家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ターシャの庭」「ターシャの家」

2006年02月04日 | 家について思ったことなど

ターシャ・テューダーという絵本作家の方がいる。恥ずかしながら、私はつい先日、この方の存在を知ったばかりだ。書店で、表題の「ターシャの庭」と「ターシャの家」(ともにメディアファクトリー刊)という本を見かけて手に取ったのがきっかけ。

ターシャさんは、米バーモント州に約30万坪という広大な庭というか森を持って、そこで暮らしているそうだ。
1915年生まれというから、今年で92歳。50歳代半ばから一人暮らししているということにおどろく。

庭がとにかくすばらしい。本では四季折々の写真が載せられているが、ため息がでるような美しさである。かっちり作りこんだ庭ではなく、ほどよく手を入れて整えた感じ。その管理を人に任せているのではなくて自分がやっている。その年齢にしてとても優れた庭師でもある。
家の中の写真を見れば、丁寧に暮らしていることがうかがえる。
料理もうまければ、服の仕立てもやる、きちんとした生き方をしている。
家はターシャさんがデザインし、2年かけて長男が建てたという。
ここにまぎれもない「いい家」があると思った。この良さは家の性能のスペックだけでは到底語れない(関連エントリ)。
そして、そこに住む人間と合わせて評価されるべき「いい古い家」でもある。

広大な庭だから、能力を持つ人だからという要素はあるとしても、底流にあるのは、暮らし方がすばらしいからこそ「いい家」になったということ。
「いい家」とは竣工時点の家の性能ではない。どんなに高性能の家を建てても「ゴミ屋敷」になったら、「いい家」だとは言われない。
「いい暮らし方」があってはじめて「いい家」になっていくのだ。それは間違いない。あらためてそう思った。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« へろへろ――深夜の大遠足 | トップ | 太陽光発電のセールス、オー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全くもって、同感であります。 (asazuma)
2006-02-04 13:30:21
「モノ」よりも「人」そして「想い」がなによりも「いい家」には絶対に欠かせないものだと思います。

ひと (garaika)
2006-02-05 14:25:12
家とは人が住むための器だから、住む人の姿が家に表れる、などということもあるのでしょうね。
ターシャ・テューダ (ひなまま)
2006-09-13 13:44:04
ジョイさんからやってきました~。



私の尊敬する人、の名前を見つけたので、、、

思わずコメントしちゃいました~。



ターシャのような暮らしが理想です、、、

自給自足。何でも手作り。

日々をきちんと暮らす。

自然と共に、、、





主人が自己流で廃材を利用して手作りの山小屋を建て

ました。トイレは肥料になるエコトイレ。

最近日々の忙しさに流されて行ってないので、

ガラライカさんの日記読んで行きたくなりました~。

いらっしゃいませ (garaika)
2006-09-14 00:50:49
ひなままさん、

ターシャ・テューダーさん、尊敬してしまいますよね。

西洋の仙人みたいな感じ。



手作りの山小屋があるということは山小屋仲間ということですね。

どこかで是非紹介してください。



ちなみに、突っ込むつもりはないのですが、ガラライカという(打ち間違い?)気に入りました。

ロシア民謡に出てくる楽器のバラライカみたい(笑)。この名前、どこかで使わせてもらおうかな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ターシャの庭」 (ノアノア)
以前、garaikaさんのブログで紹介されてた本「ターシャの庭」 図書館で偶然見つけて借りてきた。 garaikaさんが仰るとおり、庭がとにかくすばらしい。 そして、彼女の生き方がすばらしい。 こんな生活をしている(出来る)人がいるのかと感心させられる本だ。 で ...
「ターシャの庭」 (ノアノア)
以前、garaikaさんのブログで紹介されてた本「ターシャの庭」 図書館で偶然見つけて借りてきた。 garaikaさんが仰るとおり、庭がとにかくすばらしい。 そして、彼女の生き方がすばらしい。 こんな生活をしている(出来る)人がいるのかと感心させられる本だ。 で ...