海の物語・・ホームマリンアクアリュウム

海水魚飼育を中心に飼育方法や意見交換の場。小型水槽嗜好。ECOSYSTEM ECOMINIで挑戦中 

バイク日記 その151 カワサキDトラッカーX  エストレヤRSが欲しい

2016-07-27 20:45:18 | バイク日記

 私のDトラッカーXはこの前のツーリングでいよいよ18000kmを超えましたのでタイヤ交換も含め点検せねばと思いますが、タイヤの溝は残っていますし、スリップサインでの検証もまだ大丈夫のような気がします。

エンジンは快調でこのごろはバイクの速度になれてきて比較的ギヤを落として走ることも多くなり、時速130kmまでは15秒程度あれば出せますのでほぼストレスなく走っています。長距離ツーリングも片道200kmぐらいまではこなせる自信がつき、お尻も痛くなりませんので公道を走る分にはDトラXは250ccクラスではトータル的に良い線を行っていると思います。

 

がしかし、人間は欲深きもの。バイク乗りは概してせいぜい3年も乗れば買い換えるといいます。ですが私のバイクはスーパーモタードで、いまとなっては希少になり、DトラッカーXも生産終了となったことで手放すには大変勿体ない。当分は、買え換える気はないと思います。

 

(写真はお借りしました) 

するともう一台を乗れるうちにと考えあぐねた結果 欲しいのはエストレヤRSです。ZZR250なども考えましたがもう還暦過ぎてZZR250やニンジャはやはり乗っていてはずかしい。特に若い子ならかっこいいけれどおっさんがのると和式トイレの便所の「おまるに」しがみついているような格好になりこれは是が非でも避けたい!

 

すると選択肢はエストレヤぐらいになるわけです。エストレヤはとにかく鈍足。乗っている人に聞くと軽快に飛ばす車でなく振動とその鈍足さを楽しむ車とか。DトラXは充分に速いし、速いとついついアドレナリンが出るのでこれは考えようによってはエストレヤは気分的に楽な車かもと思います。まぁ、120kmぐらいは出るし、100kmまでも13秒ぐらいらしいから軽自動車よりはまし。及第点ではないでしょうか。

単気筒のロングストロークエンジンなのでトルクが太く独特な音を出しながら走るのでこれは楽しみでもあります。でも色々事情があってすぐには買えないのが残念ですね~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山県湯浅町栖原海岸 水中映像 (カワサキDトラッカーX)

2016-07-24 22:19:31 | バイク日記

和歌山県湯浅町栖原海岸 水中映像 (カワサキDトラッカーX)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇とヒーローもの・・ その48 三船敏郎さん

2016-07-23 09:33:16 | 時代劇とヒーローもの

 

今回は大御所 三船敏郎さんを取り上げさせていただきました。

 世界のミフネ と言われ、七人の侍 椿三十郎 などで世界から絶賛された大御所です。

 

当初三船さんを見たのは中学校ぐらいだったかと思います。三船さんは映画俳優さんでしたのでお茶の間のTV番組で「あ! 三船さんだ」 と言った記憶はありません。

そもそも三船さんのような大俳優は映画で定着されておられたからTV出演なんてと思っておられたかもしれません。

 

スクリーンでの三船さんの活躍はすごいもので世界の黒沢明監督の七人の侍には感動したものです。しかし、感動したのは大学生になって見た時でして幼少のころはわかるよしもなく、どちらかというと感動は小林昭二さんや、工藤堅太郎先生、黒部進さんの方が身近と思いました。

 

三船さんの映画では皆様が絶賛される七人の侍と用心棒と比較するとストリー立ては前者が殺陣は後者の方が優れていると思います。侍らしい風格のある立ち回りは近衛十四郎さんの方が迫力があり圧倒的にうまいと思います。三船さんはどちらかというと ぶったぎる 感じで本当に刀の理合がわかっているのかなという感覚。ただし俊敏さは抜群でおそらく右に出るものはいないでしょうね。

いつも思うのですが映画は映画だなというところは一本の刀で何十人も斬れるわけがないという点。あの映画では刃こぼれはなはだしい。笑

 

三船さんは昭和のスターであって、あのムツケキ男は今の時代では受けないでしょう。

個人的には侍らしく思えるのは近衛さんあたりで三船さんは侍の衣装をはおった活劇家ではないかと思います。

 

