ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Fukunosukeとhiyokoが綴るブログ。バリ島旅行記とスペイン旅行記だったのですが、最近は色々増えました。

金沢01 あらや滔々庵

2017-03-20 20:43:14 | 国内旅行

Fukunosukeです。

 

唐突に、LADY KAGA.

 

レディ・加賀。

 

あたし?

 

違います。

 

しかし、怒られないのかなこれ。 

 

というわけで、念願だった日本海へズワイガニを食べに行きました。

 

 

金沢のちょっと先にある、山代温泉。

 

の、あらや滔々庵。あらあ、有名な所じゃないですか。

 

 

そう言えば、温泉旅館に行くのも久しぶりです。

 

魯山人ですね。

 

 

これも魯山人。山代温泉の始まりは、水溜りで傷を癒す烏を
見つけたお坊さんが「ここは温泉に違いない」と言いだしたのが
きっかけとかなんとか。

 

 

宿の建物はそれほど風情があるわけではないですけど、
魯山人をはじめ色々な美術骨董品があって、館内を
ウロウロするのも楽しいです。 

 

へー、宴会用のお膳っていうのは、こういう箱に入っているんだ。
こういうのが豪商の蔵から出て骨董古道具としてお店に並ぶんだな。

 

 

 

あらやの奥には、有栖川山荘という別棟があって、夜はバーとして
営業しています。これも名物だそうです。 

 

 

温泉宿の併設バーとしては、破格にいい感じです。

 

京都の町家バーみたい。

 

 

ところで二人で金沢辺りに行くのは20年振りくらいです。意外に東京と
同じような陽気なのにビックリしました。 

 

さてカニカニー。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪。福島、楽心

2017-03-14 08:08:53 | 国内旅行

Fukunosukeです。

 

「最後は和食なんだからぁ」

 

はいはい。ここは福島という所だそうです。グルメタウンなんだって。

 

 

ええ?何ですかここは。お店があるような雰囲気では、、、

 

 

おっと、ありました。楽心というのだそうです。ふわー。

 

カウンターの向こうに坪庭。

 

これは根来塗(ねごろ)というのだそうです。使い込んで傷んでいるのでは
なくて、そういう風合いなんだそうです。へー。

 

 

この日は2月。節分のお料理でした。ヒイラギ。
食べるわけじゃないです。

 

ヒイラギをよけるとこんな。白子揚げに餡かけ。

 

いなりずし。甘くない美味しいいなりずしでした。

 

豆まき風に色々盛。

 

お椀の具は何とふかひれでした。ふたの蒔絵は春の到来を意味している
んだそうです。

 

しろあまだいという魚のお刺身。海苔がまぶされていて不思議。
少しうま味が増すような気がします。

 

マナガツオだったかね。

 

のれそれの卵とじ。これは本当においしかった。記憶に残る味。

 

炊き込みご飯は、これ節分のお豆でしょうか。料理に使ったのは初めて見ました。

 

これまた根来のお椀で。とてもいい風合いです。

 

 

出汁をかけてお茶漬け風にするのがこのお店の流儀なんだそうです。 

 

 

わらびもち。トゥルットゥルです。

 

 

 

素晴らしいお店でした。

 

 

いやあ、日本というのは美味しいものがいっぱいです。

 

何を言っているのか。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪。江坂、明

2017-03-09 21:42:08 | 国内旅行

Fukunosukeです。

 

「中華なんだからー。izolaさんが、夜は中華なんだって言うんだからー」

 

はいはい。ほんとかなあ。えー、中華っぽくないですよー。

 

お、中華でした。間違いない。

 

 

 

シャンパンで乾杯。W.A.さんに振る舞っていただきました。

 

とっても美味しいシャンパンでした。ご馳走様でした。

 

 

さて、料理は品書きがなかったので何が何だか覚えていません。
とりあえずじゃじゃじゃっと写真を並べておきます。

 

この方がシェフ。

 

の持っていた白菜がスープになりました。おー。

 

 

 

これは牡蠣だね。

 

牡蠣に添えられたオイスターリーフという葉っぱは、本当に牡蠣の味がします。
びっくり。ちなみに値段もびっくり。調べてみてください。

 

中華風バーガーだそうですが、これは本当においしかった。記憶に残る味です。

 

おや。デザートかな。

 

と思ったらエビが隠れていました。

 

ふかひれの豆乳土鍋煮込み。仕上げにトリュフをザクザクと。

 

