海の物語・・ホームマリンアクアリュウム

海水魚飼育を中心に飼育方法や意見交換の場。小型水槽嗜好。ECOSYSTEM ECOMINIで挑戦中 

カワサキDトラッカーX 私の珍走迷走ドンクサ走その20 危なかしい他人の走りの巻

2016-06-28 05:24:20 | バイク日記

カワサキDトラッカーX 私の珍走迷走ドンクサ走その20 危なかしい他人の走りの巻

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイク日記 その149 カワサキDトラッカーX タイヤ交換せずに走行距離17000kmオーバー

2016-06-25 21:57:02 | バイク日記

 

 

うちのDトラッカーXは17000kmを越えていますが・・・まだタイヤ交換していないんです。

先日オイル交換をしてもらった際にRBの担当さんにタイヤ交換しましょか?と言いましたが 

「もうそろそろとは思いますが差し迫って交換する必要はありませんよ。」

とまた言われ引き下がりました。笑

そもそも坂をせめてモタードの究極的な走りをせずオンロードで流している程度なので真ん中のみすり減っているという感じ。

あと2000km程度はいけるかもです。交換は秋から冬になりますかね~。

 

ところでこのごろバイクに乗って、あるいはバイク雑誌で、あるいはYOUTUBEで他の皆さんのレポートを見ながら感じたことがあります。

 

 

その一つが いくら速いバイクでも究極なところ 「風との闘いに人間は敗れる」 という実感です。

時速200km走行可能なバイクはバイクはいつまでも健全ですが人間は生身の体だから休息も必要だし長時間走行は疲労度が激しい。

これは春夏秋冬でもおなじで想像以上に風は人間の体力を奪うということです。速度の速いバイクはその楽しみがあってもそれがさすがに長時間は続きにくい。(250ccとリッターバイクでは時間差がでますし、年齢的なものもありますが)

 

二つ目は 大型バイクはやはり駐車には色々な点で気を遣うということ。リッターバイクで近くのスーパーに買い物に行く人少ないです。聞くとやはり取り回しが大変で、いたずらされるのも嫌なのでということで結局スクーターなんかで行っておられます。

 

三つ目に アドベンチャータイプをのぞくと大型バイクなどで急こう配の坂はいけない。(行きにくい)特にレーサーレプリカとかなどで生駒山の有名な暗峠を走破する人あまりいません。YOUTUBEなどでカーブで ずるり と滑ってコケる若い人多いです。ええ?あんなにスピード落としているのになんていうのも実際にあります。良く見るとカーブはやっと曲がっているが、路肩に砂や落ち葉がたくさんあってそこで墓穴を掘るニンジャとかCBRとか。笑また総じてアメリカンタイプは曲がりにくく路肩につっこむ人もおられますね。

 

そんなわけで手前みそになりますがDトラッカーXは風の抵抗だけはどうしようもないですが、駐車場所や急こう配の坂は簡単にクリアできますので買ってよかったの思うこの頃なのです。

 

             (海南市の黒沢牧場の牛さん)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

死滅回遊魚採集2016年(といっても採集はしない)  盛夏近づく 

2016-06-24 21:29:47 | 死滅回遊魚採集

            (上は 臨海浦のテーブルサンゴ。どんどん成長しています)

 

本年は気温が低く白浜方面もやっと24度ぐらいの水温になりましたので潜りに行きたいのですが、梅雨空ですっきりせず足踏み状態です。

 

7月の中旬ごろに梅雨が明けますので、そのころから本格的に活動すると思います。

 

            (こちらは円月島。サンゴが褐虫藻を蓄えていきいきとしています)

 

職場の関係上で本年は8月が2週間程度の長期休暇がありますので行きたい放題になると思います。宿泊も検討します。

嬉しいのは休日でない平日に行けること。阪和高速の渋滞から逃れられるだけでもうれしいです。

 

            (円月島の周辺は透明度が高く、サンゴの成長向き。チョウチョウウオが一年中見られます。)

6月は南部町に行きましたので 7・8月はサンゴ鑑賞の串本へ、サンゴは串本へいけば一通り鑑賞は終了しますので サンゴがなく、魚の多い湯浅、三尾、印南あたりに戻ろうかとも思います。

