気分はガルパン、時々けいおん!

最近は「パンツァー・リート」と共に「ごはんはおかず」が心に響いております。 (大笑)

けいおん!の聖地をゆく4 その7 三条通!

2017年04月28日 | 洛中洛外軽音記

 三条木屋町通の材木橋から西へ入って河原町通に通じる路地は、かつては呑み屋や焼肉屋、宴会場などが並ぶ夜の盛り場の一つでしたが、いまは南側の建物群の三分の一ほどが取り壊されて、御覧のように工事中でした。かなり景観が変わってしまっています。


 大体上図の辺りに、1期番外編(第14話)「ライブハウス!」に登場したライブハウスが位置していたことになっています。実際は焼肉屋さんだった場所で、模型サークルの定期会合でも何度か利用したことがあるのでよく覚えています。集合場所を連絡する時に、「三条大黒町の材木橋西路地の石像の前」というような感じでメールが来て、それで石像を目印に行ったものでした。
 しかし、その石像はおろか、建物も取り壊されて無くなっていました。焼肉屋も廃業したようです。


 同じ場所が、劇中ではこうなっています。山中さわ子先生がライブハウスの前にて一瞬躊躇するシーンですが、左側の建物の並びが懐かしく映ります。右側の建物の並びは、対照的に殆ど変っていません。


 右側の建物の並びは、昔から余り変わらないゴチャゴチャ感に満ちています。建物毎に色彩が異なり、昔と違う色に塗りなおしたりしているようです。


 同じアングルの、劇中のワンシーンです。左端にちょっと見えるアーチ形の庇や、壁面に青シートをかけた建物などが一致しています。


 最も当時の佇まいを伝えているのは、上図の店舗建物でしょうか。


 上掲の劇中シーンの右側の建物です。構造や看板も同じです。この店舗建物の向かいがライブハウスという設定で、実際には焼肉屋だったのでした。その入口脇に、ちゃんと石像も再現されています。何か変てこな石像だった記憶がありますが、劇中でも、何の像なのかがよく分かりません。


 けいおんシリーズ放送前、スタッフがこの路地を取材しているとすれば、それから既に10年は経過している筈です。京都アニメーションの制作スタンスとして、更に昔の風景を写真などで選んで劇中に反映させるケースがありますので、場所によっては15年以上前の景観を登場させているシーンがあります。

 その最も分かり易い例が、豊郷小学校旧校舎群でしょう。その劇中の外観は、豊郷小学校の卒業アルバムで調べたところ、2002年、平成14年頃の状態に最も近いです。
 同じ頃の京都エリアでは、例えば叡山電車修学院駅の西側近くにアイス屋「ディッパーダン」があって、私も大学の夏季ゼミ期間中に仲間と立ち寄ってアイスを食べた記憶があります。その「ディッパーダン」が1期第9話「新入部員!」で皆が中野梓を連れて行ったアイス屋のモデルになったようですが、実店舗の方は確か2005年ぐらいに閉店したと聞いています。
 ですので、2009年の放送スタート後に、熱心なファンがアイス屋の場所を特定しようと努力しても果たせなかったのは当然のことでした。


 路地を西に抜けて河原町通に出ました。そのまま北へ移動しました。


 程なくして三条通に戻り、上図のアーケード街に進みました。


 少し歩くと右手に上図の楽器店があります。沢山並ぶギターの中に、けいおんモデルも見えるのはさすがです。価格も手頃なので、その気になれば買ってしまいそうですが、私よりもナガシマさんがサクッと購入してしまいそうです。


 劇中に登場していたアーケード街は二ヶ所ありますが、一ヶ所はモデルがここじゃないかと思います。もう一ヶ所のモデルが叡山電車修学院駅北東のアーケード街であることは周知の通りです。


 おなじみ「JEUGIA」三条本店です。劇中でも三、四度ほど登場しています。設定では、琴吹家の会社の系列店舗、ということになっています。
 すると、琴吹紬の真似をして「もう一声ぇぇ」と叫んだら楽器が5万円に値切られるわけですか・・・。(そんなわけ無いやろ、アホかお前は) (続く)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タミヤ・イタレリシリーズの「巡航戦車クルセーダー Mk.3」を買いました

2017年04月27日 | ガルパン模型制作記

 昨日、職場からの帰りに下宿近くのエディオンに立ち寄り、上図のタミヤ・イタレリシリーズの新製品「巡航戦車クルセーダー Mk.3」を買ってまいりました。

 これの発売日は4月22日、ということになっていますが、流通の関係で量販店店頭に並ぶのは早くても二日後ぐらい、通常は三日後以降であることが一般的です。関西地域ではヨドバシ、ジョーシン、エディオンに玩具コーナーを持つ店がありますが、いずれも発売日から三日ぐらい経過しないと新製品が店頭に並びません。

