徳丸無明のブログ

雑文、マンガ、イラスト、その他

映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編

2016-12-20 21:14:16 | 雑文
(前編からの続き)

さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。
結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそうな気がする。
少し視点を変えて、『シン・ゴジラ』の、過去のゴジラシリーズ(特に第一作)との相違点を挙げてみたい。

①逃げられるのに逃げようとせず、ゴジラに殺される人物が出てこない。
②ゴジラは生き延びることなく、完全に死滅させられる。
③一人の天才ではなく、多数の一般人が力を合わせることによってゴジラが撃退される。

まず、①から見ていこう。前回の論考で「ゴジラシリーズの中に出てくる「逃げられるのに逃げない人」は、戦後の日本人の「文明と心中したい願望」の遂行者である」としたが、今作ではそのような行動をとる人物は出てこないのだ。これを素直に捉えるなら、「文明と心中したい願望からの脱却」だと言える。
これを②と合わせて見てみよう。第一作の『ゴジラ』では、生物兵器のオキシジェンデストロイヤーによって、最終的にゴジラは泡と化す。しかし、登場人物の山根恭平博士が「あのゴジラが最後の一匹とは思えない」と呟き、根絶には至っていないことが暗示される。二作目以降も、海中に追い返して終わりになるなど、ゴジラを死滅させられずにいた。
対して『シン・ゴジラ』では、血液凝固剤の投与によって、ゴジラは最後には完全に死滅させられる。
これはつまり、「ゴジラからの脱却」「ゴジラとともに生きない」という選択であろう。ゴジラが生き延び続けるということは、「文明と心中したい願望」が保持されるということであるが、ゴジラが死滅するということは、願望が消失するということになる。
また、「老朽化した原発=ゴジラ」だとすると、脱原発の流れができる、ということにもなる。
最後に③。一作目においてゴジラを撃退したのは、世間に背を向け、孤独に生きる芹沢大助博士の発明したオキシジェンデストロイヤーであった。同様に、二作目以降のゴジラシリーズの中でゴジラ撃退の要となるのは、異星人や未来人が持ち込んだ卓越した技術兵器、あるいはモスラやキングギドラなどの他の怪獣である。
ゴジラを撃退してきたのは、外部から到来する超越的な力を持つ何かであった。しかし『シン・ゴジラ』では、牧悟郎の研究成果を継承しつつではあるが、ごく普通の、日本社会に生きる人々の力の結集によって、ゴジラ撃退は果たされる。「外部」ではなく、「内部」がゴジラ撃退を完遂したのだ。
では、これらをひっくるめて言えることは何か。
日本社会は、明治維新から約70年後、太平洋戦争という大きな転換点を迎えた。そして現在、戦後約70年を経て、また大きな変化を迎えようとしている。先に「『シン・ゴジラ』は過去のゴジラシリーズをリセットしたとも言える」と書いた。一作目の『ゴジラ』、及びゴジラシリーズが、戦後の日本の在り様を反映していたとするならば、『シン・ゴジラ』は、ゴジラシリーズをリセットすることで、ひとつの時代が終わりを迎え、今作に表象される新しい時代の幕開けを告げている、と言えるのではないか。
だとすると、ゴジラ撃退が、外部ではなく、内部によって果たされるとは、何を意味するか。有事において日本社会の外部から到来し、日本の危機を守ってくれる超越的な力を有した者。それは誰か。言うまでもない、アメリカである。
太平洋戦争終結後、日本人が仰ぎ見る対象は、天皇からアメリカへとシフトした。憲法第九条による軍事力の放棄など、アメリカの占領政策によって非主権国家とされた日本は、アメリカの後ろ盾なしには立ち行かなくなってしまった。戦後の日本を反映したゴジラシリーズの中で描かれる「外部から訪れる超越した力を有する者」とは、アメリカのことである。それなしにはゴジラの撃退が果たせない、ということは、アメリカに頼らないと日本社会は維持できない、ということである。
おりしも先般、アメリカの次期大統領が、共和党候補のドナルド・トランプとなることが決定した。トランプに対しては毀誉褒貶さまざまなことが言われているが、重要なのは彼の人格ではなく、彼が選ばれたという事実である。
保護貿易、オバマケアなどの福祉の切り捨て、海外駐留米軍の規模縮小、移民排斥等々。トランプが掲げる政策は、元々アメリカ国民の大多数が望んでいたことであり、彼はそれを推進するための適任者としてたまたま選ばれたに過ぎない。
アメリカ政治を論じているわけではないので、話を日米関係だけに絞る。
オバマからトランプへ、民主党(革新)から共和党(保守)へと切り替わる中で、アメリカは「内向き志向」になる。ならば、日米安保条約の見直しや、在日米軍の引き揚げが(部分的にであれ)行われる可能性が高い。
その時日本は、否が応にも自主独立しなければならなくなる。
外部ではなく、内部の力によってゴジラ撃退が果たされるということ。それは、アメリカ(外部)から独立を果たさねばならない今後の日本の政治的・軍事的筋道を象徴するものである。
ただ、これは深く分析するまでもないことである。実際映画の中で、通常兵器をものともしないゴジラに対して、米軍が核兵器投下の意思を固めるのだ。内部(自国)によってゴジラ撃退が果たされないのであれば、外部(アメリカ)に頼るほかなくなる。しかし、外部(アメリカ)に頼り続けていると、最終的には破局的事態を招聘してしまう。破局を避けたいのであれば、日本は自主独立せねばならない。

