映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ

もと映画少女の”猫”のお喋りです♪

『 ヒアアフター 』

2011年02月23日 | 映画感想(欧米)
今週 公開されたものの中で 一番観たかった映画だった。
” 死後の世界がみえる ” というコピー
クリント・イーストウッドが どういう切り口で描くのか??
とても楽しみだった。


・・・・
う~~~ん・・・・
ふつうでした。
こういう映画を 撮る・・ってことは イーストウッドが年を取った・・ってことかな?
と 思いながら観てました。

最初の フランス人と マット・デイモンが最後に繋がる事になるとは
思ってもいませんでした。
これは 結局 恋愛映画だったのでしょうか?
いえいえ・・・
ラストは そんな感じになってしまったけれど 恋愛映画とはいえない。
一緒に 鑑賞した子どもが
「 いったい何が言いたかったわけ? 」 って言ったけれど
その気持ちも よくわかる。
ただ
登場人物の 周りの話は いろいろ考えさせられました。
女性アナウンサーは 簡単に切り捨てられるし
なんだ、かんだ・・と言っても 弟の気持ちを無視して 弟から稼げるお金だけが目的な兄。 
それがわかってはいるけれど、( たぶん肉親は兄一人?だから )
簡単に兄を切り捨てれない主人公。
自分は 普通じゃない、と心が弱っているから?
あんな料理学校のペアの相手を好きになっちゃうの???
傍若無人ともいえる あの彼女の態度は 観ていてとても不愉快でした。

双子の話は 心が痛かったです。
自分たち二人の写真を撮って お母さんが気がつくかどうかを見守る子たち・・・
最初は 何を待っているのかわからなかったけれど
子どもたちの 母を想う気持ちを描いていたのですね。
傍からみたら とっても情けないお母さんなんだろうけれど・・・ね。

     余談ですが
     アメリカに そういう局があることは
     『 アイ・アム・サム 』 でも 『 プレシャス 』 でも 出てきたから
     知ってはいるけれど
     ” 子どものため・保護 ” って言う 「 強制力 」 は
     本当に いいことなんだろうか?
     まるで 世界の王様・俺様アメリカ の縮図みたいにも 思えてしまう。
     それと並行しているんだろうけれど
     逆に
     ” 養子 ” を 心安く受け入れる人々の存在は 素晴らしいと感じる。 

弟のために
「 帽子を脱げ 」 という兄
彼が あの家族の 本当の保護者だったのかもしれません。 


  2011.02.19  「ヒアアフター」  TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞  ★★★☆
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 ウォール・ストリート 』 | トップ | 『 ソーシャル・ネットワー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。 (23:30の雑記帳)
結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ...
ヒア・アフター  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  セシル・ドゥ・フランス  フランキー・マクラレン  ジョージ・マクラレン   【ストーリー】 ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者と...
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
「ヒアアフター」 (大吉!)
<水曜日> (2月23日・TOHOシネマズ・字幕版・12時35分~・129分) <死>にまつわる不思議な体験で、人生が変わってしまった3人が、運命に引き寄せられるようにイギリスにやって来る。彼らの出会いが導き出した、真実とは―? 霊能力者のジョージ(...
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
『ヒア アフター』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...