 このうち、京都駅前ヨドバシは、アクセスが容易なこともあって、商品が並んだ途端に瞬殺、というパターンですのでこれは除外し、割合に在庫を持っていることが多いジョーシンかエディオンで購入する作戦をとりました。
 そこで、まずは西大路四条のジョーシン京都一番館へ寄ってみましたが、予想に反して未入荷でした。そこで西へ移動して葛野大路四条のエディオン京都ファミリー店に行きましたら、ありました。


 このキットは本体価格が3400円ですが、上図のように割引きで税込み2937円で販売していました。以前の買い物でたまっていたポイント900余りも利用して2000円で買いました。

 タミヤの新製品は、アマゾンなどのネット通販では普通に買えない場合が多いです。業者が法外な高値で売りつけくることも少なくありません。
 それで、私自身はタミヤ等の新製品は、大型量販店の店頭にて買うことが多いです。時々利用しているジョーシンやエディオンならば、だいたい2割引ぐらいで、たまったポイントも利用出来るので、かなりお得だと思っています。

 今回のキットは、旧イタレリ製品のリニューアル版ですので、キット本体はイタレリのものです。これにタミヤ製のフィギュアと付属品および装備品がセットされています。
 以前に大洗でお会いしたシュウ・フレイノス氏に頂いた旧イタレリ製品と比べてみると、従来より指摘されていた修正点がほぼフォローされている他、パーツの幾つかに改修が施されていました。

 とりあえず、これで欲しいキットはみんな手元に揃ったことになりますか。・・・いや、まだ一点、なかなか買えないキットがあります・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けいおん!の聖地をゆく4 その6 木屋町通!

2017年04月26日 | 洛中洛外軽音記

 三条大橋を渡りながら鴨川の流れを見ました。本来は平安京の東の境界線とされ、戦国末期の秀吉の御土居の東の防御線とされた川も、いまでは市街地の広がりのなかに取り込まれて、街中を流れる川としての景観を呈しています。


 橋の西脇のスタバの店先には、秀吉によって修築された三条大橋の石柱の一つが保存されています。それ以前の橋は柱も木造だったようで、度々流されてしまって交通に支障をきたしたため、秀吉が頑丈な石柱を用いた橋への架け替えを命じたのでしょう。


 西へ歩いてすぐに木屋町通と交差します。その木屋町通が劇中スポットの集中地区ですので、そちらに左折しました。近くのコンビニでパンとコーヒーを買い、高瀬川畔のベンチで遅い昼食をとりました。


 高瀬川です。この時は各所で桜が咲き始めていて、観光客がスマホで撮影している姿が随所に見られました。


 少し南へ歩いて、ふと左を見ると既視感のある店の並びがありました。ああ、ここだったのか、と気付きました。木屋町通は、模型サークルの定期会合などでよく歩きますので、大体の景色は知っています。


 劇中ではこんな感じです。1期の番外編(第14話)「ライブハウス!」に登場します。


 なんで分かるかと言うと、右のネギ焼きのお店、左奥の長浜ラーメンのお店に入ったことがあるからです。


 そして、有名なのがこのシーンですね。この場所が見たくて現地を訪れるファンも多いそうです。この場面も1期の番外編(第14話)「ライブハウス!」に登場します。


 実際の状況はこうです。高瀬川に架かる材木橋ですが、劇中では幅が狭くなっています。また背後右手の建物が、最近に取り壊されているので、かなり景観が変わっています。


 材木橋の横の桜も咲き始めていました。確か、このアングルも劇中に出ていたと思います。


 木屋町通の全体の景観は、けいおん放送当時とそんなに変わっていないのですが、個々の建物が無くなったり、建て替えられたりしているため、劇中の景色とあちこち異なってきています。


 そして、材木橋から西に入って河原町通に続く上図の路地が、1期の番外編(第14話)「ライブハウス!」にてライブハウスがあった場所です。既に右手の建物が建て替え工事中で、以前とは景観が大きく変わっています。
 奥の方でもかなり変化がありますので、けいおん聖地スポットの中では、最も景観が失われてしまった場所かもしれません。 (続く)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

けいおん!の聖地をゆく4 その5 三条大橋!