ともあれ、三船敏郎さんのような俳優さんはもう一度現れるのだろうか?とふと思ってしまいます。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしき和歌山の海 串本田子のサンゴ群落を見る。(シュノーケリング ダイビング 水中撮影)

2016-07-20 19:53:28 | 死滅回遊魚採集

串本町田子 サンゴこぼれ話を。

 

奈良から往復460㎞の距離。時間にして片道4時間30分果てしなく遠い海でした。

 

和歌山県東牟婁郡田子周辺は黒潮の影響を直接受けており年間でも17度以下に下降しない亜熱帯のエリアです。浅瀬に広がるサンゴは沖縄が定番ですが和歌山県や鹿児島、四国の宿毛などもサンゴ群落が有名ですが、興味のある人しか知らないままに話題にもあがりません。和歌山在住の方からの情報で串本海中公園に劣らない大サンゴ群落があると昨年聞いており是非この目で確かめたいと思いました。

 

まず、海の中は足場のないほどのサンゴだらけでただただ驚くばかりでした。正直フィンの着地ポイントの設定に困りました。不用意に腰かけたりすると枝が折れてしまうので細心の注意が必要なくらいでした。また、水中に微細なピンクの粒が無数に見られましたがこれはサンゴの放卵によるものと知りました。

 

 

長年のアクアリストの私の目から見ると台風が少ない7月中旬である事情を含めても以下のような特徴を感じます。

・サンゴが発達している割に魚がかなり少ない。浅瀬にはほとんどいない、つまり低栄養塩の海水で「澄む水、魚は住まず」状態である。水深のあるところにいるが中型以上の魚に限定される。

・耐寒性のあるクシハダミドリイシやハマサンゴ、枝サンゴの一種がエリアを占領しているような状況である。(円月島周辺はその点シコロサンゴやソフトコーラル、日本ミドリイシなどがおり種類がやや多いように思えた)

・トゲトサカなどのソフトコーラルがみられない。

・水路はあるがタイドプールはない。あっても海藻がないので魚はよりつかない。

・9月ごろになるとポリプ食のチョウチョウウオなども見られるであろうがそれを狙う採集家の俳諧やサンゴをぬっての魚の捕獲の難しさもありいわゆるレア種類の捕獲は難しいと思える。

・1㎝程度の並、トゲ、フウライチョウチョウウオなどの幼魚は見られなかった。(三浦半島ではそろそろお目見えする時期である)

・サンゴの生育の条件をよく反映しており、潮流がかなり速いところに生育している。

 

以上のようなところが特徴でした。

 

さて、長年海に潜っていても怖いことはあるもので、水深5m、陸地から距離にして200mほどの沖合にある無人島への横断の際に今回はちょっと油断していると50m程度流されてしまい、潮流に逆らって推進することができず体力の限界とあいまってしばらく浮遊状態を余儀なくされました。おそらく溺れる人はこのようなとき海水を飲んであわてて、足がつかないので沈んでしまうのだろうと思います。

 

海は美しくも恐ろしい魔物と再度実感します。

 次回は推進力の強いジェットフィンと60㎝程度のサーフボードなどを用意して臨みたいと思います。

 

今回は車で行きましたが、スズキワゴンRはエアコンをつけた状態でエコモードを意識するとリッター20㎞走行できました。良好な燃費性能で満足です。

 

素晴らしき和歌山の海 串本田子のサンゴ群落を見る。(シュノーケリング ダイビング 水中撮影)

 

(極浅瀬にみかけたホクトベラ。これはレアでしたがすばしこくてすぐに逃げられましたね。写真はお借りいたしました。)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

死滅回遊魚採集2016年(といっても採集はしない)  串本 田子双島 そのおそるべき大サンゴ群落

2016-07-18 20:22:57 | 死滅回遊魚採集

 

奈良から片道230km離れた串本田子双島に行ってきました。片道4時間半の遠路。しかし、その目を見張るような大サンゴ群落にただただ驚くばかりでした。

水深50㎝ のところにあたり一面広がる枝サンゴ!

