気分はガルパン

ここの記事は、みんなの想いを込めた記事・・・。心に響くは、バンツァー・リート !! (大笑)

「倉野川」の倉吉をゆく シーズン2の10 「酒屋の醤油アイス」

2016年07月01日 | 倉吉巡礼記

 帰途につく前に、何か軽く食べていこうと思いました。どこで何を食べようか、と街並みを少しうろつきました。


 途中で見かけた、成徳小学校校舎のモザイク大壁画です。打吹山の天女伝説をあらわしているそうです。打吹公園通りの南端の交差点に面しており、街中のシンボル画の一つになっています。


 とうふ専門店の「夢倉(むそう)」です。この店も、以前にはありませんでしたから、近年に出来たのでしょう。


 この日は休業日でした。翌日からのGW期間に営業するようで、そのメニューの予告案内が出されてありました。


 町並みの東端にある「清水庵」にも寄ってみましたが、ランチ時間を過ぎており、いったん閉められた後でした。夕方は17時からの営業となっていました。


 メニューは、内容的には昼よりも夜に頂いた方が良さそうな感じです。泊りがけの機会に夕食で利用してみるのもいいかな、と考えました。


 赤瓦六号館の「桑田醤油醸造場」に来ました。そうだ、この店のアイスクリームが独特の限定品だったな、と思い出して暖簾をくぐりました。ここで食べて終わりにしよう、と決めました。


 これが独特の限定品、「しょうゆアイスクリーム」です。文字通り、原料に醤油が含まれています。醤油屋さんならばでの珍品です。


 蓋を開けるとこんな感じです。醤油の色がうっすらとつき、味も醤油の香りがふわりとくる感じでした。姉妹品に「ポン酢アイスクリーム」があるそうですが、いずれも観光客には人気だそうてす。ひなビタ巡礼の若い方々の間でも、女性を中心に流行っていると聞きました。
 この日は天気が良くて少し暑いぐらいでしたから、こういう食べ物は嬉しいです。


 かくして、15時頃に街並みに別れを告げて帰路につきました。GW期間が終わって少し後にまた来て、残りの未発見パネルを探すことに決めていたのですが、パネルの一部がGW期間終了後に移動、位置変更になるらしいとの情報もありましたから、どこでどうやって探すかは、その時の状況次第だな、と思いました。キャラクターパネルの探索がここまで手間取るとは思いませんでした。

 このように、数度は行かないとパネルの全部すらコンプリート出来ない、という状況なので、何度も来ているひなビタ巡礼者はかなりの数にのぼっているようです。リピーターを獲得するという、倉吉市の企図は成功しているものと見ていいでしょう。

 以上にて「「倉野川」の倉吉をゆく シーズン2」のレポートを終わります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「倉野川」の倉吉をゆく シーズン2の9 「昭和の記憶」

2016年06月30日 | 倉吉巡礼記

 打吹公園通りを北に進み、倉吉銀座通りとの信号交差点その景色をふと振り返ってみたところ、角の建物のウインドー内にパネルがあるのを見つけました。


 こんな所にあったのか、とそちらへ近づきました。福神館という名の、現在は無料休憩所になっている施設です。倉吉市に在住する三人の仏師さんの作品を常設展示しているところです。


 パネルは春日咲子です。楽器を持った演奏シーンで表されていますので、4月の桜まつりひなビタイベントでは、未来中心のホールで行われた声優さんトークショーにて展示されていたものと分かります。

 日向美ビタースイーツはガールズバンドですので、5人とも楽器演奏の姿のパネルがあるわけですが、この春日咲子を含めてまだ4人分しか見つけていません。これまでに山形まり花をパープルタウンにて、和泉一舞をスーパーヒーロー倉吉店にて、芽兎めうを石谷精華堂本店にて見つけました。
 残るは霜月凛です。その演奏パネルは、どこにあるのでしょうか。


 さらに北へ進んで鉄道記念館、かつての国鉄打吹駅の跡地に行きました。かつては山陰線の倉吉駅から分かれて関金方面まで通じた倉吉線の中心駅であり、旧市街地の玄関口として機能していました。


 現在は、線路も駅舎もホームも全て撤去され、歩行者・自転車専用道や駐車場などに転じています。その一角に鉄道記念館と静態保存されるC11形蒸気機関車があります。


 倉吉線は、昭和60年に全線が廃止されましたので、私が鳥取市に住んで倉吉に毎週遊びに行っていた平成の時期にはもう過去のものになっていました。このC11形蒸気機関車が現役だったのも、昭和の時期まででありました。


 鉄道記念館の内部には芽兎めうが居ました。どうやらこのパネルはここに常置であるようですが、見るたびに位置が変わっているので、観光交流課の担当者が毎日管理しているようだな、と思いました。


 芽兎めうはいつも元気です。めうーー!!


