「英語で俳句を説明する」勉強会の開催について(お知らせ)

2016年05月11日 16時56分25秒 | その他

数多くの句碑がある松山市内を案内する場合、句碑の前に立ち、その俳句を英語で説明できると、俳句で有名な街、松山ならではのメリハリをつけることができます。現役の観光通訳ガイドが、その方法論を伝授します。ボランティアガイドで活躍している方、或は英語学習に関心のある方の参加をお待ちしています。

              記

1.講師
  四国観光通訳者連盟代表 伊藤和夫 
  通訳案内士(英語)、日本観光通者協会会員、全日本通訳案内士連盟会員
2.場所
  愛媛県国際交流センター(EPIC)研修室   電話:089-917-5678  
  〒790-0844 松山市道後一万1-1(駐車場有、ひめぎんホール隣) 
3.開催日時
  平成28年5月16日(月)13:30〜16:30
  平成28年6月18日(土)13:30〜16:30
  平成28年7月2日(土)13:30〜16:30
  (その後も月1回程度実施の予定。決まり次第、四国観光通訳者連盟のホームページ
  ( http://fais-japan.org/ ) 等でお知らせします。)
4.参加料
  無料(但し資料代として各回100円)
5.申し込み方法
  会場、資料準備等のため、参加希望者は毎回毎、メールで連絡して下さい。
  (メールの連絡先: kaz.itoh@mopera.net )
6.対象とする俳句
  「俳句の里松山」(松山市文化財協会発行〕に所載の俳句を主に対象とする。
   毎回対象となる俳句は異なります。
7. 注意事項
   やむをえぬ事情で勉強会を中止する場合があります。その場合には、
   各参加予定者のメールアドレスあてに連絡します。又、 四国観光通訳者連盟の
   Website ( http://fais-japan.org/ ) でお知らせいたします。
 
    本件問い合わせ先: 電話 :090-7629-9254 (伊藤)
メール:kaz.itoh@mopera.net
 以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

possibilty for some changes

2016年03月29日 06時19分02秒 | 日本の歌を英語で歌うとすれば
Daling, I'm now coming to you
Darling I am coming to you


To be a foolish woman forgive me
As I'm a fool, forgive me

That guy rushed me and I loved him
That guy rushed me then I loved him

Really crazy and stupid
Really crazy into a mess


On your knees I want to sleep there
On your knees do I want to sleep
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sing a song in English

2016年03月27日 22時10分19秒 | 日本の歌を英語で歌うとすれば

Long time no write:

The following is what I like to sing recently.
The original song is called "東京迷猫.”

Darling, I'm now coming to you
To be a foolish woman forgive me
That guy rushed me and I loved him
Really crazy and stupid
Incredibly tonight.....
Is a really freezing cold night
I want to drink with you tonight
Now in Toko, a strayed cat


Darling, I'm now coming to you
Leave the door of your room open for me
When through the valleys of building I wander
Crows are laughing at me in the sky
Mixed with the sleet....
A cold rain makes me wet
Don't be hard on me for I would die
Now in Tokyo, a strayed car

Darling, I'm now coming to you
Without any word hold me in your arms
If once or twice you beat me, alright
Washing it away is what I want now
Having my own way...
For my selfishness i'm so sorry
On your knees I want to sleep there
Now in Tokyo, a strayed cat

I want to drink with you tonight
Now in Tokyo, a strayed cat




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原稿を見ながら行うスピーチ

2015年10月20日 04時45分15秒 | 自分の意見の陳述
原稿を見ながら行うスピーチの一例を私が実演して、FACEBOOKの私のアカウントに載せましたので、興味のある方はご覧ください。

話の内容は、以下の通りです。
Good evening, everyone. We are very happy that such a lot of people have come to this party.On behalf of the three Japanese who organized this party, I would like to explain about our intention.

We joined this voyage from Kanazawa last week and since then we have visited Matsue, Moji, Hiroshima, Uwajima and Kagoshima, while enjoying the cruise. But at last tomorrow morning when the ship arrives at Nagasaki, we will leave this ship and have to say good-by to you. So, we thought we would like to have a last chance to talk with you, exchange opinions and share pleasant memories with each other.