 

 

串本本島の手前にある田子というなにもないところ。そこにポツリと無人島があります。なにもないからといってバカにしてはいけない海中は素晴らしい景観のまれに見るスポットでした。

 

潮がひいているから水深1mでみたクマノミ君。巣から出てきて迎撃します。

 

 

 

 

 

 サンゴもそうでしたが、チョウチョウウオの天下国家。w

 

 

もうツノダシもいました。おそらく越冬した個体でしょうね。

 

動画やこぼれ話は後ほどしますので、またご覧くださいネ。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カワサキDトラッカーX 桃買いツーリング 和歌山県紀の川市桃山町

2016-07-10 21:54:29 | バイク日記

カワサキDトラッカーX 桃買いツーリング 和歌山県紀の川市桃山町

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Kawasaki D-TrackerX  バイク日記その150 中紀白崎海洋公園 奈良~中紀白崎 往復約300km

2016-07-05 20:54:37 | バイク日記

7月のRBツーリングは当初京都舞鶴の予定でしたが、当地降水確率が急上昇し急きょ行先変更となり、和歌山県の白崎海洋公園になりました。奈良からは往復約300km弱です。京奈和で岩出まで岩出から下道で和歌山インターまで走り阪和高速で広川まででした。

白崎は石灰石で岩盤が形成されそのため周辺は白い岩の景観が楽しめます。海水の透明度はイマイチでみなべより透明度は低いです。しかし魚は多そう。サンゴは基本的にありません。しかし、ダイビング施設が整っており多くのダイバーたちがダイビングを楽しみ育っています。

 (駐車場もひろびろ。道の駅やレストランなどもあります。)

 

 (生シラス丼。湯浅の醤油をかけて食べます。最高でした。)

訪問地のことはさておき、マスバイクツーリングには考えさせられることやメリットがたくさんあります。

まず色々な人と話しているとその輪の広がりがあり、老いも若きも一体となって目的地に向かい食事や歓談を楽しめることです。

バイクやさんのツーリングの特徴は気の向き合ったメンバーと前もって話し合いのうえ行くのではなく、申し込みされた人と一期一会で走り交流を深めることと思います。そのため一人一人が自然にマナーを求められ大人としてのライダーとして成長してゆきます。

また、ツーリングリーダーはバイクの知識ももちろん見知らぬ人とのパイプ役となって気持ちのバランスをとりながらホスト役を務めねばならず苦労は人一倍なわけです。それも基本的にバイク屋さんはほぼボランティアでその役を勤めてもらうように要請していますので「ただ働き」です。笑また色々な個性の人をまとめてツーリングせねばならないので人間力を持ち合わせたとりまとめ力も必要でこれは難しい。その点私がお世話になっているバイク屋さんは非常にバランスがとれておりツーリングリーダーご夫妻の力量もすぐれているので安心してツーリング参加できます。

 

また、何といっても皆さんが色々なバイクを乗ってこられますのでそのバイクの特徴やカタログや雑誌の美辞麗句にまどわされない生の情報を聞き出すことができます。主観的な感覚も感想で現れるので鵜呑みは危険ですが以下のような具体的な情報が得られ面白いのです。

・SR400はバランサーがないためとにかく振動が激しく100km以上になると手がしびれ足も痺れ気になりだしたらおりたいほどになる。しかしその振動と痺れこそがSR400にはまる重要な要素でそれにはまったら抜け出せない。

・エストレヤはマスツーリングの足をひっぱる。エストレヤの走行特性に全体を合わす必要がありちょっと陰鬱

・リッターバイクのスロットルはスロットルに手をのせているだけという感じ。250みたいにガバーとスロットルをひらくととんでもないことになる。そのためスロットルを回したいならリッターバイクはだめ。

・夏のツーリングでは口々にリッターバイク勢はエンジンからの熱量が中途半端でなく熱いやかんを足に添えて走っているようである。(Dトラはそれはない)

・アメリカンバイクはとにかく まがらないとまらない の代表で初心者も含め、やめた方がいい。ヒラヒラ感を期待しているライダーでは不向きであるしヒラヒラ感になれていると運転はある意味危険。

・カワサキ車は速いが過去に マッハ3 というのがあったが 殺人バイク として多くの人を魅了しまた殺した。まがらないとまらない スピードだけ。笑

・KTMは高級車をのぞくといらない装備はかなりそぎ落とす傾向方針でありそれが良くもあり悪くもあり。

 

というようなことで、行くたびに面白い生の情報が聞けるのです。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

RBツーリング 中紀白崎海岸公園ツーリング カワサキDトラッカーX

2016-07-04 22:26:50 | バイク日記

RBツーリング 中紀白崎海岸公園ツーリング カワサキDトラッカーX

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

備忘録 2016年6月分

2016-07-02 08:58:58 | サンゴ水槽

 

