城東ふなつきフットボールクラブ
松江市のサッカーチーム城東FC公式ホームページです。
スポーツ育成年代の子ども達、そして、地域に夢を!!が目標です。
 



 

 

  松江市の城東地区近隣の子ども達で活動するジュニアフットボールクラブす。スポーツ育成年代の子ども達に、そして地域に夢を!が目標です。

 

 小学生年代の「今」必要なサッカーの技術とよりよい大人になるための、よい準備をサッカーを通じて行います。

 

 自ら判断し、自ら行動する子ども達、そして、サッカー選手を育てます。 興味のある方は、以下の練習日にお気軽にご見学ください。

 

  なお、1、2年生はスクール形式で活動を行っています。詳しくはふなつきっずスクールのカテゴリーをクリックして情報をご覧ください。

 

本ホームページはページ左部分にある、カテゴリーを利用して閲覧していただくと便利です。

 

 【活動場所】

 

   母衣小学校グランド

 

 【活動日】

 

             月曜日  17:00~18:30(3年生)

 

     木、金曜日  18:00~19:45(4年生以上)ナイター

 

   第2,4土曜日  13:00~17:00(3年生以上)

 

 第1,3,5土曜日   9:00~12:30(3年生以上)

 

 雨天の場合18:30~20:00まで体育館での練習もあります

 

この他に各種大会等が入ります。。

 

【会費】  

 

  入会金  3000円

 

  月会費  平成27年度 2000円(4年生以上)      

 

          平成27年度 1000円(3年生)

 

        4年生以上で兄弟が活動している場合、下のお子さんは1000円

 

        です。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




城東JFCでは1,2年生についてはスクール形式で開催しております。スクール登録していただいて、都合が合う日にちにつれて来ていただければokです。現在40名ちかくの子ども達がスクール登録し、サッカーだけでなく、いろんな動きを身につけながら、活動しています。 スタッフはキッズリーダーやB級資格を持つコーチを始めとして、常時2~3名が対応します。やさしく、楽しく教えます。もちろんしつけもしっかり!! 遊ぶことの楽しさを教え、様々な運動を脳へ刺激し、運動することが大好きな低学年になってほしいと指導を行っています。

 

<練習日>  会場はいずれも母衣小学校体育館 及び 校庭

 

 原則 第1、3週は 日曜日 13:30~15:00(ただし、第5週は15:00~16:30)

      第2,4週は   土曜日 17:00~18:00

  練習日については月ごとにお知らせいたします。

   体験参加もできますので、月予定合わせお気軽にお越しください。

 <参加費> 

   スクール登録される方は、初回1000円(保険料及び城東JFCクラブ費として)2回目以降は毎回200円です。

 <持ち物>

   体育館用運動靴(学校の上履きでも可) 水筒 着替え

  ボールはクラブで準備しています。

 

<指導者紹介>

  松本 卓志  クラブコーチ スクールリーダー

 菅野 能範  ふなつきっずスクールコーチ

 林  興宣  ふなつきっずスクール及びクラブコーチ

 平  淳二  ふなつきっずスクール及びクラブコーチ

 恩田 依子  ふなつきっずスクールコーチ

 山本 佳世  ふなつきっずスクールコーチ(スクール事務局)

 上田 佳樹  クラブコーチ

<ふなつきっずスクール開催にあたって> 

 1,2年生を対象に土曜もしくは日曜日の午後、月4回程度スクールを開き、サッカーを窓口にして運動機能を高め、家の外で遊べる子ども作りのお手伝いをいたします。

6歳~8歳という年代は様々な運動機能を脳がインプットし、神経回路を増やす大切な時期です。そんな大切な時期なのに、体を動かすことが少ない・・ということはありませんか?

 それをサッカーという窓口で大切な時期の運動経験を提供し、活動することを好む子どもを増やすことが目的です。もちろん「サッカーやってみたい!」という子ども達の願いに答える場でもあります。

 時間のあう日時を選んで来ていただければ男女問わず誰でもOKです。

  脳が様々な運動に対してたくさんの枝をはることができるのが今です!そんな意味をこめて地域の指定文化財「舟つきの松」をもとに「ふなつきっず」と名づけています。  



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




4月予定です。

変更があればクラブ員には連絡メールでその都度お伝えします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 2016年度の卒団式が行われました。

 毎年次を引き継ぐ5年生保護者の皆様のご準備により、成長を確かめ合う素晴らしい会となっています。今年も13名の城東ふなつきFC6年生がクラブを巣立ち新たなサッカーのステージへと向かいます。

 団員1人1人のサッカーの上達、基礎の積み上げに向かい指導者一同十分に指導できなかったかもしれません。

 しかし、その中で選手1人1人はずいぶんと力をつけたと思っています。サッカーはこれからです。さらに土台を固めながら、まだ知らないサッカーの面白さを知り、自分なりのドラマを作ってほしいと思っています。

午前中は学年に分けた6年生との試合。

今年はお母さん達がクラブ蹴球会を通して練習を積まれ、選手たちと試合をしました。とめる、蹴るが上手で、試合を楽しまれる様子が素晴らしかったです。親もやってみよう!というのは子どもたちがそうさせたのでしょうね。

それぞれの学年が6年生に立ち向かい、楽しい交流ゲームができました。

後半の会は始まり、1人1人の特徴を4文字熟語で表現したり、今年のチームを漢字一文字で表したり、やはりどの年もそれぞれに特徴があり、学年の様子にも特徴があります。それぞれの特徴はすでに培っているそれぞれの武器となっていくことでしょう。

下学年も卒団メッセージを考えて送りました。

キャプテンマークは次の世代へ・・・

キャプテンは責任のある仕事ですが、これもまたキャプテンらしさはそれぞれが創る物です。森田キャプテンはこの1年一生懸命声を出し、自分にできることを考え続けてくれたと思います。悩み喜び、達成し、その経験は今後力となってくれることでしょう。

