人

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産経の電波な記事

2015-05-24 23:41:21 | 雑感・その他
とりあえず、備忘録のメモとして。

【阿比留瑠比の極言御免】
「世界征服のための戦争だった」 荒唐無稽な「共同謀議」史観

 20日の党首討論を聞いて耳を疑った。共産党の志位和夫委員長が、日本に降伏を求めた1945年7月のポツダム宣言を引用し、安倍晋三首相にこう迫った場面でのことだ。

 「(宣言は)日本の戦争について、世界征服のための戦争だったと明瞭に判定している。宣言の認識を認めるのか認めないのか」

 確かにポツダム宣言第6項には、志位氏の指摘のように「日本国民を欺瞞(ぎまん)しこれをして世界征服の挙にいづるの過誤を犯さしめたる者の権力および勢力は永久に除去せられざるべからず」とある。とはいえ、志位氏はこの認識が絶対だと本当に思っているのか。

 志位氏は討論後、記者団にまるでポツダム宣言が民主主義の聖典であるかのようにこう称揚もした。

 「日本の戦後民主主義の原点中の原点がポツダム宣言だ」「ポツダム宣言は戦争認識の原点で、誰も否定できない」

 だが、戦前の日本は果たして「世界征服」など目指していたのだろうか。対英米戦は両国などの対日禁輸政策に追い詰められた日本が、窮余の策として選んだ道ではないか。

 政府高官は討論終了後、周囲にこう苦笑していた。

 「どこの国の政治家ですか、という質問だった。日本が世界征服をたくらんだなんて、どれだけリアリティー(現実味)のない話なんだ。テレビを見ていた国民もそう思っただろう」

 ポツダム宣言は、戦いを有利に進めていた日本の戦争相手国が出したものであり、日本を「悪者」として位置付けるのは当然だといえる。また、昭和2年に田中義一首相(当時)が天皇に上奏したものとされ、日本の世界征服計画を記した「田中上奏文」が米英などの対日認識に大きく影響していた可能性もある。

 田中上奏文については、東京裁判でも取り上げられたが、日本側弁護団によって中国側が作った偽書であることが立証されている。

 東京裁判は、先の大戦は日本の軍国主義者たちの「共同謀議」に基づく侵略計画に沿って実行されたという見方を前提にして始まった。検察側は、それを裏付ける証拠として田中上奏文を持ち出したが、裁判途中で偽書と気づいて追及をやめたのである。

 志位氏が引用したポツダム宣言第6項は、この東京裁判でもインド代表のパール判事らから数々の反論がなされた荒唐無稽な「共同謀議」史観に貫かれている。どうして今さら、そんな珍妙な認識を日本が認めないといけないのか。

 ここで思い出すのは、これまで国会で繰り返されてきた「日本は東京裁判を受諾したのだから、その歴史判断も受け入れなければならない」という議論だ。

 国を個人に置き換えて考えてみたい。裁判を経てある判決を言い渡された場合、法治国家の一員である以上、当然、その刑に服さなければならない。

 だが同時に、外形的に刑を受け入れても、内心で裁判官の判断を不服に思うのも、自身は実は無罪だと考えるのもその人の自由であるはずだ。憲法19条「思想および良心の自由」を持ち出すまでもない。

 東京裁判を受け入れたからといって、その思想や歴史観、政治的背景、各国の都合や思惑を全部ひっくるめて引き受けることなどできようはずもない。

 それが可能だと考える人は、他者の内心に容易に手を突っ込み改変できると信じる危険な傾向を持つ人物だということにはならないか。(政治部編集委員)

http://www.sankei.com/premium/news/150522/prm1505220009-n1.html

より引用


…この程度の文章で3ページに分けるなよ。
突っ込みどころ満載過ぎて面倒。
とりあえず、
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

ポツダム宣言の認識を受け入れない=戦後の国際秩序を受け入れない=日本は戦後国際秩序を受け入れない、ってことだからね。つまり、今の国際秩序の上で行われている様々な事や、今の国際秩序の中で成立・運営している国家と価値観を共有しない、ってこと。

阿比留氏や産経はこのように書くのなら、グダグダ言ってないで連合国と戦争し直してこいよ。
ポツダム宣言の認識を受け入れない、と言うのはそういうことだ。
ただし『日本』は宣言を受け入れ、同時にその価値観も共有している(日本国憲法として明文化)のだから、日本国も連合国側に立つことになるけれどね。
ポツダム宣言を受け入れ、価値観を共有している日本国を貶めたり、巻き込んだりするなよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都市化と時間感覚について