 

9月10月は円月島、臨海、権現崎にまたもどって2016年のレポートとしたいものです。

 

採集はしませんが 串本あたりにまで行きますので レアもののチョウチョウ魚とかヤリカタギなどみれたらうれしいものです。こうご期待!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和崎俊也さん AT ジャンボーグA

2016-06-19 20:50:52 | 時代劇とヒーローもの

和崎俊也さん AT ジャンボーグA

 

限定公開しています。検索では見れません。ここだけ。しかし・・ミラーマンのストリーをも流用するとはwww

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

カワサキDトラッカーX 私の珍走・迷走・ドンクサ走その19 行きはよいよい帰りは怖いの巻

2016-06-19 13:10:02 | バイク日記

カワサキDトラッカーX 私の珍走・迷走・ドンクサ走その19 行きはよいよい帰りは怖いの巻

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水槽で起きていること 2016年6月18日

2016-06-18 06:59:22 | サンゴ水槽


ひさびさの水槽レポートです。 変化といえばアサヒハナダイが行方不明になりました。おそらくカーリーに触れてやられたのだろうと思います。

ペパーミントシュリンプは健在なのですが岩陰に隠れていることも多くカーリーを食べているのかわかりません。スキマーを停止し数か月後にはサボテン草がこのように生い茂るようになりました。やはりスキマーは一長一短だと思います。

 

写真に写っていませんがハナゴンベとセブルリヤッコは元気です。ルリはいつも餌を欲しがりますが、ハナゴンベはあまり水槽全面に出てきません。

いつも6時半ごろになると餌をまって岩陰からでてきてシュア―を5粒ほどたべると岩陰に戻るという定期的なパターンを繰り返しています。

ルリヤッコが時々けん制をしますのでそれがハナゴンベはいやみたい。

 

オオタバサンゴはハマサンゴ サオトメシコロサンゴ トゲキクメイシ とならんで長寿なやつですが色が変わってきておりLEDのスペクトルの変化なのかやや赤みを帯びてきています。

ちょっとしたことで変化を表す色々なサンゴの個性。興味は尽きないです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイク日記その148   他の人はバイクをどうみているのかしら?

2016-06-12 22:45:55 | バイク日記

今日は以前からお世話になっている剣道道場にあいさつに行きました。車は相変わらず多かったので胸のすく走りはできませんでしたが、後方撮影を行うとバイクは車より街乗りではおそろしく速い乗り物だと気が付きます。

ほんの数秒で車はミラーから消えてなくなり、遠い過去のものになってしまいます。

法定速度順守ならば車の団子の中で走る必要があるのでこれはできるだけ避けたいものです。

 以下に動画を作成しましたのでみてくださいね。

 

             (不思議。小柄な人がのると おお!カッケーやんけ! となる)  

ところで、ネットで見てみるとニンジャのようなレーサータイプですが上の写真のように小柄な女の子が運転しているとさまになるのですが下の長身な

お兄ちゃんだと トイレのおまる にまたがってはしっているような感じになりこの写真をみただけで 自分は長身でないけれど乗っちゃだめ! と思いました。

             (バイクは乗り手を選ぶ典型の写真。 おまるにまたがっている兄ちゃんやオジサンは絶対にさけたい!)

その点DトラッカーXは車高が高いのでやや長身の人や私のようなドテンとしたオッサンが乗ってもさほど違和感がないのではと思えます。

こんなところでもオフ車系はいいかもです。

 カワサキDトラッカーX 私の珍走迷走ドンクサ走 その18 後方撮影してみるの巻

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇とヒーローもの  工藤堅太郎先生 「続 役者ひとすじ」 (無法松の一生 ミラーマン)入手。

2016-06-11 18:53:19 | 時代劇とヒーローもの

 

工藤堅太郎先生の「続 役者ひとすじ」(風詠社)を入手しました。

精読はしていませんが、ざっと読ませていただきました。1作目とは内容は異なり 37年ぶりに無法松の一生を座長である小林旭さんや共演者の皆様と作品を真剣に作り上げるプロセスをドキュメンタリーで解説されています。

