For Animal's Happiness

すべての動物たちの幸せを心から願ってます。
*リンク・転載フリーですので、情報はどんどん拡散して下さい*

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

都道府県別センター情報!殺処分予定の動物の里親さん・保護主さん常時募集中!(リンク先随時追加)

2014-03-14 11:08:04 | 殺処分をなくしたい!
都道府県別の収容犬・譲渡犬情報を紹介してます。
新しい飼い主さん・保護主さん常時募集中です!
年間数十万匹の犬猫が殺処分されています。
ペットショップへ行く前にぜひ殺されていく子の里親になる事をご検討下さい。
近隣にお住まいの方は、尊い命のためにぜひ保護をお願いします!
よろしくお願いします!

また、合わせて「いつでも里親募集中」さんのホームページも下記に紹介しています。
センター持ち込みを減らすためには、持ち込み以外の道を示す必要があります。
「いつでも里親募集中」さんは持ち込まない方をサポートして下さってます。

いつでも里親募集中:
http://www.satoya-boshu.net/

事情により犬猫を飼う事が出来なくなってしまった際、捨て犬・捨て猫を保護した際は、保健所(動物管理センター・動物愛護センター)へ殺処分の持ち込みを行う前に里親(飼い主)探しをして下さい。
いつでも里親募集中は犬猫を飼いたい方と里親探しをされている方を仲介する掲示板です。


【北海道】

北海道内の保健所情報は「しっぽの会」さんのホームページに市町村ごとにまとめられています。
お近くの保健所に収容されている子を保護してあげて下さい!
よろしくお願いします!

しっぽの会 "SHIPPONOKAI":

http://shippo.poo.gs/dekirukoto.html


北海道:
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/sizenhome/henkanjyouto.htm

札幌市:
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/note/note_dog.html


旭川市:
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/eiseikensa/inunekohokan/hokanpage.html


函館市:
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/hokensyo/seikastueisei/doubtueisei/search.html


小樽市:
http://www.city.otaru.hokkaido.jp/hokenjo/information/doubutu/dog.html

【東北地方】

青森県:
http://www.aomori-animal.jp/

秋田県:
http://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1221538253107&SiteID=0

秋田市:
http://www.city.akita.akita.jp/city/hl/ex/inuneko/inunekojyouhou.htm

山形県:
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kenkofukushi/090005/publicfolder200712031231602564/keijiban.html

岩手県:
http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?nd=3189&of=1&ik=3&pnp=17&pnp=59&pnp=3185&pnp=3189&cd=18605

盛岡市:
http://www.city.morioka.iwate.jp/19hokenjo/seikatu/pet/netkouzi.html

宮城県:

国際NGO「Life Investigation Agency (LIA)」さんは、宮城で動物保護に尽力して下さっています。
一時預かり・里親様を常時募集中です。
保護活動にご協力いただける方は、ぜひLIAさんにご連絡を!

国際NGO「Life Investigation Agency (LIA)」さんのブログ:
http://blog.livedoor.jp/liablog/


宮城県動物愛護センター・各保健所(支所)と仙台市動物管理センター:
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/nh-hwfz/dogadoption.html


福島県:
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/douai/jouto/index%20jouto.htm#sagasi

郡山市:
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=10843


いわき市:
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/eisei/dobutsu/002169.html

【関東地方】

近日殺処分予定の犬猫の新しい飼い主さん・保護主さん緊急募集中です!
関東近県での募集ですが、遠くても相談に乗りますとのこと。
センターの頭数が減れば、残っている子達も処分延期されます。
ご協力よろしくお願いします!

marico's family:
http://marico247.exblog.jp/

東京都:
http://www.taims.metro.tokyo.jp/eisei/syuuyoudb.nsf

横浜市:
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/tikuken/

川崎市:
http://www.city.kawasaki.jp/35/35dobutu/home/index/index.html

茨城県:
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/dobutsu/

埼玉県:
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/doubutu-kaikata-shuuyou-top.html

さいたま市:
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1204852344579/index.html


千葉県:

ちばわんさんも毎週千葉県のセンターから出来る限りの犬猫の引き出しを行って下さっています。
一時預かり・里親のご協力よろしくお願いします!