サンゴ飼育ではグリーンボタンをのぞきすべて6年経過しました。スキーマーを停止してからというものほんの少し水は輝きを失いますが水槽の生体はいきいきとしておりサボテン草は成長し、サンゴはどんどん枝を延ばすという事実。一体スキマーというのはなんのためにあったのかと悩んでしまいます。老廃物をすくいとるのは確かで理解してはいるもののスキマーの罪を疑わなくてはならないとも思い始めます。

カーリーを駆除しないと。アサヒハナゴイがその触手に触れたのか死んでしまいました。

 

以下はサンゴの導入日と経過の備忘録   (2016年 6月 末日分)


(AR)=アクアラグナで購入
(AT)=アクアテイラーズで購入 
(AF)=アフリカ大阪店で購入 
(FW)=フリーウオーターで購
(BH)=ブルーハーバーで購入
(YD)=やどかり屋で購入
(DA)=ディスカウントアクアで購入 

<5年以上経過組>


トゲキクメイシ    2008年8月…7年11か月経過(AT)絶好調 底面に増殖中

オオタバサンゴ    2009年10月…6年7か月経過(AR)絶好調。ポリプが緑色。

サオトメシコロサンゴ 2009年12月…6年7か月経過(AR)大変調子良い。色がブルー化してきた。

シャコガイ2010年4月 …6年4か月経過(AR) 大変丈夫 実に大きくなった。

 エダハマサンゴ(大) 2010年7月…6年経過(AR)色がクリーム色にもどる。来月で6年

カリブディスク    2009年10月と思う。…6年経過(AT)好調 分裂し増殖 来月で6年

 

<3年以上経過組>

 

グリーンボタン     2011年10月 4年11か月経過(通販)   調子もどった。

ブルーディスク     2013年ごろ  4年5か月経過 ヤドカリ屋さんで購入したライブロックについていたのが大増殖

                                                      

魚 
ソメワケヤッコ      2008年5月(AT)…8年1か月経過 5月10日で8年経過しました。9年目挑戦です。
ハナゴンベ        2011年7月…(YD)4年11か月経過  
ニシキヤッコ       2011年7月…(YD)4年11か月経過 人になれ大食漢成長した 幼紋はなくなった。

キイロハギ        2012年5月…(BH)3年8か月経過 大食漢

ルリヤッコ        2016年2月・・・(AT)5か月経過・・餌爆食い

 

今月のアボーンサンゴ&FISH

アサヒハナゴイ     2016年3月(AT)・・・3か月でおなくなりに。カーリーの被害によるものと思える。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇とヒーローもの・・ その47 若林豪さん

2016-06-30 21:05:33 | 時代劇とヒーローもの
 
今日は若林豪さんを。

若林さんはダンディ。その一言です。
 


いまは75歳になっておられるとかですが、昔のTVは工藤堅太郎先生と同様に非常に恰好が良かった。侍の役をやらしても精悍さの中に気品が漂い、「侍」らしい雰囲気に満ち溢れておられました。浪人役よりも剣客とかちょっと偉いお殿様とか。侍大将とかがいいですね。刑事役などアクションにも出ておられました。

WIKIなどで見ますと映画よりどちらかというとTVのウエイトが高いのかなと思ってしまいます。長身で端正なマスクのモデルさんから俳優さんになられたのかなと思っていましたがプロフィールを拝見させていただくと俳優座のご出身でもなく新国劇出身でおられるので劇が中心で活躍される俳優さんのようでした。


NHKの大河ドラマでかなり良い役を獲得されていますのでその渋みのある(男はこれが効いていると得!)雰囲気が支持されていたのでしょう。

ではどの役が?というと若林さんの主役・主演はなんだったのでしょう?皆さんにお聞きしたいものです。強烈な印象の役というのが私の勉強不足で思い当たらないので見解をお聞きしておきます。Gメン75の刑事役が大ヒットだったらしいのですが見ていないので私にはわかりませんでした。

工藤先生の「続・役者ひとすじ」に若林さんのダンディぶりが記載されているのでご一読されるのも良いと思います。いまは上品な好好爺になられましたね。
 
 
昔てほんとに良かったなと思うこのごろです。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

カワサキDトラッカーX 私の珍走迷走ドンクサ走その20 危なかしい他人の走りの巻

2016-06-28 05:24:20 | バイク日記

カワサキDトラッカーX 私の珍走迷走ドンクサ走その20 危なかしい他人の走りの巻

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイク日記 その149 カワサキDトラッカーX タイヤ交換せずに走行距離17000kmオーバー

2016-06-25 21:57:02 | バイク日記

 

 