もちろん俳優さん同士のエピソードや抱腹絶倒のシーンなども織り込まれており、1作目を意識した作品で350ページにもわたる力作です。

工藤堅太郎先生のプロフィールはWIKIに掲載されていますのでそちらを見て頂くとして、その役者人生の熱心さには脱帽してしまいます。

74歳になられるとほとんどの人は老齢のため隠居です。しかし先生は死ぬまで役者人生をまっとうしたいと強い意志をお持ちで、京都にラウンジを経営しつつ舞台に現役で活躍。

若い世代はほとんど知らないでしょうが昭和30年代生まれの世代の人はたいてい良く知っておられると思います。

とくにこのブログで紹介させていただいている「ミラーマン」の藤本武役は特撮ヒーローものではレジェンド伝説となっており多くの少年世代に強烈な印象を与えています。

(ちょっと二ヤケタ表情が女性のハートをつかむかも?でも愛妻家ですので隙はありませんよ。w)

(特撮ヒーローものにつきもののパイロット役、工藤さんは光っていましたね!村上チーフの和崎俊哉さんと並んでカッコ良かった。)

 

         (とにかく演技の天才なのであらゆる役をはまり役にされてしまう。これはすごいですよー) 

これからもお元気でお怪我に気を付けられて活躍していただきたいものです。ありがとうございました。 

 

工藤堅太郎先生 「続 役者ひとすじ」 (無法松の一生 ミラーマン)

一部画像をおかりしていますが個人で楽しむ程度でご理解お願いいたします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クレクレハゲラ 税金は俺のものの巻

2016-06-09 21:34:11 | その他番外編

クレクレハゲラ 税金は俺のものの巻

 

腹立たから作ったわ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇とヒーローもの・・ その46 片岡千恵蔵さん

2016-06-05 07:12:00 | 時代劇とヒーローもの

今回は東映の大御所を取り上げさせていただきました。

 

(紫頭巾にも出ておられました)

なぜに千恵蔵さんかというと・・・東映の「大菩薩峠」がかなりインパクトがあって頭の中にひっかかっていたからです。また、「大菩薩峠」といえば雷蔵さんより千恵蔵さんと言う感じがする事由によるのですが、何といっても千恵蔵さんは東映の大御所で東映を支えた大スター。出演映画は星の数ほどありそれすべてが存在感のある役ばかりで他の俳優さんからはうらやましがられたことでしょう。

 

 

(恐るべき剣の使い手 机龍之介。変質犯罪者。島田虎之助に一喝され歯ぎしりする)

さて、大菩薩峠は中山介山の長編で終結しないまま終わってしまい・・・読むだけでもかなりくたびれます。笑  最初のくだりは 机龍之介 という剣の使い手が神前試合でライバル宇津木文之丞を駆逐し絶命させてしまい、そのおそるべき剣さばきで迎え撃つものはことごとく返り討ちにあうというものでした。

この机龍之介は悪い奴で剣を見ると人を斬りたくなるという今でいえば変質犯罪者。罪のないお遍路さんを殺害したり、その癖が時々現れて辻斬を働くという凶悪犯。しかし、その悪を主人公にしたてて途中までは龍之介を追った文之丞の弟、宇津木兵馬の仇討ちの物語も途中から他の登場人物が主人公になったりとかなり迷走してわけわからなくなります。(笑) これは困ります。(笑)

龍之介は時々現れますが新選組に加担したり、天誅組に参戦して火薬で目を失明しかけたりこれも迷走。迷走したままに物語は尻切れトンボで終わります。だれか続編書いてくれないかな。

 

 (血槍冨士も印象大。多羅尾伴内などの役もうまくこなされていましたね。)

 

  ところで、先般知人と和歌山の龍神温泉に行ってきました。ここは日本三大美人の湯というアルカリ温泉があるところですが近くに曼荼羅の滝という滝があります。ここは机龍之介が失いかけた視力をこの滝の水で洗い治癒したと小説で書いてあるらしいです。山道を600m程度歩く必要があるので知人は高齢なのであきらめましたがまた今度バイクで訪問した時は行ってみたいと思います。