 とりあえず、今回のパネル探索をここで切り上げることにしました。未発見のパネルがあと何枚残っているのかは分かりませんが、前回で19枚、今回で4枚、あわせて23枚となりましたので、残りは5枚前後だろうと推測しました。
 巡礼ファンの間では「30枚ぐらい」とされているようですが、倉吉市の公式情報では「20数枚」とありますから、30枚未満とみたほうが良さそうです。


 近くの民家の玄関先に、タイルを使った模様がありました。なにか良い感じなので、立ち止まって見ました。


 壁の装飾用、というには何か使い古されたような、中古品の感じが漂っていました。以前の建物のタイルを記念にちりばめてある、といった雰囲気でした。これもかつての時期の記憶の一つなのでしょうか。 (続く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モケジョの初ガルパン戦車プラモは継続高校BT-42

2016年06月29日 | ガールズ&パンツァー

 上図は、手元にあるタミヤのBT-42のキットです。先週に模型サークルの仲間からも「買って三年になるけど積んでるだけなんで」とキットを譲られましたので、2個になりました。1個は継続高校チームの劇中車に仕上げる予定ですが、もう1個はどうしましょうかね・・・。

 私が近々これの製作にとりかかることは、模型サークルでも何かと話題になっているらしく、「レポートしっかり頼む」「いつもの綿密な考察楽しみにしてるぞ」などと言われます。
 Tさんによれば「ネット上で数多くのBT-42のガルパン仕上げの先行作品を見かけるし、それなりのレポートもあるんやけど、ステップごとに細かく考証しとって、工作内容と手順をきちんと紹介したうえで、全体的な感想と評価も交えてレポートしているのはおそらく君だけや。だから、意味は大きいし期待している」ということなのだそうです。
 ところが、Aさんは「作るんなら、今までの奴が作らへんかったBT-42を作ってみたらどうや」と言うのでした。「日本中でただ一つしかない、お前だけの継続BT-42を作るんや。何でもええからプラスアルファの志向で、ポイントの高い付加価値をつけるんや」とけしかけてくるのでした。
 ポイントの高い付加価値、とは具体的にどういうものですか、と問い返すと、得意そうに胸を張って「例えば、イヨマンテの夜やな」と言うのですから、全く話になりません。

 ですが、私なりには、漠然とですが、劇中車の仕様に作るのであれば、付加価値のような何らかの要素はある程度必要なのかもしれない、とは思います。ガルパン仕様への工作や改造の精度を上げるとか、見落としやミスを防ぐとか、そういった類のものとは違った、何かです。現時点ではボンヤリとした感覚ですが、時間をかけてじっくりと考えを練れば、次第にまとまったイメージに固まってくるかもしれません。


 昨日、モケジョのSさんより電話があり、継続チームBT-42の記事に関して色々と話しました。Sさんとは、最近に拙ブログにコメントを頂いたことが契機となってメールや電話でのやり取りが始まったのですが、話題は必ずBT-42の事になります。彼女にとって、初めて作るガルパン戦車プラモが、継続高校チームのBT-42であるからです。

 お話によれば、昨年12月に模型女子の仲間に強引に付き合わされて劇場版を観たところ、「超感動的な衝撃を受けて頭の中が真っ白になり」、いっぺんにファンになってしまったのだそうです。特に継続高校チームの大活躍の場面に心を奪われ、それ以来ずっと「脳裏をBT-42が走り続けている」のだそうです。お名前も「ミカ」と読みますので、継続チーム隊長にも親近感も抱いていることでしょう。しかもご出身が石川県金沢市だというのですから、継続高校チームのファンになるのは必然的な帰結であるのかもしれません。

 Sさんは、以前に頂いたコメントでも述べているように模型女子、つまりモケジョのお一人ですが、これまではガンプラとお城を作っていたそうで、戦車は全く制作経験が無いそうです。その初めての戦車プラモデルがBT-42であるわけですが、キットを買って中身を見たら、ガンプラやお城とは全然勝手が違っていて、とても不安になっている、ということです。