これは贅沢ですねー。舞い上がって味を忘れてしまいました。

 

 

これは海老の炒め物。からすみも乗ってます。

 

わー。今度はロシア料理みたい。いろいろと創意工夫。

 

牛すじ肉(?)の煮込みが入っていました。

 

最後はお粥でしめます。

 

杏仁豆腐はフルフルで上品。おいしかったです。

 

なお、久しぶりにhiyokoの寝言が出ました。

大阪と東京の往来は飛行機がいいか新幹線がいいかという話を
していたのに、突然割って入って来て「着くと、入管の人が『こっち
こっち』って言うから、、、」と半分寝ながら意味不明のことを
喋りだしました。

 

今度からパスポート持って新幹線に乗ってください。 

 

 

大阪はおいしいね。

 

もう滅茶苦茶だよー。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラダとピッツア

2017-03-07 22:00:01 | たべもの イタリアン フレンチ

Fukunosukeです。

 

新しいカメラ(RX100M5)の練習中。

 

笹塚のオー・ペシェ・グルマンへ。

 

日曜日だけお昼営業しているのです。テーブルフォトの
練習を兼ねてやってきました。

 

 

 

うん。なかなかきれいに撮れると思います。
(何を撮りたい写真かよくわかりませんけど)

 

デミタスカップのスープが、クローズアップレンズでこんなに
大きく撮れます。バッチリです。

 

体が野菜を欲しがっていたので、今日はサラダのランチ。

ああ、命のサラダ。

写真は、この位大きく撮れれば僕的にはオッケーです。

 

 

よしよーし。

なかなかイケます。

 

 

もういっちょ。こんどは経堂にやって来ました。

 

202という名前のピッツア・ワイン・バー。

 

オーペシェグルマンは下北沢レ・リヤンのシェフYさんが始めたお店なんですが、
202の方は、その相棒のMさんが始めたお店なのです。 

すごいね。何年も前の話なのに、いまだに追っかけています。
ストーカーだね。

 

でもこちらのお店に来るのは初めてなのです。いい感じ。

 

中は結構広くて立派なお店です。驚いちゃった。

 

 

 

 

まずはマリナーラ。おお、これは!

 

 

すごーく好きなやーつです。生地はサクッとしていてもちっと
しているタイプ。ピンキリで言ったらピンの方のピッツアじゃ
ないでしょうか。 

 

この夜は既に夕飯を済ませていたのに、我慢できず2枚目を
注文してしまいました。

 

うわー。緑のものを大量にのっけてます。何だかわかりますか?

 

何と、フキノトウとアンチョビのピッツア。

 

これがまたすごくおいしいかったー。フキノトウがピッツアに
なるなんてビックリ。でも考えてみれば、小麦、フキノトウ、
油、塩気という事で天ぷらと一緒なんですね。そりゃ美味しいさ。

 

それにしても、レ・リヤンは偉大なお店だったなー(遠い目)。

  

おいしいサラダが食べたい時、おいしいピッツアが食べたい時、
行くべきお店を知っているという事は、ちょっと幸せな事です。

 

 

カメラの練習?

 

どうでもいいや。

 

だからいつまでたっても上達しないんですねえ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪。阿倍野、あべのハルカス

2017-03-03 22:42:44 | 国内旅行

Fukunosukeです。

 

なぜ大阪に来たんだろう。
誰かに聞かれた時の答えに、あべのハルカスってとこに
行ってみました。

 

真ん中奥に見えている一番高い建物がそれです。

 

 

ここいららしいよ。地下鉄から来ちゃうといきなりビルの中なので
盛り上がりに欠けます。

 

なんだかごちゃごちゃしてわかりにくい。

 

ふう。やっとこ展望フロアです。

 

うわー。危なくないのか。って、こっち側もああなっているのかな。

 

 

さすがに眺めがいいです。こちらは大阪城方面。

 

雲が吹き下ろしているような所があります。あの辺は雪なのかな?

 

お約束のガラスの床がありました。hiyokoは以前は怖がっていたけど、
もうこのくらいはへっちゃらです。

 

海側の景色はこんな。ミケランジェロだー。

 

おー。

 

あっちの奥も、雪が降っていそうです。

 

いやあ、上から目線って、やっぱり気分がいいんですね。

 

 

あべのハルカス記念。

 

 

大阪に来た目的はこれなのか?

 

これだけか?

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加