てつがくカフェ@ふくしま

福島市で哲学カフェをゆるゆるやってます。専門知識はいりません。
身近な哲学的問題をみんなで考え語り合いましょう!

てつカフェ2018.1.20.ポスター完成

2018年01月17日 12時01分06秒 | 開催予定
今週土曜日のてつカフェのポスターが今ごろ完成しました。

とっくに日程もテーマも決まっていたのに、

年末年始の忙しさと感染性胃腸炎のせいで発注が遅れてしまいました。

短期間で仕上げていただいたポスターがこちらです。



ひじょうにインパクトのあるデザインです。

『ガラスの仮面』からのセリフもキャッチコピーに使っていただきました。

はたして人間にとって言語は決定的なものなのか、

ぜひみんなで話し合ってみましょう!

前回までの参加者の皆さまのカンパのおかげで、

コーヒーメーカー代も回収することができました。

今回からは飲み物完全無料化が実現いたします。

コーヒーを飲んで聞いているだけでもけっこうです。

哲学的議論は置いておいて、

ことばに対する熱い思いを語っていただくだけでもけっこうです。

お一人でもお誘い合わせの上でもお気軽にご参加ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てつがくカフェ@ふくしま2018.1.20. 「人間にとって言語は決定的なものか?」

2018年01月10日 18時54分22秒 | 開催予定
皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、前回は「健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?」をテーマに
相当高度な哲学的議論が交わされました。
ロボットやAIの話からデカルト的心身二元論にまで発展しちゃいましたからね。
世話人の思惑どおりというか、こちらの思惑を超えて楽しい対話となりました。

で、そこでの議論を承けて今回は言語について考えてみたいと思います。
身体や物体と異なる精神の本質とは何か、という話の流れの中で、
言語こそが人間にとって決定的なものなのではないかという意見が出されました。

その意見を出したのは世話人の私なんですけどね。
私の人間観を形づくる上で、
『ガラスの仮面』の11巻(舞台「奇跡の人」が描かれた巻)がバイブルだったので、
人間にとっては「はじめも終わりも途中も言葉」であり、
「わたし達が感じたり考えたり知ったり
 それを伝えあったりするすべてが言葉の中にある」という教えは、
私の思想の根幹にしっかり根づいてしまっています。



ギリシア語の「ロゴス」という語が一方で「ことば、言語」を意味しつつ、
それが同時に「理性」という意味でもあるというのはとても素敵なことだと思います。
私は言語こそが理性であり、
精神もまた言語によって初めて存在しうるのだと信じています。

しかし、この私の意見はほとんどの人に受け入れてもらうことができませんでした。
言語なんかなくとも人間の精神は成り立ちうるし、
したがって動物にも精神はあるのだと唱える方もいらっしゃいました。
うーん、そうなんでしょうか。
というわけで今回はこの問題に挑んでみたいと思います。


てつがくカフェ@ふくしま2018.1.20.
【テーマ】「人間にとって言語は決定的なものか?」
【日 時】2018年1月20日(土)
     16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター B-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物も無料!)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp



あいかわらず問いの立て方には文句をつけられそうな気がしないでもないですが、
考えたいのは上で述べたようなことです。
はたしてサリバン先生とともに、
「この世のすべてに対して言葉こそが眼になる」と言い切っていいのか、
それとも、そんな近代的な理性主義的考えはただちに改めるべきなのか、
ぜひ一緒に考え語り合ってみましょう!
「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

てつカフェ2017.12.23.ポスター

2017年12月20日 16時16分53秒 | 開催予定
いよいよ年も押しつまってまいりました。

クリスマスも目前です。

今年最後の「てつがくカフェ@ふくしま」が今週の土曜日に開催されます。

テーマは「健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?」。

年末にふさわしいテーマ設定ですね(どこが?)。

いつもの卒業生にポスターを作成いただき、

関係各所にはとっくの昔に掲示していたのですが、

ブログに転載するのを忘れていたので、今さらながらアップいたします。

今回はこれだっ!



師走な感じのポスターに仕上がっていますね(どこが?)。

今回も抽象的なテーマをいい感じに表現していただきました。

健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?

不健全な身体には宿らないのか?

健全な身体に不健全な精神が宿ることはないのか?