2015-04-05 10:56:51 | 雑感・その他
さっき「みやちゃん、アツシの南米便り」というラジオ番組で南米の時間感覚と日本の時間感覚の違いについて話していた。大枠では南米→時間にルーズ、日本→時間を守るという対比で話がすすんだ。「日本」をひとくくりにしていたことも気になって、次のようなメールを番組に送った。

……………………………………

2015年4月第1週の放送について

南米社会の時間感覚というテーマの放送でした。
この中で、少し気になった部分がありましたので、メールを送らせていただきます。

世界中どの社会であっても、歴史上時間感覚はそんなにきちんとしていませんでした。
南米に特有のものではありません。
そして、日本が特別きちっとした時間感覚を持っているわけでもありません。
日本にも、ウチナータイムとか、山形時間、
韓国に行けばコリアンタイム、東南アジアでも同様の時間感覚があります。
一例で言えば沖縄では
よる8時集合時間の飲み会があったとします。ですが、8時に乾杯することはあまりないようです。
大体8時ごろになったらみんな家を出て、10時頃に全員そろったら乾杯するようです。
また、山形や沖縄ではバス時間も時刻表どおりにはならないことが多いです。
(しかし、これはだいぶ改善されていると思われます。理由は下記のとおり)

では、きちっとした時間感覚を持っている社会とそうでない社会の差はなんでしょうか。
一言で言えば、都市化された社会かどうか、という差です。
都市化した社会は秩序が大事になります。
なぜならば、都市化した社会は名前もわからない他者が大勢いる社会だからです。
そのような社会では無駄な摩擦を少なくするために秩序が大切になってくるのです。
そして、時間を守る意識というのは秩序維持のための基本的な意識になるのです。
例えば、日本の田舎で電車が3分遅れたとします。
しかし、乗客はあまり気にしないでしょう。
次の電車が1時間後であることを考えれば、3分程度でダイヤの秩序が乱されたとは感じないからです。
けれど、都市ではどうでしょう。3分の遅れは電車1本の遅れです。ダイヤの秩序を考えれば、大きな出来事になります。
つまり、都市化された社会とは、言い換えれば時間に「縛られる」社会だということになります。
そして、時間を守ることと同時にインフラ整備もすすめられていきます。この二つは都市化のための両輪です。
インフラが整備されて時間感覚がきちっとしてくる、時間感覚をきちっとするためにインフラを整備する。
どちらが先ではなく、どちらも互いに影響を与えながらすすめられるものです。

日本の都市化は明治時代くらいから始まりました。言い換えれば日本人は明治以降、時間に縛られるようになったのです。
ただ、一度に日本すべてが都市化されたわけではなく、東京や大阪を中心に少しずつ都市化が広がっていきました。
沖縄や山形などはだいぶ遅く都市化の波が到達しつつある状態だ、といえるでしょう。

南米も同様です。
都市化が必要な分野や場所は時間感覚がきちっとしているはずです。
だから、同じ社会で時間にルーズな部分と時間にきちっとしている部分が混在しているのです。

時間感覚の問題は「近代」を考える上で非常に大きな問題です。
そして「近代」を考えることは、現在と将来の私達の生活を見据える上で避けて通ることは出来ません。
さらに、「近代」化することが無条件で肯定されるべきものでもありません。
時間感覚の問題はこのように大きな問題をはらんだものなのです。

日本が特別に時間にうるさいわけではありません。
どの社会も資本主義が発達し、都市化がすすめば、遅かれ早かれ時間に対する感覚は変わってくるはずです。

参考までに、ミヒャエル・エンデ著『モモ』をおすすめします。
都市化することと時間感覚の問題が良くわかると思います。

……………………………………

昔、韓国にいたときに東京出身者・大阪出身者・韓国人・私で時間を守ることの話になった。東京・大阪出身者はかたくなに日本のバスは時間を守る、と主張していた。私は山形や沖縄の例を出して反論したが、それは一部だろうといわれた。
おそらく、都市化された社会の人には見えないことなのだろう。
ラジオのDJ、竹内都子さんも大阪出身の方だ。だから単純に南米は時間にルーズ、日本は時間を守る、だからすごい(行き過ぎた日本スゲーというニュアンスではないが)と乱暴に括ってしまっているのだろう。そろそろ、こういう意識から脱却して欲しい。
⇒無批判に都市化したがる山形人にも言えるが。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