ちばわん:
http://animal-note.cool.ne.jp/

千葉県動物愛護センター:
http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/

千葉市:
http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/seikatsueisei/dobutsuhogo/syuuyou.html

船橋市:
http://www.city.funabashi.chiba.jp/ho-somu/doubutukoujiyou/koujiindex.html

栃木県:
http://www.tochigi-douai.net/syuuyou.html

宇都宮市:
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/eisei/pet/003324.html

群馬県:
http://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet;jsessionid=20C2C407361A57D75928CD1F68C9C500?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=29129

【中部地方】

新潟県:
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1211389249760.html

新潟市:
http://www.city.niigata.jp/info/kenei/seikatu/anymal/animal_gyoumu/animal_gyoumu.htm#animal2

山梨県:
http://www.pref.yamanashi.jp/kurashi/seikatsu/pet/index.html

静岡県:
http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-510/seiei/joutokenlist.html

浜松市:
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/life/pet/doubutuaigo.htm

【近畿地方】

大阪府:
http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/kyoukenbyou/syuyouken.html

http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/kyoukenbyou/joutoken.html

奈良県:
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-8439.htm

奈良市:
http://www.city.nara.nara.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1259296528761&SiteID=0&ParentGenre=1000000001038

京都府:
http://www.pref.kyoto.jp/douaik/

滋賀県:
http://www6.ocn.ne.jp/~sapca/mayoiinu/mayoiinu.html


兵庫県:
http://www6.ocn.ne.jp/~hy-douai/

尼崎市:
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/iryou/pet/051syuuyoudoubutu.html

西宮市:
http://www.nishi.or.jp/media/2010/zyoutokenzyouhou(8.23)inu.pdf

【中国地方】

広島市:
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1267506419255/index.html

福山市:
http://pipe.jugem.jp/?eid=619

岡山市:
http://www.city.okayama.jp/hofuku/eisei/eisei_00306.html

倉敷市:
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?itemid=8416#itemid8416

【四国地方】

高知市:
http://tanabe-animal.jp/index.php?id=68

【九州・沖縄地方】

福岡県:
http://www.zaidan-fukuoka-douai.or.jp/

福岡市:
http://wannyan.city.fukuoka.lg.jp/

北九州市:
http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=21404

熊本県:
http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/index.php

熊本市:
http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/Content/web/asp/midashi_list.asp?ID=2969&LS=52&tid=0

佐賀県:
http://www.pref.saga.lg.jp/web/_14762.html

長崎県:
http://animal-net.pref.nagasaki.jp/

長崎市:
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/douai/

大分県:
http://animal-net.pref.nagasaki.jp/

宮崎県:
http://dog.pref.miyazaki.lg.jp/

宮崎市:
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1192752583311/index.html

鹿児島市:
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/shimin/1kurashi/2-1-1inu_neko/_29747.html

沖縄県:
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/douai/

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

飢餓に苦しむ宮島の鹿のための署名

2012-05-22 00:58:51 | 署名運動
以下は『いおりんのBLOG』さんからの転載です。
飢餓に苦しんでいる宮島の鹿のために、署名へのご協力よろしくお願いします!

---------------------------------------------------

宮島の鹿たちは飢餓地獄…?!宮島、とっても素敵な場所なのに。鹿たちは、観光用として利用されていた、今では、ご飯も与えてもらえず、飢餓状態とのこと…。来週、宮島へ行くので、現場を見てこようと思います

利用するだけ利用して、必要が無くなれば、粗末な扱いをするというのは許されない行為!同じ命ある者として、最期まで大切に扱うべきではないか…。実際に見てみないと状況は分からないけど
http://yaplog.jp/obachandesu/archive/188

宮島観光公式サイト 
http://www.miyajima-wch.jp/

宮島の鹿愛護会の活動 
http://miyajimanosika.blog111.fc2.com/

宮島は、広島県にある島、厳島。
行政区分は広島県廿日市市宮島町。

広島市の西に隣接し、瀬戸内海(広島湾)に面した港町である。日本三景・「安芸の宮島(厳島)」が特に有名である(詳細は厳島を参照)。同島の厳島神社世界遺産にも指定されている。 wikiより

広島県、宮島、素敵な場所なのに

鹿さん達に、餌を与えないで!のチラシが貼ってあったり、
血を流して、ケガをしている姿。

観光用として使われていた、鹿さんたち。
今では、飢餓状態で、とある意見では、
このまま、餌を与えず、餓死させるのではないか?
という意見も

署名はコチラになります↓以下引用

『 宮島の餌やり禁止の撤回 』の署名用紙は、
下記をダウンロードしてプリントしてください。
http://miyajimanosinjitu.web.fc2.com/syorui/syomei.pdf

『 同上 』とか『 〃 』 といった書き方ではなく、
お一人お一人、県名からご署名くださいますように お願い致します。

ご署名の提出先は、署名用紙の下に記してあります。
竹中千秋様宛です。

提出期限は、今年の8月末です。

--------------------------------------------------------------------------------
元記事:『いおりんのBLOG』★宮島の鹿たちが飢餓状態★
http://ameblo.jp/momoiro-reina/entry-11254620128.html

この記事をはてなブックマークに追加

①ペットの連れ出しは法律の元で可能!②東京都獣医師会、あと1000匹被災ペット預かれる!