ぜひみんなで考え、話し合ってみましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てつがくカフェ@ふくしま2017.12.23. 「健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?」

2017年11月26日 11時05分16秒 | 開催予定
「健全なる精神は健全なる身体に宿る」というのは
昔からよく聞かされてきたことわざです。
身体と精神には相関があり、身体が健康ならば精神も自ずと健全となる、
という意味の言葉として、私たちの常識と化しているかもしれません。
これはもともと古代ローマの詩人ユウェナリスの詩の一部で、
本来は私たちが思っているような意味ではなかったようですが、
そのことはとりあえず不問に付しておきましょう。
はたして「健全なる精神は健全なる身体に宿る」のでしょうか?
たしかに病気にかかっていたり体調を崩しているようなときは、
気も滅入ってろくでもないことを考えてしまいがちです。
そういう意味では、デカルトのように心身二元論で、
両者はまったく無関係と言い張ることは難しいような気もします。
しかしながら、では肉体が健康な人はみな精神が健やかかというと、
最も健康な人の集まりであるスポーツの世界で、
理不尽な体罰やいじめが横行していたりしますし、
私たちの世代では、体育教師と言えば片手に竹刀を持って、
暴力で生徒を押さえつける代表格だったりしました(あくまでもイメージですが)。
以前「病気が教えてくれたこと」をテーマにてつカフェをしましたが、
健康なときよりもむしろ病気にかかったときに人は精神的に成長する、
ということもあるかもしれません。
というわけで今回はデカルト以来の(いや、それ以前からか)
哲学の大テーマである心身二元論(と心身相関論)に挑戦します。

てつがくカフェ@ふくしま2017.12.23.
【テーマ】「健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?」
【日 時】2017年12月23日(土)
     16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター A-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (コーヒー等も基本的に無料!)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp




別に最近の角界のニュースを見て安直に思いついたわけではありません。
@ふくしまのテーマは倫理学的問いに偏りがちだなと反省しており、
たまには本格的な哲学的テーマを扱ってみたいなと思いつつも、
それをそのまま出してしまったのでは誰にも来ていただけないだろうし、
という呻吟の末に思いついた、わたし的には会心のヒット作なのです。
これなら専門的知識がなくとも誰でも考えられるのではないでしょうか。
はたして「健全なる精神は健全なる身体に宿る」というのは本当なのか?
ぜひ一緒に考え語り合ってみましょう!
「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てつカフェ2017.11.19.ポスター完成!

2017年11月11日 14時21分51秒 | 開催予定
11月19日(日)にA・O・Z(アオウゼ)で開催する、

てつカフェのポスターが完成しました。



「市民」という抽象的なテーマですのでデザインに相当苦労されたようですが、

抽象的な感じのポップなポスターを作成していただきました。

今回は久しぶりにA・O・Zにも貼り出していただこうと思います。

そして今回も、前回から導入されたコーヒーマシンで美味しいコーヒーをお淹れします。

前回は「KERI KERI」の豆を使用しましたが、今回はどうしようかな?

気に入ったら1階店舗で買ってもらえるので、今回も「KERI KERI」がいいのか、

MAX内で買える豆ではつまらないので、別のお店のものにしようか考え中です。

お楽しみに。

当日はA・O・Zでは「ふくしま市民活動フェスティバル2017」を絶賛開催中です。

皆さま、お誘い合わせの上ぜひお越しください。

くれぐれも曜日と時間と場所をお間違えなきよう!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

てつがくカフェ@ふくしま2017.11.19. 「市民には何ができるか?」

2017年11月02日 12時42分55秒 | 開催予定
次回のてつカフェはいろいろといつもとは違う形で開催します。
まず日程ですが土曜日ではなくて11月19日の日曜日に開催となります。
時間も違います。
14時00分~16時00分に開催します。
そして会場も違います。
昔よく使っていた「A・O・Z(アオウゼ)」での開催となります。
最近よく使わせていただいているのは「福島市市民活動サポートセンター」ですが、
その「ふくサポ」が11月19日に「A・O・Z(アオウゼ)」において、
「ふくしま市民活動フェスティバル2017」という催しを開くそうなんです。
日頃お世話になっている「ふくサポ」ですので、恩返しというわけではありませんが、
そのフェスティバルに協力することになりまして、
フェスティバル内でてつカフェを行うことになりました。
というわけで日時や会場がいつもと異なるわけです。
せっかくの機会ですので、それにちなんだテーマを立ててみました。

てつがくカフェ@ふくしま2017.11.19.
【テーマ】「市民には何ができるか?」
【日 時】2017年11月19日(日)
     14:00~16:00
【場 所】A・O・Z(アオウゼ)
     MAXふくしま4階 小会議室1
【参加費】無料
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp


思い起こせば今は亡き旧民主党の結党当時(1996年)のキャッチフレーズが、
「市民が主役の民主党」でした。
国民や公民の概念に代わって市民がクローズアップされるようになってきたのが、
20世紀末のこの時期だったと言えるのではないでしょうか。
NPO法(特定非営利活動促進法)が制定されたのもこの時期(1998年)でした。
その後、市民活動や市民運動は隆盛になってきているようにも見えますが、
でははたして「市民が主役」の世界は実現されたのでしょうか?
2001年の9.11や2011年の3.11後の世界を見てみると、
市民は国家や大企業に翻弄されるばかりで、
ちっとも主役扱いしてもらっていないようにも思えます。
はたして市民は何者で、何ができ、何をなすべきなのでしょうか?
今回は「市民とは何か?」のように哲学的な問いは立てず、
「市民には何ができるか?」という実践的な問いを立ててみましたが、
この問題を考えていく上で、市民とは何か?、市民活動とは何か?、その存在意義は?、
といった根源的な問いについても考えていく必要が出てくるかもしれません。
もちろん「てつがくカフェ@ふくしま」も市民活動のひとつなわけですから、
自分たちの活動自体を問い直す場面も出てくることでしょう。

というわけで、11月は市民や市民活動について語り合います。
「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。
日にち(曜日)、時間、場所をお間違えなく!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てつカフェ2017.10.21.ポスター完成

2017年10月17日 15時55分48秒 | 開催予定
今週土曜日に行われるてつカフェのポスターが完成したので、

各所に掲載させていただきました。



前回の本deてつがカフェのときは、

いつもの卒業生に作成をお願いして作っていただいていたのですが、

受け渡しに失敗し、せっかくの労作がムダになってしまいました。

ひとえに世話人がプライベートで(公務でも)テンパっていたせいです。

せっかく作成してくださった卒業生にも、

ポスターを楽しみにしてくださっていた皆さまにも、

本当に申しわけないことをしてしまいました。

それにもめげず、今回もまた卒業生がボランティアで作成してくれました。

今回は実写写真を組み合わせたデザインになっております。

素敵なポスターをありがとうございました。

皆さんは「親」という言葉から何を思い浮かべるでしょうか?

ぜひいろいろな観点から話し合ってみましょう!

次回からは格安飲み放題コーヒー(100円)が復活いたします。

コーヒーマスターも参戦してくれます。

ゆっくりコーヒーを飲みながら哲学対話をお楽しみください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てつがくカフェ@ふくしま2017.10.21. 「親とは?」

2017年10月06日 01時46分29秒 | 開催予定
ええ、諸々あってこのところ告知が遅れがちになっております。
本当に申しわけありません。
10月のてつカフェは10月21日(土)の開催となります。
会場は早々に取っていたのですが、
なかなかテーマが決まらずに告知できずにおりました。
苦しんだ挙げ句、安直なテーマを選ばせていただきました。

てつがくカフェ@ふくしま2017.10.21.
【テーマ】「親とは?」
【日 時】2017年10月21日(土)
     16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター B-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (コーヒー等は100円で飲み放題!)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp


安直というのは世話人の私生活がらみのテーマ設定だからですが、
実は昨年もそんな感じでテーマを決めたことがありましたので、
今回が初めてというわけではありません。
それよりも、世話人は昨年、母校の法政大学で哲学カフェを開いたことがあり、
そのときに一緒にファシリテーターを務めてくださった梶谷真司さんが、
「母」 というテーマで哲カフェをやったらたいそう盛り上がったと話していて、
いつかそのテーマでやってみたいなあと思っていたのでした。
そういう長い伏線もあっての今回のテーマ設定です。

設問は「親とは?」で止めて、それ以上はブランクにしておきました。
「親とは何か」というふうにしてしまって親の定義を問いたいわけではなくて、
「あなたにとっての親とは?」というように個人的に考えてもらってもいいし、
もう少し普遍的に「子どもにとって親とは?」と考えてもいいし、
「親の責務とは?」とより実践的、倫理的に考えることもできるでしょう。
こんなふうに↓介護すべき親のことを思い浮かべる人もいれば、



こんなふうに↓乳幼児にとっての親のことを思い浮かべる人もいるでしょう。



とにかくできるだけ幅広くいろいろな観点から話し合えたらと思っております。
というわけで、次回は親について語り合います。
「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、
安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本 de てつがくカフェ2017.9.16.『ともだち刑』

2017年08月21日 16時11分19秒 | 開催予定
すでに前回の告知のときに予告してありましたが、

次回のてつカフェは久しぶりに「本 de てつがくカフェ」を開催いたします。

みんなであらかじめ本を読んできて、それについて語り合うという会です。

今回の課題図書はこちら。



本 de てつがくカフェ2017.9.16.
【課題図書】雨宮処凛『ともだち刑』(講談社文庫)
【日  時】2017年9月16日(土)
      16:00~18:00
【場  所】福島市市民活動サポートセンター A-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp



雨宮処凛さんの『ともだち刑』です。

「てつがくカフェ@ふくしま」にとってはたいへん因縁の深い本です。

まだ「@ふくしま」を立ち上げるという構想も立っていなかった頃、

仙台で行われた第1回書評カフェの課題図書だったのがこの小説です。

読んでみてその内容に衝撃を受け、書評カフェでの皆さんの話にも驚いて、

幻の「第1回てつがくカフェ@ふくしま」のテーマに「ともだち」を選びました。

それから5年の月日が経って、まあこの本の影響というわけでもないでしょうが、

「第1回てつがくカフェ@あいづ」のテーマも「ともだち」でした。

それまで友だちのことなんてそんなに突き詰めて考えたこともなかったのに、

これほど引きずることになったその原点はやはり『ともだち刑』だったなあと思います。

少年期をただの単純お気楽な男の子として生きてきた私は、

「友だち」に対して漠然とプラスの感情しか抱いていませんでしたが、

そうではない人たちがけっこうな割合でいるということを思い知るきっかけとなりました。

文庫本は売り切れてしまっているようなので、古本で買うか Kindle で読むか、

図書館で借りるかしていただかなければなりませんが、

それだけの価値はある本だと思います。

皆さんはこの書を読んでみてどうお感じになるでしょうか?

友だちとは何か、友だちと親友と知り合いはどう違うのか、

友だちはよいもの、必要なものなのか、友だちとはどうあるべきなのか、

友だちという身近な存在について深く考え、話し合ってみませんか。

「てつがくカフェ@ふくしま」は初参加の方でも気軽に、対等に、

安心して何でも話し合える場です。

皆さまのご来場をお待ち申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てつがくカフェ@ふくしま2017.8.12. 「猥褻とは何か?」

2017年07月28日 18時41分53秒 | 開催予定
ついこのあいだ7月のてつカフェを開催したばかりですが、
会場の空き具合により8月のてつカフェはほんの2週間後の8月12日(土)となりました。
テーマはこちらっ!

てつがくカフェ@ふくしま2017.8.12.
【テーマ】「猥褻とは何か?」
【日 時】2017年8月12日(土)
     16:00~18:00
【場 所】福島市市民活動サポートセンター A-2会議室
      チェンバおおまち3階 (福島市大町4-15)
【参加費】無料 (飲み物は各自御持参ください)
【事前申し込み】不要 (直接会場にお越しください)
【問い合わせ先】fukushimacafe@mail.goo.ne.jp


「猥褻 わいせつ」。
素敵な響きの言葉です。
「薔薇」や「檸檬」と並んで、読めるけど書けない漢字の筆頭かもしれません。
この機会にぜひ書けるようになりたいものです。
猥褻。
私は大好きですが、世間からはよく毛嫌いされているようです。
最近もビールのCMが炎上して放送中止に追い込まれていましたね。



私なんかは、出張先でこんなシチュエーションはゼッタイにありえないよなあと思いつつ、
(一見のお店で見知らぬ異性の客と同席できたりしない、
 CoCo壱番屋でもないかぎり、缶ビールが缶のまま出てきたりしない、等々)
そんなに目くじら立てるほどのものでもないんじゃないのと思って見ていました。
それに比べると宮城県のCMのほうがよっぽどあからさまに猥褻です。



だからといって、これも放送してはならないというほどのものでもないように思います。
壇密さん以外の人にやらせると、その人に対するセクハラの可能性もありましたが、
絶妙なキャスティングによってそこらあたりもギリギリで回避しているように見えましたし、
まあ「宮城県、何やってんだよ」と笑って流せる程度ではないかな、と。

なんにせよ「猥褻」というのは人間の起源に関わるものでありながら、
表舞台に出てきたとたんに白眼視され忌み嫌われる厄介者のようです。
そもそも「猥褻」とは何なのでしょうか?
どこまでが猥褻ではなく、どこからが猥褻なのでしょうか?
猥褻はいけないこと、いけないものなのでしょうか?
もう6年以上てつカフェやってきましたが、
この問題、扱ったことなかったですね。
私が一番好きそうなテーマだというのに盲点でした。
このテーマを提案してくださった、
前回の2次会参加メンバーの皆さまに感謝申し上げます。

というわけで、次回は猥褻とは何かを問います。
ふだん話せないようなエロい問題について、
きわめて真面目に、とことん真摯に考え話し合ってみませんか。
初参加の方でも気軽に、対等に、安心して何でも話し合える場です。
皆さまのご来場をお待ち申し上げます。

P.S.
なお、次々回は9月16日(土)です。
9月は久しぶりに本 de てつがくカフェをやりたいと思っております。
課題図書は雨宮処凛の『ともだち刑』
「てつがくカフェ@ふくしま」を始める前に、
仙台の書評カフェを視察に行ったときに読んで衝撃を受けた本です。
180ページ足らずの薄い小説なのですぐに読めますが、
文庫本は売り切れてしまっているようなので、古本で買うか Kindle で買うか、
あらかじめ告知しておきますのでお早めにご入手ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加