場末の雑文置き場

好きなことを、好きなときに、好き勝手に書いている自己満ブログ。

「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」感想

2017年07月18日 | 漫画・アニメ

ショートカットの女の子が大好きなので、今回のウテナのビジュアルはとても好み。本当はロングヘアを編み込んで短く見せてるだけらしいけど、細かいことはいいや。
口調もよりボーイッシュな感じになっていたし、ちゃんと長ズボン履いてたし、「男装の麗人」感が出ていて素敵だった。TV版のアレは男装と呼ぶにはちょっとなあ、って感じだったので。なんで短パン? って疑問がずっとあって。
変身? するとロングヘアに短パンになっちゃうのが残念。ずっとショートヘアでいてほしかったよ。なんで戦うときのほうが動きにくいスタイルになるんだ。

アンシーと暁生の兄妹は、見た目もキャラも大分違っていた。もう別人レベル。髪と肌の色くらいしか面影がない。
ウテナを呼び捨てにし、タメ口を聞くアンシーがとても新鮮だった。主体性が感じられて、こっちのアンシーのほうが断然好きだな。
二人の関係の百合度はTV版よりも上がっていた。二回もキスしてたし。最後なんか二人共素っ裸だし腰に手を回してるしすごい。

暁生もTV版とは全然違ったけど、クズなことには変わりなかったな。及川光博の演技はやっぱり本職の声優さんと比べるとアレだが、まああの程度の出番ならいいかと納得できた。
それよりテーマ曲がなあ。女性歌手が良かったな、このアニメのイメージ的には。男性ならもっと中性的な声の人。

七実の扱いはひどかったな。出番がワンシーンしかない上に、もう人間ですらなくなってる。でもまあ、あれはあれでおいしいのかな?
逆に枝織は大活躍だったね。わかりやすい悪役になってたし。

ストーリーの難解さは相変わらず。ラストの、大量の藁人形が出てくるシーンの意味はよくわからなかった。ウテナが突然車になる意味もあんまり。そもそもあの学園や城が何を象徴しているのかさえも理解できてないや。

『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「少女革命ウテナ」感想 | トップ |   

あわせて読む