なんだか、日本の未来は明るいように見えてしまう。「文明と心中したい願望」から抜け出し、アメリカへの従属からも脱却し、脱原発に向かったうえで、自主独立を果たすのであるから。
ただ、「文明と心中したい願望」から抜け出すと言っても、「己が心中願望を抱えているという迷妄を自覚することにより、自助努力で脱却する」のか、それとも「一度徹底した心中を行うことを経て、その結果として満足を得たのちに脱却する」のか、どちらなのかがわからない。前者であればいいが、後者であったなら?
また、対米従属は一国家として屈従を強いられるものではあるが、その見返りとして、まがりなりにも平和を享受してこられた、というのもまた事実なのである。トランプは日本の核武装を容認する発言をしているが、軍事的に独立を果たせば、非戦を維持できるだろうか。
アニメ映画『君の名は。』の記録的ヒットの陰に隠れて目立たないが、『シン・ゴジラ』もかなりの興行収入を上げている。先に述べた通り、ストーリーだけ抽出すれば、『シン・ゴジラ』はごく平凡な怪獣映画である。実際、過去作の焼き直しに過ぎない、という批判もある。
しかし、それにも関わらず、今作はヒットを飛ばした。何故だろうか。
おそらくは、ゴジラ映画が日本社会の反映であることが、意識的にせよ無意識的にせよ日本国民に理解されており、来るべき新時代の指針として参照すべく、ある種の危機意識を抱いている人達を引き寄せたからではないだろうか。
小生は日本のこれからについて、蓋然性のある見通しを立てられるだけの知見も分析力も持ち合わせていない。なので、これ以上の未来予測は困難である。
日本はこれからどうなるのか。『シン・ゴジラ』が暗示していることは、どれだけ現実のものとなるのか。
それはもう、日本社会の今後の推移を見守るしかない。明るければいい、とは思うのだが。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『シン・ゴジラ』評――修... | トップ | マンガ・四コマ・『ゴミくん』 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
拙ブログ記事へのコメントありがとうございます (西京極 紫)
2016-12-22 19:05:16
トラバの方法をお訊ねでしたのでお伝えします。

コメントありがとうございます。

下記にありますトラックバック Ping-URLをご自分のブログの編集ページのトラバしたい記事のトラックバックURLの空欄にコピペして頂ければ作業完了です。
よろしくお願いしますね~!

トラックバック Ping-URL
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/506dfb32806133250f34d69862757be4/84
Unknown (ふじき78)
2017-04-06 10:26:21
ちなみに、映画としては面白くないのですが(それが問題)1984年に作られた「ゴジラ」が対決怪獣も出てこないで、人々が知識を持ちよってゴジラを倒す映画になっています。その映画の中ではゴジラは2匹目で、ゴジラの為に核ミサイルを撃たせろという米ソが出てきて、ゴジラ映画内でおそらく初めて原発も登場します。庵野監督と樋口監督はこの1984ゴジラの現場でアルバイトとして働いていたそうです。
ふじき78さん江 (徳丸無明)
2017-04-06 21:17:58
そうなんですか。
理論に甘さがありましたね。
ありがとうございます。タメになりました。
Unknown (yutake☆イヴ)
2017-04-08 18:37:23
TBありがとうございます。