Most of you will continue your journey to go on to Taiwan and China. We hope you will enjoy your travel from now on to the fullest. What’s more, we hope you will visit Japan sometime in the future. Anyway, have a good time as long as time allows.
Thank you. (158 words)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原稿を見ながらスピーチする方法

2015年10月15日 07時56分37秒 | 自分の意見の陳述
標記について、FACEBOOKの私のアカウントに写真入りの解説を載せました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語の発声について、注意点

2015年10月09日 18時26分19秒 | 自分の意見の陳述
FACEBOOK の私のアカウントに、最近、発声に関する実演例を、3つのビデオに収録して、載せました。
参考になれば幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風景を描写する

2015年10月05日 18時55分22秒 | 自分の意見の陳述
見えたものを見えたままに表現すると言うのは、実際的な訓練になります。
This is ....../There is(are).....O.../ You(I) can see O ...V-ing/ などの表現で
80%位の表現は可能となるでしょう。
実際の1例をvideo に収録し編集してみました。FACEBOOKの「伊藤和夫」で、
本日の投稿をご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My roadside speech (路傍講演)

2015年09月30日 16時53分57秒 | 自分の意見の陳述

私は信仰的には、天理教の信者であります。それで、今日、JR松山駅で、路傍講演を行いました。
今回は、たまたま、英語でスピーチすることとなりました。以下はその原稿です。
実際の音声は、FACEBOOKの「伊藤和夫」の本日の投稿欄で聞いてください。
発音の未熟さから、わかりにくい箇所がいくつかあります。


           A roadside speech

Good morning ladies and gentlemen visiting here. Now, I’d like to talk about a religion I believe in. So, for some time, feeling at home, please listen to me.

There are lots of religions in the world. A genuine religion is what leads people to their enlightenment and their happiness. Among such genuine religions there is a religion which I believe in. It is Tenrikyo, which was founded in 1838, in the later period of the Edo Era, around 180 years ago,.

According to its teachings, God the Parent created this world from an original chaos of a muddy ocean, and also created us human beings in order to see them live their joyous lives and share in that joy. Thus all human beings are originally brothers and sisters because they are all created by the same God the Parent. Then we should help each other to realize joyous lives. We can say that the purpose or ultimate goal of us human beings in this world is to live a joyous life, a life full of joy.

However, in reality, there are lots of sufferings for us human beings. Some suffer from diseases and others face various kinds of problems in their daily lives. It is in such a severe situation that people should know the true meaning of their living in this world. People did not come to this world by their own power and with their own wish. People do not live their lives by their own power. But, they were born by a greater existence, and they are protected by a greater existence to live their daily lives.

Now, I’d like to show you an essence of the thinking of Tenrikyo’s believers. The bottom line is that “The human body is a thing borrowed from God the Parent, and the mind alone is our own. So the key to receiving blessings from God is how we use our mind.”

So, we, the followers of this path, are thinking in our daily lives of how to use our mind. We are not always perfect, so we have to sweep away accumulated dust of the mind. Selfish uses of the mind, which are not in accord with God’s intention, are referred to as dust. As pointers on how to notice such kind of dust in the mind, the following eight dusts have been cited, that is, miserliness, covetousness, hatred, self-love, grudge-bearing, anger, greed, and arrogance.

Around 110 years ago, in the middle of the Meiji Era, my grandfather began to believe in this teaching, triggered by a serious problem he had to face. In those days, his new-born babies had died one after another. When disappointed by his successive sad incidents, he had a chance to hear about the teaching of Tenrikyo. He came to understand the teachings and his faith has been handed down to my father and then to me. Since that time, more than 100 years has passed. And I exist now like this. I am now living a happy life.

If you are suffering from illnesses or other problems, or you know someone who is in such a situation, please visit your nearby church of Tenrikyo, and have a chance to hear about the teaching.