水滸伝 100回本 読了

2015-02-18 21:13:36 | 雑感・その他
読書中と書いたのが去年の10月くらいだから、4ヶ月もかかった。
忙しくて中断していた時期もあったから、こんなに時間がかかった。

120回本との大きな違いは、やっぱり田虎・王慶戦がないこと。
この20回がないだけで、すごく違いを感じた。
120回に慣れている俺としては、
「え?もう終わり?」感が半端ない。
やっぱり頭領方には全員そろって活躍する場面が遼国戦だけ、と言うのはさびしい。
昔の人が100回本に20回を足した理由がわかる気がする。

ある掲示板で120回本は蛇足で、100回本の完成形を台無しにしている、と強く主張する意見があったのだが
オレはそれに対して結局良く理解できないままだった。

でも、詩がそれぞれの回の冒頭にあってすごく良かったし、水滸後伝とのつながりがすっきりしているのは100回本の強みだと思う。

これから水滸後伝を読もうと思う。
(もう何回目だろう…)

宋江に対して、多くの人が疑問を抱いているが、最近、なんとなく理解できる気がする。
以前コメントを下さった方とのやり取りの中で「徳」に着目するといいと書いたが、今回はそれをさらに意識しながら読んだ。
第110回(100回本では第90回)   燕青秋林渡射鴈  宋江東京城獻俘
で宋江が徳について語る部分があるが、

宋江道:『為軍的人學射弓箭,是本等的事。射的親,是你能處。我想賓鴻避暑寒,離了天山,銜蘆度關,趁江南地暖,求食稻粱,初春方回。此賓鴻仁義之禽,或數十,或三五十隻,遞相謙讓。尊者在前,卑者在後,次序而飛,不越伴。遇晚宿歇,亦有當更之報。且雄失其雌,雌失其雄,至死不配,不失其意。此禽仁、義、禮、智、信,五常俱備。空中遙見死鴈,盡有哀鳴之意。失伴孤鴈,并無侵犯,此為仁也。一失雌雄,死而不配,此為義也。依次而飛,不越前後,此為禮也。預避鷹,銜蘆過關,此為智也。秋南春北,不越而來,此為信也。此禽五常足備之物,豈忍害之。天上一鴻鴈,相呼而過,正如我等弟兄一般。你射了那數隻,比俺弟兄中失了幾箇。人心內如何?兄弟,今後不可害此禮義之禽。』
(http://cls.hs.yzu.edu.tw/shz/bin/body.asp?CHNO=110 より)

なるほどな、とすとんと落ちた。

細かいけれど、関勝の最後も違っていた。
これは註釈で解説があったけれど、
う~ん…120回の方がいいなぁ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

なかなか香ばしいコメントがきたので晒し上げ

2014-11-10 22:13:07 | 雑感・その他
エネルギー名無しという人からいくつかの記事にコメントがあった。
そのいずれもが、なかなかにぶっ飛んでいて「笑」えたので、晒しあげついでにコメントの返信をしようと思う。適宜改行など手を加えているが内容はそのまま。

………………………………
1 「日本」大好きな自称「日本人」の方々が「日本語」の使い方に関して不自由になるとき

Unknown (エネルギー名無し)2014-11-09 04:56:54
>慰安婦問題の本質的な焦点は『強制連行の有無』
… 違 う か ら

 左巻きってクルクルパーばかりだね。
 あれだけ吉田証言を有難がってた癖に、嘘がばれたら「強制連行の有無が問題じゃない」って?
 日本語が不自由なのはブログ主さん、あんただろ!

……………………
2 よくもまぁ、こんなバカな記事がかけるもんだ。ある意味すごいね。恥ずかしくないのかな。

よくもまあこんな糞ブログを書き続けられるもんだ。

……………………
3 池上彰氏の問題について
 >日本軍性奴隷制度の問題の本質は朝日が謝ったかどうかではないはずだ。

 便所の落書きに飛びついてでも「日本は昔悪い事をした」事にしたいあんた達は朝日が今までどれだけの嘘八百を描き連ねたか知るつもりは毛頭ないのだろう。

……………………
4 起源説と韓国

じゃあ剣道とか折り紙はどう説明するの?