次期キャプテンはまた、違う味を出して、チームの中心となってくれることと願っています。

「サッカーをさせてもらってありがとう」

親からサッカーをプレゼントされている、クラブでサッカーをさせてもらうことが親からのプレゼント。

それを感じてくれて卒団してくれることが嬉しいです。努力や苦労を多く積んだ選手は、些細なことにも感謝を見つけることができるようになり、よりひたむきにサッカーに向かうことができると信じています。

小さなクラブですが、今年も力をつけた6年生が卒団です。

これからもサッカーを通して楽しいことや厳しいこと、たくさんの感謝を感じていきながらさらに成長してほしいと思います。

サッカーは続きます。だからここに「おめでとう」はありません。成長を感じさせてもらい「ありがとう」指導できたことに我々大人も感謝を感じる日となりました。普段は見えなくても、振り返ったときに自分のいろいろな足跡が残り、大きな山を登ってきたことがわかります。

長い間クラブを支えていただいた保護者の皆さん。選手のサポート本当にありがとうございました。

そして、選手のがんばりにより、指導者も保護者も成長させてもらえたと思っています。今後も城東ふなつきFCをよろしくお願いいたします。

はばたけ!! 卒団生!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




城東ふなつきFCでは新3年生のクラブ員の受付を行っています。

サッカーがうまくなりたい!と思っている2年生の皆さんをお待ちしています。

4月16日には総会を行います。3月中には手続きを行っていただきたいと思いますので、どんどんお申し込みください。

お問い合わせは rvr499yu@docomo.ne.jp 城東ふなつきFC代表 上田 までお気軽にご連絡ください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クラブで臨む最後の大会に参加しました。毎年淞北さんにお招きいただき、大きなゴールを経験させてもらっています。

予選リーグ 

対 八束ピオニ 4-0

対 浜山 0-2

2位トーナメント

対 宍道 1-0

対 内中原 0-0 PK4-2 勝ち

クラブでのたくさんの大会で応援いただいた保護者の皆様、選手をサポートしていただきありがとうございました。選手たちはしっかりと土台を固め、次のステージへ向かってくれることと思います。

これからも応援、サポートをお願いいたします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




川津FCさん主催の大会によんでいただき、5年生の試合経験をつませていただきました。

予選リーグ

対 大庭 0-1

対 八束ピオニ 0-0

① ボールを奪いにいく意識を高めることとカバーすること

② 相手意識を持ちボールのないときのサポート

③ ゴールを入れることへの執念

①についてはずいぶん力がついてきました。出雲ドーム杯から僅差が続きます。

しかし、なかなかゴールを奪い勝つことは難しいですが、仲間同士で話す場面も多く見られるようになりました。

下位トーナメント

対 鹿島 1-1 PK勝利

ついに勝利を収めました。みんなで喜びを爆発させていました。1点先制されましたが、自分たちのペースを作り同点に追いついた場面は見応えがありました。

対 宍道 0-1

ゴールには迫りますが追いつけず、それでもそれぞれが工夫しながら主体性をもってゴールへ迫ろうとしたと思います。

川津FCの皆様、ありがとうございました。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 日立サッカースクール、レイソル杯、マスタックス杯、城東カップと歴史を刻み、松江カップとなって16回目の大会を開催いたしましたところ合同参加も含め大変多くのチームにご参加いただきありがとうございました。

 この大会は卒団を前にした6年生に試合の機会をもってもらい、さらに11人制を体験する大会としています。

 また、6年生の試合を確保するため、チーム単位でなく合同での参加を推進し、個人でも参加できるようにしています。

 少年用のコートを少し大きくしたグランドはすでに6年生にとっては11人制を行うのには狭くなっていると思いますが、仲間と共にサッカーの試合を行う様子が見られ、大変嬉しく思っています。

 参加チームの皆様のおかげで、今年大会を終えることができましたことをお礼申しあげます。

  なお、大会結果については実行委員長より各参加チームに送付されていると思いますので、ぜひご覧下さい。

 優勝した松江南ユナイテッドの皆さんおめでとうございました。

優勝 松江南ユナイテッド

準優勝 湖東(大庭・竹矢合同)

第3位 川津

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




城東、大庭、鹿島の3チームで開催させていただいた松江カップの結果です。

対 淞北 2-1

対 持田 7-1

予選リーグ 1位 決勝トーナメント進出

決勝トーナメント

対 東出雲 0-2 準決勝進出ならず

対 湖南 0-0

ちどりの選手と合同で参加予定でしたが、インフルエンザにより残念ながら実現はできませんでした。

11人制をはじめて経験しながら、この1年お世話になった数多くのチームをお招きして力をつけることができました。ありがとうございました。

運営に協力いただいた保護者会の皆様、お世話になりました。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クラブでは様々な判断を伴うトレーニング、基礎的な技能を養うトレーニングを行います。

特に基礎的な技能では、トレーニングの決まった方法があったり、ボールコントロールの仕方がたくさんあったり、自分たちで覚え習慣づけるような内容もあります。それらについては上学年が下学年に伝える時間を確保し、選手同士で伝達、指導することを行っています。指導者が伝えていくことがもちろん多いですが、上の学年がやることを観て、まねする、教えてもらうというのはとても有効です。

はやり感覚で身につけることは内発的動機付けにもなりますし、あんな風にできたい!という思いもまた選手同士で生まれます。

6年生はこの時期教えることがとてもうまくなっていることに気づきます。

選手の縦の関係も大切にし、手作りクラブらしく、たくましいスキルのつけかたを継続していきたいと思っています。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