ハチの家文学館

ハチの家写真館(http://hachinoie.exblog.jp/)の文芸版

二つの言葉

2016年12月10日 11時28分57秒 | 箴言

              滋賀県 西教寺 薬師如来坐像 

「生きる」「生かされている」、この二つの言葉が好きだ。わが人生の金言でもある。

「生きる」という言葉は、能動的で前向きな響きがある。一方で、「生かされている」という言葉は、受動的であるが決してうしろ向きではなく、謙虚な気持ちの響きがある。

人間として生まれてきた以上、必ず死がやってくる。お釈迦様の言われる四苦八苦の中の生老病死。誰もが絶対に避けることのできない宿命である。

親父が亡くなったのが72歳の師走。申年の今年、72歳になって親父と同じ歳まで生きた。しかし、親父を超えてまだまだ生きたい。家族の安全を見守ってまだまだ生きるぞと思う。そして更に、おふくろの83歳まで生きられたらと思う。

しかし、今日この歳まで生きてこられたのは、「生かされている」という神仏のおかげさまで、生まれてから関わってきた家族、恩師、友人、知人、職場の仲間など、数多くの人たちのおかげでもあると思う。感謝のひと言に尽きる。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな旅 | トップ | わらべ地蔵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

箴言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。