……………………
5 慶祝
 ここまで来ると完全に脱走患者の暴言ですね。
 早く隔離病棟に戻ってください。

……………………


なんだかよほど悔しかったのかな、という印象。
…………………
1について
>あれだけ吉田証言を有難がってた癖に、嘘がばれたら「強制連行の有無が問題じゃない」って?

オレ個人はこの記事までに吉田証言に言及したことはないと思うが?
何か妄想を読んだのでは?
あるいは「左巻き」全般について言っているのであれば、その「左巻き」がよりどころにしている『吉田証言に強く依拠している歴史学の論文』があると思うんでそれを教えてください。そしてそれが、学会の中でどのような位置を占めているのかもあわせて。
「達者な日本語」を駆使してこの簡単な記事を読んだのであれば、それに即したコメントをしてもらわないとね。

…………………
2について
さて問題です。その「糞ブログ」に無根拠で無意味なコメントを書かずにいられなかった方はどなたでしょう。

…記事を踏まえたコメントしなよ。

…………………
3について
>便所の落書きに飛びついてでも

何を指しているか不明。
もし、吉田証言のことなら「1について」を参照。

>「日本は昔悪い事をした」事にしたい

いや、「悪いこと」をしたのは事実だし。
それを否定している歴史研究があったら是非教えて欲しいものだ。

>あんた達は朝日が今までどれだけの嘘八百を描き連ねたか知るつもりは毛頭ないのだろう。

朝日が嘘八百を書き連ねた(エネルギー名無し氏による)ことと、「従軍」慰安婦という制度が本質的に日本軍性奴隷制度であったという事と、どのような関連があるのか。
少なくともオレは、日本軍性奴隷制度の問題を考えるとき、朝日の記事などに依拠したことはないのだが。

…………………
4について
>じゃあ剣道とか折り紙はどう説明するの?

じゃあ、って…記事読みなよ。
じゃあ、オレも、
じゃあ、剣道とか折り紙が韓国起源だという説がどのくらい韓国で共通理解を得られているの?

…………………
5について
>ここまで来ると完全に脱走患者の暴言ですね。
>早く隔離病棟に戻ってください。

あなたのこの「妄想」も日本国憲法によって守られています。よかったですね。
大日本帝国憲法の時代なら、天皇と政府の考えひとつで、あなたの「妄想」を取り締まることだってできるのですよ。

ところで、大日本帝国と日本国の違いは認識できてる?
もし、あなたが大日本帝国憲法の価値観の社会がいいと言うなら、北朝鮮に住むことを勧める。
オレは日本国憲法の持つ価値観がいいので、大日本帝国が滅びて日本国が誕生したことは喜ぶこと。
日本国憲法下の社会で「大日本帝国がスキ」と言えるって、とてもシアワセだね。

…………………
というか、本当に記事に即したコメントができないんだな。

『「日本」大好きな自称「日本人」の方々が「日本語」の使い方に関して不自由になるとき』の実例を自ら示してくれるとは。まぁ、彼が「日本」大好きな自称「日本人」の方かどうかはわからないのだが。


と、ここまで書いて、新たな疑問がわいた。
彼はこのようにコメントすることで何をしたかったのだろう。
自分が「糞」と評価するブログに、わざわざ時間を割いて書き込みをする、その心理はなんなのだろう。
例えば5のようなコメントをすることで、オレが考えをかえるとでも思ったのだろうか。
それとも、オレが怒り心頭、ムキになって必死に反論をするとでも予想したのだろうか。
良くわからない。
どのような計算がはたらいて、自分自身が嘲笑われるようなコメントを残したのだろうか。
不思議だ。非常に不思議だ。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

水滸伝71回以降について

2014-10-20 22:20:03 | 雑感・その他
本当にそうだろうか。

水滸伝関連のサイトや本などを見ていると、71回以降に対する評価はよくないことが多い。
金聖嘆が71回以降をぶった切った理由を説明するときは、「金聖嘆が面白くないと思ったから」なので仕方がないと思うが、特に金聖嘆に言及しなくても71回以降は面白くない、という意見をよく見る。
でも、本当にそうか?