私からの返礼TBは、ヤフーブログからは
できなくなってしまいましたので
FCブログからさせてくださいませ。

よろしくお願いします。♪
yutake☆イヴさん江 (徳丸無明)
2017-04-08 21:10:24
どちらからでも歓迎しますよ。
ありがとうございます。
Unknown (atts1964)
2017-04-08 21:46:08
TBありがとうございました。
yahooはお返しのTBが出来ないのでご容赦ください。
この作品、今までのシリーズを踏襲しない潔さを感じた作品でした。
権利の関係があるのかもしれませんが、新シリーズはとりあえずハリウッド版に任せて、日本のゴジラを、1作限りで、ゴジラとは縁遠い監督に、しかし大きな信頼を持って依頼した東宝の心意気を感じました。
時間が経ち、再上映をしたときに、またスクリーンで見返したい作品です。
TBありがとうございます。 (ぱい)
2017-04-09 16:22:32
TBありがとうございます。
お返ししようと思いましたが昨今、yahoo
はyahoo以外のブログにはTBできない様に
なってしまいました。
悪しからずご了承ください。
atts1964さん江 (徳丸無明)
2017-04-09 23:57:36
わざわざコメントいただきありがとうございます。
ついでで申し訳ないのですが、映画の内容について最近新しく気付いたことがありますので、ここに書かせていただきますが、牧悟郎が「私は好きにした。君らも好きにしろ」という謎めいたメッセージを残してますね。
映画の中でこのメッセージの真意を理解する者は一人もいないのですが、「私」を「アメリカ」に、「君ら」を「日本」に置き換えたうえで、僕の分析に引き寄せて解釈すると、「自主独立を果たし、自分達の行く末は自分達で決するようになれ」という意味になります。
ぱいさん江 (徳丸無明)
2017-04-09 23:59:44
ヤフーブログからはトラバできないんですね。
なんか一方的で申し訳ないです。
Unknown (keroyon)
2017-04-17 01:53:32
TBありがとうございます。
こちらからもさせて頂こうと思いましたが、どうもヤフーでは出来ないようですね。
すみません。