2011-05-04 17:05:33 | 最新情報
アニマルエイドさんのブログに大ニュースが2つもありました!!!
拡散希望とのことなので、早速転載させて頂きます!

↓以下の通りです!

一時帰宅の際にペットの連れ出しは日本の法律の元で飼い主の権利として可能である!

ペットは財産、一時帰宅されて、もしペットが既に死んでいた場合は、必ず泣き寝入りしないで国を訴えて下さい。こんな事が許されるはずがない!

★揉めた時のために一時帰宅の際は、携帯ビデオでの撮影を強く奨めます。

一時帰宅が終われば、二度とそのペットに会える事はなくなります。ご自分も死ぬまで後悔します。

命がけでペットを守って下さい。私たちも要請があれば現地待機します。

一時帰宅の際にペットの連れ出しは日本の法律の元で飼い主の権利として可能である。自治体担当者や警察に一時帰宅の際にペット連れ出しを止められたら、下記に電話して弁護士と話しを直接止めた担当者とさせるようにして下さい。内容連絡済み�日弁連は平日10:00から15:00 TEL0120-366-556

内容連絡済み�北海道弁護士会 土日祝日平日前日相談可能0120-325-101 日弁連と北海道弁護士会は飼い主さんがペット連れ出しても違法ではない見解を示した。国はそれを禁止する根拠は今は正式文書も4月23日以降は見あたらず禁止を行使する権利は国には全くない。
仙台弁護士会 平日のみ 平日10時から午後4時 0120-216-151

山形県弁護士会 平日13時から16時0120-250-372
仙台弁護士会 平日10時から15時まで0120-216-151

以上はどの地域からかけても通話料無料 です。飼い主さんはつながる電話にかけて下さい。
上記がつながらない時は
以下は通話料有料ですがかけてみて下さい。

秋田弁護士会
平日13時から16時まで018-862-3775

青森県弁護士会
平日 13時から16時 017-763-4671

岩手弁護士会 平日 13時から16時まで 019-651-0351と019-604-7333

福島県弁護士会 平日のみ 14時から16時まで 024-531-1211と024-925-6511と0242-27-2522

茨城県弁護士会 平日13時から029-222-7072

東京都獣医師会では、あと1000匹被災ペットを預かれるとのことです!

飼い主が分かり、避難されている方が対象です。食品衛生課でも案内しています。
また沢山預かっている団体も飼い主が分かっているペットなら、飼い主に連絡して東京都獣医会に移動するようにお話おねがいします。

東京都獣医師会の窓口
日本動物福祉協会
03-5740-8856

それぞれの団体様にも拡散・転載をお願いいたします!

この記事をはてなブックマークに追加

The Animal Welfare Instituteからのお返事!政府に要望書を書いて頂けるようです!

2011-05-04 08:54:48 | 海外からの協力
やっと、やっと1件、日本政府に対して警戒区域の動物救助を要請してもいいという海外団体がお返事を下さいました!!!
The Animal Welfare Instituteというアメリカのワシントンにある団体さんです。
お返事下さったのは日本人のスタッフで、日本語でも要望書を書けるとのことです。
総理大臣に読んでもらうなら日本語の方が直接的で良いだろうと思い、日本語で書いて頂くようお願いしました。
ARKさんからもすでに要請を受けていたようで、ARKさんから政府に提出する要望書にサインして頂けるようお願いがあったそうです。そのおかげもあって理解頂けたようです。
ペット以外の動物たちについては、まだ元気がある子たちは圏外に救出し、生きていける元気がない子たちは人道的に安楽死させることを要望して下さるそうです。
また、私の返信では、一時帰宅者がペットを圏外に連れて帰れることも要望書に含めて頂けるようお願いしました。
日本政府がこのアメリカ団体からの要望を真摯に受け止め、一刻も早い救出活動へ動き出してくれることを心から祈ってます!