 不安なのであれば、もっと簡単なキットから始めて、AFVの感覚やコツなどを少しずつ掴んでいったら如何ですか、と話したのですが、その際の答えは「いえ、でも難しくてもいいからBT-42を作りたいんです。いっぺん作らないと、いつまでも脳裏をBT-42が走り続けるんですよ」でした。
 これには笑ってしまい、「作ったら作ったで、余計に走り続けそうな気がしますがね」と言ったら、先方は「かもしれないですねー」とケラケラ笑っていました。「天下のクリスティー式をなめんな、ですねー」と。それに続けて「じゃあ、その走ってるBT-42を停める方法って他にありますかね?」と尋ねてくるので、返答に窮しました。

 こんな調子で、色々と質問を送ってくるわけですが、昨日のそれはこうでした。
「継続高校の戦車って、みんなああいう塗装なんですか?」

 それは、実は私自身の疑問でもあります。継続高校チームは、フィンランドティストのチームでありながら、いまパロラ軍事博物館に展示される実在のフィンランド軍車輌群の塗装とは異なるカラーをまとっています。模型誌などでは「冬季迷彩」と紹介され、その状態で劇中に登場していますから、プラウダ高校チームのように冬季以外のカラーも当然あるだろうと思うのですが、それをうかがわせる情報は、現時点では皆無です。

 それで、例えば夏季の塗装カラーを考えるならば、それこそパロラ軍事博物館の展示車輌群のカラーではないかな、と思ったりもします。劇場版ではBT-42だけが登場しましたが、よく考えるとあれは冬季迷彩ということで正しいのだろうか、とも思います。同じ試合に参加しているプラウダ高校チームが、夏季のロシアングリーンのカラーで登場しているからです。大洗女子学園チームでも、テレビシリーズの対プラウダ戦では雪中で冬季迷彩を施したカバさんチームⅢ号突撃砲F型も、劇場版においては通常塗装のままでした。

 これらの情報から類推しますと、劇中のBT-42のカラーは、季節ごとの迷彩塗装というよりは、継続高校チームの通常のカラーである可能性が高いようにも思えます。
 そのことをSさんに伝えましたら、「じゃあ、継続の戦車はみんなああいう塗装で作っていったらいいんですね」と、疑問が氷解したような明るい声で答えてきました。どうやら、BT-42だけではなく、他の所属車輌も作る気のようです。

「でも、ああいうボカシみたいな塗装、全然やったことないんですよお、エアブラシって必要になりますかね?」
「うーん、無いよりは有った方がいいと僕は思いますけどね。筆塗りですと継続のグラデーションっぽい車体色は難しいかもしれませんね。」
「エアブラシやるとなったら、塗装ブースとかいうのも、やっぱり準備した方がいいんですか?」
「そこまでやるかどうかは、制作環境の差に拠りますね。ベランダとか庭とかで周囲に迷惑がかからない状況が確保出来るんであればブースは必要無いです。私の場合はそれなんで」
「私のところもベランダがありますので、たぶん星野さんと同じ状態かもしれません」
「とにかく室内でやるというのは、可能な限り避けるべきですね。筆塗りならまあいいけれど、エアブラシは粉末粒子が意外に広範囲に飛散しますんで、換気は必須だし、マスクとかして鼻や目などはガードしたほうがいいですよ」
「分かりました。そのようにやってみます」

 ガルパン劇場版のヒット効果は確実に浸透しつつあり、モケジョの方々にも少なからぬ影響を与えているようです。Sさんの参加しているサークルはモケジョ6人で構成されているそうですが、その全員が劇場版を視聴していて、一度はガルパン戦車を作ってみようか、いや作ってみたい、というムードになっているそうです。
 しかし、全員がAFVは未経験だということで、めいめいに興味ある戦車のキットを買ったはいいが、どこから手をつけていいか分からない、という状態であるようです。

 なので、数ある模型誌がガルパン戦車特集を何度も組んでいますが、たまにはモケジョや初心者向けの特集も出してあげたらどうかな、と思います。作りたくても作れないで悩んでいるファンは相当数いると思われますから、それらを引き入れれば、ガルパン戦車プラモデルのブームも裾野がさらに広がるのではないか、と思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「倉野川」の倉吉をゆく シーズン2の8 「倉吉マップでおさらい」