(龍神温泉、美人の湯の 下御殿 。お殿様の家来がここの湯を使い、お殿様は 上御殿 にお泊りになったとか。)

 

 (曼荼羅の滝。写真はお借りしています。那智の滝みたいなのを想像してはだめです。笑)

 

 (龍神温泉のパンフレットです。色々な歴史を知れます。これは価値があった。)

  

次回は風詠社様から工藤先生の新しい本が出るとの紹介をいただきましたので購入後、皆様と一緒にお披露目させていただきたいと思います。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

死滅回遊魚採集(といっても採集しない) 2016年 南紀みなべ町目津崎周辺のサンゴを見に行く。

2016-06-05 01:01:13 | 死滅回遊魚採集

今年は例年になく水温が低く白浜でもやっと23度ぐらいまで上昇。昨年は25度ぐらいあり、円月島のサンゴを見に行きました。今年も色々なところでシュノーケリングしたいので手はじめに先般バイクで下見をしました、「南紀みなべ町目津崎」をシュノーケリングしました。当日はあいにくの曇りでしたがきれいなサンゴがいくつも見られました。

 

             (すくすくとごく浅い水中で育つサンゴたち。1mもない水深です。)   

この周辺は串本海中センターの調査によると若いサンゴ群落が発達しつつある地域でこれからも期待がもてそうとのことでした。先般の下見では海藻などが少ない地域の特性上、低栄養塩の海水で満たされていることから魚は期待できないと思っていました。事実そのようでほとんど魚は見ませんでした。

しかしその分サンゴは群生はないものの若い小さなサンゴがあちらこちらに散らばっているという感じでした。(これを聞いて取りに行こうなどと思わないでくださいや!)

 

            (非常に美しいトゲトサカ。ビビッドピンクですね。)

 

人のいる海水浴場や磯場ではサンゴも活着しないようですが、ここは釣り人の他はほとんど人が来ないからなのか、魚以外は結構色々な種類の無脊椎動物が見られるのです。 

 (ピンクのカイメンはあまり見ませんがここではいましたね。)

 (ヌメリトサカは結構な数ありました。皆さんの嫌いな褐色なのでだれもとらない。笑)

 (日本ミドリイシ?かな・・若い幼体ですね。)

 

(キッカサンゴ??みたいですね。グリーンの鮮やかな色が目を引きました。)

(イソバナがごく浅いところに着生していました。かなり水深のあるところでないとみられないのでこれは嬉しかったですね。)

 

タイドプールでみつけた珍しい二ホンケヤリムシ。オレンジ色の鮮やかな色彩が綺麗です。めったにいないので見たときは嬉しかったです。 採らないでちょうだいね!

 

サンゴイソギンチャクと思います。結構南紀では見られるようでこれも1mの水深なかったですね。

 

白浜の手前の地域なので気軽に訪問できそう。といっても奈良からは3時間半かかるのが痛い。笑

 

 魅惑の和歌山の海 南紀みなべ町 目津崎周辺のサンゴを見る

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カワサキDトラッカーX 私の珍走・迷走・ドンクサ走その17 本気で走るCGゲームの巻

2016-05-28 23:40:39 | バイク日記

カワサキDトラッカーX 私の珍走・迷走・ドンクサ走その17 本気で走るCGゲームの巻

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇とヒーローもの・・ その45 桜木健一さん

2016-05-28 10:51:36 | 時代劇とヒーローもの

 

(若いっていいよねー。パワーもあるし元気だし。)

今回は桜木健一さんとさせていただきました。

 

いやぁ懐かしいですね。桜木健一さんといえば柔道一直線できまりみたいなところがありました。

 

桜木健一さんもWIKIによればもう68歳とかで・・・なんといいますか自分の年齢も老齢になるわけだと思います。

私も還暦にもなると若さというのが特別みたいな感覚になるもので昭和のTVの若いスターを見るとうらやましい気もします。

 

(おぼこい。しかし時代劇のショットは一枚もないのでした。)