うちのDトラッカーXは17000kmを越えていますが・・・まだタイヤ交換していないんです。

先日オイル交換をしてもらった際にRBの担当さんにタイヤ交換しましょか?と言いましたが 

「もうそろそろとは思いますが差し迫って交換する必要はありませんよ。」

とまた言われ引き下がりました。笑

そもそも坂をせめてモタードの究極的な走りをせずオンロードで流している程度なので真ん中のみすり減っているという感じ。

あと2000km程度はいけるかもです。交換は秋から冬になりますかね~。

 

ところでこのごろバイクに乗って、あるいはバイク雑誌で、あるいはYOUTUBEで他の皆さんのレポートを見ながら感じたことがあります。

 

 

その一つが いくら速いバイクでも究極なところ 「風との闘いに人間は敗れる」 という実感です。

時速200km走行可能なバイクはバイクはいつまでも健全ですが人間は生身の体だから休息も必要だし長時間走行は疲労度が激しい。

これは春夏秋冬でもおなじで想像以上に風は人間の体力を奪うということです。速度の速いバイクはその楽しみがあってもそれがさすがに長時間は続きにくい。(250ccとリッターバイクでは時間差がでますし、年齢的なものもありますが)

 

二つ目は 大型バイクはやはり駐車には色々な点で気を遣うということ。リッターバイクで近くのスーパーに買い物に行く人少ないです。聞くとやはり取り回しが大変で、いたずらされるのも嫌なのでということで結局スクーターなんかで行っておられます。

 

三つ目に アドベンチャータイプをのぞくと大型バイクなどで急こう配の坂はいけない。(行きにくい)特にレーサーレプリカとかなどで生駒山の有名な暗峠を走破する人あまりいません。YOUTUBEなどでカーブで ずるり と滑ってコケる若い人多いです。ええ?あんなにスピード落としているのになんていうのも実際にあります。良く見るとカーブはやっと曲がっているが、路肩に砂や落ち葉がたくさんあってそこで墓穴を掘るニンジャとかCBRとか。笑また総じてアメリカンタイプは曲がりにくく路肩につっこむ人もおられますね。

 

そんなわけで手前みそになりますがDトラッカーXは風の抵抗だけはどうしようもないですが、駐車場所や急こう配の坂は簡単にクリアできますので買ってよかったの思うこの頃なのです。

 

             (海南市の黒沢牧場の牛さん)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

死滅回遊魚採集2016年(といっても採集はしない)  盛夏近づく 

2016-06-24 21:29:47 | 死滅回遊魚採集

            (上は 臨海浦のテーブルサンゴ。どんどん成長しています)

 

本年は気温が低く白浜方面もやっと24度ぐらいの水温になりましたので潜りに行きたいのですが、梅雨空ですっきりせず足踏み状態です。

 

7月の中旬ごろに梅雨が明けますので、そのころから本格的に活動すると思います。

 

            (こちらは円月島。サンゴが褐虫藻を蓄えていきいきとしています)

 

職場の関係上で本年は8月が2週間程度の長期休暇がありますので行きたい放題になると思います。宿泊も検討します。

嬉しいのは休日でない平日に行けること。阪和高速の渋滞から逃れられるだけでもうれしいです。

 

            (円月島の周辺は透明度が高く、サンゴの成長向き。チョウチョウウオが一年中見られます。)

6月は南部町に行きましたので 7・8月はサンゴ鑑賞の串本へ、サンゴは串本へいけば一通り鑑賞は終了しますので サンゴがなく、魚の多い湯浅、三尾、印南あたりに戻ろうかとも思います。

 

9月10月は円月島、臨海、権現崎にまたもどって2016年のレポートとしたいものです。

 

採集はしませんが 串本あたりにまで行きますので レアもののチョウチョウ魚とかヤリカタギなどみれたらうれしいものです。こうご期待!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和崎俊也さん AT ジャンボーグA

2016-06-19 20:50:52 | 時代劇とヒーローもの

和崎俊也さん AT ジャンボーグA

 

限定公開しています。検索では見れません。ここだけ。しかし・・ミラーマンのストリーをも流用するとはwww

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

カワサキDトラッカーX 私の珍走・迷走・ドンクサ走その19 行きはよいよい帰りは怖いの巻

2016-06-19 13:10:02 | バイク日記

カワサキDトラッカーX 私の珍走・迷走・ドンクサ走その19 行きはよいよい帰りは怖いの巻

コメント
この記事をはてなブックマークに追加