2016年06月28日 | 倉吉巡礼記

 バスターミナルにある路線図です。倉吉市の地図としても利用出来ます。主な観光施設などがわかりやすく表示されており、バス路線を見てゆくと移動ルートの概要が把握出来ます。

 倉吉市は、南側の打吹山と小鴨川に囲まれた旧市街、日本海へ直線的に注ぐ天神川の東側にJR倉吉駅を軸として発展した新市街とに大別されます。一般的には南側の旧市街が倉吉市の範囲と思われているようですが、実際の市域はもっと広く、関金町を合併してからは更に広くなっています。


 南側の旧市街と、その東側の新市街は小鴨川と天神川に囲まれる形です。倉吉市の公共施設はほとんど東側新市街の中心にあるスクエアパークにあり、市役所は南側の旧市街の南の打吹公園エリアに位置します。


 そして、一般の観光客が訪れる古い町並みは、旧市街のほぼ大半を占めています。ひなビタイベントの実施エリアは打吹玉川地区の白壁土蔵群の範囲に絞られましたが、それでもキャラクターパネルの配置エリアは相当の広さに達し、パネルの設置場所が前もって分かっていたとしても、一通り回るのには時間がかかります。


 倉吉駅の東隣にある物産品販売コーナー「駅ヨコプラザ」です。鳥取県の土産物や倉吉発の限定土産なども豊富に扱っています。町並みの赤瓦一号館などで買い忘れたり、買えなかった場合はこちらの「駅ヨコプラザ」で買えることがあります。
 「駅ヨコプラザ」の西側には観光案内所があり、白壁土蔵群の観光案内所とほぼ同じ内容です。


 駅周辺にパネルがあるようには思えませんでしたので、車で再び打吹玉川地区に戻りました。帰るにはまだ時間があったので、適当にぶらつきました。


 町並みの中では、消火器も木箱に入れられて景観への配慮がなされます。景観保持に力を入れている各地の街並みでは、よく見かける処置です。


 今まであまり行っていなかった、打吹公園通りの北側へ足を延ばしてみました。


 ふと見かけた、惣菜店のお品書きです。多くが1個80円です。100円以下でこういう品が買えるところは、最近はあまり見かけなくなりました。雑穀のお握りも80円です。


 ひなビタとのコラボ品もありました。お約束のちくわを用いた品ですが、店ごとに色々あるようです。こちらのちくわコロッケは、150円と高いほうですが、それ以前にどのような姿であるのかが想像もつきませんでした。
 案内イラストは、公式のものです。商店街にてひなビタとのコラボ品を出しているお店にはこれが貼られてありますが、景観に配慮してサイズも小さくおさえています。重要伝統的建造物群保存地区の範囲の外でもこうした処置がなされているところに、地域住民の街並み保存への意識の高さがうかがえます。
 ガルパンの大洗が、寄贈品やグッズまみれになって「ガルパンワールド」等と呼ばれているのとは対照的で、品格の高さすら漂います。


 この日は、パン屋の「エルハイナー永田」は休業日でしたが、山形まり花のパネルはウインドーに貼り付けてありますので、外からもよく見えました。このあたりは大洗と同じですね。 (続く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンツィオ高校 M41セモヴェンテ 完成です!!

2016年06月27日 | 模型制作記

 組み立てが終わった三日後の晴れた日に、塗装ステップに入りました。まずは薄くサーフェイサーを吹き付けました。


 本塗装を行ないました。アンツィオ高校チームの車輌はP40、M41、CV33のそれぞれが車体色も異なっていますが、今回のM41はダークイエロー系のカラーです。劇中のワンシーン、アハトゥンク2で微妙に色感が違うのですが、サンドイエロー系のCV33の車体色よりはやや暗めです。
 これに近いのが、黒森峰女学園チームのティーガーⅠ(西住まほ搭乗車)のカラーであるように感じられましたので、今回は黒森峰カラーセットの「黒森峰ゲルブⅠ」を使用して吹き付けしました。履帯はミスターカラー28番の黒鉄色で塗装しました。


 続いて転輪のタイヤ部分をポスカの黒で塗りました。ポスカはペン先の太さが三種類あり、一番細い「極細」タイプ、「細字」タイプの二種類を使い分ければ、筆塗りよりも楽に塗れます。