良く見ていなかったということもありますが、桜木健一さんは柔道一直線の他には時代劇などもでておられたのでしょうが正直印象にありません。しかし仁義なき戦いなどにも出演されていたと記載され、柔道一直線の他はほそぼそと活躍されていたのでしょう。

 

このかたも「子供番組は終わりにしたい」と言われたそうで、俳優さんにとっては子供番組は人気取りではあるものの役者人生ではネックになる若干厄介なテーマなのだろうと思います。

またラブロマンスなども桜木さんは苦手な方ではないかと思います。吉沢京子さんと共演した歴史が長いので桜木健一と吉沢京子という番組上のカップルになってしまいオファーもかからなかったのでしょうね。

 

 

(一条直哉の先生。高松英郎さん。あの濃いまゆ毛がすごい!今このような先生がいたらーー。ラインで嫌われまくり2ちゃんでフルボッコされます。w)

桜木健一 柔道一直線~コンクリート・ジャングル

あのピアノの近藤正臣さんもでていますよ~。w 今の桜木健一さんはこちらからどうぞ。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

備忘録 2016年 5月分

2016-05-28 10:18:06 | サンゴ水槽

 

 

 

 

10~14日の間隔で10リッターの水替えをするだけで維持できているエコミニ水槽。ミラクルマッドも買わなくてはだめですがそのままに。w

しかし、No1の方の水槽はスキマーもなく(エアは後ろ部分の濾過槽に入れている)だけでスキマーで色々なものをこしとってしまわない方がサンゴや海藻には調子が良いようで上の画像の通りです。

ソメワケヤッコが飼育8年を経過し9年目に突入。大変元気です。

 

 底面には無数の海毛虫が成長しており残餌をあさって食べているので餌がそのまま残って腐敗することなないのです。食物連鎖ができています。

 

 壁についたウスコモンサンゴも成長し枝を伸ばしています。数か月すると倍になるでしょう。

 

 

こちらはブルーのトゲキクメイシ。こちらも元気です。

 

以下はサンゴの導入日と経過の備忘録   (2016年 5月 末日分)


(AR)=アクアラグナで購入
(AT)=アクアテイラーズで購入 
(AF)=アフリカ大阪店で購入 
(FW)=フリーウオーターで購
(BH)=ブルーハーバーで購入
(YD)=やどかり屋で購入
(DA)=ディスカウントアクアで購入 

<5年以上経過組>


トゲキクメイシ    2008年8月…7年10か月経過(AT)絶好調 底面に増殖中

オオタバサンゴ    2009年10月…6年6か月経過(AR)絶好調。ポリプが緑色。

サオトメシコロサンゴ 2009年12月…6年6か月経過(AR)大変調子良い。色がブルー化してきた。

シャコガイ2010年4月 …6年3か月経過(AR) 大変丈夫 実に大きくなった。

 エダハマサンゴ(大) 2010年7月…5年11か月経過(AR)色がクリーム色にもどる。来月で6年

カリブディスク    2009年10月と思う。…5年11か月経過(AT)好調 分裂し増殖 来月で6年

 

<3年以上経過組>

 

グリーンボタン     2011年10月 4年10か月経過(通販)   調子もどった。

ブルーディスク     2013年ごろ  4年4か月経過 ヤドカリ屋さんで購入したライブロックについていたのが大増殖

                                                      

魚 
ソメワケヤッコ      2008年5月(AT)…8年経過 5月10日で8年経過しました。9年目挑戦です。
ハナゴンベ        2011年7月…(YD)4年10か月経過  
ニシキヤッコ       2011年7月…(YD)4年10か月経過 人になれ大食漢成長した 幼紋はなくなった。

キイロハギ        2012年5月…(BH)3年7か月経過 大食漢

ルリヤッコ        2016年2月・・・(AT)4か月経過・・餌爆食い

アサヒハナゴイ     2016年3月(AT)・・・3か月

今月のアボーンサンゴ&FISH

なし

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RBツーリング 奈良から三重県津市「高虎ドック&亀八食堂ツーリング」 カワサキDトラッカーX

2016-05-24 22:30:34 | バイク日記

RBツーリング 奈良から三重県津市「高虎ドック&亀八食堂ツーリング」 カワサキDトラッカーX

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加