↓以下がThe Animal Welfare Instituteからのメールと、私が送った返信です。

------------------------------------------------------------
Dear Fellow Animal Lover,

We send our utmost regret and sympathy towards the people and animals of Japan. We understand the urgency of the situation with the animals left behind the 20km zone and would like to help in the best way possible.

We are currently trying to contact the disaster manager at IFAW (the International Fund for Animal Welfare), who has met in Tokyo for the last two days with the Japanese Ministry of Environment and Agriculture, as well as with radiation and animal rescue experts from the US and Japan . Since he will have a more thorough perspective on how foreign NGOs might be able to help, we are waiting to hear back from him.

However, given the urgency of the matter, if you have knowledge that our (US NGOs) letter will help persuade the Japanese government, we can draft one ASAP.

With regard to companion animals, we received the attached document from ARK. We would be happy to sign on to this letter and/or write our own letter. With regard to farm animals, we would be happy to write our recommendations: 1) letting out the animals that are still strong enough to forage and fend for themselves; and 2) humanely euthanizing the animals that are too weak to forage or fend for themselves.

Also, would it be better if the letter is written in Japanese or in English? Please let us know, and I will start drafting a letter. I heard that Japan will be on federal holiday for the next week. Will the government be shutting down? This would be horrible news to the animals that are starving.

~mariko


MARIKO TERASAKI

Wildlife Research Assistant at the Animal Welfare Institute

900 Pennsylvania Ave, SE · Washington, DC 20003

Tel: (202) 446-2125 · Fax: (202) 446-2131

www.awionline.org


------------------------------------------------------------
Dear Ms. Mariko Terasaki,

Thank you very much for your reply and consideration.

We think a push from overseas would be stronger persuasion to the government so that I believe that ARK has also sent a letter to you. We would really appreciate if you could write a request to the government, please. If it's possible to write it in Japanese, probably it could be read directly by the prime minister. Also, we are grateful for your signature on the letter from ARK, thank you.

The government is now planning to let the evacuees to return home for 2 hours in a few days. Staying for 2 hours isn't long enough but the government are going to even prohibit the pet owners to take their pets out of the zone when the evacuees go back to the evacuation centers. It should be allowed. The government isn't humane at all. So that we would like you to mention about it, too, when you write a letter to the government, please.

The holiday started, but still some of the government officials are at the office. Some of my fellows have been continuing to call the offices for the request and they can still reach the officials. However it's true that we don't know if the prime minister is at his office or not. Still I don't believe that he can be away for the whole holiday though many other staff are working.

Again, thank you so much for your help and support for the animals.

この記事をはてなブックマークに追加

チラシを作りました: HELP!東日本大震災の被災動物たち/JAVAスタッフブログより

2011-05-03 17:37:35 | デモ運動・チラシ配り
福島原発事故警戒区域に残る動物たちのためにご協力を!
NPO法人動物実験の廃止を求める会・JAVAさんがチラシを作成して下さいました。
インターネットをご覧になる環境にない方々に、プリントして渡していただけませんか?

JAVA made flyers to print and hand out to save animals within 12 mile zone.

「緊急!福島原発事故警戒区域に残る動物たちのためにご協力を!」というタイトルのチラシです。
表面に状況説明、裏面に要望先を数箇所掲載しています。
A4の紙に裏表印刷していただき、4つに切り離していただくと4枚出来ます。
つまりA6サイズです。ご活用よろしくお願いします!

↓以下のJAVAさんのスタッフブログからダウンロードできます。


チラシを作りました: HELP!東日本大震災の被災動物たち/JAVAスタッフブログより




3月11日に起きた大地震、大津波、原発事故。犬や猫、ウサギといった家庭動物、牛や馬、豚、鶏などの畜産動物も犠牲になりました。この大災害を生き抜いた動物たちのがこれからも生きていくためには、あなたの力が必要です!

ご協力よろしくお願いします!!!

この記事をはてなブックマークに追加

RSPCAからのお返事

2011-05-03 17:17:22 | 海外からの協力
日本政府へ動物救済を働きかけることを要請するメールに、RSPCAからお返事頂きました。
しかし、その内容は日本の動物保護団体の紹介とその団体に寄付などすることを勧めるもので、RSPCAから政府への働きは行って頂けないようです。
折角お返事頂きましたが残念です。。

↓以下がそのRSPCAからの返信です。

-----------------------------------------------
Many thanks for contacting us about the current situation in Japan.