その疑問の出処は簡単。オレがつまらないとは思わないからだ。
むしろ、71回以降のみを読むこともある。
そして「面白くない」という意見には「本当に読んでそう思ったのかな」という疑問がつくものも結構ある。
「受け売りだろ?」と感じることが結構あるのだ。
もしくは71回以降を「面白くない」という前情報のまま読み進めるため、それが固定観念というか先入観になっていないか?と感じるのだ。
例えば、108人が終結したとたん豪傑たちがばたばた死んでいくから萎えたという意見があった。
(2CH 水滸伝の二次創作で一番面白いのって?
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161660610/ 内 18番目の書き込み)
すぐ次の書き込みで否定されているが、21の書き込みでは100回本ではすぐ死ぬ印象があるのでは、とある。しかし実際に読むとわかるが、征遼戦まで、開封府を騒がしたり、相撲をとったついでに李逵のおバカがあったり、童貫・高球戦があったり、招安のいろいろがあったりする。方臘戦までにいろいろあるから、すぐ死ぬ印象を持つということ自体、本当にちゃんと読んだのか怪しいものだ。
22番目の無根拠な書き込みにいたっては、その忍耐力が必要なものがどうして500年も残ってきたのか説明できない点で、受け売りなんだろうと判断できる。
翻訳者の中では村上知行氏が「ザ・水滸伝」の解説の中でそう書いていた。一般の人には面白くなく、10人中9人は71回以降を投げるだろうと。オレはそれを読んで、何を勝手なことをいっているのか、翻訳者としてそう書いてしまっていいものか、と思ったものだ。

なので、ここではっきりいっておく。

水滸伝は71回以降も十分に面白い。
特にラストは「はじめがあって終わりがある」の言葉通り、何ともいえないものがある。(とりあえずネタばれ禁ということで、こういう風にしか書けない)
71回以降は面白くないとして、これを味わわないのは水滸伝のよさを捨てていると言いたいし、本当に水滸伝を読んだことにはならないのではないかと思う。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

只今100回本『水滸伝』読書中

2014-10-12 11:35:46 | 雑感・その他
偶然立ち寄った全国チェーンの古本屋に岩波文庫 吉川幸次郎・清水茂両氏による翻訳の100回本『完訳 水滸伝』全10巻と、岩波文庫 小野忍・千田久一両氏による翻訳の『金瓶梅』(1巻、3~10巻)が置いてあった。全部あわせると7000円近く。つい、買ってしまった。『金瓶梅』は2巻が欠落していたので密林で買ってしまった。2巻だけ版が新しいので、他と表紙のデザインが違うのはどうしたものか…

で、今100回本を読んでいる。
完訳と銘打っているだけあって、回ごとの冒頭の詩なども省略せずに載っているのはうれしい。駒田信二氏訳120回本にはなかった。詩も大変読みやすい。
けれど、固有の官職名などを日本のそれにわざわざなおしてあるのはいただけない。奉行所とか所司代とか、そんな言葉が出るたびに水滸伝の世界から引き戻されてしまう。魯達(魯智深の出家前の名前)は提轄であって隊長ではないし、林冲は林師範でなく林教頭なのに。
わかりやすさを大事にした、というのは解説にも書いてあり、それを否定するつもりは毛頭ないが、固有の職名や文化にかかわるものは極力そのままのほうがよかったのではと思う。その分は註釈で何とでもできる。水滸伝で一番一般的でよく出てくる武器は朴刀だが、長刀(なぎなた)と訳されては、一番一般的な武器の理解すらすすまない。(なお朴刀に関しては註釈で、絵入りで解説されていた)註釈が少ないのも、少々物足りない。駒田氏の註釈にないもので、吉川・清水両氏の註釈で補足できるものがあればもっとよかったかな、と思う。
ともあれ、やはり水滸伝は面白い。今のところ120回本と大きな違いはないが、どんどん回がすすむ。
今は青面獣楊志が梁中書のところで急先鋒索超と試合をしたところだ。これから、黄泥岡の事件が始まろうとしている。挿翅虎雷横が赤髪鬼劉唐を捕らえたところで第13回が終わった。托塔天王晁蓋や智多星呉用たちが梁山泊に上って豹子頭林冲とクーデターを起こすエピソード(第19回 林冲水塞大併火 晁蓋梁山小奪泊)や、花和尚魯智深と青面獣楊志の二竜山入りエピソード(第17回 花和尚単打二竜山 青面獣双奪宝珠寺)や、物語としては始めての官軍との戦いのエピソード(第20回 梁山泊義士尊晁蓋 鄆城県月夜走劉唐)などが楽しみである。このあたりのエピソードでは一般的に黄泥岡の事件(第16回 楊志押送金銀担 呉用智取生辰綱)が知名度・人気ともにうえだと思うのだが、オレは17・19・20回のエピソードのほうが好きだったりする…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本・韓国・北朝鮮のニュース番組を比較してみる。