今作は様々な読み解き方があって大変深いものがありますよね。
日本以外の国ではヒットしなかった・・・というのも分かる気がします。

keroyonさん江 (徳丸無明)
2017-04-17 22:39:17
日本以外ではヒットしてないんですか。
確かに納得のいく話です。
日本人の精神性や病理を反映した作品なんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......
「シン・ゴジラ」 (或る日の出来事)
ユニークでおもしろい。
『シン・ゴジラ』 (こねたみっくす)
新種使徒・呉爾羅、首都襲来! この作品は怪獣映画としては素晴らしいかも知れない。ただ『ゴジラ』シリーズとしては軽すぎるうえに、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」だ。 だ......
『シン・ゴジラ』 ゴジラがスクラップしたものとは? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 国内産の『ゴジラ』シリーズとしては第29作目となる最新作。  総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣となっている。  キャストは豪華で長谷川博己、竹野内豊、石......
[映画] シン・ゴジラ (12時間Blog)
「シン・ゴジラ」を川崎109シネマズにて観て来ました 画像はパンフレットなんですが、ご覧のように ”ネタバレ注意” の封がしてあります 事前に試写会すらほとんど行わない、ハリ......
シン・ゴジラ「終」後に東京チェルノブイリ化か (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。庵野秀明総監督、樋口真嗣監督、尾上克郎准監督。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ。「シン・ゴジラ〜むしろ原発事故パロディ」の追記。ところで、あのまま固まって......
『シン・ゴジラ』 ゴジラの正体 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  前々回、前回とガメラについて述べてきたのは、ゴジラを語るためでもあった。東宝のゴジラ映画第29作となる『シン・ゴジラ』が、おそらくゴジラ映画史を覆......
劇場鑑賞「シン・ゴジラ」 (日々“是”精進! ver.F)
スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]価格:3240円(税込、送料無料) (2016/7/25時点......
シン・ゴジラを味わうPART1 (事務職員へのこの1冊)
ワーナー版のときに特集したように、わたしが生まれて初めて見た映画は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」で、初代スーツアクター中島春雄さんは酒田の人だった。映画と......
映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しん......
シン・ゴジラ (Akira's VOICE)
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分か...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「こんなに目が小さい奴に二代目西川きよしを襲名させる訳にはいかん!」 五つ星評価で【★★★★★何故だか分からない。だが、面白いのだ】 ネタバレ注意 見終わっての第......
『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分か...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この次の第五形態で手足を引っ込めてジェット噴射で回転しながら空を飛びます(違) 引き続きネタバレ注意 その1では何で面白いのかに対して、 「人間パートで溜めたスト......
「シン・ゴジラ」@TOHOシネマズ六本木 (新・辛口映画館)
 公開初日昼の回。このシネコン一番大きいスクリーン7には、お子さんから大人まで300名弱位の客入りだ。
シン・ゴジラ (いやいやえん)
【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上......
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞) (いやいやえん)
【概略】 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリ......
シン・ゴジラ ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12......
『シン・ゴジラ』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られ......
シン・ゴジラ (銀幕大帝α)
SHIN GODZLLA 2016年 日本 119分 SF/特撮/ミリタリー 劇場公開(2016/07/29) 監督: 庵野秀明(総監督) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.』 樋口真嗣 ......
シン・ゴジラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(10) 思い切ってアレンジした本格ゴジラ映画ここに見参!
シン・ゴジラ (勝手に映画評)
「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。 こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレー......
残酷な遺伝子のテーゼ 庵野秀明 『シン・ゴジラ』 (SGA屋物語紹介所)
蓋をあける前は昨年の『進撃の巨人』の再現か、と危ぶまれていましたが(わたしは大好
シン・ゴジラ (花ごよみ)
脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽し......
シン・ゴジラ (シネマをぶった斬りっ!!)
【総監督】庵野秀明 【出演】長谷川博己/竹野内豊/石原さとみ/市川実日子/高良健吾/津田寛治/高橋一生/塚本晋也/柄本明/大杉漣/他 【公開日】2016年7月29日 【製作】日本 【スト......
シン・ゴジラ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になった......
『シン・ゴジラ』 (beatitude)
現代の日本に巨大怪獣ゴジラが出現。パニックに陥る者、立ち向かう者。大いなる脅威に直面した人々の行方は……。(Movie Walkerより)いやいや、面白かった!!!!評価は高いけど、ゴ...
シン・ゴジラ (とつぜんブログ)
監督 庵野秀明、樋口真嗣 出演 長谷川博巳、竹野内豊、石原さとみ、大杉漣、柄本明、余貴美子  そうだ、これだ、こんなゴジラ映画が観たかったのだ。小生が今まで観てきたゴ......
「シン・ゴジラ」を見て (ひびレビ)
映画「シン・ゴジラ」を見ました。  ・・・すげぇ、すげぇよこの映画!映画中に思わず身を乗り出しているわ、お馴染みの音楽が流れた時にはめちゃくちゃテンション上がるわ、最後......
【映画】シン・ゴジラ (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、「のぼう......
★映画「シン・ゴジラ」・・・行きました! (スナフキン・レポート♪)
先週末、久々に映画見ました。「シン・ゴジラ」!!ネットで予約してから行きました。「ヒットしてるといってるのに、楽々取れるね」って出かけてみたら・・・実際は、結構埋まっ......
『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『シン・ゴジラ』 脚本・総監督 : 庵野秀明監督・特技監督 : 樋口真嗣出演 : 長谷川博己竹野内豊、石原さとみ野村萬斎、他 物語・東京湾アクアトンネルが崩......
シン・ゴジラ 感想 (n-zenの葉酸ってなに)
映画『シン・ゴジラ』公式サイト 私だ 本日公開見てきたぞ 入場特典は特になし 平日夜なんでお客はまばらでした 白人のおっさんらが見に来てたけど、 この映画観るために来日した......
映画「シン・ゴジラ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/7/29、ユナイテッドシネマ豊洲。 10番スクリーン。H列を選択。 * 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、柄本明、余貴美子、大杉漣、平泉成 ** 東京湾で謎の水蒸......
シン・ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
映画『シン・ゴジラ』★新・進・深・神!?ゴジラ現る!今度はど~する!? (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168568/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 『ゴジラ』(1954)→コチラ  予告編で見たゴジラの赤光りが、 溶岩のように恐ろしく......
シン・ゴジラ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
莫大な製作費をかけていると想像できる出来栄えで、自衛隊の陸海空や米軍のミサイルも登場する。さらに日本政府の危機管理体制も取材を念入りしたようなリアルな描写がされている......
「シン・ゴジラ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本/東宝映画=シネバザール配給:東宝 総監督:庵野秀明 監督:樋口真嗣 准監督:尾上克郎 脚本:庵野秀明 特技監督:樋口真嗣 特技統括:尾上克郎 製作:市川南エグゼク......
シン・ゴジラ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに......
庵野秀明監督の映画『シン・ゴジラ』を見てきたよ。 (こう観やがってます)
『無人在来線爆弾』が良かったですね。 ワードとしても、絵的にも。 割りと期待通りの映画でした。 ……めずらしく。 以下ネタバレあり
シン・ゴジラ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年日本 上映時間:120分 監督:庵野秀明  シン・ゴジラのシンとは、新であり、真であり、神でもあるという。まさにそのタイトル通りの映画であった。またゴジ......
映画「シン・ゴジラ」を見てきました。面白かった! (50代ベテランママの節約と稼ぎ方(100万円稼ぎ突破中))
映画「シン・ゴジラ」を見てきました。面白かった!  ハリウッドに負けてないじゃん!  ってのが一番最初の感想です  自衛隊全面協力らしいですが  ゴジラに向かっての......
「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの......
「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さ...... (オールマイティにコメンテート)
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明......
シン・ゴジラ (ぶっちゃけ…独り言?)
7.5点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっとぉ、アニメじゃない日本映画を劇場で観るのっていつ以来でしたっけね~。 てか、そもそもDVDも含め、邦画観た......
シン・ゴジラ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄......