*花ときおり* minamiのガーデンリフォーム

四季折々の庭の草花と戯れている時が一番幸せです~♪
ローメンテナンスな庭造りで日々の生活は面白可笑しく、前を向いて!

ピンクとブルーは名コンビ

2016-09-17 09:57:43 | 何が何でも草花





シュウカイドウ


秋の象徴のようなピンクのお花は

昨年花友さんに頂いたものです。







花言葉は、自然を愛す、恋の悩み、片思い、等々

複数あるようですが、「片思い」はハート形の葉の片方が

大きくなるところから来ているようです。

画像でもお分かりの通り、左右の葉の大きさが違いますね!








我が家も昔はあったのですが

間違って抜いたんでしょうね~(^^ゞ

この場所は掘り起こしの少ない場所なので

無くなることはないはず~

秋のお花は特に大事にしないとね。^^







三尺バーベナ(バーベナ・ボナリエンシス)


スーっと上に伸びて、ゆらゆ~ら

宿根草ですが、こぼれ種でも増えるます。

画像はピンクめいていますが

パープルピンクのパープルが強くでる事もあり

色の違いは、土によるのかもしれません。












ユーパトリウム コエレスティナム


青花の西洋フジバカマは、白花のチョコレートや

アトロプルプレウム等より丈も丁度良く中段で咲きます。

直ぐ増えるので、余分なものは処分しまくりです~





  


ヤブラン


ギボウシの花が終わると、ヤブランの花が上がって来ます。

ブルーの花が綺麗なまま長く咲くので重宝しています。

どちらも斑入りですが、左の画像の葉は分かりにくいですね。

グリーンベースに濃いグリーンが中に入っています。







ピンクとブルーは名コンビ!


お庭でコラボしたり、あちこちで自由に咲き

主役になったり名脇役に徹したり

無くてはならない色なのです。


 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋めいてシック~ | トップ | センニンソウ »
最近の画像もっと見る

何が何でも草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL