いつもSavaSava

お気楽グータラ大好き主婦はなはなの気まぐれ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

むらさき色の愛

2009-08-29 22:16:30 | Weblog
夏の疲れも出始めた、夏休み終盤のある日、我が家はある香りで包まれた
ふら姉さんのところで当選した品が届いたのだ
梱包に包みさえ、ほんのりいいにおいがするではないか
今までの人生で、こんな見事に当選した経験は無い
ものすごぉーく嬉しかった~

お忙しいお姉さんなのに、早速送って下さった
どきどきの開封作業&3匹に荒らされないうちに撮影をば

今回の抽選の品だった、アロマスティック・お姉さんのスバラシイ作品を含む、ラベンダー色のあれこれ・・・

あぶらとり紙、ラベンダーのにおい付きはがき、お姉さん手書きメッセージカード、ポプリ、ふらのキティちゃんストラップ&お姉さんの作品

こちらは、芋(特にポテトチップス)好きの私に嬉しいふらのポテトチップス、入手が難しいじゃがポックル、富良野メロンキャラメル、ラベンダーキャラメル、3匹へのお心遣いの旭山動物園クリアファイルラッピングをほどく前のアロマスティックなど~


これは上の写真にも登場しております、ふらのデリスのお菓子の箱あまりにカワイイのでどアップで

そして肝心のその中身


んで、こちらもあまりにカワイイのでどアップで撮影してみた、お姉さんの作品、羊毛フェルト(ですよね?)のゴマちゃん(・・・でいいのですよね?

前にTVでお笑いの光浦靖子さん(手芸好きだそう)がとっても簡単に羊毛フェルトをされていて、おおっと、驚いたのだが・・・
お姉さんのこの作品を見て、絶対に自分では出来ないだろうと悟った(爆)
どう考えても、こんなカワイイ表情は作れないに決まってるわ

そしてそして。
お姉さんのキレイな字(ほんとにうらやましい女性らしい字だ)のメッセージカードに書いてあったように、今回の当選の品であるアロマスティックが、この中ではかなり小さい(笑)
その小ささをわかっていただこうと、比べてみました、キティちゃんストラップと


アロマスティックとやらが一体何なのかもわからず、参戦させていただき、当選
事前のメールのやり取りで、お姉さんに「それは一体どういうものでしょう?」と質問した私
届いた品を開けてみると。このステッィックの先がボールになっていて、くるくると塗れるわけですな~
ラベンダーの効能としては、癒し系統の言葉が一杯並んでいるわけで。
安眠効果もあると言われているし、精神安定にもよいと
癒しに関しては万能やわ~
すぐにブチ切れる2号の手首に、クルクルッとつけてやった母
娘に付ける前に、自分に付けろよと心の中で自分に突っ込んでた(爆)

デリスのお菓子は届いたその日と、その翌日にはキレイに無くなった(笑)
甘いのが好きな旦那と2号に奪われぬよう、こそこそ食べたり、2号にだけちょっと分け与えたり
すごぉ~く美味しくいただいたのです。

旭山のファイルは、ペンギンが大好きな3号は大喜び。
開封時その場にいた(食べ物だろうと睨んでた)2号がすかさずあざらし(でしょうか?)を取り。
別室で宿題にうんうんうなっていた1号が白くまに決定
お姉さんは「喧嘩にならなかった?」と気遣って下さいましたが、全然大丈夫。
それにうっかり喧嘩になれば、全ての権利が奪われて、全部母ちゃんのモノになると、常日頃の訓練?で分かっていたのでしょー(爆)何事もなく収まったのである

楽しみに残してあったふらのポテトチップスは、友達ん家にお邪魔する時に持参して、一緒に食べてみた。普通に売っている物と比べると、じゃがいもの味がすごく活かされてる気がした。私の勝手な想像だけどね。
とにかく美味しかった。
じゃがポックルは開封後すぐに3号が飛びついたわよぉ(笑)
これまたやはり美味しい~~~

夏休み中、仕事をがんがん入れていたのと、そのせいで3匹の宿題のフォローが出来てなくて~子どもと一緒に焦っていた私に、かなり癒し系の品々でございました。

アロマスティックだけをひょいと送って下さるだけで十分良いのに。
こんなスバラシイ品々を同封していただくなんて、とっても嬉しかった
お姉さん、ありがと~~~~

追記:お姉さんも「味の保障はしない」とおっしゃったラベンダーキャラメル。
まだ誰も手を出していません。そろそろ旦那に「疲れてるならどうぞ」と渡してみます(爆)

追記2:無意識に打ってました、夕張メロンとお姉さんの記事を読んでハッ
打ち直しました、富良野メロンでございます




コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

無いモノねだり

2009-08-17 01:15:45 | 漫画
この季節になると、昔から変わらず流れる、帰省に関するニュース。
はるか昔、小学生だった私は、帰省する友達がとても羨ましかった。
私の実家は父方の実家の近くにあり、母方の実家は車で約2時間の距離だったけれど、代が変わっているのもあり、母は帰省もしなかった。
それに「おばあちゃんちに行く」と言う友達がうらやましかったのは、もっともっと遠い場所のおばあちゃんちってのが前提であって、車で2時間で行ける距離ではない。
日帰りで行けない範囲で、自分の生活環境とゴロッと違う環境への帰省がうらやましかったのである。
そんな私の気持ちとちょっとばかり重なるお話をご紹介

雨無村役場産業課兼観光係  岩本ナオ

あらすじ
大学を卒業し、彼女にもふられ、都会にもふられた主人公銀一郎は、地元・雨無村の役場にUターン就職する。
この村の高校生以上の若者は、銀一郎・給食センターに勤める料理上手なメグミ・村唯一のコンビニ店員のイケメン澄緒の3人だけ。
観光係を命じられた銀一郎。
特産も名所も無い雨無村、過疎化&高齢化の進む雨無村でもそれなりに何かと事件はあり、3人それぞれの想いもあり・・・


この岩本ナオさんは全く初めて読む作品。
いわゆる町おこしを主人公の銀一郎が頑張ったりするわけだけれど。
半分開き直ってUターン就職した彼が、とっても素直に地元を受け入れ、人を受け入れている姿がいい
彼の性格の良さ=作品の良さと思ってしまった
親のコネで給食センターに就職したと言う、言葉は悪くちょいとぽっちゃりさんだけど、おしゃれなメグに、ちょーっとばかり頭は悪いけどとにかくイケメンで純粋な澄緒。
銀一郎と同じくこの二人の性格もよろしくって、3人それぞれを応援したくなる作品


娚の一生  西炯子

あらすじ
東京の大手電機会社に勤める堂薗つぐみは、長期休暇を田舎の祖母の家で過ごしていた。
そんなある日、入院中の祖母が亡くなってしまう。
つぐみは、まだ処分の決まらない祖母の家でそのまましばらく暮らす事に決めるが、離れの鍵を持っているという、謎の男・海江田が現われる。
仕事をバリバリこなしてきた、器用貧乏な30代のつぐみと、大学で哲学を教える関西弁を話す50代の海江田氏。
そんな二人と、周囲の人との話。


西さんはずっと前にSTAYシリーズをお借りして読んでから、何となく気になっていて・・・
たまたまこの前作となる、亀の鳴く声と言う作品を買い、何だかとっても気に入り・・・
今回も偶然見つけたこの作品、またまた気に入ったんだな~
仕事もよく出来、田舎の祖母の家でもそつなく何でもこなしてしまい、「気が回り過ぎる」なんて言われてるつぐみと、とにかく飄々としていて面白い海江田氏のやり取りやら。
この先の展開が楽しみな作品。
まぁ唯一・・・海江田氏が50代ってのが(爆)それなりにカッコイイおじさんなんだけれど。私の好みキャラの対象としてははずれてる


天然コケッコー  くらもちふさこ

あらすじ
そよの住む小さな村に東京から大沢君が転校してきた。
都会育ちの彼に村を気に入ってもらおうと、そよ達は気苦労の日々。
でも大沢君はいたってマイペース…
大沢君はめちゃくちゃかっこよく、その全てがそよの憧れとなる。

言わずと知れた?、私の大好きなくらもちさんの作品。
映画化もされています
小学校も中学校も合わせて何人?って位小さな学校に、東京から見た目もかっこいい大沢君が転校してくる。
そりゃ大騒ぎでしょうな~私でも騒ぎます(爆)
映画はまだ観てないけれど、チラシだけは見まして。
イメージが損なわれてなかったので、是非観たいと思っています。


上二つの作品は、つい最近偶然手に入れた作品。
その二作品を読んでから、改めてまた思い出したのが天然コケッコー
どの作品にも共通するのが、田舎。
私が小さい頃憧れた、自分の生活環境とはゴロッと違う場所だ。
私が今まで暮らしてきた場所も決して大都会ではない。
けれどこういう話を読むと、十分便利な所なんだと実感する。
漫画に描かれた田舎ライフを読むと、「いいな~」って単純に思うけれど・・・
それはきっと無いモノねだりであって、暮らすとなると大変なんだろうと想像する。


私が小学校低学年の頃。
自営だった父母が忙しかったのもあり、ワガママな甘えた性格を叩きなおすためか、夏休みの2週間ほど、母方の実家に預けられた事がある。
ちょっと憧れた、違った環境での生活でうきうき気分だった。
が・・・その夢は一日で崩れた(笑)
30年以上前の当時の私の実家はまだ今ほど開けてない住宅街にあった。
それでも小さな商店は近くにあったし、バス停は目の前だから駅前には簡単に行けたし、駅周辺は開けてたし、それが当たり前だった。
けれど祖母の家のある駅周辺は何も無く、いざ「本が欲しい」と言ってもどこに行ったらいいのかもわからないし、バスだって少ない。
児童公園のようなものもなく、楽しみと言えば、伯父が行く犬の散歩の付き添い位。
周囲の子とは微妙に言葉も違うし、遊び方も違うし入れない。
滞在中、年の離れた従姉が京都に行くと言うので喜んでついていった私。
見慣れた京都市内で「このままあの電車に乗れば家に帰れる!」と、真剣にあれこれ考えた
京都市内から実家までは30分弱、祖母の家には1時間半位かかったと思う。
あんなに憧れた帰省だったけれど、幼心に「私は暮らせない」と悟った瞬間だ(笑)
時を経て経験してみればもっと馴染んだだろうし、親と一緒ならまた違った気持ちにもなっただろう。


