浪漫飛行への誘(いざな)い

海外旅行、世界遺産、飛行機、音楽、歌謡曲、初物、卓球、語学シリーズ等の趣味の世界をブログに

アルバムのデジタル化による断捨離

2015年02月01日 10時37分16秒 | 写真
旅行好きが高じて莫大な量のアルバムが我が家の押入れを占拠している。1冊が40頁もある超分厚いアルバムから10頁程度の小さいものもあるが、全部で60冊位はあると思われる。どのアルバムも単に写真を貼ったものではなく、写真の切り抜き、写真の解説、観光名所の説明書き、旅行パンフレットの切り貼り、旅程表等まで綺麗に整理して貼ってあるカラフルなアルバムになっているので、とても捨てがたい代物である。

自分には芸術的センスはないが、アルバムだけは人からよく褒められる。旅行パンフレットを見ているようで、とても楽しいし、行ってみたくなるという。そんな声にほだされて数十年にわたって旅行に行っては綺麗にアルバムを整理するのが一つの趣味のようなものになっていたが、ここ数年は方向転換を試み、メインのアルバムは、自分のホームページ上に掲載し、台紙に貼る従来式のアルバムは、人が写った写真から厳選し、大幅に縮小している。ホームページ上の写真には、日本語と英語のコメントを付し、人が写った写真は、プライベートアルバムとして、関係者のみが見られるようパスワード付きで掲載している。  

今までの作成してきたアルバムは、自分が死ねば、家族によって捨てられるだけだから、今のうちに処分したいが、場所は取るものの捨てるのはもったいないという思いであった。一種の終活の作業とも言えるが、昨年、「自分史フェスティバル」の会場で、写真のデジタル化サービスのことを知り、これだと直感し、早速利用することにした。

サービス期間ということもあったが、アルバムを箱に詰め放題で1箱9800円でそこにある写真をすべてデジタル化してくれるという。写真を1枚1枚すべてデジタル化してくれるだけでなく、アルバムのページ全体もデジタル化してくれるので、今まで苦労して作った解説付きのアルバムがすべて保存されることになった。

今回6箱分のデジタル化を注文したので、1箱に25kg位のアルバムを詰め込み、全部で約50冊(150kg位)のアルバムをデジタル化することができた。写真枚数にすると15000枚位になるので、総費用、約6万円は極めて格安であったと感じている。デジタルカメラでない古い写真は、すべて画質の補正もやってくれるので、写真がより綺麗に蘇るのも嬉しい。自分でやるには技術的にも時間的にも不可能に近いので、大変便利なサービスであるといえる。

重さにして150kgもあったアルバムが6枚のDVDにすべて格納されているのだから、驚きである。容量的にはそれを1枚のDVDにすることも可能である。それに写真が劣化することもないので、長期間の保存に耐えうる。また、簡単にパソコンやテレビと接続して、大きな画像でいとも簡単に今までのアルバムの写真をいつでも自由に閲覧できるのも魅力である。当初、画質を心配していたが、テレビに大写ししても問題ない位の画質を維持している。パソコンだと画像の拡大も簡単なので、自分で作ったアルバムに貼られた小さな文字の説明書きも十分に読めることも確認で
きた。ひとまず、すべての写真をDVDからパソコンに取り込み、時間があったら、整理、編集したいと考えている。とにかく便利な時代になったものである。

今回は、昔のアルバムから順番にデジタル化したので、まだ、2007年以降のアルバムはこれからであるが、なるべく早い機会に追加注文することを検討している。これだけ、綺麗にデジタル化できるなら、古いアルバムも未練はあるが、徐々に捨てることにしたい。古いアルバムは、かさばるので、子供や孫に間違いなく捨てられる運命にあるが、デジタル化しておけば、場所も全く取らないので、ずうっと保存されていくと確信する。古いアルバムの処理に困っている人がいたら、すぐにでもアルバムをデジタル化し、断捨離することを強くお薦めする次第である。

写真をデジタル化してくれるメーカーもいろいろあると思うが、参考までに今回利用したのは、自分史フェスティバルに出展していた「節目写真館」という会社であり、利用者としてお薦めできるので、興味のある方は問合わせてみたらどうでしょうか?
  
       HP:  http://fushime.com/
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血液型による日本人起源論 | トップ | 驚きの切手コレクション »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事に関するお願い (節目写真館)
2015-05-22 14:45:02
浪漫飛行への誘(いざな)い 様

突然のメッセージで失礼いたします。
写真スキャンサービス「節目写真館」の藤村と申します。

弊社をご利用いただき
貴方様のブログで弊社のサービスを丁寧にご紹介くださり
ありがとうございます。
嬉しいお言葉でご紹介いただき、励みになっています。

つきましては、非常に厚かましいお願いとは存じますが
貴方様の記事を、お客様の体験記事として
弊社のサイト(http://fushime.com/)内にリンクをはる形で
掲載させていただくことはできますでしょうか?

「自分史フェスティバルに行ってきました」
http://blog.goo.ne.jp/frasst/e/3f5bbea38c814afd4c4f0f99571931cf
「アルバムのデジタル化による断捨離」
http://blog.goo.ne.jp/frasst/e/88ee863e987c2d96b63e3d4e4fb49846

もちろんご都合が悪い場合はお断りいただければと思います。

お手数ですが、fujimura@photobank.co.jp 宛にご連絡いただければと思います。

突然のご依頼で恐縮ですが、ご検討のほどお願い致します。

--
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
株式会社 フォトバンク
藤村さやか sayaka fujimura

〒1500031
東京都渋谷区桜丘町4-17 チェリーガーデン 1105
Tel:03-6416-9504
Fax:03-6416-9273
Mail:fujimura@photobank.co.jp

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。