A joint disaster response team has been formed by the Japan Veterinary Medical Association, the Japan Animal Welfare Society, the Japan Society for the Prevention of Cruelty to Animals, and the Japan Pet Care Association. They will help and shelter as many animals as possible.

Japanese animal welfare organisation Animal Refuge Kansai (ARK), are also helping to collect abandoned animals and are offering food and shelter for animals that have lost their homes.

If you would like to support these rescue efforts we would ask that you send donations directly to the following organisations:

Japan Animal Welfare Society
MIZUHO BANK, Roppongi Branch, Branch#053
7-15-7 Roppongi, Minatoku,Tokyo
Ordinary Account#2814596 Swift code:MHBKJPJT

Animal Refuge Kansai
Donate online

Thank you again for your concern for the animals caught up in this terrible disaster.

Kind regards
RSPCA Advice Team

この記事をはてなブックマークに追加

警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進決定!

2011-05-03 07:16:22 | デモ運動・チラシ配り
警戒区域の動物たちを見捨てない!デモさんのホームページからの転載です。
警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進決定とのことですので、参加可能な方は5月8日(日)14:00~神宮通公園に奮ってお集まり下さい!

なお、転載歓迎とのことなので、Twitterやブログでもどんどんご紹介して下さい!
よろしくお願いします!


↑チラシもできたそうなので、どんどん配って広げていきましょう!(クリックすると大きな画像が見れます。)

↓以下が転載内容です。
--------------------------------------------
警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進

日付:2011/05/08 日曜日
時間:14:00~追悼及び報告集会。15:00デモ出発!
場所:神宮通公園(渋谷区神宮前6-21


↑神宮通公園の写真


↑神宮通公園周辺の地図
(クリックすると大きな画像が見れます。)

デモコース:神宮通公園 → 東電の電力館前 → 渋谷駅前 → 明治通りを通って神宮通公園で流れ解散!

※車道を歩くため、危険ですので動物(ヒト以外)を連れての参加はご遠慮ください。

<趣旨>
ページ下部にある呼びかけ文を参照ください。

<集会>
詳細は調整中。
警戒区域の状況が流動的であるため、発言をお願いする方々が現地入りされた場合は追悼集会のみとなる可能性があります。

<デモ行進>
☆是非とも思いを込めたプラカードをご持参ください☆
動物の声を代弁したい人は仮装でどうぞ。
音楽でアピールしたい人は楽器をどうぞ。
怒りたい人は気合を入れてどうぞ。
明るく訴えたい人は元気にどうぞ。
静かに祈りたい人は厳粛にどうぞ。
デモの主体は、参加者ひとりひとりです。
それぞれの思いで、それぞれのスタイルで、あなたにとってのデモをしよう!

<デモの申請について>
ブログのコメント欄やツイッターにて「デモ申請済ですか?」とのご心配をいくつか頂きましたので、念のためご説明いたします。

当デモ行進は、警視庁に相談の上、5/2に渋谷警察署へ申請済です。
また集合場所となる神宮通公園も、渋谷区役所で予約済です。
どうぞご安心ください。

ちなみに、警視庁で担当くださった方はかなりの動物好きらしく
「いやぁ、うちもワンちゃんがいるけど、ほんとに家族だよね。
牛や馬だって、家畜っていうけど、やっぱり生き物だしなぁ」
と、素晴らしいご意見!
しばしデモの相談も忘れて語り合いました(笑)

・・・とのことです!

以上、転載大歓迎です!


―呼びかけ―

警戒区域の動物たちを見捨てない

失われゆくいのちを想い、悲しみ、涙し、そして声を上げよう!

未だに収集の目処が立たない、東京電力の原発事故。現場となった福島県では、多くの住民が避難生活を余儀なくされ、関東にまで及ぶ広域の人々が被爆の不安を抱えながら生活しています。
しかし、震災と原発事故の影響を受けているのは人間だけではありません。数え切れないほどの動物たちも深刻な被害を受け、いのちを失いました。
失われたいのちに、その種を問わず、深く哀悼の意を表します。

一方、福島県の警戒区域に取り残された動物たちの多くは、今この瞬間も飢えと戦い、餓死しています。
ペットたちは、立ち入れなくなったとも知らずに飼い主さんを待っています。多くの畜産動物が、餓死して横たわった仲間の遺体とともに、来る当てのない水と食料を待ちわびています。それは地獄絵図と呼ぶしかない、筆舌に尽くしがたい惨状です。
政府はこの事態を、人命優先のためには仕方がないと説明します。
でも本当に?