私の伯父夫婦は引退後京都のど真ん中の家を売り払い、超がいくつ付く?って位の田舎の土地付き家を購入し、引っ越した。
1号が小さい頃は彼はしょっ中私の父母に連れられ遊びに行っていた。
今では年に一度か二度の訪問だけど、ウチの3匹にとっての帰省かもしれない。
夏にはキレイな川に入り、冬には雪遊び、この辺りでは経験出来ない事ばかり。
でも伯父達はその地域に馴染むのに一生懸命努力をしたと聞く。

漫画の中で若者は都会に憧れる。きっと現実でもそうなんだろう。
私は帰省に憧れた。今でもちょっとだけは憧れる、だからこういう漫画をしみじみ読んでしまう。
けど、実際暮らすのとはまた違うとわかっている自分もいる。
そんな色んな感情が懐かしくよみがえった作品だった・・・
















コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

スッキリするには。

2009-08-06 22:17:44 | Weblog
ずっと「仕事の愚痴は書かないぞ」と思っていたけれど
溜め込むといけないなぁと思ったのと、まぁちょっと書けば面白い事に変換出来るかと、いいように考える事にした

今の職場は勤務時間もあって、女性は少ない。
殆どが私一人と数人の男性である。
もしかしたら、私としてはうっかり産める年齢の男性もいるので、両手にって喜ぶわけにもいかない(爆)
でもやはり”オンナ社会”と違って、働きやすいんだなぁ

今の職場になって3ヶ月ほど。
仕事を始めてすぐの頃、仕事上がりの私は更衣室で、朝から働く女性と会った。
私より、う~~~~んとお年は上ってのは見てわかる
言ってみた。。。「色々分からない事も多いので、またよろしくお願いします」と。
彼女は「私なんて~~~~~~~入れ違いだし。マネージャーがしっかりしてるから大丈夫よ」とおっしゃった。

その後、たま~に入れ違いシフトで入る彼女と遭遇。
その時間わずかに5分ほど。
日が経つにつれ、その5分が5時間にも相当する位、ストレスになってきた

最初は、自分を納得させた私、「教えてくれてるんだ」と
が。どーーーーーーーーーーーーーーーーーもおかしい。
まるで重箱の隅をつつくような事まで言ってくる。
入れ違いの5分、自分の仕事をせず、私の周囲にずっといる。
客の応対をしていると、まるで二人羽織のように、私の背後から口を挟んでくる。
私の全てをチェック、私のやった仕事仕事に何か一言ある。
ひどい時は、自分の仕事の開始時間の15分位前にきて、あれこれ言う
いくらオンナ社会に疎い私でもさすがに気付き始めるってもんだ

そしてある日、もう帰ろうとしている私を大きな声で呼びとめ彼女は言った。
「何曜日に入るって決めてるの?」
私は「学校の役員をしてるので、その仕事が無い日を選んでるし、固定はしてません」
すると彼女「そうか~私がね、入ってあげれる日もあると思ってね」と
あげれるとおっしゃった。
そして無理矢理その辺の紙に書いたご自分の携帯番号を渡された(今はもう手元に無い、爆)

その直後、あるマネージャーが私を呼んだ。
とある消毒液の入ってるバケツのメモリが微妙に多いと・・・
シンク内は斜めになってるので、そこにバケツを置いて入れたため、ちょっとメモリをオーバーしていたようだ。
素直に謝った。
するとマネージャーが「いいんですよ、そんな誤差誰だってあるから。ただね~~~ほら、朝の△○さん。あの人が『いつもいつもメモリより多く入ってる』と言ってきてね~念のため確認です」と、困り顔
ほっほぉ~~~今度はそうきたか
私と会わない日も勿論あるから、今度はいない所でチクチク言い出したようだ。
それからの私は、ものすごく慎重に入れるようにしていて、その様子を見たほかの男性が「はなさん、、、そこまでガッツリ見なくても」と笑った位さ。
こうなりゃ文句言われないようにするべし

そしてまた後日。マネージャーが二人でぶつくさ話してる。
「△○さんが、夜は人が足りてるかって聞いてきてね~おまけに最近、自分の仕事もカンペキじゃないのに、奥(厨房)の仕事を覚えようとしたり・・・・・」
タイミング良く、その日私が仕事を上がる際遭遇した彼女がまた言ってきた。
「週に3日位は入ってるの?5時間が3日で、月にするとぉ~○万円にもなるじゃない
私の給料を勝手に計算して下さってる様子
彼女の朝の時間は私より時給が低いので、どうやらそれが気になってきたらしい。
それと夜に入る主婦なんて今までいなかったけど、私が入れるって事は自分も?と思われたんだろうね~

それからも会う度、私の仕事をチェックされ、ちょっとでも何かあるとそれはそれは大変な出来事としてマネージャーの報告されたりして、疲れる日々。
おかげで私も彼女が入るってわかってる日は、ものすごい緊張感で仕事が出来たので、ある意味感謝しないといけないのかもしれない(爆)
でもかなり余計なチェックも多く、私が教えられた事と違う場合もあり、とうとうマネージャーに相談してみた。
すると・・・「こんな事言ったらあかんけど。気にしないで下さい。本当に気になるようならボクが言ってますよ」って
その後も私が仕事上がりの際、「これだけが出来てなくて~」と焦ってると(もちろん、彼女の攻撃があるから)こっそりマネージャーがフォローしてくれたりするようになってきた。
それだけでもかなりラクになった私は、ここしばらく平穏な日々を過ごしていたわけですな~~~単純なものだ、これだからB型は・・・(B型の皆さん、ごめんなさいよぉ

そしてとうとう彼女、夜の希望を出したらしく、たった一日入ってる日があった。
が。それっきり彼女の名前を夜に見ない。
夜は接客はほどほどだけれど、それ以外にやる事が山ほどある。
正直5時間なんてあっと言う間に過ぎていく。
その仕事を覚えるのに私はしばらくかかったもんだ。
きっと彼女にすれば、夜のそういう部分は見えてなかったんだと思う。
客も少ないだろうからラクに稼げてズルイとでも思ったんだろう。
それもあって夜に入ってみたんだろう。
が・・・いきなり入っても決まった仕事が出来るわけもないし。
困るのは一緒に入ってる人達。
いつもなら黙ってても終わっていく仕事が終わらないわけだ。
どっちが困ったのかわからないけれど、それっきり彼女は夜に入らない。

そして数日前。
久しぶりに彼女と遭遇。
その時私はマネージャーに言われて、とある仕事をしていた。
おやおやおや???いつもなら必ず私の仕事チェックをしまくる彼女が寄ってこないじゃないか
わかったぞぉ~~~~
どうやら私がやっていた仕事は、彼女は教えてもらってない仕事なんだ
自分が知らない仕事を私がやっている・・・そりゃプライドが許さないだろうよ。
でもあまりにわかりやすくて笑ってしまいそうになった性悪の私(爆)
その翌日も、運良く?その同じ仕事をしている時に、彼女が出勤してきた。
私が上がる前だったので、急いでいた。
彼女は客にも聞こえる大きな声で私を呼んだ。
あとわずかな時間で二つの仕事を終えないといけない私は、一体何が起こったんだ?と、急いで寄っていくと。
「エプロンの紐!!!」と注意された
結んだ後の紐の処理の仕方が目についたらしい
もうここまで来ると、姑の世界だ
クソ忙しい時にエプロンの紐ごときで大きな声で呼び止められた私。
げんなりして仕事をしていると、着替えて登場してきた彼女はまたもや私の知らない(=関係ない)仕事を「これ、知らないのぉ????」と言ってきた。
知らないっちゅうか、それをしている時間、私には無いし、恐らく私の仕事ではない。
なのにもう仕事を上がった私を捕まえ、「やってみて」と指導始めた。
指導するまでも無い内容なんだけどね(爆)
おまけに「これはね、大変なのよ」って言ってくれたが、別に大変じゃなくあっさり出来てしまった。これは自慢でもなく、別に誰でも簡単に出来る内容である
分からないから質問してみた、「これはどのタイミングで私はやればいいんですか?ここ(その場所)に来る時間が無いんですけど?」
・・・黙った
おいおいおいおいおい。やっぱり適当に目についた事を言っただけかよ。
でもおっしゃった・・・「私もね、夜に入る事があってね、その時に掃除をしてこれもって言われたのよ」
それは~~~あなたが決まった夜の仕事を知らないから、掃除でもしておいてと言われたんじゃないの?なーーーーーーんて口が裂けても言えませんっ
それに、夜に入ったのは一度きりのはず。
だって、働く全員のスケジュールがどど~~んと一覧になってるから一目瞭然。
ウソはいけませんな~

果てしない戦いはずっと続くのだろうか?
彼女に何も言われないようにするには、とにかくカンペキに引き継ぐ事だが。
カンペキにしていても、相手は探してくるのである。
そういう人はどこにでもいる。
はるか昔のOL時代にもいたし、同じように目を付けられた事もあった(爆)
当時よりうんと年もくって、う~~んと図太くなってきているけれど。
それでもやっぱり疲れる。
でもでも一緒に働く事は無いのと、マネージャー達や他の男性達も実はあまりよく思ってないらしいってのが救いだ。
でもでもでも、私もマネージャー達に「自分の仕事も出来ないくせに」って言われないようにって改めて思う(たまにはマジメに
そして、そういう年の取り方はしたくないなぁって心底思う。
まるで姑に感じるかのような事を日々感じて仕事に行く。
どーも最近胃の調子がイマイチなのは、彼女が原因だろうか?

長々と打ってしまった。
でもちょっとばかりスッキリした
やっぱり溜めるのはよくないね~~~

こんな長い愚痴話、もし最後まで読んで下さった方がいたら・・
有難う~感謝でございます














コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

今の話

2009-07-31 23:54:23 | Weblog
まだ梅雨明け宣言の無い関西でございます。
せみはかなりの勢いで鳴いているけれど、まだまだあっつぅ~~~って夏はやってきてません。
達も、どうしているんでしょ?