2017年04月25日 | 洛中洛外軽音記

 京都府立図書館の東側のファサードは、新館建設にともなって修理が行われ、明治41年の竣工当時の外観を取り戻しています。当時の京都のあちこちに洋風建築が建てられて話題になったと同時に、景観にそぐわないとの意見も出て物議を醸した様子が伝えられています。

 ですが、それから一世紀余りを経た現在にあっては、明治期の建築群も古典の一例に列して文化財的価値も高くなり、一部であっても維持し保存しようとの認識が通例となってきています。


 京都府立図書館の北側には公園がありますが、この公園も劇中に登場しています。上図では奥に京都市電の車輌が静態展示されていますが、近年に移管されたものであり、けいおんシリーズの放送時にはまだ無かったです。
 公園自体も、遊具の位置などが若干変更され、京都市電車輌の展示スペースを確保するために北寄りに移設されたようです。遊具そのものは、劇中にも出ています。例えば、上図の左手前の滑り台がそうです。


 劇中に出ている滑り台です。向きが90度違いますが、形状は完全に一致します。背後にも園地が広がっていますが、実際には二条通が東西に通って平安神宮の正面に接します。


 そしてこのシーンに出てくる自販機の列も、実際にあります。


 上図の通りです。横のベンチも撮りたかったのですが、観光客が数人横になって休んでいたので、自販機の列だけを写真におさめました。


 京都市電車輌を見ました。私が子供の頃は、この車輛が市内各所を走っていました。何度か乗ったことがありますし、その際の車窓からの眺めも、なぜかアルバムの写真のような感じで記憶に残っています。


 窓には、京都市営地下鉄のイメージキャラクター達のポスターが貼ってありました。


 左のこれは確か「太秦麗」でしたかね・・・。「太秦萌」の姉です。右のキャラクターは知りませんでした。


 時計を見て、もうすぐ5系統のバスが来るな、と思い、バス停に戻りました。それから数分でバスがやってきて、それに乗りました。


 三条京阪前で下車しました。


 京阪三条駅ビルのブックオフに立ち寄って、めぼしいものが無いかと探しましたが、収穫はゼロでした。


 そのまま三条大橋に向かいました。江戸期に定められた「東海道五十三次 」の西の起点となった橋ですので、昭和25年の建設でありながらも外観は江戸期の木造橋梁を模して造られています。


 欄干の擬宝珠に刻まれる銘文(複製)には、安土桃山期の天正十八年(1590)の年記があります。三条大橋が、五条大橋とともに豊臣秀吉の命で再興修築された際の擬宝珠を復元してあります。当時から残る擬宝珠は北側と南側の西から二つ目のものだけで、それらには幕末の池田屋事件の際の刀傷が残ります。


 擬宝珠の銘文全体です。漢文を読み下せば「洛陽三条の橋は後代に至るも往還の人を化度とせしむるもの也、磐石の礎は地に入ること五尋、切石柱は六十三本也(以下略)」となります。つまりは橋の規模を記録しているわけてす。そして文末に「増田右衛門尉長盛」と造営奉行の名前が記されています。

 戦国末期の京都は、秀吉が築いた御土居によって囲まれて再編成がなされ、土居の内側を「洛中」、外側を「洛外」と呼び分けました。古代の平安京の左京部分の半分ぐらいの規模でしたが、それでも当時の日本では最大の都市でありました。
 国宝の「洛中洛外屏風」は当時の京都の景観を描写しており、当時の「洛中」および「洛外」の範囲がよく分かります。現在の京都市街の中心エリアが三条、四条辺りであるのは、その範囲が「洛中」で最も栄えた繁華街であったためです。

 ところで、けいおんの沢山の聖地スポットを、京都の地図上に落とし込むと、大体半数ずつが「洛中」と「洛外」に分布しています。「洛外」は「洛中」の外側を全て指しましたから、隣の丹波、大和、近江なども含まれます。したがって今の滋賀県の豊郷は「洛外」に含まれるわけです。

 こうした歴史的な地域称をけいおん聖地巡礼のエリア区分に応用してみると、割合に位置関係が簡単にイメージ出来ます。けいおん関連の記事群を、拙ブログにおいて「洛中洛外軽音記」と銘打っているのも、そのためです。 (続く) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西住しほの執務室

2017年04月24日 | ガールズ&パンツァー

 上図は、劇場版に登場した西住邸内の、家元西住しほの執務室と思われる部屋です。御覧のように和洋折衷の建築形式を総木造でまとめてあり、実在の類似建築例は明治期後半から大正にかけての遺構が殆どです。その大半は文化財登録を受けているので、関連のデータを渉猟すれば、国内の同種の建築はほぼ網羅されていますから、写真画像などで見ることも可能です。

 ですが、いまのところ、この内部構造を持つ建物の元ネタはまだ特定されていないようです。しつらえがよく似ている建物としては、京都市上京区に所在する京都市指定有形文化財の「新島襄旧邸」が挙げられますが、劇中建物のように柱間四間分を連続で扉空間にしていません。
 やはり、ガルパン独自のオリジナル建築なのでしょうか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加