2014-10-05 00:17:41 | 雑感・その他
比較対象はそれぞれ
日本…NHK(19時のニュース)
韓国…YTN 連合ニュースhttp://www.ytn.co.kr/hd/hd_live.html
北朝鮮…エルファネットから「報道」http://sjkb1.news-site.net/
である。

1 はじめに
最近ニュースは見るとしたらNHKの19時のニュースしか見ていなかったが、どうもニュースの質・量ともに低下していると感じていた。
通勤しながら韓国YTNのニュースを見ているが、同じ30分程度の時間で情報量(質はともかく)が雲泥の差と感じた。それが気のせいなのか、母国語と第二言語の差なのか、実際に差があるのか、調べようと考えた。
2者だけではまだ客観性が担保できないと考え、北朝鮮のニュースもあわせて比較することにした。
従って対象に選んだニュース番組も普段見ているもので比較することにした。
ここではニュースの優先順位を選ぶ視点が妥当かどうか、といったことは考慮しない。

2 各番組分析
それぞれの特徴を挙げると、日本の場合韓国・北朝鮮より反復が多く、話のスピードが遅く感じる。パターンとしては、始めに解説を交えた映像を流し、次にスタジオで同じ解説をする。従って同じ言葉を何度も聴くことが多い。またどんな話題でも街頭インタビューが多い頻度で流れる印象である。しかもゆっくり話すため、NHKが重要と考えた話題によっては、一つの話題で10分~15分を使うこともある。もちろん30分という時間制約があるのでその他の話題が切り捨てられる可能性もある。一つの話題の情報量を担保する代わりに、他の話題の情報量を犠牲にしている形だ。スポーツのコーナーがあるのも他と比べて特徴的かもしれない。犯罪報道の場合、裁判が始まっていなくても、実名に容疑者をつけて報道する。
日本の報道は誰かが大事だと判断した2~3本の「レポート」を丁寧すぎる解説とともに何度も読み上げている感じだ。
韓国の場合、基本的に反復はない。アナウンサーは簡単なニュースの紹介をし、取材した人がその詳しい内容を伝える。取材がない場合はアナウンサーが映像に合わせてニュースを読む。画面の下には、緊急度の高いニュースの簡単な内容の字幕が流れる。話すスピードは速い。街頭インタビューは話題による。政治的な話題で街頭インタビューを流すことはあまりない印象がある。従って、30分で日本より多くの話題がニュースとして扱われるが、一つ一つの話題の情報量もある程度担保されている。犯罪報道の際は、刑の確定まで実名ではなく○(任意の姓)某氏(例えば金某氏:キムモシなど)と報道する。
韓国のニュース報道はまさに多数の取材者が、「レポート」を報告するといった感じである。
北朝鮮の場合、金正恩がその日行ったことを報道することが多い(もちろんそうでないニュースもある)。数年前までは静止画像(写真など)にアナウンサーがニュースを読むことが多かった印象だが、最近では映像に合わせてアナウンサーがニュースを読むようになっている。ただ、情報の反復はない。街頭インタビューは以外に多いかもしれない。2014年10月3日のニュースは多くのニュースに街頭インタビューがあった。便宜上街頭インタビューとしたが、実際はその話題の中心人物が話題について解説する。日韓では取材者がその話題について解説をするが、北朝鮮の場合各地の話題は現地の人が解説をする。金正恩に関する話題や政治的・外交的な話題はスタジオのアナウンサーがニュースを読む。
印象的なのは日によって、話題が1つや2つしかないこともある。金正恩に大きな動きがあったときだ。そのような日はほかの話題はすべて吹っ飛ぶ。2014年10月3日のニュースは話題が豊富なほうだった。18分の時間でニュースは11分、残りは天気予報だったが。ソウルの言葉に慣れている人にとっては北朝鮮の言葉が方言であるため、特徴的に聞こえるが、速度としては少々速い程度だ。