 塗装後に転輪の二つのパーツを接着して組み立ててゆきました。


 車体後部左右の排気管は、42番のマガホニー、車外装備品の金属部分は28番の黒鉄色、木製部分は43番のウッドブラウンで塗りました。
 また、上図では見えませんが、背面のテールランプは47番のクリアーレッドで塗りました。


 車体側面前部のライトのガラス部分を8番のシルバーで塗りました。


 上部の転輪を取り付けました。


 予備転輪は、劇中車の状態に合わせて背面部の右側にセットしました。


 下部転輪を組み付けてゆきました。転輪の穴がやや小さいために軸にはまらないことが仮組みの際に分かっていたので、あらかじめピンバイスで穴を広げておきました。


 ベルト式履帯をはめました。上部の車輪類との隙間が狭いので入れるのに苦労しそうですが、まず前部の起動輪の歯にかませておいて固定し、それから順に入れてゆけば難なく入ります。後部の誘導輪には少し引っ張れば楽にはめることが出来ました。


 デカールは、いつも利用しているモデルカステンのガルパンデカールセットのVol1から使用しました。


 あんこうチームの5人の絵柄の横に、アンツィオチーム用のデカールが6枚並びます。大きなサイズが1枚、やや小さなサイズが5枚ありますが、今回のM41には、それぞれ1枚ずつを使いました。


 アンツィオチームのマークはピザをあしらったもので、半分にカットしたピザの右側に四つ切りにした部分、左にカットしていない半円形がくるのが正位置です。
 デザイン的には、左右同じように見えるため、逆に貼り付けている先行作品を、大洗でもネット上でも幾つか見かけます。


 大きいサイズの1枚は、戦闘室天板の左側のハッチ上に貼りました。前方から見るのが正位置になりますので、ピザの未カット半円部分が向かって左になります。


 小さいサイズの1枚は、背面パネルの右側に貼りました。劇中車の背面パネルのサイズおよび各パーツは、キットのよりもスケールが大きめに表されて印象も異なりますので、実際のデカールがやや小さめになりますが、それは仕方のないところです。


 M41は、側面部にマークがありませんので、横から見るとどのチームの車輌なのかが分かりにくいです。


 デカールを貼った後、半日ほど置いて乾燥させ、つや消しクリアーを薄く吹きつけました。


 小さな車体に色々とパーツがついているという感じの、独特の凝縮感がこの車輌には感じられます。CV33になれば、もっと印象が深いことでしょう。


 眺めていると、アンツィオ戦OVAでの、一騎打ちのシーンがリアルに思い出されてきます。あの短い砲身で、よくⅢ号突撃砲の長い砲身とわたり合えたものだなあ、と感心します。現実にはああいう動きは不可能であるに決まっていますので、アニメならばでの見せ場の一つでしたね。


 ねんどろいどぷちのアンチョビに登場願いまして、アンツィオ高校チームの雰囲気をそのまま楽しみました。なにか不良っぽい表情ですが、実際のアンツィオ戦OVAでは、ああいう顔つきは余り無かったように思います。むしろ剽軽な、滑稽味あるユーモラスなキャラクターとして描かれていましたね・・・。

 かくして、アンツィオ高校チームのM41セモヴェンテがアンツィオ戦OVA版仕様にて完成しました。製作日数は、2016年5月22日から6月14日までの24日でした。組み立てに約15日、塗装に1日、塗装後の組み立てとデカール貼り付けに1日かかりました。まとまった時間があまり取れず、僅かな暇を使って少しずつ組み立てましたので、割合に組み易いキットの割には、けっこう日数がかかりました。
 ガルパン仕様への工作は簡単なものが多かったのですが、前述したように、劇中車とキットの車体サイズや輪郭に微妙な差異がありましたから、その違和感をなるべく最小限にとどめるための微調整の方に手間取ったと思います。

 今回はタミヤの旧キットを使用しましたが、新キットの方を使用した場合は、ガルパン仕様への工作ポイントとして、車体後部のエンジングリルの向きの修正、が加わります。これは難易度の高い工作となるうえ、旧キットよりもリベットやラインの表現が細かいので、かなりの修正が追加されます。
 しかし、ジェリカンはサイズが適正になっていますので、今回の旧キットのようにサイズが合わない、ということがありません。新旧のキットそれぞれにメリットがありますので、お好みで選べば良いでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加