気付くとまた月末です。
今年はインフルエンザの休校騒ぎで、夏休みが少ないわが子達。
初めての宿題に既にギブUP寸前の3号
兄弟の誰よりも、我が家のカツオのような2号娘
そして夏になっても、クソ寒いリンク通いがあり、一人忙しい1号

ワタクシ、仕事も何とか辞めず、働いておりまする
まだまだ睡眠コントロールが難しいし、夜に一人まったりする時間が激減で、それはそれで悲しいのですが、母ちゃん稼がないとね~

上手く睡眠が取れない日が続いたりすると、やっぱり昼間の仕事がいいよな~って求人情報を検索したり。
でも今の職場はとにかく働きやすいのです。
前の職場は昼間だったけれど、仕事はキツイ人間関係はしんどい希望通りに仕事は入れない
今は、夜だけど、仕事は嫌じゃない人間関係は楽しいほぼ希望通りに仕事に入れる

全てが叶う仕事なんてそうそう無いわけで。
その昔、一社会人だった私は4つの会社を渡り歩いたのですが~
やはりほんとどこも一長一短でした。
一つが叶うと一つは叶わない。
やりがいを求め、ある程度叶うと、それに見合うお給料が欲しくなるし
お給料良くて、雇用条件はよろしくても、仕事内容がサッパリだったり
割り切って「これでいいんだ」って頑張りだしたら、人間関係でドッロドロになったり

今の私は、やりがいよりもラクを求めてしまってます(爆)
昔の私からは想像つかないだろうって位、仕事に対して割り切ってしまってます。
仕事以外で、学校の役員やら、1号のスケート関係やらで人間関係は十分疲れるので(笑)
人間関係がさほどしんどくなく、脳みそフル回転しなくてもよくて、気楽に働かせていただけるならそれに越した事はありません

そうそう。今ワタクシはもう一つの顔があります
わが子の小学校は数年前から、来年度から始まる英語教育を前倒しで行っています。
基本は、ALTの外国人先生が行うのですが。
昨年から、そのALTの補助をするボランティアの募集が始まりました。
昨年は仕事もしていなかったので、何か協力出来るなら・・・と軽い気持ちで応募。
数人のほかの母と交代で授業の手伝いをしました。
今年はとうとう1号も英語授業開始。
知ってる顔が多いのが良いと先生が判断されたのか?私は主に5年生(1号の学年)の授業に入っています。
自分の英語力低下を痛感して、ものすごく落ち込む事も多々あるけれど
子どもと接するのはそれなりに楽しくて、いい経験をさせてもらってます。

て事で。
いくつものあちこちの世界?があるので、尚更仕事には気楽さを求めてしまうわけですな~

仕事の話は職場がバレても困るので(笑)
あまり詳しくは書けないけれどぉ~
何とか元気にやっております
最近はちょろっと漫画も読めてます


7月の今のお話でございました。



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

時代か世代か

2009-06-18 15:36:03 | Weblog
前の職場で娘でもおかしくない年頃の女の子に質問された。


「はなさんって何オタクですか?」

どきどきしました(爆)
そんな大胆な質問、面と向かって受けた事ありませんもん

彼女曰く、その職場の若者達は皆何らかのオタクだと。
彼女は「私はジャニオタなんです
そして教えてくれた・・・
さんはエヴァンゲリオンが好きで~さんもジャニオタ。あっちの大学生のクンはプラモデルが好きですよ~」
他にもとにかく色々教えてくれた。
ウチの1号がジャニーズが好きだと話すと、さんに紹介してくれ(笑)それからはジャニーズ情報やらも教えてくれるようになった。

さてさて質問の答えですが~
相手は若い子だし、もしかすると新たにリアル漫画友が出来るかもと、かなりとってもドキドキしながらも勇気を出して、「ま、ま、漫画かな・・・」と答えてみた

私の勇気はどこへやら。彼女は全く漫画に興味が無かったらしく「へぇ~~~漫画なんですかあ~~~」
そのままでいいのに焦った私は取り繕った、「いや漫画も読むけどぉ~強いて言えばネット!!ネットオタクやわ」ってね
これも間違いじゃないし~

時は経ち(爆爆)今の職場。
これまた自分の娘でも全然おかしくない年頃の女の子が言った。
「さっき来た、△店(他店舗)の人見ました?わたし、あの人のファンなんですぅ
どうやら切ない片想いらしい・・・かわいい話だ。

が。そこでまた彼女が口にしたのだ、例の禁断の言葉を
「あの人、オタクらしいんです。そこがまたいい!!!」
そしてまた言う言う・・・
「私、アニメオタクなんですぅ」

何?アニメオタクだとぉ~?
それを平気で言えるのか~

彼女は、前の彼にはそのアニメオタクが災いとなってフラれたらしい。
会話の中にアニメの話を入れてしまい、「理解出来ない」とフラれたと。
彼女が大好きなのはエヴァンゲリオンで~ヤマトも全部観て感動したとか。
他にもいろいろアニメの名前が出てきた。

その数日後、また別の女の子が男の子に話していた。
内容は思いっきり『ワンピース』の話。
ではない、例のワンピースの最新巻の話だ(爆)
その後も出る出る出る漫画のタイトル・・・
そして私に向かって言った、「漫画オタクなんです

ま、ま、またか
こんなにも堂々とオタクなんて言う~

他にもアニメ漫画好きで今、声優養成の学校に通ってる子もいるらしい。
アニメ好きの彼女も漫画好きの彼女も・・・
いわゆるイマドキの女の子。
アイメイクはばっちり
髪もかわいく、私服もほんとイマドキでかわいい。
その昔、私が若い頃のアニメ・漫画好きに持たれた印象とはかけ離れている。
間違っても彼女達の口から、「アニメ・漫画」なんて出てくるとは思えない。
それがまぁ平気で告白?してくれる

いや・・・私としては嬉しいのだけれど。
自分が若い頃、どうだったかな?と思い返してみたりしたわけですな~
今は日本の文化?とまで言われるアニメ・漫画だし。
若い子が平気で「好きです」って言えるのか??
単なる時代の流れ?
それとも世代の違い?

嬉しい反面、驚く事が多かった。
そしてその度、オタクって言葉に内心ドキドキで過剰反応してる私(笑)
いつか彼女達から漫画情報を仕入れる時もくるのだろうか?
そんな日がきたらそれはそれで嬉しい・・・
あまり深く考えないで、イマドキの若い子の堂々っぷりを観察しておきましょう。



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

理由はイロイロ

2009-06-10 14:11:29 | Weblog
月イチじゃないブログを目指してみようかと(爆)

イロイロあって、短期間に仕事を変わったワタクシですが。
職場の事はさすがにハッキリ書けないけれど、まつわる話が出来ればいいなと思ってます。

最初に働いた先も今も接客業でございます。
”普通の”事務経験が殆ど無い私
接客は決して嫌いじゃないし、まぁ条件的に合ったってのが一番
前の職場では、販売をするんだと思いきや、何でも屋のような場所に配属されてしまった
クレーム処理、電話応対は勿論の事、店舗案内、レジの人がトラブった時の処理、開店前業務、前日の店舗の売り上げ・レジの締め業務等々・・・
「それは入ったばかりの人に教えるのはちょっと無理があるでしょ?」って文句の一つや二つや三つや四つや・・・
だって。販売に働く人達は困った事があると全部回してくるわけです。
でも私はその人達よりも新人で「んなもんわかるわけないやろ!知らん!」と、心の中で何度繰り返した事か
やってる事は社員レベルですから
そこで働くフリーターの女の子達は最初に言いました、「すごくしんどいけど、やりがいはありますよ」なーんて。
確かにそうかもしれない。
でも仕事を始めた後に始まった、1号のスケート生活で私は結構一杯一杯で。正直仕事にそこまで情熱をかけれなかったんだなぁ。

そうこうしてるうちに、今度は学校の役員生活がスタート。
当然平日昼間に行われるのが役員の奉仕活動であって・・・
シフト希望を出来るだけ役員出勤の無い日に入れるとなると、土日祝日に働く事が増えてきた
時給もUPするし、まっいっかと思っていたら、「よくなぁーい!」と声を上げたのが、3号・ピカピカの一年生。
入学したばかりで不安定だったのか、元々打たれ弱い性格も手伝ったのか?
私が休みの日に働くのに不満を漏らし始めた
そうでなくても普段、1号のスケートでかなり放置気味。
もっとフォローしてやらないとって思ってたわけで。
でも収入は途絶えさせたくない

・・・結果、思い切りました
3匹が例え病気で学校休んでも。
役員出勤が多くても。
休日に働いても。
影響無く稼げる職場を探すんだーーーーっ

て事で、今働いております・・・皆さんが寝ている時間に
いやいやだからって、ゴージャスな衣装を身にまとい、夜に花添えて働いてるわけではございませんのよ(笑)
そんなキャラでもあるまいし~

我が家から徒歩圏内の駅周辺には、こんな田舎町のくせに24時間営業の飲食店が数軒あります。
朝方まで開いている店舗もあります。
コンビニも自宅周辺には6軒ほどあるかな?
あれこれ考えた結果、24時間営業の飲食店に決めました。
最初は3匹が寝た後、22時位から1、2時迄とか~朝3時位から6時過ぎ迄とか考えていたのですが。
何度か22時台に入ってみたが・・・忙しいじゃないか←おいおい
3時位からってのはシフト上無かったし。
結局最近落ち着いたのは、0時~5時の5時間
時給もいいので役員出勤がある前日は仕事を入れずに週3~4日働いてます。

私が前の職場でやっていたクレーム処理も、レジで困った時も、それは全てマネージャーがやってくれます
マネージャーの中にはフリーターの人もいるけれど、その身分になるにはちゃんと過程があります。
当たり前の事かもしれないけれど、前の職場との違って、私はほぉ~~と安心して働ける事になりましたとさ。

一番の問題は睡眠をいかに上手く取るか
コンビニ深夜勤経験者のそのさんにも助言いただきました。
そのさん、ありがとぉ~

身体はしんどいけれど。
今は何とか楽しく働いてます。
快適なのは・・・深夜勤に入る女性は一人だという事(爆)
1~2時間女性が他にいても、入れ違いになります。
前の職場では普通に女性も沢山いたし~
まぁ女性が沢山いれば、あれこれ厄介な事も多く、仕事以外で大変だったり(苦笑)
今は私の他は男性ばかりなり。
運良く、その男性達もとてもいい方ばかりに恵まれたので、本当に快適に働かせてもらってます!
深夜に働く者同士、結束も強くなるってもんです(笑)

そんなこんなで昼も寝ていたり、夜もちょいと寝た後出勤だったりして、なかなかPCが開けない日も多いのです
でも精神的にはラクになったので、せめて役員生活が終わる1年後までは何とか頑張れたらなぁと思ってる今日この頃。

職場での面白話やらもいつか語れたらいいけれど~
それはいつになるのやら~
癒しだと漫画もたま~に読んでるけど、記事に出来るのか
またの登場を期待しないで待っていて下さいまし。
みなさま、いつも懲りずにのぞいて下さって、ほんとありがとさんです


コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

月イチ

2009-05-30 23:23:05 | Weblog
気付けばもう5月も終わる。
我が家の1号と3号の誕生日も終わった。
3匹は半袖で登校する日も多くなってきた。
この1ヶ月何してたんだろ~?(爆)

新型インフルエンザ感染者が出たので、しっかり1週間休校になったぞぉ
いつやってくるかわからない突撃家庭訪問があるせいで、ほんとに監禁生活
恐ろしいほどの宿題の山で付き合う母ちゃんもヘロヘロ
休校になった途端、1号の練習するリンクも閉鎖に。
けど・・・熱血クラブはわざわざよそのリンクに1時間半もかけて練習に行ったり
そんなこんなで月末です

3号の誕生日プレゼントは、彼の大好きなペンギンのぬいぐるみ
ナゼか彼はペンギンをこよなく愛していまして。
「おっきなペンちゃんが欲しい」と熱望。
買いに行ったお店では残念ながらさほどおっきなペンちゃんは見つからず。
でも彼はそのペンギンを大事にまくら元に置いて寝てます

1号。ヤツの誕生日プレゼントは、彼が3歳の時からずーっとはまり続けているレゴ・バイオニクル
この商品、今ではもう日本であまり取り扱っていない。
数年前まではどのおもちゃ屋さんでもコーナーが設けてあったのに、どうも日本人には受けなかったのか
アメリカでは大人気だと友人が言ってたのに、こちらではどんどんコーナーが無くなり、とうとう商品を取り扱う店さえ無くなってきた
彼が欲しいと言うモノも店舗では全く見かけず。
ネット販売では恐ろしく高くなってる。
アメリカから送料払って買う方が安いか?って位高いじゃないか
結局買うか買わないも保留のまま・・・
その代わり?ちょこまかと買ってやったものはある。
彼が集めている『家庭教師ヒットマン・RIBORN』の最新巻(ケチってBOで入手
雑貨屋で見つけて「コレ買って!」とうるさかった750円の、スカルの指輪←もちろん、こんなのではない。
スケート練習時の必需品、ティッシュのティッシュケース。皆それぞれかわいいケースを持っていて。1号がこれまた雑貨屋で見つけたのは、ワンピースのチョッパーの型のケースなかなかカワイイ。
この3点をとりあえず買ってやったので、本人的にはちょっと騙されている(爆)

は・・・・・
親戚のケーキ屋は取りに行く手間がかかり、無理だったので。
3号はアイスクリームケーキを選んだ。
が。甘いものが苦手なヤツにとって、なかなか厳しかったようだ(笑)
同じく甘いのがあまり好きではない1号も苦労して食べていた。
後にやってきた1号の誕生日は。
な、な、なんと。3号が腹痛でダウン
さすがに食べられない3号がいたのと、旦那が出張で留守だったのもあり、延期に延期を重ねて、まだ食べてない。
明日は5月末日、さすがに買いに行こうかな~

あーーーーっ
今月は我が家に、例の定額給付金&子育て支援金(我が家の対象者は3号のみ)が入金されました
でも・・・・・・・・・・・・・
家族5人分+子育て支援金、我が家にとっては大金だったのに。
ええ、ええ、そうです。
右から左、あーっと言う間に消えましたとさ
一体何の助けになったのかさっぱりわからない位の勢いで
あちこちで見かける”給付金で買える~”なんて言葉にケッと悪態をついてしまうワタクシでございます

他に何があっただろ、この5月
あそっか。
母ちゃん、仕事変わったよん
あれこれ考えてる間ももったいないので、さっさと面接に行って、あっと言う間に仕事始めました。
仕事はラクになったけど、まぁちょいと条件が他と違うので?これまたワタクシがPCに向かう時間、漫画を読む時間が減っております
またその話は追々~(こればっか

こうして月イチブログが終わる。。。
ろくな内容じゃない~~~





コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

恒例の(爆)

2009-04-30 23:32:18 | Weblog
月末滑り込み記事でござります
今回こそグゥ~~~さんに拒否されず投稿出来るのでしょうか。

ご無沙汰している間のあれやこれやを綴ってみようと思ってます。
どーでもいいあれやこれや話ですが、私の怒涛の日々を記しておくのです


如月

なんと10年ぶりの社会復帰
母ちゃん、本年度の学校の役員に立候補
1号、本格的にフィギュアスケートの世界に


弥生

『石』の経過検査を受ける、まだ小さいのあったよぉ
父の一周忌
3号のお別れ会(謝恩会)3人目にして涙々の母ちゃん
卒園前のごたごた忙しい日々に加え、仕事もガンバル
1号のスケート生活、かなりすごくなってくる
3号、卒園長い園生活、歩いて送迎の日々に母ちゃんもサヨナラ母ちゃん、晴れ着で締める。もうこの着物はそろそろ似合わない年になってきたかも(爆)
メタボ健診受けるだいじょぶだったよぉ~
ETCを探しまくるが、どこも売り切れで予約も出来ず補助金なんてク○くらえーーーーっ


卯月

1号のスケート生活、かなりとっても・・・ある意味充実(爆)
ワタクシの・・・誕生日がやってきた。こうなりゃ開き直るぞっ
3号、入学式3人ともずっと同じスーツの母ちゃん、今回も入ってほぉ~~~~
仕事がキツイ時給のパートの身でありながら、責任が重い
1号のスケートでの人間関係にへぇ~ほぉ~はぁ~っ
スケートに振り回される家族一同(旦那以外か、爆)
ガンガン稼ぎたいのに仕事にあまり入れない。週1では仕事も覚えられないんですけどぉ~でも責任重いんですけどぉ~
学校の役員生活始まる。この1年耐えれば、3人共の全ての役員業務が免除される母は耐えるのだっ
スケート代、家計を超圧迫仕事は稼げない、3号はスケート生活に振り回され&1年生生活&土日も母ちゃん仕事だったりで少々不安定母ちゃん、仕事を変える事を決意


。。。。。現在に至ります。

元々予定していた役員生活&仕事。
予想外に始まったスケート生活。
ここまでもスケートで自分がいっぱいいっぱいになるとは思ってもいなかった。
ここまで家族(注:旦那以外・・もういいって?)が振り回されるとは。
わかっちゃいたが、ここまで家計圧迫するとは。

振り回されスケート生活についてはまた次回(いつやねん)綴るとして~
書いてみたら「これだけかよ」ってな近況でした。
私の時間の使い方が下手なせいだろうか。
これを機にもちょっと頑張ってみようかな。




コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

滑り込み、間に合うか!?

2009-03-31 23:58:42 | Weblog
ひどいじゃないか、グーーーーさん

ワタクシ、頑張ってみたんだよ、3月中にUPしようと。

ぎりぎりセーフでUP出来る~と喜んで投稿ボタン押したら。

「アクセスが集中しております」だと!!!!!

ものすごぉーーーく落ち込んでおります。
また記事消えたよぉ
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

気分爽快!!!

2009-02-21 21:33:49 | 漫画
世間がバレンタインで愛あふれてる中、ワタクシは一人違う次元でをかみしめておりました

ふとした瞬間に脳内を流れるこの曲。。。
♪100年先も愛を誓うよ~君は僕の全てさぁ~♪
お分かりですか?
ええ、ええ、そうです。
やっと観ました、この映画↓↓
花より男子ファイナル


原作はこちら↓↓


原作の大ファンでありますゆえ~
ドラマ化された時は、ちょいとドキドキしながら観ておりました。
いくら松潤ファンのワタクシといえども、道明寺はちと違う?と思いつつ。
でも好物と好物が二つ揃えばそれはもう満腹になるわけで(爆)
何よりも、ドラマ化の第2弾は、HAPPYEND推進派の私が満足する終わり方でございました。
原作に無い終わり方をしたわけです
そうなると、その続編となる映画にも期待しないわけがない

漫画、ドラマ、映画全てのあらすじはこちらで

映画はもちろん原作には無い、つくしと道明寺が婚約するところから。
二人の結婚に至るまでがそのお話。
原作に無い話だけど、漫画が原作かよ?と思う位、壮大に世界を舞台に繰り広げられます。

何より私のハートを射止めた場面がございまして。
つくしが「道明寺の夢は何?」と訊くわけです(細かなセリフの違いはさておき
それに答える、海の真ん中に立つ道明寺。
画面一杯、海ですよ、海!
松潤、、、いや道明寺が右腕を上げて~~~~
止めておきましょう、ネタバレ過ぎます(爆)
その場面が頭ん中に浮かび、そしてまた脳内に流れ続けるのです、♪100年先もぉ~♪

これ。この場面、私が映画館のデカいスクリーンで観ていたら、きっとらしくない声できゃぁぁぁあああぁぁぁ~~と叫んでいたのではないだろうか?
いや声にならなかったか
それほど、松潤道明寺にノックアウトされてしまいました

原作は最終回を迎えた後、何作か続編が出ているけれど。
ドラマや映画ほどすっきりしっかりはっきりしたHAPPYENDを迎えてはおりません
この映画で気分は晴れ渡りました
でもやっぱり原作の神尾先生の絵で、こういう壮大なHAPPYENDが読みたいなぁと思ってしまうファン心。
いつの日か原作でノックアウトされる日が来る事を願ってしまいます。

ここしばらく、3匹が順に風邪にヤラれ軟禁状態が続いていたり、色々行事もあって余裕の無い母ちゃんだったけれど。
この映画を観てからと言うものの、脳内はすっかりシアワセ色
原作ファンの方で、つくしと道明寺のHAPPYENDを望む方には超オススメ作品でございます。


実はこの記事、打ち直しておりまする。
一度うきうき気分で打ってた時、さぁ最後の行を打つぞってその瞬間、旦那が登場
隠密ブロガーとしては焦って焦りまくったわけで。
うっかりどこかに指が触れてしまい、記事全部ぶっ飛んだ
ものすごぉーーーくショックだけど、隠密ブロガーは声にも出せず(爆)
打ち直す気力も無く、寝てしまったとさ
落ち込みまくったけれど、脳内の♪100年先も~愛を誓うよぉ~♪に励まされ、再度UPでございます



コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加