3 比較
情報量の多さとしては韓国のYTNが多いと感じる。それは反復がないことが大きい。日本の場合、同じ内容のことを同じ内容で繰り返すことが多く時間の無駄ではないかと思われることも多い。北朝鮮の報道の場合、話題数自体が金正恩の動向に深く関わってくるが、同様に日本の場合も話題数がNHKの胸算用に左右されていると言える。
2014年10月2日の北朝鮮報道では女子サッカーにおいて北朝鮮チームが日本チームに勝ったニュースが報道されているが、非常に多くのインタビューがなされている。
https://www.youtube.com/watch?v=SN_aFBypE5Y&list=UUU9E2rz-u8dig90UVO-07DQ
これは日本のNHK19時ニュースもほとんど似たような場面が見られる。ひどいときには始まってもいない試合について10分以上も報道していたこともあるほどだ。もちろん韓国もそのような部分があるのは否定しないが、ニュース番組の中で詳しく扱うのではなく、独立したスポーツ番組で詳しく扱うため、「ニュース番組」として他の話題を圧迫することは少ない。

4 まとめ
民主社会において情報は非常に大切なものである。情報をどのように提供するかは、慎重に配慮されるべきである。この前提の上で、情報量という視点で考えたとき、NHKの情報提供の仕方には、民主社会を担保する情報提供者として物足りないどころか、逆方向に向かっているように感じる。北朝鮮の報道とのいくつかの共通点はそう感じさせるのに十分な役割を果たしている。韓国の場合、より多くの「レポート」を報告しようとするのは、市民が民主化を実現した、ということが大きかったのではと思う。ここでは「ニュースを選ぶ視点」については考慮していない。しかし、この視点を考慮したとしても日本の報道の民主主義に対する後進性は払拭できないだろうと思う。それは、より多くの情報を提供しようという考えが欠けているためである。



追記
はてなブックマークにて、figphoton さんの指摘があった。

〈訂正〉
連合ニュース→聯合ニュース

いつも韓国語で연합뉴스としか見ていないので、どの漢字を当てるかわからなかった。

また、より公平に比較するなら、
KBSを取り上げるべき(mag-x さん)
TBSニュースバードとかNHKワールドと比較すべき(frivolousman さん)
という指摘もあった。

KBSに関してはよく見ていたが、ニュースの扱い方はYTNと大きく変わることはなかった。
YTNでもテレビさえあれば見られるKBS等のニュース番組と、番組のつくり方に大きな違いはないことがわかっていたのでYTNでも比較はできると考えた。
TBSバードは確かにニュース専用チャンネルのようだが、「テレビさえあれば見られる」という条件ではTBSバードが見られない点でYTNとは比較対象にならない。
NHKワールドもネットで見られる点ではYTNと同等だが、YTNは基本的に韓国内に住む人向けに作っているのに対して、NHKワールドは国内居住者向けに作られていない点で比較対象にならない。自国に住む人に向けたニュース番組の作り方が問題だからだ。
つまり
1 KBSのニュース番組の作り方≒YTNのニュース番組の作り方
  ※YTNはニュース専用チャンネル 
  ただしネットにつなげば無料で多くの人が見られる点でKBSと大きな違いはない
2 TBSバード…視聴者は追加の料金を払う必要がある→視聴者層は一部に限定される
  YTN…1で示したとおり、ネット環境さえあればただで見られる→ネットの普及率が非常に高い韓国においては視聴者層がそんなに限定されない
3 NHKワールド…対象が自国内居住者ではない
という3点から、
必ずしもKBS:NHKでなく、YTN:NHKであっても比較は可であり、
YTN:TBSニュースバード・NHKワールドは比較できない
と判断する。

なお、ニュースの「質」を考慮しなかったのは、指摘のとおりYTNがニュース専用チャンネルであるという点があったためだ。その上で、番組のつくり方やそれに伴って情報を提供できる量は比較できると判断した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おそらく、たぶん…

2014-09-29 21:10:41 | 雑感・その他
今なら違う読み方ができるんじゃないかと…










































でも、本のタイトルも著者名も忘れた…OTL
コメント
この記事をはてなブックマークに追加