警戒区域は、原発の状況が急激に悪化して指定されたのではありません。準備する時間はあった。助ける時間はあった。けれど、政府は助けようとしてこなかったのです。
そして今、保護団体や獣医師、飼い主、畜産家らの「助けたい」という切実な要求すら無視し、立ち入りを拒否しています。警戒区域の動物たちのいのちは、ただ失われているのではありません。日々、奪われているのです。
原発や政治の都合のために、動物の生命が奪われて良いはずがありません。被災者から家族を奪って良いはずがありません。

とにも悲しみ、涙しよう。殺すなと言おう。助けさせろと言おう。
動物たちを生かすために。人間が、人間であるために。

―政府への要望―

◆厳しい立ち入り制限についての説明を求めます
警戒区域が指定された現在も、そのすぐ外では地元住民が生活しています。20キロ圏内はいのちを救うためにすら入れないほど危険で、100M先なら人々が通常に生活できるほど安全だ、などということがあるでしょうか。納得のゆく説明を求めます。

◆専門家/ボランティア団体との連携を求めます
日本各地から獣医師、動物保護団体などが警戒区域への立ち入りを求めています。また地元の畜産家の多くも、立ち入りを求めています。しかし、動物レスキューを目的とした立ち入りは、原則として許可されていません。
(※一部、ペットの飼い主が保護団体に救出依頼したケースを除く)
現地は広域であり、多数の家畜やペットが残されています。また、動物の健康管理や捕獲には専門家の協力が不可欠です。レスキューに入ろうとする人々への排除に抗議し、専門家/ボランティア団体との連携を求めます。

◆被災者が動物と生きる権利を求めます
愛する存在が飢えていくのに何も出来ない…それは想像を絶する、耐え難い苦痛です。震災と原発事故により多くを失った被災者にとって、更なる傷となることは想像に難くありません。
警戒区域の住民から、家族であるペットや、長年世話してきた家畜を奪ってよい理由などあるでしょうか。動物たちに生きる権利があるように、被災者にも動物たちと生きる権利があります。被災者が動物と生きる権利を求めます。

2011/05/01
「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ」実行委員会

以上、転載大歓迎です!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

被災動物のためのクリック募金!

2011-05-03 01:33:22 | 募金運動
フランスの被災動物のためのクリック募金サイトをCare2で見つけました!
1日5回までクリックできます。猫の写真を5回クリックして下さい。
毎日のご協力よろしくお願いします!

↓以下がサイトへのリンクです。

ACTU Animaux:Solidarite animaux du japon(フランス語)


↓Care2のホームページにも説明あります。

Care2:Help Animals in Japan: Click-to-Donate!(英語)

この記事をはてなブックマークに追加

警戒区域に取り残された動物たちの救出を日本政府に訴える署名運動!

2011-05-03 01:24:59 | 署名運動
Care2では現在、福島の20キロ警戒区域に取り残された動物たちの救出を日本政府に訴える署名運動が行われています!
アメリカのサイトなので英語ですが、入力する内容は簡単です。

http://www.thepetitionsite.com/24/Make-animal-starvation-illegal-in-Japan/

http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/


http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/


まだまだ目標まで遠いので、ご協力よろしくお願いします!

この記事をはてなブックマークに追加

「20キロ圏内の動物を救護する専門家チームを警戒区域内に入らせる緊急措置の要望書」賛同者募集中!

2011-05-03 01:00:38 | 署名運動
「20キロ圏内の動物を救護する専門家チームを警戒区域内に入らせる緊急措置の要望書」について、現在一般社団法人FreePetsでは、賛同くださる方を緊急募集しています。
http://freepets.jp/のページの下にあるフォームに必要事項の記入をお願いします。
Webへの反映はスタッフの手作業のため時間がかかることご了承ください、とのことです。
どなたでもご賛同いただけます。
オンラインで簡単に賛同意思を表明できますので、ご協力よろしくお願いします!

また、Twitterでも賛同者募集中です。
http://freepets.jp/に賛同できる方は、ハッシュタグ「#hisaipets」つきで賛同の旨をtweetして下さい。
(tweetは関係機関にFAX提出などで使う場合があります)

FreePets~ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会:http://freepets.jp/

この記事をはてなブックマークに追加