Thank you very much for your listening.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

another example

2015年08月29日 16時06分30秒 | 自分の意見の陳述
This is another example.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元通りの本

2015年08月29日 16時04分10秒 | 自分の意見の陳述
前の記事で例に出した本ですが、分解して、その後、また元に戻すと、こうなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語学習と自分が使える時間

2015年08月29日 15時52分12秒 | 自分の意見の陳述
会社勤めをしていた時、英語学習の時間がなかなか造れない。
その時考えたのが、本を分解すると言う方法である。
写真は「英語を使いこなすための英語活用辞典」である。
これは句動詞の辞書です。全体で千ページくらいあったもの。
これを小分けにすると、読む時間が創造できる。
つまり、3分、5分といった、ちょっとした時間があるものである。
その時ポケットから出して読んでいったものである。
3分×30回=90分

今は私は時間は自由に使えます。しかし、10数年前はそうして
時間をつくったものでした。
東京にいた頃をあまり英語をやっていなかったが、まあ通勤時間は
そうしたものの使えそうである。
千ページの本など、机に置いていても、何の役にもたたない。
バラシテこそ、栄養になる可能性が出てくる。

あとまた穴をあけてとめれば、又元の本になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語学習であの頃私が悩んだこと

2015年08月29日 07時53分52秒 | 自分の意見の陳述
5人に一人は、one in every five people 又はone out of every five people と
言えるわけですが、昔、今から約15年前くらいの自分が、何に悩んでいたかと言えば、
例えば、このような表現に関して、どちらが正しいのだろうかと言うことで、悩んで
いた。

答えは両方が正しいのです。私の側には教えてくれる人がい田わけではない。私が私自身
の教師だったのでした。時間の経過とともにわかってくることではあっても、各時点
では、例えばこの種のことで悩んでいた。一つの悩みです。

ほかの例を挙げれば、on Thursday とThursday。 前置詞の有り無しです。
これもどちらでもいいわけです。

1年半ぶりになどでは、for the first time in one and a half years とか

after a one-and-a-half-year interval とか、言いようがある。

更に言えば、20代前半の女性などだと、women in their early twenties 又は
women in the first half of their twenties でもいいわけである。


言葉には表現の多様性がある。まず一つを覚えて、時間の経過とともに自分の成長を楽しむ。
それでいいのではなかろうか。

自分が成長する環境設定では、普通の日本人は圧倒的に英文を読む量が少なすぎる。
だから、とにかく読む環境を作る。週刊の英字新聞を買うことにするとかですね。

以上参考になれば幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5人に1人の若者が

2015年08月28日 09時55分49秒 | 文法的整理
「5人に1人が・・・・と回答した。」は、英語にすれば、以下のようになる。

In the survey, one in every five young people replied that they would not go to the polls.
その調査では、若者の5人に1人は投票に行かないと答えている。

one in every five young people の代替的表現は、out of を使って、
one out of every five young people と言います。

以上、「データで見る日本」から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

what do you think of ABC ?

2015年08月28日 09時45分33秒 | 文法的整理
ABC のことをどう思いますか?を英語にすると、

What do you think of(about) ABC?
となります。about を使うと、思考内容が複雑な場合を示唆する。

この時、よく言われることは、What do you feel of(about) ABC? としてはならない、ということです。つまり動詞のfeel を使うなと言うこと。what とfeel はいけないと言うこと。

けれども、How do you feel of (about) ABC? はあり得るのでしょう。「データで見る日本」にも実例がありました。feel は自動詞だから、what と組み合わせると、理屈が合わない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の不得意分野を知った(「データで見る日本」から

2015年08月24日 14時11分29秒 | 自分の意見の陳述
データで見る日本は二人の語り手が話をしていきますから、会話形式でもあります。
この中で、私がほとんど使わない型の英語に出くわします。
それは、”娉探震笋留儻譟aren't they? とかの形です。
否定疑問文(否定形の文章を疑問文にしたもの)
a:So wouldn't you say they believe in Budhism?
b:Isn't that right?
の形ですね。

付加疑問は、瞬時に頭を回転させないといけないので、避けていました。
主語は何か?we?they?he? 動詞は?be動詞か?一般動詞か?時制は?現在?過去?
なくても事足りるものである。これを使うのは意外と日ごろから意識していないと
いけないみたいである。

a:だと、ふつうは、Can(Could) you say they believe in Buddhism?で事足りるわけです。
b:だと、Is that right? と言ってもいいように、前の部分も言うだろうし、わざわざ難し
げに言うことはない。

けれども、否定形を疑問文にすれば、確かになにかニュアンスが出てくるので、使ってみる
といいのかもしれないと思い、食わず嫌いはやめようと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加